※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

『英国王のスピーチ』ってどんな映画?

『英国王のスピーチ』は2010年に公開されたイギリス映画。吃音に悩んだ前イギリス国王・ジョージ6世と、その治療にあたった言語療法士の友情を描いた歴史ドラマとなっています。

監督はイギリス人映画監督のトム・フーパー。2012年には映画版『レ・ミゼラブル』の監督も務めました。脚本のデヴィット・サイドラーは、自身も吃音症であり、30年以上企画を温めていたとか。

本作は第83回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞の4冠に輝いたのをはじめ、数多くの映画賞を受賞しています。

メインキャスト3人をご紹介!

ジョージ6世 役:コリン・ファース

出典: ja.wikipedia.org

名前:コリン・ファース
英語表記:Colin Firth
生年月日:1960年9月10日
身長:185cm

イギリスの俳優。『英国王のスピーチ』で第83回アカデミー賞主演男優賞を受賞。

最新作『キングスマン: ゴールデン・サークル』がヒットを記録中。

ライオネル・ローグ 役:ジェフリー・ラッシュ

出典: ja.wikipedia.org

名前:ジェフリー・ラッシュ
英語表記:Geoffrey Rush
生年月日:1951年7月6日
身長:183cm

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのバルボッサ船長役で有名。

1996年、『シャイン』でアカデミー主演男優賞をオーストラリア人で初めて受賞する。

エリザベス妃 役:ヘレナ・ボナム=カーター

出典: ja.wikipedia.org

名前:ヘレナ・ボナム=カーター
英語表記:Helena Bonham Carter
生年月日:1966年5月26日
身長:157cm

イギリスの女優。『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』『アリス・イン・ワンダーランド』『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』など、イギリスゆかりの大作映画に多数出演している。

『英国王のスピーチ』あらすじ

ジョージ6 世(コリン・ファース)は、英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男であるが、幼い頃から吃音に悩まされていた。

今までに何人もの言語療法士を訪ねてきたが症状は一向に改善しない。ある日、妻のエリザベスはオーストラリア出身の言語療法士ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のもとへ夫を連れていく。

ライオネルの無作法な治療に怒りを立てるジョージだったが、対等な関係を築こうとするライオネルに次第に心を開いていく。

1936年、ジョージ5世が崩御し兄のエドワード8世が新国王に即位する。しかし、アメリカ人夫人との結婚を議会に反対されると1年も立たずに退位してしまう。

『英国王のスピーチ』を見てみた感想

100人に1人の割合で存在するという吃音。エリザベス女王の父であるジョージ6世もその一人だったとは。国王は嫌でも人前で話す機会が出てくるでしょうから、その悩みのほどは相当だったでしょう。

そんな国王の治療にあたる言語療法士ライオネル・ローグは、国王にタメで接する度胸の持ち主。いや、その対等な関係というのが治療に良いんですよね。わかっております。

クライマックスはイギリスがドイツに宣戦布告する文章を、国王となったジョージ6世が読み上げるシーン。昭和天皇の玉音放送を彷彿とさせます。果たして彼は最後まで読み上げられるのか…

アクションはじめ過剰な演出はありませんが、20世紀のイギリスを再現した美術面に拘りを感じます。ジョージ国王とエリザベス妃にはイギリス人、ライオネル・ローグにはオーストラリア人の俳優をキャスティングしていることもポイント高いですね。

『英国王のスピーチ』はdTVで好評配信中!

『英国王のスピーチ』はdTVで好評配信中!第83回アカデミー賞で作品賞に輝いた本作、まだ見てない人はぜひ見てみてくださいね↓↓

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
英国王のスピーチ 映画 トップへ