※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

見せ場のシーンを踊りで表現!インド映画とは

Photo credit: El Coleccionista de Instantes via Visualhunt / CC BY-SA

インドは年間の映画制作本数も映画館の観客総数も世界一の映画大国です。映画の1本あたりの長さが3時間を超えるものも珍しくなく、映画はインド国民にとって欠かせない娯楽となっています。

中でもムンバイで作られている映画は「ハリウッド」をもじった「ボリウッド映画」として知られています。

そんなインド映画の特徴ですが、「マサラムービー」と言われるほど様々なエンタメ要素が入っていることと、ダンスシーンが作中に多いことです。

「マサラムービー」の「マサラ」はミックススパイスの意味で、「マサラムービー」は愛・笑い・涙などのあらゆる娯楽要素が入っている映画という意味です。

ダンスシーンはインド映画の見せ場で、 多くの映画は主役 + バックダンサーの踊るシーンが数曲分入っています。

インド映画はなぜダンスシーンが多いのか?

Photo credit: Haags Uitburo via Visualhunt.com / CC BY

インド映画の特徴と言われるほどダンスシーンが多いのはなぜなのでしょうか。

元々は映画でのラブシーンがご法度だったため、その代わりにダンスシーンが使われていたという経緯があります。いざキスシーン・・・という時に、バックダンサーと一緒に歌と踊りが始まるなんてことも!

インドが多言語国家であるため、重要なシーンはダンスで表現して、言葉を使わずとも全員に伝わるようにするという意図もあるようです。

また、最近の映画では以前ほどはラブシーンへの規制が厳しくなくったことや、海外向けにダンスがない映画も出てきていたりもしますが、今も昔もインド映画といえばダンスシーンが見せ場の一つということは変わりません。

インドの映画館で観客は本当に踊るのか?

Photo credit: Christian Haugen via VisualHunt / CC BY

インドの映画館と言えば、観客が映画のダンスシーンに合わせて踊り出すと言われていますがはたして本当なのでしょうか。

一部の若者は映画上映中にダンスし始めることもありますが、それほど一般的とは言えないようです。
ただ例外はあり、シャールク・カーン(『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』の主役)、やジ二カーント(『ムトゥ 踊るマハラジャ』の主役)といったスターの映画の場合は、映画中に歌ったり踊る人も増えるそうです。

近年のインド映画に欠かせない要素をとして「マサラ上映」という新しい映画の鑑賞方法が話題になっています。これはダンスシーンに合わせて観客も一緒に歌って踊ってもOK、主人公の登場シーンではクラッカーや歓声で観客が盛り上げてもOKというまるでライブのような鑑賞スタイルです。

毎回全員がダンスシーンになると踊り出すというほどではないですが、インドでは映画館でダンスシーンにあわせて踊り出すというのは映画の楽しみ方の一つとして認められているようです。

日本の映画館でもマサラ上映をやっている時があるので、興味がある方はぜひチェックしてみてください!

dTVで見られるインド映画一覧

dtvで見ることができるインド映画を人気順にご紹介しています。見せ場のダンスシーンをぜひお楽しみください!

バーフバリ 伝説誕生

「マッキー」などテルグ語映画界で活躍するS.S.ラージャマウリ監督のスペクタクルアクション。

バーフバリ 伝説誕生

(C)ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

ロボット

冷酷なターミネーターと化した高性能ロボットと、天才工学者の攻防を描くインド産アクション大作。

ロボット

(C)2010 SUN PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED.

タイガー・バレット

元恋人の娘を誘拐犯から助けようとする男性が、警察や軍を巻き込む陰謀に挑むインド発のアクション。

タイガー・バレット

(C)

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
インド 映画 トップへ