※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。



毎年たくさんの映画が公開されていますが、その中でも多くの人気作品を生み出しているカテゴリの一つが「SF映画」です。
名作と言われる作品も数多く、どの作品から見ればいいか迷ってしまう人も多いはずです。

今回はそんな人達のために、SF映画のおすすめ作品30選をランキング形式でご紹介します。
SF映画を週末や長期休暇に見ることで、非日常を体験して効果的にリフレッシュすることが可能です。
是非参考にしてみてください。

SF映画すっきりできる厳選おすすめ30選をランキング形式で一挙公開



今回はSF作品の中でも、往年の名作と言われる作品から最近公開された比較的新しい作品など、様々な年代のものを用意しています。

内容も、地球外生命体が出てくるストーリーからロボットが登場するストーリー、タイムスリップを題材としたストーリーなど、多種多様です。

どの年代や趣味を持っている人でも、きっとお気に入りの作品が見つかるはずです。気に入った作品が見つかった人は是非チェックしてみてください。

30位 ザ・プレデター(2018)|宇宙最凶のハンター来襲で地球はどうなる!?



SFホラー映画「プレデター」シリーズの4作目であり、時系列では「プレデター」、「プレデター2」より後、また、「プレデターズ」より前の出来事という位置づけになっています。

ストーリーはある一隻の宇宙船が地球に墜落するところから始まります。
南米で麻薬組織に対する暗殺任務についていたクインは、宇宙船の墜落事故に巻き込まれます。

宇宙船に乗っていたプレデターと交戦することになるのですが、その強さに圧倒されてしまい、証拠品のいくつかを回収しただけで命からがら逃げ延びるのです。クインはその証拠品を自宅に送付します。

一方科学者のケイシーはプレデターを研究している秘密基地を訪れて、かつてクインと交戦しその後標本として捕獲されたフュージティブ・プレデターを目撃しました。

しかし麻酔で眠らされていたはずのフュージティブが突如蘇生してしまい、奪われた自身の装備品を回収するためにクインの自宅へと向かってしまうのです。

クインとフュージティブ・プレデター、それを追うケイシーが装備品がある場所に一同に介し、交戦し始めます。しかしそこに、遺伝子組み換えによって強化されたアサシン・プレデターまでも出現してしまうのです。

次から次へと地球に現れたプレデターに、人類は打ち勝つことができるのでしょうか。最後まで目が離せないアクションシーンにも要注目です。

29位 2001年宇宙の旅(1968)|NASAの研究者とも協力して作った50年以上前の近未来像



アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリックのアイデアをまとめたストーリーを基に製作されたSF映画です。同時に小説版も作成されました。

物語は遠い昔、猿人が他の獣と変わらない生活を送っていた時代から始まります。
ある日、猿人たちの前に謎の物体モノリスが突然現れます。そのモノリスの影響を受けた猿人は動物の骨を道具や武器として使用する方法を覚えることができました。

道具の使い方を覚えた猿人はその道具を、他の獣を倒すために使ったり猿人同士の闘いに使用したりします。
ある時、他の猿人との水場争いに勝利した猿人が、歓んで骨を空に放り上げると、それが最新の軍事衛星に変わります。

舞台は変わり、人が月に住むようになった時代。アメリカのヘイウッド・フロイド博士は月のクレーターで発見された謎の物体、モノリスを極秘に調査するため月面の基地に向かいます。
調査中に400万年ぶりに太陽光を浴びたモノリスは、信号を木星に向かって発信するのです。

太陽系を中心に宇宙の中で徐々に進化していく人類の歴史を描いた本作品。
すこし奇抜な設定でびっくりするような場面も少なくないのですが、非日常を味わうにはピッタリの作品となっています。

28位 コーンヘッズ(1993)|SFか、コメディーか。宇宙人が地球でなぜか平和?な家庭生活



1993年に公開されたSFコメディ映画です。不思議な頭の形をした宇宙人が地球で送る、日常生活を描きます。

レミュラク星からやってきた宇宙人夫婦、ベルダーとプライマートは地球征服に備えた偵察を行うためにやってきました。
しかし、宇宙船が故障してしまったため、暫くの間地球で暮らすことにします。

手先が器用なことも合って、二人は運良く電器修理工の仕事を得ます。
また、雇い主のはからいも合って違法に米国国籍も入手してしまうのです。

なんとか地球での暮らしにも慣れてきた二人でしたが、移民局の捜査官であるシードリングに怪しまれてしまうのでした。

なんとかシードリングの調査から逃げ延びた夫婦の間には、長女のコニーも生まれます。
18歳になった頃には、自動車修理工場で働くロニーという彼氏もできており、父であるベルダーは厳しい視線でそれを眺めていました。

仕事は順調で静かな郊外に一軒家も持ち、人並みの暮らしをしていた一家。しかしシードリングが家族に関する移民調査を開始して、再び家族は右往左往することになってしまうのでした。

移民国家であるアメリカならではの問題を皮肉った部分もあり、全体的にユーモラスな仕上がりになっています。是非見てみてください。

27位 フィフス・ウェイブ(2016)|1の波=暗黒、第2の波=崩壊、第3の波=感染、第4の波=侵略



小説家リック・ヤンシーによる同名ヤングアダルト小説を基にした作品で、2016年にアメリカで製作されたSFスリラー作品です。

ある日突然、地球に異星人の乗った宇宙船アザースが現れます。
アザースは地球を乗っ取るために波状攻撃を仕掛けてくるのです。第一波の電子パルスはあらゆる電子回路を破壊して文明を崩壊させました。第二波の地殻変動は地震と津波をおこし、第三波の疫病は人類の大半を死滅させます。

