『アンフェア』ってどんなドラマ?

『アンフェア』は2006年、フジテレビ系火曜22時枠で放送された連続ドラマです。

原作は秦建日子の小説『推理小説』ですが、中盤以降はドラマオリジナルであり、全部で3つの事件が描かれます。

平均視聴率は15.4%を記録。続編となるスペシャルドラマ、映画、スピンオフドラマも製作されるなど人気シリーズに。2015年公開の映画『アンフェア the end』をもって完結となりました。

メインキャスト3人をご紹介!

名前:篠原涼子(しのはら りょうこ)
生年月日:1973年8月13日
身長:162cm

1990年、東京パフォーマンスドールのメンバーとしてデビュー。1994年、小室哲哉プロデュースによるソロシングル『恋しさと せつなさと 心強さと』がダブルミリオンを記録。

30歳を超えると女優業がメインに。『アンフェア』『ハケンの品格』『ラスト♡シンデレラ』など主演作が軒並みヒットしている。

名前:瑛太(えいた)
本名:永山 瑛太
生年月日:1982年12月13日
身長:179cm

妻は歌手の木村カエラ。実弟は俳優の永山絢斗。

2003年『WATER BOYS』で注目を浴びる。以後、『アンフェア』『篤姫』『余命1ヶ月の花嫁』など、主役も脇役もこなす。最近では、2017年『ハロー張りネズミ』で主演を務めたほか、2018年大河ドラマ『西郷どん』に大久保利通役で出演予定。

名前:阿部サダヲ(あべ さだを)
生年月日:1970年4月23日
身長:164cm

大人計画所属。宮藤官九郎作品に多く出演、その名を知られるようになった。

2011年、主演を務めた『マルモのおきて』が大ヒット。2019年の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』でも主演を務めることが決定している。

『アンフェア』第1話のあらすじ

捜査一課の検挙率No.1刑事・雪平夏見(篠原涼子)は、今日も人質事件を解決に導く。しかし、行き過ぎた単独行動が問題視され、安藤一之(瑛太)という新米刑事が見習いに付くことに。

その日の夜、新宿中央公園で二人の刺殺遺体が発見される。近くの植え込みには、「アンフェアなのは誰か?」との文が印刷された栞があった。

翌日、雪平と安藤は栞の出所が中堅出版社の岩崎書房のものだと突き止める。さらに、栞に被害者ふたりの指紋が残っていたことが判明。雪平は、同一犯による別の殺人が起こると予告する。

『アンフェア』第1話を見てみた感想

『アンフェア』シリーズの原点となる連続ドラマ。篠原涼子演じる主人公は、検挙率No.1の美人刑事。しかし、バツイチでかなりの変わり者です。脇役も豪華なんですが、見終わると篠原涼子のドラマだなーと思います。サービスシーンは完全に狙ってますね。

ちなみに、篠原涼子の娘役の向井地美音(当時8歳)は、現在AKB48のメンバー。『アンフェア the end』(2015)では高校生となって登場するので、見比べるとその成長ぶりがわかります。

このドラマ、もう一つの特徴は1話完結ではないという点。目の前の事件を解決しつつ、主人公が抱える問題にも迫っていく…という構成になりそう。普通の刑事モノよりも重厚なストーリーが楽しめそうです。

『アンフェア』はdTVで好評配信中!

『アンフェア』はdTVで好評配信中!まだ見てない人も、もう一回見たくなった人も、この機会にぜひどうぞ↓↓

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
アンフェア ドラマ トップへ