※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

磯見俊裕ってどんな人?

いそみ としひろ
1957年 2月1日大阪府生まれ。映画プロデューサー、美術監督。
2008年から、東京芸術大学大学院映像研究科教授。

立命館大学産業社会学部卒業。
ファッションメーカー勤務、日刊木材新聞編集者を経て独立。
グループ「ウッディライフ・クリエイト」を設立し木に関するイベントを多数手がける。

劇団維新派と知り合い京都に千年シアターを建設したことがきっかけとなり、映画美術デザイナーとなる。
また映画のプロデュースも手がける。是枝裕和が監督しカンヌ国際映画祭で高い評価を受けた『誰も知らない』の美術監督を担当し、話題となった。

2005年日本国際博覧会「愛・地球博」では、 中日新聞プロデュース共同館 テーマシアター「めざめの方舟」の美術・空間デザインを担当した。

日本を代表する美術監督です。

磯見俊裕が美術を担当した主な映画はこちら!

1996年『Helpless』
1999年『ワンダフルライフ』
2002年『害虫』
2003年『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』

2004年『誰も知らない』
2005年『SHINOBI』
2006年『花よりもなほ』
2007年『殯(もがり)の森』

2010年『RAILWAYS』
2011年『アントキノイノチ』
2014年『渇き』
2015年『新宿スワン』
2015年『合葬』

dTV で見られる磯見俊裕が美術を担当した映画を紹介します!

渇き。

読者を圧倒するような筆致で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生の小説『果てしなき渇き』(宝島社・刊)を、「告白」が第83回アカデミー賞外国語映画賞日本映画代表作品に選出された中島哲也監督が映画化。

渇き。

(C)2014 「渇き。」製作委員会

新宿スワン

和久井健がスカウトマンとしての自らの体験をもとに描いた同名漫画を、「愛のむきだし」など衝撃作を次々と発表する園子温監督が映画化。

新宿スワン

(C)2015 「新宿スワン」製作委員会

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

家族を気遣う余裕もなくただ仕事に追われていた50歳目前の男が、電車の運転士になりたかった幼い頃の夢を追い求める姿を描く。

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

(C)2010「RAILWAYS」製作委員会

SHINOBI

愛し合いながらも、戦いを強いられた伊賀と甲賀の忍の悲恋の行方を描く時代活劇。

SHINOBI

(C)2005「忍?SHINOBI」パートナーズ

アントキノイノチ

さだまさしの同名小説を「ヘヴンズ ストーリー」の瀬々敬久監督が映画化。

アントキノイノチ

(C)2011「アントキノイノチ」製作委員会

血と骨

激動の昭和を人並み外れた凶暴さと強欲さで生き抜いた男と、彼に翻弄され続けた家族の姿を描いた人間ドラマ。

血と骨

恋の渦

第一線で活躍する映画人たちが、限定された予算と期間で映画を製作する山本政志監督率いる“シネマ☆インパクト”プロジェクト第3弾。

恋の渦

(C)2013 シネマ☆インパクト

合葬

杉浦日向子の同名漫画を「カントリーガール」の小林達夫が映画化。

合葬

(C)2015 杉浦日向子・MS.HS / 「合葬」製作委員会

64-ロクヨン-後編

横山秀夫のベストセラーを「ヘヴンズ ストーリー」の瀬々敬久が2部作で映画化した後編。

64-ロクヨン-後編

(C)2016映画「64」製作委員会

64-ロクヨン-前編

横山秀夫のベストセラーを「ヘヴンズ ストーリー」の瀬々敬久が前後編2部作で映画化。

64-ロクヨン-前編

(C)2016映画「64」製作委員会

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
磯見俊裕 映画 トップへ