主人公のキャシーは第三波の疫病で母親を失ってしまい、父親と弟のサムと一緒にキャンプに避難します。そこに軍を率いたヴォーシュ大佐が現れ、第四波は異星人に寄生された人間たちによる攻撃だ、といって弟のサムを連れ去るとともに父親を殺害してしまうのです。

キャシーは悲しみに暮れてしまいますが、サムを取り戻すために基地に向かいます。


















































その途中で今は人類の味方となった異星人のエバンと出会うのでした。

サムはキャシーと同じ高校に通っていたベンらと同じ班に配属され、基地で訓練を受けさせられます。そこで、最後の攻撃である第五波の内容が明らかになるのでした。

キャシーは弟であるサムを救い出すことができるのか、人類は異星人との戦いに勝利することができるのかが見所となっています。

26位 ザ・コア(2003)|人類が滅亡の危機に陥るSFパニック・サスペンス



2003年に公開されたアメリカのSFパニック映画で、地球滅亡から人類を救うためにスペシャリストの6人が奮闘する姿を描きます。

ある日、地球では様々な怪奇現象が起こり始めます。
オーストラリアや日本での鳩の大群などの動物の異常行動が見られたり、アメリカのボストンでペースメーカーを使用している32名の突然死が起こったりするのです。

その他にも、スペースシャトルの電子機器異常やスーパーストームなどが発生し、世界中はパニックに陥ります。

これらの異常事態について調査を行ったシカゴ大学の教授ジョシュ・キーズとコンラッド・ジムスキー博士は、これらの異常現象の原因が地球の核の回転が停止し、地球の磁場が不安定になったからだと突き止めます。

また、その調査からこのままだと地球の磁場が消失してしまい、太陽風にさらされて1年後に地球は滅亡する、と結論付けるのです。

二人は地球を救うために、地球の内部にあるコアの外側の液状の部分まで進み、核爆発を行うことでコアの再回転を起こす、という作戦を立てました。
その作戦の実行のために6人から成る各分野のスペシャリストチームを編成するのです。

果たして地球を救うための作戦は成功するのでしょうか。最後まで目が離せません。

25位 インターステラー(2014)|惑星間を旅する壮大な宇宙冒険SF映画



クリストファー・ノーラン監督による2014年のSF映画で、地球とは別の新たな居住可能惑星探索を行うために、別の銀河系へと有人惑星間航行する宇宙飛行士の姿が描かれています。

科学的法則を用いた演出の他、人間の信頼と愛やヒューマニズムに関する要素も含まれた物語となっています。

舞台は近未来の地球。異常気象が原因で大規模な食糧問題に直面しており、人類は滅亡の危機を迎えていました。元宇宙飛行士のクーパーは現在はとうもろこし農場を営んでいます。

ある日クーパーは、昔の仕事仲間だったブランド教授と地下組織となったNASAで再会し、人類救済のためのプロジェクト「ラザロ計画」を聞かされるのです。

人類を救うために、クーパーはラザロ計画に参加することになります。
しかし、第二の地球を探す宇宙の旅に出る危険な任務に娘のまーふぃーは大反対します。クーパーは必ず戻ってくると言ってマーフィーを説得し、別の銀河系を目指す有人惑星間航行(インターステラー)するチームの一員として地球を出発するのです。

宇宙船エンデュランスにはクーパーとブランド教授の娘・アメリア、物理学者のロミリー博士、地質学者のドイル博士の4人が乗っています。果たして4人は新しい地球を見つけることができるのか、そして地球に無事帰還することができるのでしょうか。

24位 トゥームレイダー(2001)|気分すっきりアクションSF



同名のコンピュータゲームソフトを映画化した作品で、アクション映画を数多く手がけているサイモン・ウェストが監督を務めます。

続編として、「トゥームレイダー2」も製作されました。

幼い頃に父であるクロフト卿をなくしてしまった主人公のララ。ララはおとなになって、世界中の宝物を発掘してお金を稼ぐトレジャーハンターになっていました。

そんなある日、父が残した邸宅の中に残された時計を発見したララは、光のトライアングルの存在を知り、その鍵を手に入れます。しかしそこに、パウエル一味が現れ光のトライアングルの鍵を奪われてしまうのでした。

光のトライアングルを持つものは時を支配できることを知ったララは、悪用されないように光のトライアングルを自分で手に入れようと考えます。
そして彼女は、二つに割られて2カ所に隠されているうちのひとつ、カンボジアのアンコールワットを目指すのです。

すでにパウエル一味もおなじくアンコールワットに向かっており、光のトライアングル求めて激闘が繰り広げられるのでした。

果たしてララは光のトライアングルとその鍵を、すべて手に入れることができるのでしょうか。様々な場面で登場するララのド派手なアクションシーンは、爽快感抜群でついつい見入ってしまいます。是非チェックしてみてください。

