津川雅彦ってどんな人?

1940年1月2日京都府生まれ。芸能一家として子役として活動していたが、1956年映画『狂った果実』で石原慎太郎の弟役で本格的にデビューし、日活看板俳優に。1972年『必殺シリーズ』の悪役で再ブレイクする。

1982年映画『マノン』でブルーリボン賞助演男優賞を受賞。以後、好色な中年男性役を多く演じ、評価を確立。時代劇にも多く出演。2014年春の叙勲で旭日小綬章を受章した。

津川雅彦の最新出演映画を紹介します。

2017年5月20日公開予定。EXILE HIROがエグゼクティブプロデューサーを務める。
劇団EXILEの青柳翔主演。津川雅彦は、与平という近江の商人を演じる。

伝説の地、奥出雲に天下無双の鉄があるという。名刀を生み出す唯一無二の鉄、玉鋼。生まれたときから玉鋼をつくることを宿命づけられた男が、侍に憧れて旅立った。後に人はその若者を、「たたら侍」と呼んだ…。

dTVで見られる津川雅彦の出演映画を紹介します!

日本統一19

本宮泰風、山口祥行主演の任侠大作第19弾。

(C)2016日本統一製作委員会

日本統一18

本宮泰風、山口祥行主演の任侠大作第18弾。

(C)2016日本統一製作委員会

0.5ミリ

生活のため町で見かけた訳ありの老人の家に押しかけ身の回りの世話をするヘルパーと、彼女と触れ合ううちに固く閉ざした心を開き生の輝きを取り戻していく老人たちを描いた人間ドラマ。

(C)2013 ZERO PICTURES / REALPRODUCTS

偉大なる、しゅららぼん

摩訶不思議な世界観が多くの読者を惹きつけ、『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』など映像化が相次ぐ万城目学のファンタジー小説を映画化。

(C)2014 映画「偉大なる、しゅららぼん」製作委員会 (C)万城目学/集英社

必殺!主水死す

1972年から20年間に渡って放送されたテレビ時代劇『必殺!』シリーズの劇場版第6作。

(C)1996松竹株式会社・松竹京都映画株式会社

風が強く吹いている

三浦しをんの同題小説を映画化。

(C)2009「風が強く吹いている」製作委員会

死刑台のエレベーター

1957年にルイ・マルが発表したフィルム・ノワールの傑作を、舞台を日本に置き換えてリメイク。

(C)2010「死刑台のエレベーター」製作委員会

カケラ

「愛のむきだし」が各映画賞で絶賛された満島ひかり主演で、桜沢エリカのコミック「ラブ・ヴァイブス」を映画化。

(C)2009 ゼロ・ピクチュアズ

ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!

2013年に放映されたテレビシリーズ『ウルトラマンギンガ』の番外編。

(C)円谷プロ

DEATH NOTE デスノート

名前を書き込まれた人間を死に至らしめるノートを手に入れ凶悪犯を独自に粛清する青年と、事件を捜査する探偵の頭脳戦を描くサスペンス・ドラマ。

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2006「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
津川雅彦 映画 トップへ