雨宮慶太ってどんな人?

1959年8月24日生まれ。
映画監督、イラストレーター、キャラクターデザイナー。有限会社クラウド代表。
国際SFアートコンテスト等、数々の受賞歴を持つ。

1981年、デン・フィルム・エフェクトに入社。
1982年、有限会社クラウドを設立。
1985年『巨獣特捜ジャスピオン』で初めてキャラクターデザインを担当し、1986年『時空戦士スピルバン』よりメインでキャラクターデザインを手がけるようになる。

1991年テレビドラマ『鳥人戦隊ジェットマン』ではテレビ作品初演出にして、パイロット版の監督に抜擢。

映画監督としては、1988年『未来忍者 慶雲機忍外伝』でデビュー。
近年は自ら原作まで手がけることも多く、続編も多数製作された2005年『牙狼-GARO-』など、分野を問わず多彩な活動を見せている。

雨宮慶太が製作に携わった主な作品はこちら!

1991年『ゼイラム』 - 脚本・監督
1993年『仮面ライダーZO』 - 監督・キャラクターデザイン
1994年『ゼイラム2』 - 原作・脚本・監督
2004年『怪談新耳袋劇場版「約束」』 - 監督
2010年『牙狼-GARO- 〜RED REQUIEM〜』 - 原案・監督・脚本
2013年『牙狼-GARO- 〜蒼哭ノ魔竜〜』 - 原作・監督・脚本
2013年『牙狼外伝 桃幻の笛』 - 原作・脚本
2015年『牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔』 - 原作・監督
2015年『媚空 -ビクウ-』 - 原作
2018年『牙狼-GARO- 神ノ牙-KAMINOKIBA-』 - 原作・監督・脚本
2018年『ROKUROKU』 - 原作・総監督

dTVで見られる雨宮慶太が製作に携わった作品を紹介します!

牙狼外伝 桃幻の笛

怪物との戦いが宿命づけられた男を描き、テレビ東京系列深夜枠で放送された『牙狼<GARO>』。

牙狼外伝 桃幻の笛

(C)2013 「桃幻の笛」雨宮慶太/東北新社

劇場版 媚空−ビクウ−

2005年にテレビ東京系列他にて放映された、「ゼイラム」の監督・雨宮慶太が生んだ特撮アクションドラマ『牙狼』に端を発するシリーズの一作。

劇場版 媚空−ビクウ−

(C)2015「媚空」雨宮慶太/東北新社

呀<KIBA>〜暗黒騎士鎧伝〜

2005年にテレビの深夜枠で好評を博した特撮アクション『牙狼 GARO』のスピンオフ作品。

呀<KIBA>〜暗黒騎士鎧伝〜

(C)2011「呀」雨宮慶太/東北新社

牙狼<GARO>〜蒼哭ノ魔竜〜

特撮TVシリーズ『牙狼 GARO』の劇場版第2弾。

牙狼<GARO>〜蒼哭ノ魔竜〜

(C)2012 雨宮慶太/東北新社

牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜

特撮TVドラマ『牙狼 GARO』を3D映画化。

牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜

(C)2010 雨宮慶太/東北新社

劇場版 牙狼<GARO>−GOLD STORM− 翔

雨宮慶太が生んだ人気特撮アクション『牙狼 GARO』シリーズの劇場版。

劇場版 牙狼<GARO>−GOLD STORM− 翔

(C)2014「GOLD STORM」雨宮慶太/東北新社

牙狼<GARO>-DIVINE FLAME-

世界の崩壊を目論んだメンドーサが、魔戒騎士たちによって敗れ去ってから4年−−。

牙狼<GARO>-DIVINE FLAME-

(C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社

関連トピック

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
雨宮慶太 映画 トップへ