『G.I. ジョー バック2リベンジ』ってどんな映画?

Photo on Visualhunt.com

2009年に公開されたハイパーアクション大作『G.I. ジョー』の続編。

国際テロ組織によって壊滅状態に追い込まれた機密部隊G.I.ジョーのリベンジバトルを描きます。監督は「ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー」のジョン・M・チュウです。

出演者も豪華!「ダイハード」シリーズのブルース・ウィリス、「親愛なるきみへ」のチャニング・テイタム、「ファースター 怒りの銃弾」のドウェイン・ジョンソン、「王になった男」のイ・ビョンホンなど。

主なキャストをご紹介

ジョセフ・コルトン将軍役:ブルース・ウィリス

出典: ja.wikipedia.org

名前:ブルース・ウィリス
英語表記:Bruce Willis
生年月日:1955年3月19日
身長:180cm

『ダイハード』シリーズの主人公・ジョン・マクレーン役を演じ、一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たします。

その他にも『アルマゲドン』『RED』など多数のヒット作に出演しています。

最近の出演作は、『アクト・オブ・バイオレンス』など。

本作では、ジョセフ・コルトン将軍役を演じています。

ストームシャドー役:イ・ビョンホン

出典: ja.wikipedia.org

名前:イ・ビョンホン
ハングル表記:이병헌
英語表記:Lee Byung-hun
生年月日:1970年7月12日
身長:177cm

日本でもファンの多い、韓国の人気俳優。

映画『王になった男』では、第49回 大鐘賞 男優主演賞・人気賞と第13回 釜山映画評論家協会賞・主演男優賞を受賞。

また、人気ドラマ『IRIS-アイリス-』にも出演し、KBS 演技大賞 大賞・ネチズン賞・ベストカップル賞や第46回 百想芸術大賞 テレビ部門・最優秀演技賞を受賞しています。

本作では、ストームシャドー役を演じています。

デューク/コンラッド・ハスラー役:チャニング・テイタム

出典: ja.wikipedia.org

名前:チャニング・テイタム
英語表記:Channing Tatum
生年月日:1980年4月26日
身長:185cm

2005年『コーチ・カーター』に出演後、『パブリック・エネミーズ』など多数の作品に出演。

『ホワイトハウス・ダウン』で主人公を演じたため、見覚えのある人も多いでしょう。

最近の出演作は、『キングスマン: ゴールデン・サークル』など。

本作では、デューク / コンラッド・ハスラー役を演じています。

レディ・ジェイ役:エイドリアンヌ・パリッキ

出典: ja.wikipedia.org

名前:エイドリアンヌ・パリッキ
英語表記:Adrianne Palicki
生年月日: 1983年5月6日
身長:180cm

2010年『レギオン』や『レッド・ドーン』、『ジョン・ウィック』などに出演。

本作では、 レディ・ジェイ役を演じています。

スネーク・アイズ役: レイ・パーク

出典: ja.wikipedia.org

名前:レイ・パーク
英語表記:Ray Park
生年月日:1974年8月23日
身長:178cm

1999年の『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』では、ダース・モール役として出演し、人気に。

本作では、スネーク・アイズ役を演じています。

『G.I. ジョー バック2リベンジ』のあらすじ

Photo on VisualHunt

アメリカ大統領は、国を裏切った機密部隊G.I.ジョーの処刑命令を発令、パキスタンで極秘任務中のG.I.ジョーは大統領の陰謀にはめられ、突如襲撃を受けます。

生き残ったメンバーは、わずか数名。

G.I.ジョーは解体となり、最強の暗殺者ストームシャドー(イ・ビョンホン)が復活、テロ組織“コブラ”が再び勢力を広めていきます。

世界各地に脅威は波及し、ロンドンへ核爆弾が落とされ、世界は彼らにひれ伏すこととなってしまうなか、絶体絶命状態のG.I.ジョーのメンバーは、初代G.I.ジョーであるジョー・コルトン司令官(ブルース・ウィリス)に救助を要請。

新たなボスを迎えた新生G.I.ジョー。果たして、世界の危機に立ち向かっていけるのでしょうか…。

アクション好きにはたまらない映画

Photo credit: dyonis on VisualHunt / CC BY

ネタバレするので、詳細は言えませんが映画序盤から衝撃的な展開にえーーーーと驚きました。そして、前作同様に出てくるメンバーたちとのアクションシーンがたくさん見られます。

なかでも、前作に引き続きでてくるストームシャドーとスネークアイズは見ものです。ストームシャドーのムキムキの腹筋も見られてイ・ビョンホンファンにはたまらないでしょう。

いつだって味方に欲しいブルース・ウィリス

Photo credit: The U.S. Army on Visual hunt / CC BY

ジョーたちが助けを求めた初代G.I.ジョーであるジョー・コルトン司令官の家のシーンも印象的でした。どうしても、ブルース・ウィリスはダイハードのイメージが強いですが、ジョーと通ずる正義感があるので違和感ないです。

前作とテイストは異なると思うので、本作から見てもなんら問題なく楽しめておすすめ。

『G.I. ジョー バック2リベンジ』はdTVで好評配信中!

『G.I. ジョー バック2リベンジ』はdTVで好評配信中!ぜひ、気になった人は見てみて下さいね。

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
GIジョーバック2リベンジ 映画 トップへ