ナオミ・ワッツってどんな人?

1968年9月28日イギリス生まれ。

1982年にオーストラリアに移住し、複数の演劇学校に在籍した。15歳の時にオーディションで出会ったニコール・キッドマンとは現在に至るまで深い交友関係にあることが有名。
1986年には、モデルとして生計を立てるために日本へ移住したが思うようにいかず、すぐに帰国した。

女優としてオーストラリアのテレビドラマやコマーシャルなどに出演するが、カルト映画やB級映画で食い繋ぐ苦しい時期が長く続いた。

2001年、映画『マルホランド・ドライブ』の主役に抜擢され、注目される。
2002年、日本映画のハリウッドリメイク『ザ・リング』にも主演し、日本での認知度が高まった。

2003年、『21グラム』でアカデミー主演女優賞にノミネート。
2005年、『キング・コング』では「37歳のヒロイン」ということで大きな話題になり大ヒットした。

私生活では、2005年春からアメリカ人のリーヴ・シュレイバーと交際し二児の母。


ナオミ・ワッツの主な出演映画はこちら!

1995年『タンク・ガール』
1996年『スティーブン・キング/アーバン・ハーベスト2』主演
1998年『娼婦ベロニカ』
2001年『マルホランド・ドライブ』主演←第54回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞
2002年『ザ・リング』
2003年『21グラム』←アカデミー主演女優賞ノミネート
2004年『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』
2005年『キング・コング』『ザ・リング2』
2007年『イースタン・プロミス』←第32回トロント国際映画祭観客賞
2008年『ファニーゲーム U.S.A.』←製作総指揮兼主演
2009年『ザ・バンク 堕ちた巨像』
2010年『フェア・ゲーム』
2012年『インポッシブル』←アカデミー主演女優賞ノミネート
2013年『ダイアナ』
2014年『ヴィンセントが教えてくれたこと』

dTVで見られるナオミ・ワッツの出演映画を紹介します!

ザ・リング

鈴木光司の人気ホラー小説を中田秀夫監督が映画化して大ヒットした日本映画「リング」を、アメリカのドリームワークスがリメイク。

ザ・リング

TM &(C)2002 DREAMWORKS LLC.

21グラム

1つの心臓をめぐって交錯する、1人の女と2人の男の皮肉な運命を描いた人生ドラマ。

21グラム

(C)MMIII FOCUS FEATURES,L .L .C. ALL RIGHTS RESERVED.

ザ・リング2

鈴木光司の人気ホラー小説を中田秀夫監督が映画化して大ヒットを記録し、その後、数多くの関連作品がつくられた「リング」。

ザ・リング2

TM &(C)2005 DREAMWORKS LLC.

ダイバージェントNEO

人々が性格別に5つの共同体いずれかに分類され管理下に置かれる未来都市を舞台に、どれにも当てはまらない異端者=ダイバージェントと判定された少女の戦いを描く、ベロニカ・ロスのヤングアダルトSF小説『ダイバージェント』シリーズの映画化第2弾。

ダイバージェントNEO

The Divergent Series: Insurgent (C)2015, Artwork & Supplementary Materials TM & (C) 2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights R

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
ナオミ ワッツ 映画 トップへ