小林聡美ってどんな人?

1965年5月24日東京都生まれ。1979年、中学2年時に『3年B組金八先生』の生徒役でデビュー。1982年大林宣彦監督『転校生』で初主演。1984年『廃市』1988年『やっぱり猫が好き』の三女・きみえ役を演じ、個性派女優として一躍人気者になる。2003年『すいか』でテレビドラマ初主演。2006年『かもめ食堂』を皮切りに、『めがね』『プール』など、スローライフをテーマとした映画に多く出演している。2014年『紙の月』では、主人公の先輩銀行役を演じ、第57回ブルーリボン賞助演女優賞など各賞を受賞。2015年に大学院に進学した。

小林聡美の最新出演映画は?

『海よりもまだ深く』2016年 公開。『海街diary』などの是枝裕和監督が、『奇跡』以来の阿部寛と樹木希林とのタッグで、なかなか大人になれない男の姿を描く感動のホームドラマ。小説家になる夢を諦め切れないまま探偵事務所で働く男が、たまたま実家に集まった母、元妻、息子と台風の一夜を過ごすさまを映す。阿部と樹木のほか真木よう子や小林聡美、リリー・フランキーらが共演。思っていた未来とは少し違う現実を生きる家族の姿が印象的につづられる。

『犬に名前をつける日』2015年公開。愛犬・ゴールデンレトリーバーのナツを重い病気で亡くし、傷心のテレビディレクターの久野かなみ(小林聡美)は、何をしようにも気力が湧かない。そんなとき、大先輩の映画監督渋谷昶子さんに「悲しむ暇があるなら、犬の映画を撮れ」と励まされ、犬の命をテーマにした映画を撮り始める。

dTVで見られる小林聡美の出演映画をご紹介します!

東京オアシス

東京を舞台に、ふとした日常の中での人々の出会いを優しいタッチで描く。

東京オアシス

(C)2011オアシス計画

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
小林聡美 映画 トップへ