dTV informationいま見たい動画が見つかる情報総合サイト

  1. トップ
  2. ドラマ
  3. 韓国ドラマ『チェオクの剣』あらすじ・見どころを解説!

韓国ドラマ『チェオクの剣』あらすじ・見どころを解説!

韓国ドラマ『チェオクの剣』あらすじ・見どころを解説!

韓国ドラマ『チェオクの剣』のあらすじ・見どころを徹底解説!韓国で熱狂的なファンが続出し、メインキャスト3人すべてが放送された年に女優賞、男優賞を獲得した大作。涙なくしては見られない切なすぎる本格派時代劇『チェオクの剣』をぜひご覧ください!

ドラマ 更新日時

目次

目次を開く

優れた知能と武術の腕を持つ、男勝りな女性犯罪捜査員

チェオクの剣

出典: MBC

『チェオクの剣』は2003年7月28日から9月9日までMBCで放送された全14話の韓国ドラマ。
日本では2005年11月から2006年2月までNHK-BS2で放送され、メディアで大ブームとされた『冬のソナタ』、『美しき日々』、『オールイン 運命の愛』、『宮廷女官チャングムの誓い』に続くNHKによる韓国連続ドラマシリーズ放映(日本語吹き替え)の第5弾作品です。

ワイヤーアクションやコンピュータグラフィックスなどの技術を多用した映像が特徴で、既存の時代劇の域を超えた「フュージョン時代劇」と評され、ドラマにハマりすぎて「茶母廃人」という言葉が生まれるほどの社会現象になりました。(韓国でのタイトルが『茶母』)

ハ・ジウォン主演、17世紀朝鮮王朝時代を舞台にしたスーパーアクション時代劇『チェオクの剣』を本記事でたっぷりと紹介していきます。
気になっている方は是非チェックしてみてください。

『チェオクの剣』あらすじ

舞台は1692年の朝鮮王朝時代、都の漢城(ハンソン)。
捕盗庁(ポドチョン:当時の警察)は管轄別に左捕盗庁と右捕盗庁に分かれていた。

左捕盗庁で茶母(タモ)として働きながら、その聡明さと優れた武術を生かし、犯罪捜査の第一線で活躍する一人の女性チェオク。
上司であるファンボ・ユン従事官とは、兄妹同然に育った仲だった。
幼い頃、チェオクの父チャン・イルスンは謀反の罪にとわれ、兄と逃げたがその後離ればなれに。身分を官婢に落とされたチェオクは、ユンの家で仕えることになったのだった。身分の差ゆえ、ユンへの想いを胸の奥に秘めるチェオク。

そんなある日、世の中を変えようと改革を目指す自由奔放な男ソンベクに出会い、チェオクの運命はまたも嵐のごとく吹き荒れる。

『チェオクの剣』主要キャスト3人を一挙にご紹介!!

チャン・チェオク役 / ハ・ジウォン

ハ・ジウォン

出典: 映画.com

名 前: ハ・ジウォン(Ha Ji Won)
ハングル表記: 하지원
生年月日: 1978年 6月 28日

1997年にドラマ『新世代報告 大人たちは知らない』「修学旅行」編で生徒役としてデビュー。
1998年にドラマ『学校2』で不良のチャン・セジン役を演じ、顔を知られ始める。
2000年、オーディションによって映画『真実ゲーム』のヒロインを射止め、大御所アン・ソンギに負けない存在感を放った。
2004年に高視聴率を記録した愛憎劇ドラマ『バリでの出来事』で、従来のヒロイン像とは異なる現実的なイ・スジョン役を演じ、その年の百想芸術大賞で最優秀女優賞を受賞した。
2009年、映画『私の愛、私のそばに』でルーゲーリック病の夫を献身的に支える妻イ・ジスを演じ、青龍映画賞 百想芸術大賞で主演女優賞を受賞した。
2010年にドラマ『シークレット・ガーデン』でスタントウーマンのキル・ライムを演じ、高視聴率を記録する大ヒットとなる。
多くの作品で華麗なアクションをこなすなど、アクション女優としてのイメージも強いです。

『チェオクの剣』では、左捕盗庁の茶母だが、聡明さと武術の腕を買われて事件捜査など刑事としても活躍するチャン・チェオクを演じている。

ファンボ・ユン役 / イ・ソジン

イ・ソジン

出典: 映画.com

名 前: イ・ソジン (Lee Seo Jin)
ハングル表記: 이서진
生年月日: 1973年 1月 30日

1999年、SBSで放送されたドラマ『波上の家』でデビュー。
2002年にドラマ『星を射る』でヒロインの恋人キム・ドフン役を演じる。
2004年には最高視聴率30%以上を記録した大ヒットドラマ『火の鳥』で、主人公の苦学生セフンを演じる。
2007年にドラマ『イ・サン』で主人公の正祖ことイ・サンを演じ、2007年MBC演技大賞で男性最優秀賞を受賞。
日本でも人気の高い韓流ドラマに出演し、人気を博しています。
高校1年より大学卒業までアメリカに留学をしていたため英語も堪能です。

