火野正平ってどんな人?

1949年5月30日東京都生まれ。子役劇団に所属し、テレビドラマに端役で出演する。

「芸能人プレイボーイの元祖」と呼ばれ、数多くの女優と浮名を流し当時のワイドショーを賑わせた。
テレビドラマや映画などでも、女性を扱うのが上手な役柄・女性にモテる役柄を演じることが多くなった。

2011年からは日本全国を自転車で巡る NHK BSプレミアム「にっぽん縦断 こころ旅」でパーソナリティーを務めている。

主な出演映画は、『極道の妻たちシリーズ』、2006年『大奥』、2013年『終戦のエンペラー』、2014年『そこのみにて光輝く』、2016年『幻の漁火』など。

dTVで見られる火野正平の出演映画を紹介します!

終戦のエンペラー

岡本嗣郎のノンフィクションを基に「真珠の首飾りの少女」のピーター・ウェーバー監督が映画化した歴史サスペンス。

終戦のエンペラー

(C)Fellers Film LLC 2012 ALL RIGHTS RESERVED

復讐するは我にあり

九州、浜松、東京で五人を殺し、詐欺と女性関係を繰り返した主人公の生いたちから死刑執行までを辿る。

復讐するは我にあり

(C)1979 松竹株式会社/株式会社今村プロダクション

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
火野正平 映画 トップへ