Photo via Visualhunt.com

人生にはモテ期が3回やってくる、とはよく言いますよね。30年間彼女なしの主人公に突然モテ期がやってくる…という男の妄想全開の作品が『モテキ』です。

今日は、2011年公開の映画『モテキ』がどんな作品なのか、ご紹介していきたいと思います!

映画『モテキ』ってどんな作品?

Photo via VisualHunt.com

映画『モテキ』は2011年に公開された日本映画です。久保ミツロウによる漫画が原作で、2010年にテレビ東京でドラマ版が放送されました。

その1年後、久保ミツロウが書き下ろしたオリジナルストーリーをもとに製作されたのが映画『モテキ』です。興行収入は22億円を記録。テレ東の深夜ドラマ発の作品がここまでヒットしたのは快挙です。

主演の森山未來はドラマ版からの続投です。女性キャストは一新され、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子が出演しています。

脚本・監督の大根仁もドラマからの続投。彼はその後映画『バクマン』も手がけ、今夏にはTBS「ハロー張りネズミ」の放送を控えています。

映画『モテキ』あらすじ

31歳の藤本幸世(森山未來)は、金なし夢なし彼女なし。派遣会社を卒業し、ニュースサイトのライター職として新しい生活を踏み出そうとしているが、結局のところ新しい出会いもないまま。

だがある日突然、“モテキ”が訪れた。キュートな雑誌編集者・みゆき(長澤まさみ)、清楚で素朴な年上OLるみ子(麻生久美子)、ガールズバーの美人店員・愛(仲里依紗)、美貌のSキャラ先輩社員・素子(真木よう子)というまったくタイプの異なる4人の美女の間で揺れ動く幸世。

「こんなの初めてだ……今まで出会った女の子と全然違う。冷静になれっ、期待しちゃダメだぁ……」モテキの波を越えて、幸世は本当の恋愛にたどりつくことができるのか……。

映画『モテキ』を見てみた感想

ドラマ版の女性陣4人は登場せず、独立した作品になっています。映画『モテキ』の女性陣は長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子の4人。ドラマ版よりキャスティングに力を入れてきましたね!!笑

序盤はとにかく長澤まさみがエロいので、男性陣は要注意です(笑) ドラマ版にてセカンド童貞に昇格した幸世くんですが、映画では普通に恋愛してますよ!見てて応援したくなるキャラです。

後半は女性陣の心情にもスポットが当てられます。ここでも長澤まさみがカワイイんですよねえ(主観) 主演の森山未來はキスシーンもおっぱい揉むシーンもあって…役得すぎないですかね。

あとモテキの特徴といえば、作品内で使用される「モテ曲」の数々ですが、映画では一体何曲使われたのかわからないくらい出てきます。歌詞も絶妙に物語とマッチしてて、ここらへんは脚本・監督の大根仁さんの力だと思いますね。

映画『モテキ』はdTVで好評配信中!

映画『モテキ』はdTVで好評配信中です。また、dTVではドラマ『モテキ』も配信されているので、そちらもぜひ見てみてくださいね↓↓

モテキ
関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
モテキ 映画 トップへ