柳楽優弥ってどんな人?

1990年3月26日東京都生まれ。2002年に映画『誰も知らない』が初オーディションだったが、監督の是枝裕和に「目に力がある」と主役に抜擢。第57回カンヌ国際映画祭で、当時14歳で史上最年少で男優賞を受賞し、一躍時の人に。

2009年に女優の豊田エリーと結婚し、翌年第一子が誕生。
「カンヌ受賞」がだんだんとプレッシャーになり、俳優の仕事から遠ざかり社会勉強のため、洗車のバイトと居酒屋のバイトして過ごす。その後、チャームポイントの目力と演技力を生かし、大河ドラマなど多くの作品に出演し活躍している。

主な出演映画は、2004年『誰も知らない』、2005年『星になった少年 Shining Boy & Little Randy』、2006年『シュガー&スパイス 風味絶佳』、2007年『包帯クラブ』、2010年『すべては海になる』、2013年『許されざる者』、2014年『闇金ウシジマくん Part2』『最後の命』、2015年『合葬』、2016年『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』『ディストラクション・ベイビーズ』など。

柳楽優弥が出演している最新映画はこちら!

『銀魂』2017年7月14日〜大ヒット公開中。

「週刊少年ジャンプ」連載の空知英秋原作による大ヒットコミックを「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一が実写化。江戸時代末期、宇宙から襲来した「天人(あまんと)」が日本を開国。未だに侍魂を堅持する風変わりな男・坂田銀時が営む万事屋の周囲では、次から次へと事件が巻き起こり……。
柳楽優弥は、真撰組の土方十四郎を演じている。
ミツバ編は、dTVオリジナル!こちらもぜひ!

2018年公開予定『散り椿』。

『蜩ノ記』で直木賞を受賞した葉室麟原作の小説『散り椿』が映画化。監督は『劔岳 点の記』などを手掛けた木村大作、脚本は黒澤明の元で助監督を長年務めた小泉堯史。岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、緒形直人、新井浩文、柳楽優弥、麻生久美子、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二ら日本を代表する豪華俳優陣が出演する。

dTVで見られる柳楽優弥の出演映画はこちら!

戦慄迷宮(2D)

世界最長のお化け屋敷、富士急ハイランドの“戦慄迷宮”をモチーフに、若者たちが遭遇する迷宮の恐怖をデジタル3Dで描いた体感型スリラー。

戦慄迷宮(2D)

(C)ショック・ラビリンス・フィルム・コミッティ2009

闇金ウシジマくん Part2

累計750万部突破の真鍋昌平のコミックを「凶悪」の山田孝之主演で実写化したシリーズの劇場版第2弾。

闇金ウシジマくん Part2

(C)2014 真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん2」製作委員会

合葬

杉浦日向子の同名漫画を「カントリーガール」の小林達夫が映画化。

合葬

(C)2015 杉浦日向子・MS.HS / 「合葬」製作委員会

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
柳楽優弥 映画 トップへ