西田敏行ってどんな人?

1947年11月4日福島県生まれ。明治大学中退後、1968年青年座俳優養成所へ入所。1971年『写楽考』で早くも主役に抜擢され大器の片鱗を見せる。森繁久彌のアドリブにも堂々と渡り合う硬軟自在で個性的な演技と、愛嬌のある顔立ちや体型で人気を獲得し、日本を代表する俳優に。

主演の映画『釣りバカ日誌』は1988年から2009年まで22作続いた代表作。東日本大震災の後、出身地である福島県も甚大な被害を受けた事を受け、支援ライブへの出演など積極的な支援活動を行っている。

西田敏行の話題の最新映画は?

西田敏行の話題の映画って何?

1993年山田洋次監督『学校』 の黒井先生役は数多くの賞を総なめにした名作。
2008年『ザ・マジックアワー 』や2011年『ステキな金縛り』の落武者役など三谷幸喜作品に多く出演。
2011年『星守る犬』のおとうさん役は、多くの人の涙を誘い満足度の高い映画として話題に。
2013年君塚良一監督『遺体 明日への十日間 』東日本大震災から十日間、岩手県釜石市の遺体安置所で報道では伝えきれていない現状をありのままを綴ったルポルタージュ『遺体 震災、津波の果てに』を実写映像化した作品。
2016年『人生の約束 』
2017年秋『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東野圭吾の大ヒット小説を映画化。

dTVで見られる西田敏行出演の映画をご紹介します!

釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪!

なじみハマちゃん、スーさんの釣りバカコンビが、富山を舞台に騒動を繰り広げるコメディ・シリーズの通算15作。

(C)2002 松竹株式会社

釣りバカ日誌スペシャル

不倫騒ぎで大喧嘩になる浜ちゃんとスーさんの騒動を描く人気シリーズ・コメディ第7作。

(C)1994 松竹株式会社

釣りバカ日誌3

グータラ社員とワンマン社長という異色釣り馬鹿コンビの友情をユーモラスに描いたやまさき十三、北見けんいち原作の同名漫画の映画化第三弾。

(C)1990 松竹株式会社

ジヌよさらば 〜かむろば村へ〜

劇団『大人計画』を主宰し、俳優、演出家、脚本家、映画監督、コラムニストなど多彩な顔を持つ松尾スズキが、いがらしみきおの漫画『かむろば村へ』を映画化。

(C) 2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば 〜かむろば村へ〜』製作委員会 

釣りバカ日誌7

おなじみ日本一の釣りバカコンビの活躍を描くシリーズ第8作。

(C)1994 松竹株式会社

大奥 〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇]

よしながふみの人気コミックを実写映画化した「大奥」シリーズ第2弾。

(C)2012男女逆転『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪♪

長崎県佐世保を舞台に、おなじみハマちゃんとスーさんの釣りバカ・コンビが繰り広げる騒動を描いたコメディ・シリーズの通算第18作。

(C)2005 松竹株式会社

釣りバカ日誌9

おなじみの釣りバカコンビ、浜ちゃんとスーさんが繰り広げる騒動を描いたコメディ・シリーズの通算第10作。

(C)1997 松竹株式会社

釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束

会長職に就任することになったスーさんが失踪したことからハマちゃんがわずかな手がかりを元に瀬戸内海へ向かうが、騒動に巻き込まれる、人気コメディ・シリーズ第20弾。

(C)2007 松竹株式会社

釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?

高知県を舞台に、おなじみハマちゃんとスーさんの釣りバカコンビが繰り広げる騒動を描いたコメディ・シリーズの通算第17作。

(C)2004 松竹株式会社

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
西田敏行 映画 トップへ