本木雅弘ってどんな人?

1965年12月21日埼玉県生まれ。1981年、TBSドラマ『2年B組仙八先生』でデビュー。

1982年アイドルグループ「シブがき隊」のメンバー「モックン」として歌手デビューし、一世を風靡するトップアイドルに。
1989年、グループ解散後に俳優活動を再開し『ファンシイダンス』で役に合わせて坊主頭で挑み初主演。
1998年NHK大河ドラマ『徳川慶喜』で主演。
企画を自ら持ち込み、主演も務めた『おくりびと』が2009年にアカデミー賞外国語映画賞を受賞。

主な出演映画は、1989年『ファンシイダンス 』、1991年『遊びの時間は終らない 』、1992年『シコふんじゃった。』、1994年『RAMPO』、1996年『トキワ荘の青春 』、1999年『双生児』、2003年『巌流島 GANRYUJIMA』、2008年『おくりびと』、2015年『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』、2016年『永い言い訳』など。

dTVで見られる本木雅弘の出演映画を紹介します。

中国の鳥人

商社マンとヤクザのふたりが、中国・雲南省の奥地、鳥人伝説の残る少数民族の村で自分を見つめ直していく姿をとらえたヒューマン・コメディ。

中国の鳥人

(C)丸紅/ホネ・フィルム

GONIN

バブル崩壊で世間からはみ出してしまった五人の男たちが仕組んだ強盗計画の顛末をスタイリッシュな映像で描くバイオレンス・アクション。

GONIN

(C)1995 松竹株式会社

日本のいちばん長い日

「わが母の記」で第35回モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリを獲得した原田眞人監督が、昭和史に関する著作を多く手がける半藤一利が緻密な取材を積み上げ著したノンフィクション『日本のいちばん長い日 決定版』を映画化。

日本のいちばん長い日

(C)2015「日本のいちばん長い日」製作委員会

天空の蜂

『容疑者Xの献身』で第134回直木賞を受賞、現代を代表するミステリー作家・東野圭吾が1995年に発表した同名小説を、「20世紀少年」シリーズなどのヒットメーカー、堤幸彦監督が映画化。

天空の蜂

(C)2015「天空の蜂」製作委員会

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
本木雅弘 映画 トップへ