23位 宇宙人ポール(2010)|SFとコメディーが融合した新ジャンルSF映画



2011年に公開されたイギリス・アメリカの合作映画で、監督はグレッグ・モットーラ、宇宙人ポールの声はセス・ローゲンが務めます。

物語は1947年から始まります。タラは飼っていた犬のポールを外に出して遊んでいましたが、突然ポールが大きな光る物体がポールに直撃してしまうのでした。

舞台は変わって60年後、SFオタクのグレアムとクライブはアメリカで開催されるコミコスに参加するためにイギリスからやって来ていました。イベントに満足した二人はキャンピングカーを借りてUFOの跡地巡りを行います。

順調に跡地巡りをしていると、眼の前で暴走車が事故を起こすのです。その自動車から出てきたのは宇宙人のポールでした。

宇宙人のポールは追われているから逃げるのを手伝ってほしいと、二人に頼みます。二人は相談の上、ポールを助けることにしました。

道中でポールを捕まえるための検問につかまってしまうふたりでしたが、息を止めている間透明になることができるポールの能力のおかげでなんとか突破します。その後も3人のドタバタ珍道中は続いていくのです。

果たして宇宙人のポールが追われているのはどのような理由なのか、そしてポールは無事逃げ切ることができるのでしょうか。コメディ色の強い作品で、たくさん笑える作品になっています。

22位 レディ・プレイヤー1(2018)|人類の歴史を変えた発明者の莫大な遺産の行方は



2018年に公開されたアメリカ映画で、監督はスティーヴン・スピルバーグ、主演はタイ・シェリダンとオリヴィア・クックが務めています。
アーネスト・クラインの小説「ゲームウォーズ」を原作とした作品です。

舞台は2045年の世界。環境汚染や気候変動、政治の機能不全などが原因で世界は荒廃しています。
多くの人類はスラム街で暮らすことになってしまったため、気分を紛らわすために「オアシス」と言うVR世界に現実逃避しているのでした。

オアシス内ではオアシスの創始者であるジェームズ・ハリデーの遺言で発表された、オアシスの所有権と5000億ドル相当の遺産が授与される「アノラック・ゲーム」が開催されていました。

ハリデーがオアシス内に隠したとされるアイテム「イースターエッグ」を手に入れるために、多くのプレイヤーたちがゲームに挑んでいるのですが、5年たった今も誰もゲームをクリアできていませんでした。

スラム街に住む若者ウェイド・ワッツは莫大な遺産を手に入れるために、ゲームに挑んでいる内の一人でした。ある日ウェイドはゲームの第一の試練を突破するのですが、オアシスの独占を欲するIOI社社長ノーラン・ソレントの魔の手が忍び寄るのです。

ウェイドはゲームをクリアして莫大の遺産を手に入れることができるのでしょうか。最後まで目が離せない展開となっています。

21位 ウォーリー(2008)|700年間孤独に働き続けてきたロボットのかわいい恋を描いたSFアニメーション



ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作した全編CGのアニメーション映画となっています。
アメリカでも日本でも高い興行収入を記録して、初登場1位を記録しています。

舞台は2805年。人間は環境汚染で住めなくなってしまった地球を捨てて、宇宙船アクシオムでせいかつするようになっていました。

そんなゴミの山となってしまった地球では、ウォーリーというロボットが一人で生活していました。
量産型のゴミ処理ロボットである彼は、人類が地球を去ってからの700年間休むことなくゴミの処理を続けていました。

仲間のロボットはみんな壊れて動かなくなってしまっています。
ウォーリーもごみ処理を続ける過程で、感情を持つというシステムエラーを起こしていました。

ある日上空から強大な宇宙船が現れて、白く輝くロボットイヴが現れます。
イヴは周囲を調査し始めるのですが、ウォーリーとの誤解や軋轢の後二人は仲良くなるのです。

ある日イヴは突然動かなくなってしまい、宇宙船が戻って来て、EVEを回収してしまいます。
ウォーリーはイヴを追いかけて宇宙の冒険へと旅立つのです。

感情を持ったロボットの淡く切ない恋が見所の本作品。
ウォーリーの健気な姿に癒やされてしまうことは間違いないでしょう。

20位 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014)|全く違う目的を持つ5人でチームを組む



マーベル・コミックに登場する同名スーパーヒーローを題材として、マーベル・スタジオが製作したアメリカのスーパーヒーロー映画です。

様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、一つの世界の中でクロスオーバー作品として扱う「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズとしては、第10作品目の映画となっています。

988年、幼いクイルはウドンタ率いる宇宙海賊ラヴェジャーズによって地球から拉致されます。
それから26年後の2014年、惑星モラグで成長したクイルは価値が高いと噂のオーブを盗み出すのです。
同じくオーブを狙っていたロナンは暗殺者ガモーラを派遣します。

クイルがノバ帝国の首都惑星のザンダーというところでオーブを売り払おうとしていると、オーブを追ってきたガモーラが襲いかかってきました。

その近くにいた遺伝子改造されたアライグマのロケットとその相棒の樹木型ヒューマノイドのグルートは、その争いに加わります。

4人同時に警察によって逮捕されてしまい、刑務所に入れられてしまいました。
しかしそれぞれの利益のために、4人と刑務所内で出会ったドラックスをあわせた5人は協力して刑務所から脱走することになるのです。
ここから5人の宇宙を舞台にした旅が始まります。

個性豊かの主人公たちがぶつかりあいながらも悪と戦っていく姿が、非常に魅力的な作品となっています。

19位 インセプション(2010)|夢の中で繰り広げられる無重力アクションにも期待!



