松尾スズキってどんな人?

1962年12月15日福岡県生まれ。俳優、劇作家、演出家、脚本家、映画監督、コラムニストなど多岐にわたり活躍している。劇団『大人計画』主宰。

大学卒業後に上京し、イラストで細々と生計を立てながら1980年代後半に雑誌で団員を募集し劇団「大人計画」を26歳で設立。『ファンキー! 宇宙は見える所までしかない』で第41回岸田國士戯曲賞受賞し、テレビや映画などへ役者として出演し始める。

2004年公開の映画監督デビュー作『恋の門』はヴェネツィア国際映画祭に出品された。小説家としても活動し、芥川賞候補に過去2回選出。

松尾スズキの最新出演映画はこちら!

2017年9月16日公開の『奥田民生になりたいボーイと出会う男を全て狂わせるガール』。
“力まないカッコいい大人”=奥田民生、に憧れる雑誌編集者が、男を狂わす
ファッションプレスの女に一目ぼれ!!恋の喜びや絶望を味わい、もがき苦しむ抱腹絶倒のラブコメディ!

人気コラムニスト・渋谷直角のレジェンドコミックを、「モテキ」の大根仁監督が映画化した話題作!
主人公コーロキ役に、妻夫木聡。超絶美人なファッションプレスあかり役には水原希子。
松尾スズキは、癖のある編集長役を熱演。

dTVで見られる松尾スズキの出演映画を紹介します。

ピンポン

ピュアなまでに卓球に打ち込む高校生たちの姿を描いた青春ドラマ。

ピンポン

(C) 2002「ピンポン」製作委員会

自虐の詩

幼い頃から不幸ばかりに見舞われてきた女性の半生を描いたヒューマン・コメディ。

自虐の詩

(C)2007「自虐の詩」フィルムパートナーズ

まほろ駅前狂騒曲

2011年の映画「まほろ駅前多田便利軒」、2013年のテレビドラマ『まほろ駅前番外地』に続き、厄介な依頼に携わる便利屋を営む多田と彼のもとに転がり込んできた同級生・行天のバツイチコンビや曲者揃いの客たちの人間模様を描いた三浦しをんの小説を映画化。

まほろ駅前狂騒曲

(C)2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会

突入せよ!あさま山荘事件

72年に実際に起こったあさま山荘事件を材に、その顛末を警察サイドから描き出した群像ドラマ。

突入せよ!あさま山荘事件

(C)2002あさま山荘事件製作委員会

クワイエットルームにようこそ

芥川賞候補にもなった松尾スズキの同名原作小説の映画化。

クワイエットルームにようこそ

(C)2007『クワイエットルームにようこそ』フィルムパートナーズ

恋の門

“劇団大人計画”を率い、近年では小説も発表するなど文筆業でも活躍する松尾スズキによる、長編映画初監督作品。

恋の門

(C) 2004「恋の門」製作委員会

戦慄迷宮(2D)

世界最長のお化け屋敷、富士急ハイランドの“戦慄迷宮”をモチーフに、若者たちが遭遇する迷宮の恐怖をデジタル3Dで描いた体感型スリラー。

戦慄迷宮(2D)

(C)ショック・ラビリンス・フィルム・コミッティ2009

ジヌよさらば 〜かむろば村へ〜

劇団『大人計画』を主宰し、俳優、演出家、脚本家、映画監督、コラムニストなど多彩な顔を持つ松尾スズキが、いがらしみきおの漫画『かむろば村へ』を映画化。

ジヌよさらば 〜かむろば村へ〜

(C) 2015 いがらしみきお・小学館/『ジヌよさらば 〜かむろば村へ〜』製作委員会 

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
松尾スズキ 映画 トップへ