芦田愛菜ってどんな人?

2004年6月23日兵庫県生まれ。

3歳で芸能界に入り。2010年ドラマ『Mother』に出演して、新人賞を総なめにし一躍人気子役に。
2011年ドラマ『さよならぼくたちのようちえん』で日本のドラマ史上最年少初主演を務める[。ドラマ『マルモのおきて』で連続ドラマ初主演、ゴールデン帯の連続ドラマ史上最年少での主演となり、大ヒット。ドラマの主題歌は、社会現象となった。

2012年、映画『うさぎドロップ』と映画『阪急電車 片道15分の奇跡』で「第54回 ブルーリボン賞 新人賞」を史上最年少。2013年、映画『パシフィック・リム』でハリウッドデビューを果たす。
2017年に慶應義塾中等部に入学したことが話題になった。

主な出演映画は、2010年『告白』、2011年『阪急電車 片道15分の奇跡』『うさぎドロップ』、2012年『LIAR GAME -再生-』『のぼうの城』、2013年『パシフィック・リム』、2014年『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』、2017年『映画 山田孝之3D』など。

dTVで見られる芦田愛菜の出演映画を紹介します。

うさぎドロップ

宇仁田ゆみの人気コミックを、「マイ・バック・ページ」の松山ケンイチ、「告白」の芦田愛菜共演で映画化したハートウォーミングな物語。

うさぎドロップ

(C)2011「うさぎドロップ」製作委員会

円卓〜こっこ、ひと夏のイマジン〜

西加奈子の小説を原作に、“普通”嫌いでちょっと風変わりな小学生のひと夏の経験と成長を描いたドラマ。

円卓〜こっこ、ひと夏のイマジン〜

(C)2014「円卓」製作委員会

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
芦田愛菜 映画 トップへ