2010年にアメリカで公開された作品です。クリストファー・ノーラン監督・脚本を務めており、83回アカデミー賞では撮影賞、視覚効果賞、音響編集賞、録音賞を受賞、全米脚本家組合賞ではオリジナル脚本賞を受賞しました。

主人公のコブは、人間の意識の中に侵入して情報を引き出す「引き出し人」と呼ばれる産業諜報員として働いています。
ある日、コブは日本人実業家サイトウを標的とした任務を依頼されるのですが、サイトウに逆に試されしまい、ある仕事を依頼されるのです。

それはビジネスの競争相手である、モーリス・フィッシャーが経営するエネルギー複合企業を解散させるために、モーリスの息子にして後継者であるロバートに会社を解体させるよう、納得させることでした。

コブは依頼を受けることにして、様々なスペシャリストから成る組織を編成します。モーリスがシドニーで亡くなったのを皮切りに、コブたちは任務を開始するのです。

コブたちは鎮静薬を投与して夢に侵入するため、ロバートをロサンゼルスまでの飛行時間10時間の便に乗せます。そこから夢の中でのたたかいがはじまるのでした。

いまの場面は夢の中なのかそれとも現実なのか、最後の結末を見るまで騙されてしまうような展開が見所です。

18位 インクレディブル・ハルク(2008)|超人的な力を手に入れたがために群から追われてしまう科学者



「マーベル・コミック」のコミック作品「ハルク」の実写映画化作品です。「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズ中では「アイアンマン」に続く第2作品目の映画となります。

兵士を強化する目的で行われていた研究を行っていたブルース・バナーは、研究の成功を革新していました。
そこで自らの身体に実験を行ってみたところ、実験は失敗し、ブルースは緑色の巨人へと変貌してしまうのです。

軍や警察から追われる身となったブルースは、ブラジルのリオデジャネイロに潜伏し、武道家に師事して感情の制御方法を学びます。
それと同時に、「ブルー」と名乗る研究者の協力のもと、体を元に戻す方法を模索していました。

ある日ブルースは、ジュース工場で働いているときに手を切ってしまい、血液が混入したジュースが出荷されてしまます。
それを飲んだ人物がガンマ線に汚染されたことが軍にバレてしまい、工場にはエミル・ブロンスキーを含む精鋭部隊が送り込まれてきます。

研究資料を求めアメリカに戻ったブルースは元の体に戻るための研究資料を探して大学に潜入します。
しかしそこには、肉体を強化したブロンスキーが待ち構えているのでした。

果たしてハルクとなったブルースは逃げることができるのか、そして元の体に戻ることができるのか、最後まで要注目のストーリーです。

17位 幕末高校生(2014)|勝海舟と共に高校教師と生徒たちが歴史を取り戻す!



1994年1月15日から2月12日までフジテレビ系列で放送されたテレビドラマをもとにして製作された作品で、1992年から半年間と1993年から1994年にかけて放送された少年少女向けのテレビドラマシリーズ「ボクたちのドラマシリーズ」の1作品です。

主人公の川辺未香子は学校で日本史の教師をしていました。
一生懸命に授業をしているものの、生徒たちは話したり寝たりなどと、授業を真面目に聞いてくれません。

そんなとき、テスト中の雅也はカンニングのためにあるアプリをインストールします。
テストも終わった放課後、未香子が車で帰ろうとすると恵理と慎太郎と雅也が口論をしながら車のまえに現れます。

そのとき急にあのアプリが輝き出し、4人は江戸時代末期へとタイムスリップしてしまうのでした。

様々なハプニングや歴史上の人物に出会いながら、4人は未来の時代へ帰るための方法を探すために奮闘します。一方で、偶然匿ってもらうことになった勝海舟との間には絆も芽生えるのでした。

4人は果たして元の時代にもどることができるのか、また勝海舟が目指す戦争を起こさないという目標は果たすことができるのかが見所です。
歴史上の登場人物らと現代を巧みに織り交ぜた演出にも要注目。

16位 オデッセイ(2015)|火星に取り残された男の熾烈な戦いとNASAの必死の救出劇



アンディ・ウィアーの小説「火星の人」を原作としている作品で、監督はリドリー・スコット、主演はマット・デイモンが務めます。
火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士の生存をかけた孤独な奮闘と、彼を救いだそうとする周囲の努力を描きます。

宇宙飛行士のワトニーは、火星への有人探査経過雨であるアレス3に、クルーとして参加します。
火星での探査中二クルーたちは大砂嵐に遭遇してしまい、ミッションを中断して地球に帰還することにします。

クルーたちは探査をやめてロケットに向かうのですが、その最中に折れたアンテナがワトニーに直撃します。他のクルー達は現状と環境をシステムから計算した結果、ワトニーが死んだと判断してしまい、地球へ向けて出発するのです。

実は生存していたワトニーは、火星に一人取り残されてしまったことを知り、残された僅かな物資で生き延びようと奮闘します。地球から迎えが来る見込みはありません。

ワトニーは持ち前の植物学者としての知識を活かし、水、空気、電気、保存されていた生のジャガイモを利用して、そのジャガイモの栽培に成功するのです。

一方地球では、ソーラーパネルやローバーがうごいていたことから、ワトニーの生存が確認されます。

ワトニーは地球に無事帰還することができるのかが注目ポイントと言えます。また、ワトニーが知識を生かして、火星で生き延びるサバイバルの模様も非常に興味深いです。

15位 ダイバージェントNEO(2015)性格診断テストで異端者と診断された少女は異端者に関する重大な秘密を手に入れる



本作は「ダイバージェント・シリーズ」の第2部にあたる作品で、原作はヴェロニカ・ロスの「ダイバージェント2 叛乱者」となっています。
監督はロベルト・シュヴェンケ、主演はシャイリーン・ウッドリーとテオ・ジェームズが務めます。

