名匠リチャード・カーティス最後の監督作品

『Mr.ビーン』『ブリジッド・ジョーンズの日記』などで敏腕脚本家として名をあげ、世界的に大ヒットを記録した『ラブ・アクチュリー』を監督した偉才リチャード・カーティス。

彼は『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』を最後に、監督を引退すると表明しています。日常の小さな出来事をユーモアあふれる視点で切り取り、コミカルでハートウォーミングな作品に昇華してしまう才能は本作でも色濃く表れています。

本国イギリスで初登場一位を記録し、世界中でも感動の嵐を巻き起こしたリチャード・カーティス監督作品をぜひご覧になってみてください。

主なキャストをご紹介!

ティム:ドーナル・グリーソン

出典: ja.wikipedia.org

名前:ドーナル・グリーソン
英語表記:Domhnall Gleeson
生年月日: 1983年5月12日
身長:185cm

大学卒業後、舞台や映像の分野で監督や脚本を手掛けるようになり、2006年に『ウィー・トーマス』でトニー賞にノミネートされました。

2010年より『ハリー・ポッター』シリーズにビル・ウィーズリー 役で出演し、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)にハックス将軍役で出演しました。

本作では、愛のためにタイムトラベルする青年、ティムを演じています。

メアリー:レイチェル・マクアダムス

出典: ja.wikipedia.org

名前:レイチェル・マクアダムス
英語表記:Rachel McAdams
生年月日:1978年11月17日
身長:163cm

2004年に『ミーン・ガールズ』でリンジー・ローハンと共演。また『きみに読む物語』のヒロイン役を演じてブレイクし、MTVムービー・アワードのブレイクスルー女優賞を受賞しました。

『シャーロック・ホームズ』シリーズや主演作『恋とニュースのつくり方』に出演するなど、スターの座を確立させています。

本作では、ティムの恋人、メアリーを演じています。

ティムの父: ビル・ナイ

出典: ja.wikipedia.org

名前:ビル・ナイ
英語表記:Bill Nighy
生年月日: 1949年12月12日
身長:188cm

1981年に映画初出演を果たし、BBCテレビ・ラジオ、また舞台でも主に脇役として活躍しています。

2003年公開の『ラブ・アクチュアリー』にて英国アカデミー賞 助演男優賞などを受賞しました。また、2006年放送のテレビ映画『ナターシャの歌に』でゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞しています。

ハリウッド映画では『アンダーワールド』シリーズのビクター役や『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのデイヴィ・ジョーンズ役で有名です。

本作ではティムにタイムトラベルを教える、ティムの父を演じています。

ハリー:トム・ホランダー

出典: ja.wikipedia.org

名前:トム・ホランダー
英語表記:Tom Hollander
生年月日:1967年8月25日
身長:165cm

ケンブリッジ大学在学中より様々な舞台に出演。卒業後、同大学で学んだサム・メンデスの舞台に数多く出演するようになるります。以降、舞台・テレビ・映画と幅広く活躍しています。

小柄な体型を活かした役を演じることが多く、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの カトラー・ベケット卿として有名です。

また2005年、『プライドと偏見』でロンドン映画批評家協会賞助演男優賞を受賞しました。

本作では、ロンドンでのティムの同居人、ハリーを演じています。

シャーロット: マーゴット・ロビー

出典: ja.wikipedia.org

名前:マーゴット・ロビー
英語表記:Margot Robbie
生年月日:1990年7月2日
身長:168cm

米国のTVドラマ『PAN AM/パンナム』のローラ・キャメロン役で名を知られ、マーティン・スコセッシ監督の映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のナオミ・ラパグリア役で一躍注目をされました。

本作では、ティムの初恋の相手、シャーロットを演じています。

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』のあらすじ

Photo credit: .FuturePresent. on Visualhunt.com / CC BY-ND

イギリス南西部でティム(ドーナル・グリーソン)はちょっと風変わりな両親と妹、伯父ら家族とともに暮らしていました。家族との仲は良好であるものの、自分になかなか自信が持てず、恋人ができないでいます。

21歳の誕生日を迎えた日、ティムは父(ビル・ナイ)からある秘密を告げられます。それは、一族に生まれた男子にはタイムトラベル能力が備わっているというものでした。はじめは冗談かと思い信じることができないでいたが、能力の使い方を覚えてからは恋人を作るために繰り返しタイムトラベルをするようになります。

弁護士を目指すティムはロンドンへ移住、そこで出会ったメアリー(レイチェル・マクアダムス)に恋をしますす。しかし同居人ハリーに起こった災難を無くすためタイムトラベルしたせいで、メアリーと出会っていないことになってしまいます…。

なんとか彼女の愛を得た後も、タイムトラベルを繰り返して人生の成功を掴もうとするティム。やがて、どんなにタイムトラベルをしようと誰にでも起こりうる不運や波乱を避けることはできないことを知り、本当の幸せに気付いていくのでした……。

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』を観た感想

タイトルからして日常の大切さを伝えてくれる映画なんだろうと想像して観たのですが、その空虚な想像を上回る感動がありました。心からキャラクターを愛し、物語を愛し、そこに流れる時間が好きになりました。

リチャード・カーティスのキャラクターの作り込みが素晴らしく、どの人物も大変魅力があります。そして、やっぱりタイムトラベルができるということにワクワクします。他のタイムトラベル作品とは一線を画するような、こまめな能力の使い方で面白かったです。

加えて、ユーモアの折り込み方もうまくて贅沢な映画でした。

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』はdTVで好評配信中!

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』はdTVで好評配信中!気になった人はぜひ見てみてくださいね。

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
アバウトタイム 映画 トップへ