※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

ヒューマンドラマ映画でしっぽりと。

映画を見ながらしっぽりと晩酌。正直、これ以上の楽しみがあるでしょうか…。家事やお仕事で疲れたら、お好きなお酒とともに、おすすめのヒューマンドラマ映画を。今夜は、ちょっぴり良いお酒を買って帰るのも良いですね。

おすすめのヒューマンドラマ映画をまとめました!

人情あふれる映画、家族や友人、ペットなど、それぞれ素敵な物語があります。どれもおすすめのヒューマンドラマ映画ですので、ぜひご覧ください。

手紙   

東野圭吾原作の社会派小説「手紙」が映画化!

手紙

(C)2006『手紙』製作委員会

武士の家計簿

磯田道史の『武士の家計簿「加賀藩御算用者」の幕末維新』を原作に「わたし出すわ」の森田芳光監督が映画化。

武士の家計簿

(C)2010『武士の家計簿』製作委員会

闇金ウシジマくん Part2

累計750万部突破の真鍋昌平のコミックを「凶悪」の山田孝之主演で実写化したシリーズの劇場版第2弾。

闇金ウシジマくん Part2

(C)2014 真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん2」製作委員会

舟を編む

2012年本屋大賞で大賞を獲得し、2012年文芸・小説部門で最も販売された三浦しをんの『舟を編む』(光文社・刊)。

舟を編む

(C)2013「舟を編む」製作委員会

超高速!参勤交代

日本映画製作者連盟が主催する新人脚本家発掘を目的とする城戸賞に入選を果たした土橋章宏の同賞受賞作を、「すべては君に逢えたから」「鴨川ホルモー」の本木克英が映画化。

超高速!参勤交代

(C)2014「超高速!参勤交代」製作委員会

小さいおうち

「男はつらいよ」シリーズや「学校」シリーズなど数々の名作を生み出し、「たそがれ清兵衛」が第76回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた日本の名匠・山田洋次監督が、第143回直木賞を受賞した中島京子の同名小説(文春文庫・刊)を映画化。

小さいおうち

(C)2014「小さいおうち」製作委員会

トイレのピエタ

手塚治虫が死の直前まで綴っていた病床日記にインスパイアされた「GOSPEL」の松永大司が脚本を書き、自ら監督したヒューマンドラマ。

トイレのピエタ

(C)2015「トイレのピエタ」製作委員会

ツナグ

原作は、リアリティ溢れる人物描写と透明感のある作風で、読者からの強い支持を集める直木賞作家・辻村深月の同名小説、吉川英治文学新人賞受賞の感動作「ツナグ」(新潮文庫刊)。

ツナグ

(C) 2012「ツナグ」製作委員会

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

家族を気遣う余裕もなくただ仕事に追われていた50歳目前の男が、電車の運転士になりたかった幼い頃の夢を追い求める姿を描く。

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

(C)2010「RAILWAYS」製作委員会

彼女の人生は間違いじゃない

「PとJK」の廣木隆一監督が、震災から5年後の故郷・福島を舞台にした自身の処女小説を映画化。

彼女の人生は間違いじゃない

(C)2017『彼女の人生は間違いじゃない』製作委員会

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
ヒューマンドラマ 映画 トップへ