舞台は最終戦争から150年がたったアメリカのシカゴ。フェンスの中に暮らす人々は性格診断をもとに勇敢、高潔、無欲、平和、博学の5つの区分に分けられていました。
そんな中、いずれのカテゴリーにも属さない人たちは異端者=ダイバージェントとみなされていました。

ダイバーエージェントとみなされたトリスは前作の事件のあとに、恋人のフォーと共に平和のカテゴリに潜伏していました。
そんなある日、無欲が高潔に攻められてしまい、ある謎の箱が奪われてしまいます。その箱はダイバージェントでないと、開けることができないのでした。

箱を開けることを望む指導者のジェニーンは、世の中にいるダイバーエージェントたちを捜索し始めます。トリスたちは追われる身となってしまったのでした。

フェンスの中で迫害されるだけでなく、追われる身となってしまったトリスたち。はたして助かることができるのか、最後まで目が離せません。1作目も含めて是非チェックしてみてください。

14位 オブリビオン(2013)|近未来の地球に残された男の運命を描くアクションSF

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



ラディカル・コミックスが編集した未発表の同名グラフィックノベルを原作としている作品で、出演はトム・クルーズ、オルガ・キュリレンコなど豪華な面々が揃っています。

舞台は西暦2077年。60年前に起きた異星人スカブからの侵略を食い止めることができた人類でしたが、核兵器を使用したことによって地球は荒廃していました。
人類の大半は土星の衛星であるタイタンに移住して生活しています。

元海兵隊司令官コードネーム「Tech49」ジャック・ハーパーはヴィクトリア・オルセンとともに、地球に残されたスカヴの残党を始末する役目を担っていました。

ある日のパトロール中に墜落した宇宙船を発見したジャック。その残骸から謎の女性ジュリアを助け出します。二人は以前に出会ったことがあるようでしたが、ジャックは思い出すことができません。

そんな中で彼は突然スカヴに捕えられ連行されてしまうのですが、そこではマルコム・ビーチと名乗る謎の男出会うのです。そして彼から、この世界におけるとんでもない秘密を聞かされるのでした。

一体ジャックは何者で、異星人スカブとは何なのか、マルコム・ビーチとの会話で全てが明らかになります。気になる方は是非チェックしてみてください。

13位 エイリアンシリーズ(1979)|エイリアンを撃退せよ!



リドリー・スコットが監督を務めるSF映画作品で、その後もシリーズ作品が複数製作されています。

舞台は西暦2122年からはじまります。
宇宙船ノストロモ号は他の星で採掘した鉱石を積んで、地球へ帰還しようとしていました。
乗組員たちは冬眠状態から目覚めて、着陸の準備を行います。

しかし地球への到着間近、知的生命体からのものと思われる信号を受信し、その発信源である天体に針路を変更していたことが判明します。

会社との雇用契約書に「知的生命体からと思しき信号を傍受した場合は調査するように」と書いてあることから、その天体に向かうことにするのです。

到着して天体では謎の宇宙船と化石となった宇宙人を発見します。
その宇宙人には体内から何かが飛び出したような痕がありました。

宇宙船の下には穴があったので、船長ダラス、副長ケイン、航海士ランバートの3人は船外調査に向かうことにしました。

穴の中ではケインの体内に奇妙な生命体の幼体を産み付けられてしまいます。乗組員たちとの食事中にケインの胸部を食い破って現れたその生命体は、乗組員の間を駆け抜け逃走するのです。

人間と地球外生命体との戦いを描いた作品で、人類はこの危険な生命体を退治することができるのかが見所です。

12位 ウォークラフト(2016)|数多の種族が国や愛する者を守るための死闘



ダンカン・ジョーンズ監督・脚本、チャールズ・リーヴィット脚本による2016年のアメリカのファンタジー映画で、コンピュターゲームを原作として製作されています。

この映画は人間とオークの出会いが描かれたもので、「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」を抜いて歴代で最も売れたゲーム原作映画となっています。

人間はアゼロスという世界に住んでおり、そこでは平和な時代が続いていました。しかし、すこしずつ悪の勢力がせまっていたのです。

それは、荒廃した故郷を捨ててあらたな居住地を求めてさまよっているオークの戦士たちでした。
オークたちは別の世界に住んでいましたが、世界と世界をつなぐ異次元の入口「ダークポータル」を開いて侵略を始めていたのです。

人間たちはオークに立ち向かうために準備を進めていましたが、アゼロスの騎士ローサーは人間とオークのハーフ、ガローナと協力し全面戦争を避けようと試みます。

一方で、人間との戦いに疑問を持っている一人のオーク、デュロタンも争いを避け、一族を守るために、人間と手を結ぶことを決断するのでした。

異なる生物同士の壮絶な戦いの先には、どのような結末が待っているのでしょうか。

11位 (r)adius/ラディウス(2017)|自分が近づくと人が死ぬ



ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務め、「メッセージ」の制作会社であるAlchemy 24とアカデミー賞最優秀音響編集賞を受賞したシルヴァン・ベルマールがタッグを組んだことでも話題となりました。