『チェオクの剣』では、左捕盗庁従事官で正義感が強く、部下からの信頼も厚いファンボ・ユン役を演じている。

チャン・スンベク役 / キム・ミンジュ

キム・ミンジュ

出典: 映画.com

名 前: キム・ミンジュン (Kim Min Joon)
ハングル表記: 김민준
生年月日: 1976年 7月 24日

1995年にファッションショーのモデルとしてデビュー。
本作『チェオクの剣』がドラマデビューとなり、広く知られるようになる。
2008年に大ヒット映画のドラマ版『いかさま師タチャ』で、主人公のライバルヨンミン役を演じた。
2016年にドラマ『花郎(ファラン)』で百済の王子であるチャン王子役を演じた。

スポーツを通して培った体力、精神力は演技の中でも発揮され、カリスマ溢れる魅力が多くの女性たちを夢中にさせています。

『チェオクの剣』では、民のための新たな国づくりを目指して革命を起こそうとする盗賊団の頭領チャン・スンベク役を演じました。

豪快なアクションシーン!

歴史物でありながら、音楽にロックやポップスを使ったり、CGやワイヤーアクションをふんだんに取り入れたりしたのが新鮮で面白かったです。

船で揉め事が起こるシーンでは、揉め事を解決するためにチェオクが遠くから走ってきて、ぴょーーーんと船に飛び乗りました。その飛び方が豪快で思わず笑ってしまいました!

こんなワイヤーアクションも見どころです!

ヒロイン チェオクの命がけで闘う姿に惚れる!

チェオクの剣

撃鞠のシーンでは、男性にも引けを取らない運動神経で、馬に乗って男に混ざって戦っていました。しかしそれが原因で、相手のチームに目をつけられてしまいます。

撃鞠の試合に女が混ざっていた責任を取って、「自分の腕を切って差しあげる」と言ったチェオクはかっこよかったです。立場が上の人にも屈せずに立ち向かう、とても正義感の強い女性だなと思いました。

布を振り回して犯人を捕まえたり、悪いことには悪いと言える彼女は素敵ですが、その分命を顧みず無謀に突き進みがちなのでヒヤヒヤするシーンがありました。これからのチェオクの生活にも目が離せません!

報われることのない愛に涙…

チェオクの剣

出典: MBC

韓国の時代劇では定番の「身分の差の恋」がこのドラマの見どころです。

ファンボとチェオクは幼い頃から剣を一緒に習い、兄妹のように育ってきました。命を顧みず突き進んでしまうチェオクをファンボはいつも気にかけています。

そんな中で恋心が芽生えてきますが、身分の違う2人は決して結ばれることがないです。そんな2人を見ているのは悲しかったです。

現代では身分の差によって結婚できないとかは聞いたことがあまりありません。『チェオクの剣』や他の時代劇を見ても思うのですが、そんな自由な恋愛が許されない時代があったのだと考えるととても悲しいです…。

まとめ

この記事では韓国ドラマ『チェオクの剣』についてご紹介しました。
「茶母廃人(ダモペイン)」と呼ばれる熱狂的なファンを生むほど、社会現象を起こした大ヒットドラマです。
ワイヤーアクションやコンピュータグラフィックスなどの技術を多用した映像が特徴で、これまでの時代劇とは異なる「フュージョン時代劇」と評されています。
ヒロインチェオクの見応えあるアクションから、切ない身分違いの恋まで見どころたっぷりな作品です。

この記事を読んで『チェオクの剣』が気になった方は、ぜひご覧ください!

チェオクの剣

作品詳細はこちら

本作品の配信情報は2023年1月26日時点のものです。
配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。


おすすめカテゴリ

ABOUT dTV

  1. 映画やドラマ、音楽ライブまで、話題作ゾクゾク追加中!
    国内外の大ヒット映画や話題のドラマ、あの人気アーティストのプレミアムライブ、さらにはdTVでしか見られないオリジナル企画まで
    子供から大人まで楽しめる多彩なジャンルの作品が見放題。
  2. 価格はどれだけ見ても、月額550円(税込)
    初めて登録される方は、初月無料でお試しできます
    毎月ゾクゾク新着作品が追加されるから、いつでも見たい作品が途切れることなく、楽しめます。
    ドコモ以外の方も誰でもWEBで登録が可能。
    また、いつでもWEBで簡単に解約が可能です。
    新作レンタルなどもdポイントが使えるのでオトクにdTVを楽しめます。
  3. あなたのライフスタイルに合わせて、
    外出先でもおうちでもいつでもどこでもカンタンアクセス。
    スマートフォン、タブレット、パソコンに加え、TVやプロジェクターなどでリビングでくつろぎながら大画面でも楽しめる。
    WiFiでダウンロードしておけば、通信制限の心配もなく視聴できます。
dTVを詳しく知る!