今日は松竹映画で☆多彩なジャンルが楽しめる!!

山田洋次監督作品の『男はつらいよシリーズ』や『東京家族』をはじめ、『好きっていいなよ。』や『俺はまだ本気出してないだけ』など、漫画原作の作品も多い松竹映画。dTVで配信中の松竹映画のなかで、特に評価の高い作品をご紹介☆

人気の松竹映画はこちら★

日本のエンタメ界を牽引し続けている松竹制作の映画。幅広いジャンルをカバーしているので、きっと好きな作品が見つかるはず!

男はつらいよ 私の寅さん

“男はつらいよ”シリーズ十二本目。

男はつらいよ 私の寅さん

(C)1973 松竹株式会社

男はつらいよ 寅次郎春の夢

お馴染“とらや”に外国人が転がり込んで寅次郎と繰り広げる騒動を描くシリーズ第二十四作目。

男はつらいよ 寅次郎春の夢

(C)1979 松竹株式会社

男はつらいよ 寅次郎頑張れ!

シリーズも二十作目を迎えた今回は、ヒロインの他に青年が登場し、寅さんと共に騒動をまきおこす。

男はつらいよ 寅次郎頑張れ!

(C)1977 松竹株式会社

男はつらいよ 寅次郎と殿様
男はつらいよ 寅次郎と殿様

(C)1977 松竹株式会社

“男はつらいよ”シリーズ19作目。

駆込み女と駆出し男

作家・井上ひさしが晩年に11年かけ執筆した時代小説『東慶寺花だより』(文春文庫・刊)を下地に、「わが母の記」「クライマーズ・ハイ」の原田眞人が監督・脚本を手がけた人情劇。

駆込み女と駆出し男

(C)2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会

劇場版FAIRY TAIL −鳳凰の巫女−

『週刊少年マガジン』に連載されTVアニメシリーズも放映されている、仲間たちとともに魔法を使い様々な依頼を解決するバトルファンタジー『FAIRY TAIL』(第33回講談社漫画賞少年部門受賞)初の劇場版。

劇場版FAIRY TAIL −鳳凰の巫女−

(C)真島ヒロ・講談社/劇場版フェアリーテイル製作ギルド

自虐の詩

幼い頃から不幸ばかりに見舞われてきた女性の半生を描いたヒューマン・コメディ。

自虐の詩

(C)2007「自虐の詩」フィルムパートナーズ

風が強く吹いている

三浦しをんの同題小説を映画化。

風が強く吹いている

(C)2009「風が強く吹いている」製作委員会

タイヨウのうた

太陽の光に当たれない病気を抱えながらも歌をうたう少女が、恋をして、己の人生と向かい合う感動のラブストーリー。

タイヨウのうた

(C)「タイヨウのうた」フィルムパートナーズ

八日目の蝉

角田光代原作の同名小説を映画化したヒューマン・サスペンス。

八日目の蝉

(C)2011 映画「八日目の蝉」製作委員会

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
松竹 映画 トップへ