主人公のリアムは、交通事故にあったことで記憶を失ってしまいます。
誰かに助けを求めるために付近をさまようのですが、目に入るのは住民の死体ばかりです。

何かに感染して住民たちが死んでしまったのだと思い、謎のウイルスか何かが大気中に広がっているのではと不安になるリアム。しかし具合が悪くなる様子はありません。

ようやく生存者を見つけて近寄ろうとしたところ、リアムが近寄った途端に死んでしまうのです。
何が起きたかわからないまま、リアムに近寄ったことで続々と増える死者。
リアムの半径50フィートに近寄ってしまうと、みんな死んでしまうのでした。

しかし、半径50フィート以内でも死なずにいる女性ジェーンと出会い、同じく記憶喪失の彼女と共にこの謎を解き明かそうとします。

なぜ自分に近づいた人たちは死んでしまうのか、そして近づいても死なずにいるジェーンは一体何者なのか、最後まで目が離せない展開となっています。

記憶を失ったふたりには衝撃の結末が待っているのでした。

10位 バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ(1988~)|第一弾、タイムトラベルしてミッションは両親を結婚させろ!



タイムスリップを題材としたSFの代表的な作品で、公開から30年近くがたった今でも多くのファンが存在しています。第1作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」から合計3作が製作されています。

高校生マーティ・マクフライは科学者である親友のドクを手伝って、スポーツタイプの乗用車デロリアンDMC-12を改造してドクが開発したタイムマシンの実験を行います。

1分後にタイムトラベルさせる実験は成功しましたが、プルトニウムを調達するためにドクが騙したリビアの過激派の襲撃に遭い、ドクは撃たれてしまうのです。
同じく命を狙われたマーティはとっさにタイムマシンに乗って逃走し、30年前にタイムスリップしてしまうのでした。

元の時代に戻ろうとするマーティでしたが、すでに燃料が切れていました。そこでマーティは1955年のドクと会い、未来に帰る手助けをしてもらうことにします。

しかし、もう一つ大きな問題があり、自分が交通事故に合いそうになった父親を過去で救ってしまったせいで両親の結婚がなかった事になってしまう危機におちいるのでした。

マーティは無事両親の結婚を実現できるのか、そして無事元の時代に戻ることができるのかが見所です。気に入った方は是非シリーズ作品もチェックしてみてください。

9位 フィフス・エレメント(1997)|美少女とタクシー運転手による、地球の運命を掛けた冒険



1997年に公開されたフランスのSF作品で、監督をリュック・ベッソン、主演をブルース・ウィリスが務めます。ミラ・ジョヴォヴィッチの出世作としても有名です。

物語は1914年のエジプトから始まります。
エジプトのピラミッドでは世界を救うための5番目の要素「フィフス・エレメント」と、世界を滅ぼす邪悪な存在が予言されていることが発見されました。

そして、突如円盤で飛来したモンドシャワン人に鍵となる4つの石が隠し部屋から持ち出されてしまうのです。

時代は300年後の2214年に変わります。世界は全ての攻撃を吸収してしまう反生命体「ミスター・シャドー」に脅かされていました。
リンドバーグ統一宇宙連邦大統領はフィフス・エレメントとモンドシャワン人の存在を知り、これに世界の命運を託すことにします。

モンドシャワン人は地球に呼び寄せられますが、宇宙の殺し屋マンガロワ人の攻撃を受けて殺害されてしまうのでした。

科学者は、回収されたモンドシャワン人の腕の細胞から美女リー・ルーを誕生させます。
彼女を偶然拾った、タクシー運転手コーベン・ダラスとともに二人はモンドシャワン人がもちだした4つの石を探すために旅をするのでした。

美少女とタクシー運転手というトリッキーなペアを主役とした本作品。
ミラジョボビッチの子役時代の演技が見られる貴重な作品でもあります。

8位 トータル・リコール(1990)|現実と夢の境界を失なって体験する悪夢のような冒険SF

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



フィリップ・K・ディックが1966年に発表した小説「追憶売ります」を映画化した作品です。
ただし原作は数十ページ程度の短編であり、映画化に際してかなり多くのシーン、特にアクション・シーンが追加されています。

第63回アカデミー賞では特別業績賞を受賞した他、音響効果賞、録音賞にもノミネートされました。

舞台は近未来の世界。人類は火星に植民地を築き、多くの人類が居住することになっています。
しかし酸素が薄く気圧が低いために、防護服無しでは建物の外に出ることができません。

ダグラス・クエイドはごく普通の建設労働者で、結婚8年になる妻のローリーと2人暮らしをしていました。
クエイドは原因不明の火星の夢にうなされる夜をおくるのですが、クエイドには火星へ行った記憶がありません。「火星に移住したい」との想いをローリーに伝えるも一蹴されてしまいます。

そんな時、列車内で偶然「旅行の記憶を売る」というリコール社の広告を見つけるのです。
同僚の労働者ハリーから反対されながらも、クエイドはリコール社へ出向き、「秘密諜報員として火星を旅する」というコースを選択して記憶を買います。

しかし、クエイドは火星に行ったことがあるらしく拒絶反応が出てしまうのです。

帰宅途中謎のグループに襲われたクエイドは、身に覚えのない格闘術でその全員を殺害します。
ようやくたどり着いた自宅でも、妻であるはずのローリーから攻撃を受けるのです。

