もう、思いっきり泣いちゃってください!

泣ける映画が観たくなる時、ありますよね。とくに落ち込んでるわけじゃないのに、なんとなく観たくなる。もしかして、泣ける映画というより“メッセージ性が強い”、自分の心に何か沁みこんで来て欲しい、そんな時に観たくなっているのかもしれませんね。

泣ける映画 厳選5作品。探す手間なし♪すぐに泣ける!

今日泣きたい!すぐに感情移入したい!そしてすべてを流せる!?泣ける邦画を5作品に絞り込みました!ハンカチのご用意はOKですか?さあご覧ください♪

手紙

直木賞作家・東野圭吾の社会派小説を映画化した人間ドラマ。弟のために、と強盗殺人を犯してしまった兄を玉山鉄二が、兄が犯罪者、ということで社会的に苦しむ弟を山田孝之、そしてヒロインを沢尻エリカが演じます。

犯罪者、家族、被害者、それぞれの苦しみや思いに、これは胸が苦しくなります!

手紙

タイヨウのうた

太陽の光に当たれない病気を抱えながらも歌をうたう少女が、恋をして、己の人生と向かい合う感動のラブストーリー。

タイヨウのうた

(C)「タイヨウのうた」フィルムパートナーズ

八日目の蝉

角田光代原作の同名小説を映画化したヒューマン・サスペンス。

八日目の蝉

(C)2011 映画「八日目の蝉」製作委員会

映画「余命1ヶ月の花嫁」

榮倉奈々×瑛太主演。

映画「余命1ヶ月の花嫁」

(C)“April Bride”Project

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
泣ける邦画 トップへ