『マレフィセント』ってどんな映画?

Photo on VisualHunt

ディズニーの長編アニメ「眠れる森の美女」を、悪役マレフィセント側からの視点で描いたダーク・ファンタジー。ウォルト・ディズニー創立90周年記念作品です。

生まれたばかりの王女オーロラ姫に招かれざる妖精マレフィセントが残酷な呪いをかけた、その背景を紐解いていきます。

監督は「アリス・イン・ワンダーランド」や「アバター」でプロダクションデザインを担いアカデミー賞美術賞を獲得したロバート・ストロンバーグで本作が映画初監督作品。

悪の妖精マレフィセントを「Mr.&Mrs.スミス」「17歳のカルテ」のアンジェリーナ・ジョリーが、成長したオーロラ姫を「SUPER 8/スーパーエイト」「SOMEWHERE」のエル・ファニングが演じています。

主なキャストをご紹介!

マレフィセント役:アンジェリーナ・ジョリー

出典: ja.wikipedia.org

名前:アンジェリーナ・ジョリー
英語表記:Angelina Jolie
生年月日:1975年6月4日
身長:170cm

モデルとして活躍後、1982年に 映画『大狂乱』に出演以降、『ジョージ・ウォレス/アラバマの反逆者』や『ジーア/悲劇のスーパーモデル』に出演、ゴールデングローブ賞助演女優賞、主演女優賞を獲得しています。

その他、自身のヒット作となる『トゥームレイダー』など、多数の作品の出演。

一方で、慈善活動に意欲的なのも有名。

本作では、主人公となるマレフィセント役を演じています。

オーロラ姫/ブライア・ローズ役:エル・ファニング

出典: ja.wikipedia.org

名前:エル・ファニング
英語表記:Elle Fanning
生年月日:1998年4月9日
身長:175cm

2001年映画『アイ・アム・サム』でアネであるダコタ・ファニングの幼少期を演じ、映画デビュー。

それ以降、キャリアを積み『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』や『SUPER8/スーパーエイト』、『幸せへのキセキ』などのヒット作にも出演。

本作では、オーロラ姫/ブライア・ローズ役を演じています。

ステファン王役:シャルト・コプリー

出典: ja.wikipedia.org

名前:シャルト・コプリー
英語表記:Sharlto Copley
生年月日:1973年11月27日
身長:183cm

俳優だけでなく、監督やプロデューサーも務める人物。

映画『第9地区』や『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』などに出演。

『チャッピー』では監督も務めました。

本作では、ステファン王を演じています。

ディアヴァル役:サム・ライリー

出典: ja.wikipedia.org

名前:サム・ライリー
英語表記:Sam Riley
生年月日:1980年1月8日
身長:185cm

『コントロール』に出演した際に、ブリティッシュ・インデペンデント映画賞新人賞を受賞し、一躍注目を浴びた俳優。

その他、『オン・ザ・ロード』などに出演しています。

本作では、ディアヴァル役を演じています。

『マレフィセント』のあらすじ

Photo credit: Prof. Mortel on Visualhunt.com / CC BY

ある王国に王女が生まれ、盛大に祝われていました。

しかし祝いの席に招かれていなかった妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が現れ、生まれたばかりのオーロラ姫に、16歳の誕生日に永遠の眠りにつくよう呪いをかけてしまいます。

なぜ、マレフィセントはこのような邪悪な妖精となったのか、その背景が明かされます……。

マレフィセントのイメージが変わる

Photo on VisualHunt.com

知っていた『眠れる森の美女』とは異なったストーリーで、新鮮!まず、マレフィセントが住んでいる森は、イメージしていたトゲトゲの森になる前は妖精の国・ムーア国として美しかったことに驚きました。

さらに、ステファンが最低で、マレフィセントが邪悪な呪いをオーロラ姫にかけるに至った心境も理解できてしまいました。

ただ、マレフィセントが傷つき悲しんでいることとオーロラ姫は無関係。呪いはステファン自身にかけた方が納得でしたが、そうもいかないのがおとぎ話ですよね。

そして、マレフィセントが助けたことで、お付きのものとなるディアヴァル。てっきり、悪者かと思いきやマレフィセントの翼となるだけでなく、そっと寄り添い意見を言うところがある良いキャラでとても良かったです。

完成度高め!キレイなマレフィセントとかわいいオーロラ姫に注目!

Photo on Visual Hunt

なにより、アンジェリーナ・ジョリーが演じるマレフィセントがキレイ。マレフィセントっぽいと感じる口調も魅力的でした。

また、エル・ファニングが演じたオーロラ姫の純粋無垢な笑顔もかわいかったです。 ただ悪い魔女なイメージのマレフィセントですが、どうしてそのような呪いをかけたのか子供の頃はどんな子だったのかが分かって最初から悪い人なんて、いないのかもしれないな〜と思うことができました。

結末も、すっきりと終わることができて満足度も高め!ぜひ、一度見ることをおすすめしたい映画です。

『マレフィセント』はdTVで好評配信中!

『マレフィセント』はdTVで好評配信中です!ぜひ、気になった人は見てみてくださいね。

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
マレフィセント 映画 トップへ