『駆込み女と駆出し男』ってどんな作品?

Photo credit: Ryosuke Yagi via VisualHunt.com / CC BY

『駆込み女と駆出し男』は2015年5月に公開された日本映画。作家・井上ひさしが晩年に11年かけ執筆した時代小説『東慶寺花だより』(文春文庫・刊)を下地に、「わが母の記」「クライマーズ・ハイ」の原田眞人が監督・脚本を手がけた人情劇です。

この作品は井上ひさしの小説『東慶寺花だより』を原案として作られています。皆さんは東慶寺を知っていますか?神奈川県鎌倉市にある、江戸時代には幕府公認だった縁切り寺として有名なお寺なんです。『駆込み女と駆出し男』では、ここに駆け込んで来る女たちが描かれています。

キャスト陣が著名な俳優ばかりなのも見どころです。大泉洋・戸田恵梨香・満島ひかり・堤真一・樹木希林など、常に脂の載っているような名優が主要な役を演じるだけでなく、キムラ緑子や橋本じゅんのように、脇役も実力派・個性派俳優で固められています。

続いて『駆込み女と駆出し男』のあらすじと全体を見た感想をご紹介していきたいと思います。

『駆込み女と駆出し男』あらすじ

CCライセンス: 表示CCライセンス: 継承
Kamakura Bamboo Forest - Japan by Eric Benacek

鎌倉にある東慶寺は、江戸幕府公認の駆込み寺だった。離縁を望む妻がここに駆け込めば問題解決に向け動く拠り所だった。駆け込んだからといってすぐには入れず、まずは御用宿で仔細の聞き取りがされる。

御用宿の柏屋に居候する医者見習い兼駆出しの戯作者・信次郎(大泉洋)は柏屋の主人・源兵衛(樹木希林)とともに、様々な事情を抱えた男女のもつれをほどき、女たちの再出発を支えていく。

『駆込み女と駆出し男』感想

公開時は大泉洋が主演ということで「気になってはいたけど…観られていなかった。」という人は多いんじゃないでしょうか。僕もその一人でしたが、率直に言って観てみて正解でした!!

大泉洋の魅力的な演技もさることながら、コミカルとシリアスがちょうどよく織り交ぜられたストーリー展開は全く飽きさせられませんでしたし、観終わった後に満ち足りた気持ちにさせてくれました。

時代劇ではありますが、縁切り寺がというテーマが面白く、さらにいうと核心は女性の生きる力や愛を描いた作品なので、時代劇を見慣れない方でも十二分に楽しめるのではないかと思いました。

歴史的に著名な滝沢馬琴の登場や当時の生活文化が描かれていて、その点も興味深かったです。映像的にも、綺麗な寺のカットが多く挿入されていて見応えがありました。

信次郎とじょごのやりとりはキュンキュンしますし、お吟の堀切屋を思う気持ちはグッときました…。何より縁切り寺での2年間の修行を経て、歩み出す登場人物たちの姿はスッキリとします。

きっと皆さんも満ち足りた気持ちになれるはずです。2時間半と長めの作品ではありますが、是非この機会に皆さんもご覧になることをお勧めします!

『駆込み女と駆出し男』を観てみたくなった方へ

『駆込み女と駆出し男』はdTVで好評配信中!!この機会にぜひ視聴してみてください↓↓

駆込み女と駆出し男
関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
駆込み女と駆出し男 トップへ