※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。


部活に、遊びに、恋愛に、夢に。毎日が特別な時間で、小さなことでも悩み抜く苦しさや、仲間と共に過ごす喜びも格別だった青春時代。

それだけに、過ぎ去りし日を懐かしむように、または今まさに体験中の甘酸っぱい経験を共有するように、あるいはこれから来るだろう日々の新鮮な感動を先取りするようにと、どの世代が観ても必ず共感できるポイントがあるのが青春アニメのよいところです。

そこで、演出・構成・ストーリーの面白さなどを重視し、青春時代の輝きを味わえ、元気がもらえる作品をランキング形式でご紹介します。

青春アニメ30選 新作アニメもたくさんランクイン


自分の思い出と重ねて共感したり、登場キャラクターに感情移入したりとさまざまな自分だけの楽しみ方ができるのも青春アニメのよいところ。
ジャンルを問わず幅広く「青春」を感じられるアニメを集めてみました。

誰もが知る名作だけでなく、新作からも厳選してお届けします。

30位 君のいる町(2013)|会ったこともないヤツが、いきなり自分の家に住むなんて‥‥

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



2008年から6年間に渡り、少年マガジンで連載された瀬尾公治の原作をアニメ化した作品。
人見知りがちだが誠実な青年、桐島青大(きりしまはると)と枝葉柚希(えばゆずき)の恋愛模様を中心に展開する青春ドラマです。

広島の田舎町に住む主人公・ 桐島青大。

高校進学を控えた彼の家に、父親の知人の娘・枝葉柚希がやってくる。東京からやってきた彼女を居候として預かることになった桐島家。こうして、2人の青春時代が始まる…。

主人公の高校入学から社会人までの期間を描き、彼らの成長と人間模様を非常に長いスパンで追った作品。基本的にはラブコメですが妙に生々しくドロドロした恋愛要素もアリ。それでもなぜかスッキリと観れてしまう不思議な魅力を持つ作品です。

時には惹かれ合い、時には離れ離れになりながら変化してゆく人間関係と恋愛模様。「忘れられない人がいる」「青春時代にすごく好きな人がいた」という方は、より感情移入できるでしょう。

29位 劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~(2017)|愛のない結婚を阻止するはずが相手に惹かれ始めてる!?



「あさきゆめみし」などでお馴染み少女漫画家・大和和紀の原作を劇場アニメ化した作品。大正時代を舞台に主人公・花村紅緒(はなむらべにお)の生き様を描いた青春ドラマです。

「はいからさん」の異名を持つ主人公・ 花村紅緒は家事よりも武道が得意なはねっかえり娘。ある日知り合った青年・伊集院忍とは代々続く許嫁であることを知る。最初は反発しながらも徐々に忍に心を惹かれる紅緒。しかし、悲劇はすぐそこに迫っていた…。

今なお根強いファンを持つ同作の入門編ともいえる作品。
古典の名作を現代にアレンジしただけあり、見やすくわかりやすい構成、コミカルかつ甘酸っぱい演出、古い時代の偏見を打ち崩すような紅緒の生き様など、見どころが多い作品です。

何より高評価を得ながらも途中で打ち切りにならざるを得なかったアニメシリーズを、38年の時を経て完結作品として発表したとても意義深い作品でもあります。
後編もあわせてぜひ観てほしいところです。

28位 川柳少女(2019)|たった17音で紡がれる二人の日常

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。


2016年から週間少年マガジンにて連載中の五十嵐正邦の作品をアニメ化した本作。
タイトル通り川柳をテーマにし、しかも4コマ漫画という珍しい題材を映像化した意欲作です。

柄井高校で文芸部に所属する一年生・雪白七々子(ゆきしろななこ)は話すのが苦手、コミュニケーションには五・七・五の川柳を使って行う少し天然な少女。

中学の時に出会ったヤンキー、毒島エイジに密かな恋心を抱いていた七々子。
同じ文芸部に所属する彼に必死にアプローチしようとするが…。

主人公が基本的に筆談でしか話さないと設定が斬新な作品です。
川柳という題材を取りながらも、大会を目指すといったスポ根要素があるわけではなく、あくまで日常生活を描いているところが気軽に楽しめるポイント。

いわゆる「萌え」的なツボではなく、同性から受けるような可愛らしさを持った主人公の存在感も見どころです。

もちろんラブコメとしてみることもでき、父親との絆を描いたシーンもあるので、幅広くおすすめしたい作品です。

27位 きまぐれオレンジ★ロード(1987)|クールなクラスメートと積極的な後輩-少年の心は揺れ動く



週刊少年ジャンプ誌上で1987年まで連載された」まつもと泉の原作をアニメ化した作品。

超能力を使える主人公・春日恭介が才色兼備でミステリアスな美少女・鮎川まどかと不良だが幼さの残る後輩・檜山ひかるとの間で揺れ動く微妙な三角関係を描いたラブコメです。