クエイドは謎の男からカバンを受け取り、クエイドとは、ハウザーという男が事情により記憶を消された仮の姿であることを知らされます。

クエイドの正体は一体何者なのか、そしてこの世界に隠された秘密とは一体何なのか、最後の結末には要注目です。

7位 ターミネーターシリーズ(1984)|未来の機械軍と人類の争いに巻き込まれる「伝説の母」

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



未来のアンドロイド役としてアーノルドシュワルツネッガーが出演することで有名な作品で、第一作が公開されたあとにも、複数のシリーズ作品が製作・公開されています。

近未来の世界では、人類と機械軍の熾烈な戦いが行われていました。
しかしその最後の戦いは、過去であるはずの今夜に始まろうとしていたのです。

突然筋骨逞しい男性が現れて服や銃を強奪し、「サラ・コナー」という名前と「ロサンゼルス」という住所だけを頼りに、電話帳に載っている同姓同名の女性を順番に殺していきます。

一方、別の若い男性も、今ここが1984年5月12日木曜日のロサンゼルスであることを確認すると、悪夢にうなされながらだれかをさがしはじめるのでした。

最後のサラ・コナー宅に侵入した逞しい男性は、サラが町のディスコにいることを突き止め、現地へ乗り込み殺害を実行しようとしますが、同じく皿を探していた若い男によって救われます。
「襲撃者はロボットであり、サラを殺害するために未来から送り込まれ、彼女が死ぬまで狙い続けること」「自分はまだ見ぬサラの息子(ジョン・コナー)の指示により、彼女を守るために現代へやってきたこと」が告げられるのです。

人類の未来を救うためにサラ・コナーは生き抜くことができるのか、要注目です。気に入った方は続編のシリーズ作品も、是非チェックしてみてください。

6位 ハンガー・ゲームシリーズ(2012~)|テレビシリーズと合わせておすすめ!13地区VS独裁国家の最終決戦



2012年に公開されたアメリカのSFアクション映画で、スーザン・コリンズのシリーズ小説「ハンガー・ゲーム」を原作としています。監督はゲイリー・ロス。

近未来のアメリカはパネムという名の独裁国家となっていました。
キャピトルという場所が政治の中心となっており、キャピトルに住む人にとは特権階級を得ることができます。

反乱の抑止を目的にキャピトルを囲む12の各地区から男女1名ずつが選出され、男女24人が殺し合う殺人サバイバル「ハンガー・ゲーム」が強制されていました。

プレイヤーに選ばれてしまった妹の代わりに出場することになったカットニスは狩猟で鍛えた弓矢の腕と持って生まれた鋭い勘を生かし、同じ地区から選ばれた少年ピータとともに戦いに挑みます。

カットニスは持ち前の精神力やスキルで周囲の信頼を集め、自身のスタイリストや指導係を味方にしていくのです。

果たしてカットニスはハンガー・ゲームを生き残ることができるのでしょうか。繰り広げられる激しいアクションシーンからも目が離せません。

また、独裁国家として存在するパネムという国にはびこる様々な問題を描く様子もシリーズ作品の中では重要な働きをします。是非チェックしてみてください。

5位 猿の惑星シリーズ(2001~)|猿が人間を支配する惑星から脱出せよ!

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



ピエール・ブールによる同名のSF小説に基づいて製作された作品で、映像作品はいずれも20世紀フォックスを中心にして作られています。

数多くのシリーズ作品が公開されており、人類がいなくなって荒廃してしまった地球とそこを支配している知能の発達した猿たちを中心に描かれています。

第一作は、アメリカ人宇宙飛行士テイラー大佐が猿の支配する惑星に降り立ち、紆余曲折の末に惑星が人類文明の崩壊した地球だったことを知るという物語になっています。

第二作は第一作の続編で、行方不明になったテイラーを探しに猿の惑星を訪れたブレントを軸に展開する物語、第三作は爆破する地球をテイラー大佐がかつて搭乗していた宇宙船を使って脱出した猿のコーネリアス・ジーラ夫妻が主役となっています。

このように、猿と人間を中心とストーリーということに変わりはないのですが、作品ごとに切り口が異なっており、シリーズ全作品においていろいろな楽しみ方ができる内容になっています。

また、近年では非常に精度の高いCGが使用されており、その点も見所としてあげることができるでしょう。

様々な賞を獲得しているシリーズ作品でもあるので、一見の価値はあるといえるでしょう。

4位 X-MENシリーズ(2000~)|人類とミュータントが共存は実現するか



「マーベル・コミック」のアメリカン・コミック「X-メン」の実写化作品です。
急激な進化を遂げた人間が出現してきた近未来。それらのミュータントが人間の世界で生きていく姿を描きます。

人間が急激な進化の過程に入った近未来。
突然変異の超能力者であるミュータントたちは差別という理不尽な理由で周囲から迫害をうけていました。

不死のミュータントウルヴァリンはある日、触れた者の力を奪う能力を持った少女・ローグと出会い行動をともにすることになります。
また、その後に現れたサイクロップスとストームと共にプロフェッサーXが率いる「Xメン」によって守られたミュータント専門学校を訪れるのです。

プロフェッサーXから聞いた話によると、今世間ではプロフェッサーと親友であったマグニートー率いるミュータントテロ集団「ブラザーフッド」が悪事を働いており、人類との共存を目指すプロフェッサー達は、意見が相いれない彼らと戦い続けているとのことでした。

そして、人間と共存できる世界を目指すためにもXメンに所属するミュータントとして、悪の集団と戦うことになるのでした。

様々な能力を持った個性豊かなミュータントたちが魅力的な作品になっています。
また、彼らが繰り広げる迫力あるアクションシーンには要注目です。

3位 バイオハザードシリーズ(2002~) |研究中の生物兵器の感染を阻止しろ!



