痛快・人間ドラマ!池井戸潤のドラマが見たい!

Photo via Visual hunt

生年月日: 1963年6月16日
生まれ : 岐阜県
出身校 : 岐阜県立加茂高等学校から慶應義塾大学文学部および法学部卒。

銀行マン出身の池井戸潤が描く人間ドラマは、小説でもドラマでも大人気!様々な登場人物に、思わず感情移入してしまう人も多いのでは?家族で楽しめるとの声も多い池井戸潤原作のドラマは、一家だんらんにもおすすめです♪

代表作として欠かせない、ドラマでは2000年代最高視聴率を獲得した『半沢直樹』

バブル末期に大手都市銀行に入行した半沢直樹が、銀行内外の人間や組織による数々の圧力や逆境と戦う姿を描くシリーズ小説。 池井戸自身も「バブル入行組」の銀行員であったが、自身の経験はあまり書かれてはいない。

自分がわからない人物だと書けないと思うようになったことから、池井戸に一番近い年代の主人公にしたという。 従来の企業小説では銀行の悲惨さや陰惨さを暴露的に訴えるような暗い作品が多かったが、それらをひっくり返して「銀行の中で人が生き生き動く活劇」を作る過程で出来上がったのが、ズバズバ物を言うが小狡い一面も持つ「清濁併せ飲むヒーロー・半沢直樹」であり、「サラリーマンチャンバラ劇」の趣となっていると池井戸は語っている。

第1作を単行本化するに際して、読者にはエンターテインメントとして読んでほしいという思いから、企業小説風のネーミングではなく敢えて『オレたちバブル入行組』という物語風のタイトルをつけた。

引用:ja.wikipedia.org

書かれているように、元は半沢直樹というタイトルではなく、4作に渡る作品の中で、第1作である『オレたちバブル入行組』と第2作である『オレたち花のバブル組』を原作とするテレビドラマが、『半沢直樹』(はんざわなおき)のタイトルで2013年に放映されました。

第3作の『ロスジェネの逆襲』と第4作の『銀翼のイカロス』もしっかり目を通しておきたい作品です!

若者の心を掴んだ『花咲舞が黙ってない』

『花咲舞が黙ってない』シリーズは、池井戸潤さんの『不祥事』、指宿修平を主役とした『銀行総務特命』『銀行狐』、黒部一石を主役とした『銀行仕置人』、恋窪商太郎を主役とした『仇敵』シリーズなどの短編が、アレンジされ、ミックスされたものになっています。

花咲舞が黙ってない(第1シリーズ)

数々のヒット小説を世に送り出している作家・池井戸潤。

民王 番外編 秘書貝原と6人の怪しい客

『民王』の番外編シットコム。

民王 番外編 秘書貝原と6人の怪しい客

(C)池井戸潤「民王」/テレビ朝日

ルーズヴェルト・ゲーム

池井戸潤の企業小説を唐沢寿明主演、江口洋介ら共演でドラマ化。

ルーズヴェルト・ゲーム

(C)TBS

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
池井戸潤 ドラマ トップへ