原作では収録時期(愛蔵版・文庫版)によって異なるラストシーンを上手く融合させ、アニメオリジナルのものとなっています。

家族全員が超能力者ということを秘密にして過ごす主人公・春日恭介は、以前の学校で妹の超能力がバレてしまったことがきっかけで、高陵学園中等部に引っ越してくる。

転校初日、近所を散策している途中に謎の美少女・鮎川まどかに出会い、一目惚れする。後にクラスメイトであることが判明するが、人が変わったようにそっけない態度のまどか。

一方、まどかの幼馴染で彼女を姉のように慕う後輩・檜山ひかるは、偶然から恭介が超能力を使って超人的な運動能力を発揮したのを密かに見てしまい、一目惚れする…。

三角関係というだけでなく、主人公とヒロイン2人の心も微妙に揺れるさまが甘酸っぱくて切ないラブコメアニメです。

超能力を使えるという設定がうまく活かされていて、最近流行りのラブコメ+SFものが好きな方はぜひ。

26位 風が強く吹いている(2018)|老若男女熱くなる箱根駅伝をアニメーションとして描く!



直木賞受賞作家である三浦しをんの同名小説をアニメ化し。いくつかの変更を加えた本作。

ストーリーは基本的に原作に沿っていますが、登場人物のキャラクターを掘り下げたシーンが追加されています。二人の大学生を中心に、個性的なメンバーが集まり箱根駅伝を目指す青春アニメ。

元天才ランナーの主人公・蔵橋走(くらはしかける)は、勝利至上主義の方針とそりが合わず、部活を辞め退屈な学生生活を送っていた。

ある日、空腹からコンビニでパンを万引きし、店員の追跡から逃れるために走っていた。
そこに自転車で通りかかった青年・清瀬灰二(きよせはいじ)から「走るのは好きか」と呼びかけられる。

行く宛のないカケルがハイジに連れられ向かったのは個性豊かな面々が住む自主寮・アオタケで…。

主要人物が10人とかなり多いにもかかわらず、それぞれの魅力を丁寧に描写しているところがポイント。
目的を持たなかった面々がハイジによって導かれ、徐々に団結していくさまが見どころです。

部活に燃えた青春時代を送った方はぜひ観てほしい作品です。

25位 火ノ丸相撲(2019)|"小さき"少年の横綱をかけた戦い!

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



週刊少年ジャンプで連載中の川田による原作をアニメ化した作品です。
主人公・潮火ノ丸(うしおひのまる)を中心に仲間たちとの研鑽や団結を描いた相撲アニメ。
高校入学から卒業までを収録。

幼い頃、その力と技術から「次世代横綱の筆頭候補」と目されながらも体格に恵まれず、いつしか忘れ去られた主人公・潮火ノ丸は大太刀高校の弱小相撲部ヘと入部する。
彼の相撲への情熱は全く衰えていなかった。さまざまな困難を乗り越え、徐々に集いはじめる仲間たち。果たして大太刀高校、そして火ノ丸は高校相撲で通用するのか…。

製作スタッフの意気込みが原作と変わらないレベルで注ぎ込まれ、観ていてとても爽快な熱さを感じる作品です。

相撲という短い競技時間の中に詰め込まれた、力や技術の駆け引きの描写にハラハラドキドキすること必至。
スポーツアニメが好きな人ならまず外れることのない名作青春アニメです。
相撲に興味がない人にこそぜひ観てほしい作品。

24位 BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS(2017)|あのうずまきナルトが7代目火影になった世界でナルトの息子ボルトが大暴れ



少年ジャンプに連載され、大ヒットとなった名作「NARUTO-ナルト-」の続編をアニメ化した作品。

漫画はナルトの原作者・岸本斉史が監修し、池本幹夫によって描かれている正統的続編。前作の主人公・ナルトの息子、うずまきボルトと仲間たちの成長を中心に描いた青春バトルアニメです。

冒頭、崖の上で対峙する2人の忍、ボルトとカワキ。木ノ葉隠れの里は大きく壊滅していた。
「七代目と同じところに送ってやる」とボルトに言い放つカワキ。ナルトのものと思われる額当てを取り出し、傷ついた右目を開くボルト。

