※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

宇野康秀ってどんな人?

1963年8月12日大阪府生まれ。
株式会社USEN-NEXT HOLDINGSの代表取締役社長CEO。
人材派遣会社パーソルキャリア創業者として有名な若手実業家。

明治学院大学法学部法律学科卒業後、1989年にリクルート出身のメンバーらと独立し人材派遣業・インテリジェンス(現:パーソルキャリア)を設立し、順調に会社規模を伸ばす。
1998年に父親が急逝したことにより、インテリジェンスの社長を辞め、大阪有線放送の社長となる。

2005年、無料動画配信GyaOを開始。
2017年、U-NEXT、USENとの経営統合でUSEN-NEXT HOLDINGSの代表取締役社長CEOに就任。

事業家以外でもトライアスロンや登山家としても活躍。2015年に、アフリカ大陸最高峰キリマンジャロの登頂にも成功した日本を代表するイケメン若手実業家です。

宇野康秀が製作を担当した主な映画はこちら!

2007年『遠くの空に消えた』
2008年『蛇にピアス』
2009年『鎧 サムライゾンビ』『鈍獣』
2010年『東京島』
2017年『あゝ、荒野 前篇』『あゝ、荒野 後篇』

dTVで見られる宇野康秀が製作を担当した映画を紹介します。

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

実話を基にした人気ブログ小説を「逆境ナイン」の福田雄一が脚本化、『時効警察』の塚本連平が監督した青春コメディ。

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

(C)2008「ぼくちゅう」PARTNERS

手紙

直木賞作家・東野圭吾の社会派小説を映画化した人間ドラマ。

手紙

(C)2006『手紙』製作委員会

蛇にピアス

芥川賞を受賞した金原ひとみの同名原作を「嗤う伊衛門」の蜷川幸雄が映画化。

蛇にピアス

(C)2008「蛇にピアス」フィルムパートナーズ

象の背中

48歳という若さで余命半年を宣告された男が、延命治療を拒否して自身の半生と現在を振り返るヒューマン・ドラマ。

象の背中

(C)2007「象の背中」製作委員会

鈍獣

「少年メリケンサック」などで人気の脚本家、宮藤官九郎が舞台劇として書き下ろした作品を自ら映画用に脚色。

鈍獣

(C)2009『鈍獣』製作委員会

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
宇野康秀 映画 トップへ