※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

宇田川寧ってどんな人?

1996年に個性豊かで多彩な創造力が結びつき様々なエンターテイメントを創り出すクリエイティブ・カンパニー株式会社ダブ設立。現在も代表取締役を務めている。

主に、劇場公開映画やDVD作品等、各種コンテンツの企画制作のプロデューサー。
2008年に、中村義洋監督、脚本家の鈴木謙一を迎え、企画開発会社、スモークを設立。

多くの大ヒット邦画をプロデュースしており、『ハラがコレなんで』、『荒川アンダーザブリッジ』、『アフロ田中』等がある。

2018年後半も2本のプロデュース映画が公開予定。

宇田川寧がプロデュースを担当した主な映画はこちら!

2007年『アヒルと鴨のコインロッカー』
2009年『フィッシュストーリー』『蟹工船』
2010年『ゴールデンスランバー』『ちょんまげぷりん』
2013年『きいろいゾウ』

2014年『大人ドロップ』『トワイライト ささらさや』
2015年『娚(おとこ)の一生』『ヒロイン失格』
2017年『咲 Saki』『トリガール!』
2018年『モリのいる場所』『3D彼女 リアルガール』

dTVで見られる宇田川寧がプロデュースした映画を紹介します!

アフロ田中

のりつけ雅春の同名ギャグ漫画を「ハードロマンチッカー」の松田翔太主演で映画化。

アフロ田中

(C)2012 のりつけ雅春・小学館 / 「アフロ田中」製作委員会

男子高校生の日常

Web雑誌『ガンガンONLINE』で連載された山内泰延の同名コミックを「アフロ田中」の松居大悟監督が実写映画化。

男子高校生の日常

(C)2013山内泰延/スクウェアエニックス・映画『男子高校生の日常』製作委員会

夏美のホタル

「ストロボ・エッジ」の廣木隆一と有村架純が再びタッグを組み、「ふしぎな岬の物語」の原作者・森沢明夫の小説を映画化。

夏美のホタル

(C)2016「夏美のホタル」製作委員会

みなさん、さようなら

「アヒルと鴨のコインロッカー」などでタッグを組んできた中村義洋監督と俳優・濱田岳の5度目のコンビ作品。

みなさん、さようなら

(C)2012「みなさん、さようなら」製作委員会

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
宇田川寧 映画 トップへ