日本のゲームメーカーであるカプコンのゲームソフト「バイオハザード」を原案とした、サバイバルアクションホラー映画です。
ウイルスの影響でゾンビが大量に発生してしまった世界で、人間たちが生き残るために戦い抜く姿を描いています。

アメリカの製薬会社であるアンブレラ者は、表向きはシェア90%を誇る家庭用医薬品シェアでしたが、実は細菌兵器などの研究開発を手掛ける軍事企業でした。

ある日、アメリカ合衆国ラクーンシティ郊外に位置するアンブレラ社の地下研究所「ハイブ」で、研究中の生物兵器T-ウイルスが施設内に漏洩する事件が発生してしまいます。

地上の洋館の一室で記憶喪失の女性アリスが目覚めます。何も思い出せぬまま彷徨うアリスは、謎の隊員たちに拘束されてしまい、地下研究所「ハイブ」に連れて行かれることになってしまうのでした。

実はアンブレラ社の特殊工作員であったことがわかったアリスは、なんとか汚染を研究所内で食い止めようと奮闘するのです。

何とか研究所内で汚染を食い止めることができたと思ったアリスたちでしたが、その後全世界へと感染が広まってしまうのでした。

ゾンビたちと人間の戦いを描いた本作品、ホラーの要素も強く怖いストーリーが好きな人にはおすすめの作品となっています。

2位 スターウォーズシリーズ(1999)|悪化する国家問題の裏で暗躍する謎の組織



SF映画作品の中でも一番と言っていいほど有名な作品で、世界中のファンが続編が公開されるたびに熱狂しています。
宇宙を舞台としたは作品で、その後のSF映画の世界を変えた作品と言ってもいいでしょう。

舞台は様々な星の様々な宇宙人が、星を行き来しながら共に生活しているような世界。
人々を恐怖で圧制家に置こうとする銀河帝国と、平和を望む銀河共和国の戦いを描きます。

作中に登場する様々なロボットや魅力的な宇宙人にもぜひ注目してみてください。

アクションシーンではライトセーバーというスター・ウォーズの世界特有の武器が使用されます。
様々な色があり、剣を振ると同時にブオーンという音がなることでも有名です。
迫力あるアクションシーンに、独特のSF感を加える大事な役割を果たしているアイテムです。

エピソード4、5、6が公開された後にエピソード1、2、3、7、8、9が公開されていることもあり、時系列を把握するのが難しい作品としても有名です。
公開された順序で言うと4、5、6、1、2、3、7、8、9ですが、混乱を避けるためにも1から順に見ることをおすすめします。

現在も続編が製作され続けており、以前の作品に出ていた登場人物がカムバックするような演出もあります。今後の作品をより楽しむためにも、是非チェックしておくと良いでしょう。

1位 マトリックスシリーズ(1999~)|現実だと思っていた世界はコンピューターが作りだした夢の世界だった



1999年から公開されているアメリカ映画で、この作品をもとにしたアメリカンコミックも製作されています。

SF作品であるものの、アクションシーンではカンフーファイトのテイストも多く含んでいます。
ストーリーの各所にメタファーや暗示を置き、哲学や信仰というテーマも表現しているのも特徴です。

従来のCGにはない、ワイヤーアクションやバレットタイムなどのVFXを融合した斬新な映像表現は映像革命として話題となりました。是非注目してみてください。

主人公のトーマスは大手ソフトウェア会社でプログラマとして働いていました。
しかし、トーマスにはあらゆるコンピュータ犯罪を起こす天才ハッカー、ネオというもう1つの顔がありました。

しかし、トーマスはここ最近、起きているのに夢を見ているような感覚に悩まされ「今生きているこの世界は、もしかしたら夢なのではないか」という思いを抱いていました。


ある日、トーマスは謎の女性トリニティに、仲間のモーフィアスを紹介され「あなたが生きているこの世界は、コンピュータによって作られた仮想現実だ」と告げられ、このまま仮想現実で生きるか、現実の世界で目覚めるかの選択を迫られます。

目を覚ましたトーマス、自分が培養槽のようなカプセルの中に閉じ込められていることに気づくのでした。

現実の世界はコンピュータの反乱によって人間社会が崩壊し、人間の大部分はコンピュータの動力源として培養されています。

モーフィアスは彼こそがコンピュータの支配を打ち破る救世主であると信じており、仮想空間での身体の使い方や、拳法などの戦闘技術を習得させ、人類をコンピュータの支配から解放する戦いに身を投じていくのです。

まとめ



今回は週末や長期休暇にリフレッシュするための、おすすめSF映画30選をランキング形式でご紹介しました。
現実とは程遠い、非日常を感じることができる作品ばかりでリフレッシュにはふさわしいと言えるでしょう。

中には長年名作として親しまれており、現在でも多くのファンが存在する作品も多くあります。
それらの作品に触れてみるいい機会にもなるのではないでしょうか。

今回ご紹介した内容を是非参考にして、作品選びを行ってみてください。

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
TOP