松原智恵子ってどんな人?

1945年1月6日岐阜県生まれ。1960年高校生の時に日活が行った「ミス16歳コンテスト」で入賞しデビュー。都会的で可憐な清純派スターとして絶大な人気を誇り、吉永小百合、和泉雅子と共に「日活三人娘」と呼ばれた。

27歳でジャーナリストの男性と結婚。

最近の出演映画は、2010年『サヨナライツカ』、2011年『小川の辺』、2012年『トテチータ・チキチータ』、2014年『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』、2015年『鏡の中の笑顔たち』、2016年『ゆずの葉ゆれて 』『アニバーサリー』など。


2016年12月第1回ソチ国際映画祭で『ゆずの葉ゆれて』の演技が認められ、主演女優賞を受賞した。

dTVで配信中の松原智恵子の出演映画はこちら!

きいろいゾウ

「余命1ヶ月の花嫁」「ヴァイブレータ」など男女の愛について描いてきた廣木隆一監督が、西加奈子の同名ベストセラー(小学館・刊)を映画化。

きいろいゾウ

(c)2013西加奈子・小学館/「きいろいゾウ」製作委員会

グーグーだって猫である

『綿の国星』などで知られる漫画家の大島弓子。

グーグーだって猫である

(C)2008 「グーグーだって猫である」 フィルム・コミッティ

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
松原智恵子 映画 トップへ