安田顕ってどんな人?

1973年12月8日北海道室蘭市生まれ。

室蘭栄高校卒業後に北海学園大学に入学し、学園祭の模擬店で楽しそうにしていた演劇研究会に入る。
1993年に、芸能プロダクションに加入し、タレント活動を始める。
1996年、自身の卒業公演のために演劇研究会の後輩である大泉洋、佐藤重幸、音尾琢真と共に演劇ユニットTEAM-NACSを結成。1回限りの公演で解散し就職する。しかし、会社になじめず芸能活動に専念するという理由で入社8か月で退職し、再結成した。

1998年、大泉がレギュラーで出演していた北海道テレビ(HTB)の深夜バラエティ番組『水曜どうでしょう』に準レギュラー出演するようになってからは、同番組の人気の広まりと共にTEAM-NACS共々全国に名が知られ、NHKの大河ドラマ・連続テレビ小説や、東京キー局の連続ドラマにも出演するなど、東京での仕事もこなすようになっていく。

2015年、高視聴率を記録した『下町ロケット』の佃製作所の技術開発部長・山崎光彦役で知名度は全国区になった。2017年『小さな巨人』では癖のある刑事役を演じ、話の中盤で出演場面がなくなると「ヤスケンロス」を訴える視聴者が続出したことが話題となった。

その人物のキャラを上手く引き出して、自分のものにしてしまう個性派俳優として大活躍している俳優です。

安田顕が出演している主な映画はこちら!

2001年『man-hole』- 小林正義 役(主演)
2007年『ゲゲゲの鬼太郎』- 天狗ポリス(声)役
2007年『たとえ世界が終わっても』 - 長田寛治 役
2012年『ホタルノヒカリ』 - 二ツ木昭司 役
2013年『HK 変態仮面』 - 戸渡 役
2013年『劇場版 SPEC〜結〜 爻ノ篇』 - 海野亮太 役
2014年『女子ーズ』 - 皆川 役
2015年『龍三と七人の子分たち』 - 西 役
2015年『映画 ビリギャル』 - 西村隆 役
2016年『聖の青春』 - 橘正一郎
2017年『追憶』 ‐ 山崎豊
2017年『銀魂』 - 村田鉄矢
2018年『北の桜守』 ‐ 杉本久

dTVで見られる安田顕が出演している映画を紹介します!

映画「ビリギャル」

坪田信貴のノンフィクション『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』を原作に「麒麟の翼 劇場版・新参者」の土井裕泰監督が映画化。

映画「ビリギャル」

(C)2015映画「ビリギャル」製作委員会

女子ーズ

突然、女性ばかりの戦隊のリーダーにされてしまったOLが、恋や美容や仕事に忙しいメンバーをまとめながら地球の平和を守ろうと奮闘する姿を描く異色ヒーローもの。

女子ーズ

(C)2014「女子ーズ」製作委員会

新宿スワン

和久井健がスカウトマンとしての自らの体験をもとに描いた同名漫画を、「愛のむきだし」など衝撃作を次々と発表する園子温監督が映画化。

新宿スワン

(C)2015 「新宿スワン」製作委員会

映画 みんな!エスパーだよ!

連続ドラマ版も話題を集めた若杉公徳の人気コミックを「ラブ&ピース」の園子温監督が映画化。

映画 みんな!エスパーだよ!

(C)若杉公徳/講談社 (C)2015「映画 みんな!エスパーだよ!」製作委員会

HK/変態仮面

『週刊少年ジャンプ』に連載され、奇抜なキャラクターで話題を集めたあんど慶周のコミック『究極!!変態仮面』を実写映画化。

HK/変態仮面

(C)あんど慶周/集英社・2013「HENTAI KAMEN」製作委員会

黒執事

枢やなの人気コミックを、「BECK」以来約3年ぶりの俳優復帰となった水嶋ヒロ主演で実写映画化。

黒執事

(C)2014 枢やな/スクウェアエニックス (C)2014 映画「黒執事」製作委員会

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス

あんど慶周原作のコミックを福田雄一監督で映画化した「HK 変態仮面」の続編。

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス

(C) あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
安田顕 映画 トップへ