※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

ケイト・ブランシェット史上、最高の演技

Photo credit: Gage Skidmore on VisualHunt / CC BY-SA

ウディ・アレン監督がケイト・ブランシェットにラブ・コールを送って始まった今作品ですが、彼女のキャリアの中で最も素晴らしいとされる演技と評されています。ケイト・ブランシェットはアカデミー賞・ゴールデングローブ賞・全米映画批評家協会賞をはじめとする数々の主演女優賞を獲得。

ケイト・ブランシェットは、裕福な社交生活を送っていたジャスミンが急転落し、生気が抜けていくさまを見事に演じています。

主なキャストをご紹介!

ジャネット(ジャスミン):ケイト・ブランシェット

出典: en.wikipedia.org

名前:ケイト・ブランシェット
英語表記:Cate Blanchett
生年月日:1969年5月14日
身長:174cm

1998年公開の『エリザベス』でエリザベス1世を演じゴールデングローブ賞 主演女優賞を受賞し、一躍トップ・スターとなりました。翌年の『ピープル』誌の「最も美しい50人」のひとりにも選出されています。

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでは演技派・実力派女優としての地位を築きました。そして『ブルージャスミン』(2013年)での演技は彼女のキャリアの中で最も素晴らしい演技だと称賛され、ゴールデングローブ賞 主演女優賞とアカデミー主演女優賞を獲得しました。

本作では、富と家族を失っていく女性、ジャスミンを演じています。

ハル: アレック・ボールドウィン

出典: en.wikipedia.org

名前:アレック・ボールドウィン
英語表記:Alec Baldwin
生年月日:1958年4月3日
身長:183 cm

テレビ出演を経て1986年に映画デビューしました。『レッド・オクトーバーを追え!』(1990年)のジャック・ライアン役で注目されて以降、1990年代半ばまで主演級スターだったが、現在は脇役に回ることが多くなっています。

また、テレビドラマでも活躍しており、『30 ROCK/サーティー・ロック』では、プライムタイム・エミー賞コメディ部門主演男優賞、ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門男優賞を受賞するなど高評価を得ています。

本作ではジャスミンの夫、ハルを演じています。

ジンジャー:サリー・ホーキンス

出典: en.wikipedia.org

名前:サリー・ホーキンス
英語表記:Sally Hawkins
生年月日:1976年4月27日
身長:157 cm

1998年に王立演劇学校を卒業後、主にイギリス国内の舞台・テレビ・映画で活躍しています。

2008年公開のマイク・リー監督作品の『ハッピー・ゴー・ラッキー』で第58回ベルリン国際映画祭銀熊賞や第66回ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞しました。

本作における演技が絶賛され、第86回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされました。

本作では、ジャスミンの妹、ジンジャーを演じています。

チリ:ボビー・カナヴェイル

出典: en.wikipedia.org

名前:ボビー・カナヴェイル
英語表記:Bobby Cannavale
生年月日:1970年5月3日
身長:188 cm

1996年に映画デビューを果たし、テレビと映画で活躍しています。

2013年、『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』で第65回プライムタイム・エミー賞ドラマ部門の最優秀助演男優賞を受賞しました。

本作では、ジンジャーの婚約者、チリを演じています。

『ブルージャスミン』のあらすじ

Photo credit: Lau:Miranda on Visualhunt / CC BY-ND

ニューヨークのセレブリティ界でもてはやされていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)だが、実業家のハル(アレック・ボールドウィン)との結婚生活が破綻し、家庭も資産も失います。

質素なアパートに住むシングルマザーの妹ジャンジャー(サリー・ホーキンス)のもとに身を寄せることにし、妹がいるサンフランシスコへ向かうのでした。

過去にしがみつき抗うつ薬とウォッカを手放せないジャスミンは、どうにか再び華やかな世界へ舞い戻ろうと画策するが、慣れない仕事に神経をすり減らします。

精神的にバランスを崩し八方塞がりの中、エリート外交官のドワイト(ピーター・サースガード)と出会い、彼のことを自分に以前のような幸せを再び与えてくれる存在であるかのように見るジャスミン。さらにプライドと現実逃避から彼女は嘘を重ねていきますが……。

『ブルージャスミン』を観た感想

Photo on VisualHunt

ウディ・アレンの他の作品にあるようなコメディ感は薄く、シビアに現実を描かれていて驚きました。次々と現実と欲望と絶望が突きつけられるジャスミンには哀愁漂う悲しさがあります。その演技には、演技派のケイト・ブランシェットの実力を改めて認識させられます。

回想シーンが何度も挟み込まれていて、過去にとらわれているという表現になっているのがとっても印象的でした。巧みな語り口の作品だったと思います。

とてもいい映画です、人間性というものに日頃から関心を抱いている方には大変おすすめです。

『ブルージャスミン』はdTVで好評配信中!

『ブルージャスミン』はdTVで好評配信中!気になった人はぜひ見てみてくださいね。

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
ブルージャスミン 映画 トップへ