みなさんは『バトルシップ』という映画、知ってますか?エイリアンの侵略部隊との水上バトルを描くSFアクションで、日本人俳優の浅野忠信が準主役で出演しているんです!

今日はその『バトルシップ』の魅力をたっぷりお伝えしていこうと思います!

『バトルシップ』ってどんな作品?

『バトルシップ』は2012年に公開されたハリウッド映画です。大手映画会社ユニバーサル・ピクチャーズの100周年記念作品として、2億ドル以上の製作費をかけて製作されました。

テイラー・キッチュが主人公のアレックス・ホッパーを、日本人俳優の浅野忠信がライバルの自衛隊指揮官ナガタを演じています。監督のピーター・バーグは俳優や脚本家としても活動するマルチプレイヤーです。

物語には現存する軍艦が多数登場します。特に、クライマックスで登場するミズーリ号は太平洋戦争で用いられ、現在はハワイの真珠湾で記念艦として保存されているものです。

実はアメリカ本国での興行収入はイマイチで、批評家からの評価も低く、その年の「最低」映画を選ぶゴールデンラズベリー賞にノミネートされるほど。

しかし、浅野忠信の出演もあって日本人の評価は良く、“バトルシッパー”と呼ばれる熱狂的なファンもいるようです。シリーズものではない洋画がここまで人気が出るのはなかなかないことです。

『バトルシップ』あらすじ

Photo credit: jesserichmond via Visual hunt / CC BY

ハワイ沖。アメリカをはじめとする世界各国の自衛艦が集結して大規模な軍事演習が行われるなか、沖合に正体不明の巨大な物体が出現する。それは、地球からの友好的な呼びかけに応じて飛来したエイリアンの母船だった。

しかし、呼びかけを行った科学者たちの意図とは裏腹に、エイリアンは次々と未知の武器を繰り出し、激しい攻撃を仕掛けてくる。

その戦いの最前線に立たされたのは、演習に参加していた米海軍の新人将校アレックス・ホッパー(テイラー・キッチュ)と、彼がライバル心を燃やす自衛艦の指揮官ナガタ(浅野忠信)だった。

『バトルシップ』を見てみた感想

まさに豪快なアメリカ映画って感じでしたね。2億ドル以上の製作費が投入されてるだけあって、映像は迫力満点。さらに、ノリノリなBGMとおバカな登場人物たちも相まって、頭を空っぽにして楽しめる作品になっています。

報復されるってわかってるのに攻撃したり、思い立ったら即行動っていうキャラクターが多く、まさに私たちのイメージするアメリカ人そのもの。でも本国の興行成績はあまり良くなかったんですよね。ミズーリ号が出港するシーンとか、アメリカ人こそ興奮すると思うんですが…

とはいえ、その豪快さが日本の“バトルシッパー”たちにはウケているんでしょう。浅野忠信の演技も上手で、英語ペラペラです。たまに日本語で話すカットがあるんですが、逆にそっちのほうが気になります(笑) これを機に他のハリウッド映画にも出てほしいところです。

全体を見返すと、特に新しさもひねりもない展開なので批評家からの評価が低いのもうなずけますが、私たちがスカッと楽しむぶんにはちょうどいいのでは。良質なエンタメ映画だと思います。

『バトルシップ』はdTVで好評配信中!

『バトルシップ』はdTVで好評配信中です!興味のある人は、この機会にぜひ見てみてください!

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
バトルシップ 映画 トップへ