染谷将太ってどんな人?

1992年9月3日東京都生まれ。9歳のときに『STACY』で映画初出演。
2009年映画『パンドラの匣』で長編映画初主演。

2011年第68回ヴェネツィア国際映画祭に出品された園子温監督作品『ヒミズ』で共演した二階堂ふみとともに、最優秀新人賞受賞し、実力俳優として認知される。
2015年に女優の菊地凛子と結婚した。


主な出演映画は、2011年『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』、2012年『ALWAYS 三丁目の夕日'64』『生きてるものはいないのか』『天地明察』『悪の教典』、2013年『清須会議』『永遠の0』、2014年『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』『寄生獣』、2015年『さよなら歌舞伎町』『みんな!エスパーだよ!』『バクマン。』、2016年『聖の青春』『海賊とよばれた男』『3月のライオン』など。

2018年に中国の巨匠チェン・カイコー監督による日中合作映画『空海-KU-KAI-』で主演に抜擢され空海を演じることが決まったことが話題になった注目の俳優です。

染谷将太が出演している最新映画はこちら!

『ポンチョに夜明けの風はらませて』2017年10月28日公開予定。


デビュー作「世界グッドモーニング!!」が世界各地の映画祭で注目を集めた気鋭監督・廣原暁が、早見和真の同名青春小説を若手実力派俳優の共演で実写映画化。男子高校生の又八、ジン、ジャンボの3人組は、将来に希望を持てないまま平凡な日々を過ごす一方で、「変わりたい」という漠然とした願望を抱えていた‥。太賀、中村蒼、矢本悠馬、染谷将太と若手実力派俳優が勢揃いの話題作です。

dTVで見られる染谷将太が出演する映画を紹介します!

ピンポン

ピュアなまでに卓球に打ち込む高校生たちの姿を描いた青春ドラマ。

ピンポン

(C) 2002「ピンポン」製作委員会

ヒミズ

「冷たい熱帯魚」の園子温監督が漫画家・古谷実(『行け!稲中卓球部』)の問題作を映画化。

ヒミズ

(C)『ヒミズ』フィルムパートナーズ

さよなら歌舞伎町

「ヴァイブレータ」「やわらかい生活」と男女の心のひだを捉え衝撃を与えた監督・廣木隆一と脚本家・荒井晴彦のコンビが三度タッグを組み、歌舞伎町にあるラブホテルを舞台に身も心も剥き出しになる男女を描いた群像劇。

さよなら歌舞伎町

(C)2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会

貞子3D

Jホラーブームの火付け役となった1998年の「リング」が生んだ人気キャラクター“貞子”が3D映像で登場。

貞子3D

(C)2012「貞子3D」製作委員会

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
染谷将太 映画 トップへ