『月に囚われた男』ってどんな映画?

『月に囚われた男』は2009年に公開されたSFスリラー映画です。

ダンカン・ジョーンズの長編デビュー作であり、主演のサム・ロックウェル以外はほとんど登場しない構成が特徴的です。500万ドルという低予算で、CGよりミニチュアを多く用いており、どこか往来のSF映画の雰囲気が感じられます。

『月に囚われた男』というのは邦題で、原題はズバリ『Moon』です。邦題は説明的で長くなると言われていますが、本作にもその傾向が見られますね。

監督・キャストをご紹介!

監督:ダンカン・ジョーンズ

出典: ja.wikipedia.org

名前:ダンカン・ジョーンズ
英語表記:Duncan Zowie Haywood Jones
生年月日:1971年5月30日

ミュージシャン、俳優として活躍したデヴィット・ボウイの子供。

『月に囚われた男』で映画監督デビューし、その後『ミッション: 8ミニッツ』『ウォークラフト』を監督。今後期待の映画監督である。

主演 サム・ベル役:サム・ロックウェル

出典: ja.wikipedia.org

名前:サム・ロックウェル
英語表記:Sam Rockwell
生年月日:1968年11月5日

『グリーンマイル』での凶暴な殺人犯役や、『月に囚われた男』の一人芝居など、演技力に高い評価がある。

2017年に出演した『スリー・ビルボード』では、アカデミー賞及びゴールデングローブ賞で助演男優賞を受賞した。

『月に囚われた男』あらすじ

Photo on Visual hunt

近未来。地球のエネルギーは底をつき、新たな燃料源を38万キロ彼方の月で採掘することになった。“ルナ産業”の従業員サム・ベル(サム・ロックウェル)は燃料源採掘のため、たった一人で月に派遣される。

会社との契約期間は3年。地球との直接通信は許されず、話し相手は一台の人口知能ロボット(声:ケヴィン・スペイシー)だけであった。孤独な任務が続く中、地球で彼の帰りを待つ妻と子供への思いがサムの心を支えていた。

そして任務終了まで2週間を切ったある日、サムは自分と同じ顔をした人間に遭遇する。果たして単なる幻覚なのか……。やがて彼の周りで奇妙な出来事が起こり始める……。

『月に囚われた男』感想

序盤から、何か不気味な雰囲気が漂うこの映画。月にある白い宇宙基地、人間と対等に話すAIなど『2001年宇宙の旅』へのオマージュを感じます。低予算で作られたそうですが、それを感じさせないクオリティです。

中盤で最大のトリックが明らかになるんですが、それを言わずに感想を伝えようとするとうーんなかなか難しい笑 切ない。孤独が、本当に孤独だった時の切なさですよ。でも、主人公もAIも優しくて、協力的だったのが唯一の救いでしょうか。最終的に、資本主義合理主義への批判を含んでいるのかなと感じましたね。

もっと説明してほしい部分もあったんですが、謎はそんなに難しくないです。低予算でもこれだけ面白いSFが作れるんだったら、日本映画ももっとSFに挑戦すればいいのに…と思ってしまいます。

『月に囚われた男』はdTVで好評配信中!

『月に囚われた男』はdTVで好評配信中!ぜひこの機会にチェックしてみてください↓↓

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
月に囚われた男 映画 トップへ