幅広い演技の俳優新井浩文…。調査が必要だ。

プロフィール

【新井浩文】
生年月日:1979年1月18日
出生地:青森県弘前市
身長:181cm
血液型:A型
活動期間:2001年 -

行定勲監督作品『GO』で俳優デビュー。松田龍平とW主演を務めた(自身初主演映画)『青い春』では、高い演技力が認められ高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞している。その後も映画を中心に精力的に活動。増々認知度が上がってきている注目の俳優のひとり。

新井浩文さん出演映画をチェック!!

2016年9月3日公開予定の『エミアビのはじまりとはじまり』に出演予定!

なんと、今年すでに3本の出演映画が公開という新井浩文さん。大活躍中の俳優さんですね!これからの作品が楽しみです★過去の出演作品もぜひ観てみてくださいね!話題作や人気作が揃っていますよ♪

新井浩文さんが出演していて、dTVで観られる作品はコチラ★

大活躍の新井浩文さんが出演している作品はdTVでも視聴できます。こちらに、今視聴できる作品をまとめてみました!

ジョゼと虎と魚たち

田辺聖子の同名原作小説を、「二人が喋ってる。」「金髪の草原」の犬童一心監督が映画化。

ジョゼと虎と魚たち

(C)2003「ジョゼと虎と魚たち」フィルムパートナーズ

まほろ駅前狂騒曲

2011年の映画「まほろ駅前多田便利軒」、2013年のテレビドラマ『まほろ駅前番外地』に続き、厄介な依頼に携わる便利屋を営む多田と彼のもとに転がり込んできた同級生・行天のバツイチコンビや曲者揃いの客たちの人間模様を描いた三浦しをんの小説を映画化。

まほろ駅前狂騒曲

(C)2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会

闇金ウシジマくん

法外な暴利をふっかけ容赦なく取り立てる闇金融を営む男と、そんな闇金融に関わり金に踊らされる人々をリアルに描き、2011年に第56回小学館漫画賞(一般向け部門)を受賞、2010年にはテレビドラマにもなった真鍋昌平のベストセラー同名コミックの劇場版。

闇金ウシジマくん

(C)2012真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん」製作委員会 

ケンタとジュンとカヨちゃんの国

「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」の松田翔太、「ソラニン」の高良健吾、「愛のむきだし」の安藤サクラ、3人の若手実力派俳優が共演。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国

(C)2010「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会

さよなら渓谷

『悪人』『横道世之介』など著書が多数映像化されている吉田修一の同名小説(新潮文庫・刊)を、「まほろ駅前多田便利軒」「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の大森立嗣監督が映画化。

さよなら渓谷

(C)2013「さよなら渓谷」製作委員会

ヘルタースケルター

第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞に輝いた岡崎京子の伝説的熱狂コミック『ヘルタースケルター』(雑誌『FEEL YOUNG』で連載)を、「さくらん」の蜷川実花が約7年の歳月を重ね、待望の映画化。

ヘルタースケルター

(C)2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会 (c)岡崎京子/祥伝社 

その夜の侍

ひき逃げによって最愛の妻を失った男が、犯人に復讐を果たすため、狂気と日常の狭間を生きる姿を描くヒューマンドラマ。

その夜の侍

(C)2012「その夜の侍」製作委員会

ぐるりのこと。

ひと組の夫婦とその周囲の90年代半ばから10年にわたる歳月を、当時の社会情勢とともに振り返る希望と再生の人間ドラマ。

ぐるりのこと。

(C) 2008『ぐるりのこと。』プロデューサーズ

一命

1952年に発表され、1968年には「切腹」として映画化された滝口康彦の『異聞浪人記』を原作に「十三人の刺客」の三池崇史監督が武士の誇りと家族愛を描く時代劇。

一命

(C)2011映画「一命」製作委員会

天国の本屋〜恋火

天国と地上を結ぶ愛の奇跡を描いたファンタジー。

天国の本屋〜恋火

(C)2004「天国の本屋?恋火」フィルムパートナーズ

ラブドガン

師弟関係にあった殺し屋の対決を軸に、孤独な少女と殺し屋志望の青年の成長を描くドラマ。

ラブドガン

(C)2004「ラブドガン」製作委員会

百円の恋

故・松田優作氏の出身地である山口・周南映画祭に新設された第1回松田優作賞グランプリ脚本を「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督が映画化。

百円の恋

(C)2014 東映ビデオ

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
新井浩文 映画 トップへ