安宅紀史ってどんな人?

1971年石川県生まれ。

1999年『月光の囁き』で美術監督デビュー。
木村威夫氏に師事し、2001年『ピストルオペラ』、2004年『父と暮らせば』に美術助手として参加する。

代表作に、2010年『ノルウェイの森』、2013年『横道世之介』がある。

画面には映り込まない細部にまでこだわるセット製作に定評のある日本を代表する美術監督です。

安宅紀史が美術監督を担当した主な映画はこちら!

1999年『月光の囁き』
2000年『スリ』
2004年『父と暮せば』
2005年『オペレッタ狸御殿』
2007年『叫(さけび)』
2008年『人のセックスを笑うな』
2009年『南極料理人』
2010年『ノルウェイの森』
2011年『マイ・バック・ページ』
2013年『横道世之介』『もらとりあむタマ子』
2014年『私の男』『紙の月』
2016年『クリーピー 偽りの隣人』『聖の青春』
2017年『散歩する侵略者』
2018年『羊の木』『モリのいる場所』

dTVで見られる安宅紀史が美術を担当した映画を紹介します!

グッド・ストライプス

結婚を控えた男女のリアルな価値観を描くラブストーリー。

グッド・ストライプス

(c)2015「グッド・ストライプス」製作委員会

南極料理人

南極観測隊の調理担当として働いた体験を元にした西村淳のエッセイ『面白南極料理人』を映画化。

南極料理人

(C)2009『南極料理人』製作委員会 (C)2001、2006 西村淳/新潮社

モヒカン故郷に帰る

「滝を見にいく」の沖田修一監督が家族のつながりを活写したコメディドラマ。

モヒカン故郷に帰る

(C)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

クリーピー 偽りの隣人

「岸辺の旅」の黒沢清監督が前川裕の日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作を映画化。

クリーピー 偽りの隣人

(C)2016「クリーピー」製作委員会

恋人たち

「ぐるりのこと。」の橋口亮輔監督が心に傷を抱えた3人の男女の姿を見つめる人間ドラマ。

恋人たち

(C)松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ

紙の月

角田光代の同名小説を「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が映画化。

紙の月

(C)2014「紙の月」製作委員会

人のセックスを笑うな

恋する切なさ、楽しさ、滑稽さを丁寧に描き出した青春恋愛映画。

人のセックスを笑うな

(C)2008「人のセックスを笑うな」製作委員会

女が眠る時

「スモーク」でベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いたウェイン・ワン監督が、スペイン人作家ハビエル・マリアスの短編小説を日本人キャストで映画化。

女が眠る時

(C)2016 映画「女が眠る時」製作委員会

私の男

父と娘の衝撃的な関係を描き第138回直木賞を受賞した桜庭一樹の小説『私の男』(文春文庫・刊)を、「鬼畜大宴会」で第20回ぴあフィルムフェスティバル準グランプリを受賞、「アンテナ」「海炭市叙景」などで国内外から注目を集める熊切和嘉監督が映画化。

私の男

(C)2014「私の男」製作委員会

父と暮せば

原爆投下から3年後の広島を舞台に、生き残ったことへの負い目に苦しみながら生きている娘と、そんな彼女の前に幽霊となって現れた父との心の交流を描いた人間ドラマ。

父と暮せば

(C)2004「父と暮せば」パートナーズ

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
安宅紀史 映画 トップへ