みなさんは宮藤官九郎という脚本家を知っていますか?
「あまちゃん」「木更津キャッツアイ」などコメディ調の群像劇を得意としており、持ち前のギャグセンスから生み出される独特な世界観はクドカンワールドと称されます。

そんなクドカンワールドが余すとこなく発揮された映画が、2007年公開の『舞妓Haaaan!!!』です。
今日はクドカンが大好きな筆者が、『舞妓Haaaan!!!』の魅力をたっぷりお伝えしたいと思います。

『舞妓Haaaan!!!』ってどんな作品?

舞妓Haaaan!!!

『舞妓Haaaan!!!』は2007年に公開された日本映画です。

人気脚本家の宮藤官九郎が脚本を担当したコメディ映画で、興行収入は20億円を記録しました。
企画制作を日本テレビが担当しており、監督も日テレの演出家である水田伸生が務めています。

主演は、宮藤と同じ大人計画に所属する阿部サダヲ。
さらに、宮藤や阿部も参加する「グループ魂」というバンドに本作のヒロインを務めた柴咲コウを加えた限定ユニットが主題歌「お・ま・えローテンションガール」を歌っています。

『舞妓Haaaan!!!』あらすじ

鬼塚公彦(阿部サダヲ)は鈴谷食品・東京本社で働く平凡なサラリーマン。ただひとつ異なるのは、熱狂的な舞妓ファンで暇さえあれば京都に通っていること。しかし、舞妓と遊ぶためのお店・お茶屋ののれんをくぐったことは……まだない。

そんなある日、公彦に吉報がもたらされた。念願の京都支社への転勤が決まったのだ!あっさりと、同僚OLの彼女・大沢富士子(柴咲コウ)を捨てて、意気揚々と京都入り。死にもの狂いで仕事をして、「一見さんお断り」という最高峰の壁を乗り越え、やっとの思いでお茶屋デビュー!

お座敷での宴会も盛り上がり、いざ舞妓との野球拳……というときに、泥酔したプロ野球選手・内藤貴一郎(堤真一)が隣の座敷から乱入した!!!時を同じくして、富士子は公彦を見返すため、京都で舞妓を目指すことを決意した……。

『舞妓Haaaan!!!』感想

結論から言うと、好き嫌いが分かれる映画だと思います。私はめちゃくちゃ好きです。笑

最初からコメディ調でハイテンションに進んでいくので、今までのクドカン作品が合わなかったという人は多分この作品も合わないです(笑) さらに、この作品はいつも以上のぶっ飛びを見せます。

どういうことかというと、話の展開にリアリティが全くないんです。クドカンが好きという人でも中盤以降の展開は受けつけないかもしれません。ただ、その結果として次に何が起こるか全く予想もつかず、そこが最高に面白かったです。

このハイテンションさと何でもありな感じを如実に表しているのが『舞妓Haaaan!!!』というタイトル。ある意味、よく考えられていると思います。笑

でも、なんか最後はまとまっているんですよね。(少なくとも私はそう感じたのですが…どうでしょう笑) 予想もつかない展開で、絶妙なタイミングでシリアスも入り、120分間全く飽きさせません。クドカンだからこそ成せる業だと思います。

とまあクドカン信者が感想を書くとこうなるんですが、みなさんはこの作品をどう評価するでしょうか。

『舞妓Haaaan!!!』はdTVで好評配信中!

『舞妓Haaaan!!!』はdTVで無料配信中です!
食わず嫌いは良くないです!笑 気になっている人はぜひ見てみてくださいね↓↓

舞妓Haaaan!!!
関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
舞妓haaaan トップへ