※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

『ルーズヴェルト・ゲーム』ってどんなドラマ?

『ルーズヴェルト・ゲーム』は2014年4月期にTBS系日曜劇場枠で放送された連続ドラマ。

原作は池井戸潤。最終回平均視聴率42.2%を記録した『半沢直樹』(2013年放送)の制作陣が再集結し、製作されました。主演は唐沢寿明。平均視聴率は14.5%を記録しました。

香川照之、石丸幹二、手塚とおるなど『半沢直樹』にも出演した俳優陣が再び登場する一方、立川談春、平井理央など俳優初挑戦の芸能人も多数起用しており、幅広い顔ぶれとなっています。

メインキャスト3人をご紹介!

細川 充 役:唐沢寿明

名前:唐沢寿明(からさわ としあき)
生年月日:1963年6月3日
身長:175cm

1990年代は人気若手俳優としてブレイク。2000年代になると、『白い巨塔』『20世紀少年』『トイ・ストーリー』吹替版のウッディ役などヒット作に恵まれる。

妻は女優の山口智子。芸能界きっての小顔であることも有名。

笹井 小太郎 役:江口洋介

出典: ja.wikipedia.org

名前:江口洋介(えぐち ようすけ)
生年月日:1967年12月31日
身長:185cm

1993年1997年放送の『ひとつ屋根の下』で主演を務め、最高視聴率37.8%を記録。(フジテレビドラマの歴代最高記録)
『救命病棟』シリーズでも有名。

妻は歌手の森高千里。1男1女の父親である。

沖原 和也 役:工藤阿須加

名前:工藤阿須加(くどう あすか)
生年月日:1991年8月1日
身長:180cm

父は福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康。自身は学生時代テニスに励む。五人兄妹の長男。

2014年、『ルーズヴェルト・ゲーム』で社会人野球のピッチャー役を演じ話題を呼ぶ。その後も『偽装の夫婦』『家売るオンナ』『ちょっと今から仕事やめてくる』など活躍を続けている。

『ルーズヴェルト・ゲーム』第1話のあらすじ

中堅精密機器メーカー・青島製作所。細川充(唐沢寿明)が社長に就任して間もなく、青島製作所は金融不況による景気悪化の影響を受け始めていた。

役員会で専務の笹井(江口洋介)に意見を求められた細川は突然、「野球部を廃部にする!」と言い出す。メインバンクから来期の融資をストップする可能性を示唆され、今まで以上にコストカットを行う必要があるという。

年間で3億円もの維持費がかかる野球部は、創業者の青島毅(山崎努)が創設した会社のシンボルで、かつては社会人野球の名門として名を馳せていたが、今は会社の業績低迷と共鳴するかのように衰退の一途をたどっていた。

細川の決断は、経営者としてもっともな判断なのだが、賛否は拮抗し結論は持ち越しに。すると、今度は大手取引会社から、年70億円の損失にもなりかねない厳しい生産調整の要求が舞い込んでくる。

『ルーズヴェルト・ゲーム』第1話を見てみた感想

『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』と、池井戸潤×日曜劇場ドラマを制覇してきた私でしたが、『ルーズヴェルト・ゲーム』だけ見たことなかったんですよね。

『半沢直樹』は大阪編東京編と、二部構成でテンポよく進む展開でしたが、この『ルーズヴェルト・ゲーム』は一作の中に企業再建と野球という二つの物語が同時進行で進む展開。当然、この先二つがシンクロしてくることでしょう。

ところで、『半沢直樹』では完全なる勧善懲悪の復讐劇だったのが、最新作『陸王』では悪役だった人が途中から改心したり、悪役と見せかけて実は良い人だったりなど、ヒトの描き方がだいぶ変わった気がしますね。むしろ、中小企業のサクセスストーリーと捉えるのが適切で、最後もスッキリ!ではなく感動…(涙)という感じです。

それを踏まえて『ルーズヴェルト・ゲーム』第1話、勧善懲悪を残しつつ、サクセスストーリーも見れるというおいしい感触。いちばん感動したのは工藤阿須加の涙です。元プロ野球選手の息子が野球パートの主役に大抜擢。最後に垂らした涙、なんて純粋無垢なんでしょう…

『ルーズヴェルト・ゲーム』はdTVで好評配信中!

『ルーズヴェルト・ゲーム』はdTVで好評配信中!興味のある人はぜひ見てみてくださいね↓↓

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
ルーズヴェルトゲーム ドラマ トップへ