※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

中井貴一ってどんな人?

1961年9月18日生まれ、東京都世田谷区出身。父は俳優の佐田啓二、姉は女優・エッセイストの中井貴惠で、「貴一」という名前は小津安二郎により名付けられた。

成蹊大学在学中に、1981年松林監督の映画『連合艦隊』への出演でデビュー。1983年TBS系ドラマ『ふぞろいの林檎たち』で主役を演じ、知名度が急上昇。1988年NHK大河ドラマ『武田信玄』で主演。2003年映画『壬生義士伝』主演し、日本アカデミー賞主演男優賞を獲得した。

主な出演映画は、2005年『亡国のイージス』2010年『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』2015年『アゲイン 28年目の甲子園』など。

中井貴一の最新映画は?

2017年6月13日公開。文禄3年(1594年)、池坊専好が豊臣秀吉に前田利家邸で披露したといわれる「大砂物」。初代・池坊専好という花の名手と千利休の友情、そして、戦国時代において京都の町衆である六角堂にいる花僧が、彼らの代表者として、時の権力者である豊臣秀吉の乱心に、刃ではなく、花をもって仇討するこの物語。主演は、野村萬斎。中井貴一は、織田信長を演じる。

2016年10月公開。モントリオール世界映画祭主品作品。「踊る大走査線』の脚本家の最新作品!澄田真吾は、朝のワイドショーメインキャスター。ある日、いつものように深夜3時に起床した澄田は息子と妻の言い争いに巻き込まれる。逃げるようにテレビ局に向かう途中、今度はサブキャスターの小川圭子から、二人の交際を今日の生放送で発表しようと迫られる。さらに石山Pからは番組の打ち切りが告げられ、踏んだり蹴ったりの事態に困惑していた。そんな時、都内のカフェに銃を持った男が人質を取って立てこもっているという速報が飛び込んできた。

dTVで見られる中井貴一の出演映画をご紹介します!

嘘八百

「百円の恋」の監督・武正晴と脚本家・足立紳が再びタッグを組んだコメディ。

嘘八百

(C)2018「嘘八百」製作委員会

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
中井貴一 映画 トップへ