dTVで見られる渡辺謙出演映画をご紹介!!

1959年10月21日新潟県北魚沼郡広神村生まれ。劇団員を経て、1987年NHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で主役を演じ、39.7%という大河ドラマ史上最高の平均視聴率を獲得し、一躍大スターに。1989年に急性骨髄性白血病を発症し、闘病の末復帰。2003年アメリカ映画『ラストサムライ』で世界進出を果たす。2006年『明日の記憶』でアルツハイマーに冒されていく主人公を好演した。その後、『硫黄島からの手紙』『沈まぬ太陽』『インセプション』『許されざる者』『追憶の森 』など。

渡辺謙の最新出演映画は?

2016年9月17日公開。吉田修一の同名小説を原作とした群像劇。千葉や東京、沖縄を舞台に、ある殺人事件の容疑者として浮上した3人の男たちと、彼らを取り巻く人々が信用と疑惑の間で揺れるさまを描き出す。渡辺謙は、主人公の千葉の漁港で働く宮崎あおい演じる「愛子」の父親役を演じている。

渡辺謙ってどんな人?出演映画作品をご紹介します!

ダレン・シャン 〜若きバンパイアと奇怪なサーカス〜

小説とコミックの売り上げが日本国内で640万部を越えた人気ファンタジーを、「アバウト・ア・ボーイ」でアカデミー脚色賞ノミネートのポール・ワイツが映画化。

(C) 2009 Universal Studios. All Rights Reserved.

絆 −きずな−

様々な絆で結ばれた愛する者たちの為に、忌まわしい過去を封印しようとする男の姿を描いたドラマ。

(C)1998 東宝

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
渡辺謙 映画 トップへ