※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

瑛太ってどんな人?

Photo credit: CityTalk via VisualHunt.com / CC BY-NC-SA

1982年12月13日新潟生まれ。1997年モデルデビュー。2003年ドラマ『WATER BOYS』で注目される。2006年の映画『嫌われ松子の一生』で共演した木村カエラと2010年に結婚した。

主演作は、2007年『アヒルと鴨のコインロッカー』、2008年『銀色のシーズン』、2009年『余命1ヶ月の花嫁』、2011年『まほろ駅前多田便利軒』『一命』『ワイルド7』、2012年『僕達急行 A列車で行こう』『モンスターズクラブ』など。

2009年『のだめカンタービレ 最終楽章』や2016年『64 -ロクヨン- 前編・後編』『殿、利息でござる!』などの話題作にも出演している。

2017年瑛太の最新出演映画を紹介します!

2017年秋公開『光』

三浦しをん氏の小説「光」を大森立嗣監督が映画化することになり、井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミの共演で、濃密かつ官能的なサスペンスドラマを紡ぐ。


2017年秋公開『ミックス。』

新垣結衣と瑛太主演。『リーガル・ハイ』などを手掛ける人気脚本家の古沢良太が脚本。卓球の混合ペアを結成するロマンティックコメディ。

恋と仕事に破れた元天才卓球少女のOLと、夢と家族を失い挫折した元プロボクサー、そして不器用で欠点だらけの登場人物たちが、卓球を通じて小さな奇跡を起こす姿を描く。


dTVで見られる瑛太出演映画を紹介します!

大鹿村騒動記

美しき日本の山村で“芸能の原点”を守ってきた人々の姿を描く群像劇。

大鹿村騒動記

(C)2011「大鹿村騒動記」製作委員会

殿、利息でござる!

『武士の家計簿』の原作者・磯田道史の評伝『無私の日本人』の一編を基にした時代劇。

殿、利息でござる!

(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

64-ロクヨン-後編

横山秀夫のベストセラーを「ヘヴンズ ストーリー」の瀬々敬久が2部作で映画化した後編。

64-ロクヨン-後編

(C)2016映画「64」製作委員会

64-ロクヨン-前編

横山秀夫のベストセラーを「ヘヴンズ ストーリー」の瀬々敬久が前後編2部作で映画化。

64-ロクヨン-前編

(C)2016映画「64」製作委員会

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
瑛太 映画 トップへ