最近邦画見ましたか?おすすめの邦画をご紹介します!

dTVで配信中の邦画の中でも特におすすめな邦画を、様々なジャンルに分けてご紹介します!

今回は、「恋愛」「ミステリー」「ホラー」の3つのジャンルのおすすめ邦画と直近3年間(2015年〜2017年)の最新のおすすめ邦画をご紹介します!

それでは、各ジャンルの映画紹介に参りましょう!!

恋愛・青春をテーマにしたおすすめ邦画

いくつになってもキュンキュンしたいという方におすすめなのが邦画の恋愛・青春をテーマに扱った作品です。思わず恋をしたくなってしまう恋愛・青春ものの邦画をお楽しみください!

オオカミ少女と黒王子

雑誌『別冊マーガレット』連載の少女漫画を、「私の男」の二階堂ふみと「orange−オレンジ−」の山崎賢人主演で映画化。

オオカミ少女と黒王子

(C) 八田鮎子/集英社 (C) 2016映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

ヒロイン失格

雑誌『別冊マーガレット』で2010〜2013年に連載された、幸田もも子による従来の少女漫画にありそうなヒロイン像を覆すような女子高生を主人公にしたコミックを、「ハンサム★スーツ」の英勉監督が映画化。

ヒロイン失格

(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

フラガール

常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)誕生を支えた人々の実話を、フラダンスショーに焦点を当てて描いた感動ドラマ。

フラガール

(C) 2006 BLACK DIAMONDS

箱入り息子の恋

親同士の代理お見合いを経て、初めて恋に落ちた男の奮闘を描くラブストーリー。

箱入り息子の恋

(C)2013「箱入り息子の恋」製作委員会

天使の恋

携帯小説史上最高のアクセス数を誇った純愛ストーリーを映画化。

天使の恋

(C)2009『天使の恋』製作委員会

謎が謎を呼ぶミステリー系おすすめ邦画

どんでん返しな展開が面白いミステリー系邦画をご紹介します!過去の名作から最新作まで揃っていますので、見たことのない作品があれば、是非見てみてください!

犬神家の一族(1976年版)

名探偵金田一耕肋を主人公にした横溝正史の同名小説の映画化で、湖畔にそびえる犬神邸に次々と発生する怪奇な連続殺人事件に挑む金田一耕肋の活躍を描く。

犬神家の一族(1976年版)

(C)KADOKAWA 1976

劇場版 MOZU

逢坂剛による警察小説を基にしたTVドラマ『MOZU』の劇場版。

劇場版 MOZU

(C)2015劇場版「MOZU」製作委員会 (C)逢坂剛/集英社

12人の優しい日本人

もし日本にも陪審員制度があったらという仮定に基づいて、ある殺人事件の審議に奮闘する12人の陪審員の姿をユーモラスに描く。

12人の優しい日本人

(C) 1991 NCP/サントリー/日本テレビ放送網

重力ピエロ

悲しい過去を持ちながらも、力強く生きていこうとする家族を描いた感動のヒューマン・ドラマ。

重力ピエロ

(C)2009『重力ピエロ』製作委員会 

ソロモンの偽証 前篇・事件

『理由』で第120回直木賞を受賞した宮部みゆきの集大成と謳われるミステリー巨編を、「八日目の蝉」「ふしぎな岬の物語」と国内外から高い評価を受ける成島出監督が映画化。

ソロモンの偽証 前篇・事件

(C)2015『ソロモンの偽証』製作委員会 

なんでこんなに怖いの?おすすめホラー邦画

日本のホラー作品って海外ものと比較してもリアリティが高く怖くないですか?でも、ハマってしまうのはなんでなんですかね?以下でおすすめのホラー映画をご紹介しています!

リング

呪いのビデオを巡って展開する恐怖を描いたモダン・ホラー。

リング

(C)1998「リング」「らせん」製作委員会

着信アリ

携帯電話で聞き覚えの無い着信音を聞いた人物が次々と謎の怪死を遂げる謎を追う女子大生を描く心霊ホラー。

着信アリ

(C)2004「着信アリ」製作委員会

劇場版 零〜ゼロ〜

日本ならではの感性を活かした人気ゲーム『零〜zero〜』シリーズを原案、『多重人格探偵サイコ』シリーズの大塚英志の小説『零〜ゼロ〜女の子だけがかかる呪い』を原作にしたホラー作品。

劇場版 零〜ゼロ〜

(C)2014『劇場版 零〜ゼロ〜』製作委員会

パラノーマル・アクティビティ/第2章 TOKYO NIGHT

製作費わずか135万円ながら、全世界で180億円の興行成績を挙げて話題となった米国製ホラー映画の日本版続編。

パラノーマル・アクティビティ/第2章 TOKYO NIGHT

(C)2010 「パラノーマル・アクティビティ/第2章 TOKYO NIGHT」製作委員会

らせん

見ると死ぬという呪いのビデオの謎の真相に迫る、同時公開された「リング」の内容を受けた続編。

らせん

(C)1998「リング」「らせん」製作委員会

2015年-2017年の最新おすすめ邦画

直近3年のおすすめ邦画をご紹介しています!見逃した方は、是非ご覧になってみてくださいね!

ヒロイン失格

雑誌『別冊マーガレット』で2010〜2013年に連載された、幸田もも子による従来の少女漫画にありそうなヒロイン像を覆すような女子高生を主人公にしたコミックを、「ハンサム★スーツ」の英勉監督が映画化。

ヒロイン失格

(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

駆込み女と駆出し男

作家・井上ひさしが晩年に11年かけ執筆した時代小説『東慶寺花だより』(文春文庫・刊)を下地に、「わが母の記」「クライマーズ・ハイ」の原田眞人が監督・脚本を手がけた人情劇。

駆込み女と駆出し男

(C)2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会

リトル・フォレスト 冬・春

五十嵐大介のコミックを原作に、生きるために食べ、食べるために作る、全てが繋がったシンプルな暮らしの中で、自分の生き方を見つめ直してゆく主人公の姿を描いたドラマ。

リトル・フォレスト 冬・春

(C)「リトル・フォレスト」製作委員会

先輩と彼女

雑誌『別冊フレンド』(講談社)で2004〜2005年に連載され、全2巻のコミックスは100万部を超える大ヒットとなった南波あつこの同名漫画を映画化。

先輩と彼女

(C)南波あつこ/講談社 ・2015「先輩と彼女」製作委員会

オオカミ少女と黒王子

雑誌『別冊マーガレット』連載の少女漫画を、「私の男」の二階堂ふみと「orange−オレンジ−」の山崎賢人主演で映画化。

オオカミ少女と黒王子

(C) 八田鮎子/集英社 (C) 2016映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
邦画 おすすめ トップへ