そして舞台はさかのぼり、忍者アカデミーの入学式より始まる…。

冒頭の時点ですでに続きが気になる演出が秀逸です。
ナルトはどうなったのか、ボルトや木ノ葉隠れの里に何が起きたのか、カワキとは何者なのか。

冒頭は前作の主要人物達のその後も描かれ、ボルトの成長物語としてだけでなく、親子もののような視点で楽しむこともできます。
前作・劇場版をあわせて観てほしいところ。

23位 なんでここに先生が!?(2019)|先生と男子高校生によるギリギリ感満載のエッチなハプニング



週間ヤングマガジンで連載中の蘇募ロウの原作をアニメ化した作品。
年上の女性教師とその学校の男子生徒のちょっとエッチな恋愛関係を描いたオムニバス作品です。

それぞれの恋愛模様をハプニングやユーモアを交えて贈るラブコメアニメ。

川沼西高校の佐藤一郎は、名前だけでなく容姿・頭脳・運動能力とも全て平均的な生徒だった。

ある日、男子トイレの個室に入ると他校の不良を一人で倒すほどの腕前を持ち、「鬼の児嶋」と恐れられる国語教師・児嶋加奈がなぜかいた。

鍵が壊れ閉じ込められた2人の尿意との戦いが今はじまる…。

青春時代の男子の憧れのシンボルともいえる「年上女性との恋愛」。

ところどころにきわどい描写が入るものの、ユーモラスな演出や台詞回しが素晴らしく、ラブコメとして楽しめる良作です。
男性だけでなく女性にも観てほしい作品。

アニメ版は一組につき長くても3話までに抑えられているので、どこから観ても気軽に楽しめることもポイントです。

22位 河童のクゥと夏休み(2007)|河童と、人間の少年の交流をハートフルに描く



2007年に公開された長編アニメーション作品です。
タイトル通り現代に蘇った河童の子供・クゥと小学5年生の少年・上原康一との友情を通して、人間模様や現代社会の問題まで取り扱った青春アニメです。

主人公・上原康一は小学校からの帰宅の途中、川辺に不思議な石を見つける。
興味を持った康一が石を割ってみると、中には化石化した謎の生物が入っていた。

仮死状態になっていた河童・クゥを自宅に連れ帰り、共に暮らし始めた二人。最初は文化の違いに戸惑い、人間に対して懐疑的であったクゥも徐々に心を開きはじめる。

ある日、クゥは康一と家族とともにテレビに出演することになり…。

良い意味で「過剰さ」がない作品。ギミックやドラマすぎる超展開に頼らず、「現代社会への人との向き合い方」や「相手をいたわる気持ち」をテーマに誠実に描かれているところがポイントです。

種族を越えた友情、親子の愛情などを扱ったヒューマンドラマが好きな方には自信を持っておすすめできるハートフル作品です。

21位 MIX(2019)|永遠の名作「タッチ」との絡みがたまらない!



学園青春ラブコメの第一人者、あだち充の作品をアニメ化した本作。

名作「タッチ」の舞台である明青学園の30年後、双子の少年立花投馬と走一郎、その妹・音美を中心に人間模様を描いたラブコメです。
タッチと設定に直接的な関係がある作品で、野球をテーマにするところも同じです。

幼い頃、母を亡くした立花投馬。同じように父を亡くした走一郎・音美の兄妹と両親の再婚により義理の兄妹となる。
中学校に入学し、野球の実力で頭角を表した投馬と走一郎だったが、中学のOBで監督の親友の息子・二階堂大輔の不可解な贔屓起用により、満足に活躍の場を与えられずにいた。

明青学園にそのまま進学しても状況が変わらないことに危機感を抱いた2人は、他校への進学も検討するが、ある日、二階堂大輔の秘密を知り…。

今の所、達也や南のその後は描かれていないものの、何人かの主要人物が登場し、どうしても期待してしまう作品です。
立花兄妹の生い立ちの謎も小出しにされ、コミカルで軽快な演出も相まって作品に引き込まれます。
兄妹の微妙な距離感もみどころのひとつ。

20位 ガールズ&パンツァー(2012)|戦車を使った武道“戦車道”で全国大会に出場せよ!

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



2012年に製作されたオリジナルアニメ作品。
華道・茶道などと共に、戦車を用いた模擬戦闘を行う「戦車道」が女性の嗜みとされている世界、という斬新な設定が人気を呼び、ざまざまなメディアミックスが行われた作品です。

西住流戦車道の家元の娘であり、名門黒森峰女学園では1年にして副隊長(副部長)を務めるほどの腕前を持った主人公・西住みほ。

しかし全国大会決勝で自身の判断から11連覇を逃し、戦車道を辞める決意をし、部のない大洗女子学園へと転入してきた。

しかし、生徒会会議において、今後は戦車道に力を入れていくことに決まり、みほは入隊するように圧力をかけられ…。

「萌え+ミリタリー」という一見相反する要素を見事に調理した作品です。
設定の斬新さに対して、「過去のトラウマを抱えた主人公が仲間と共に成長し、困難と向き合う」という王道的な展開がまさに青春ドラマで感情移入必至。

知らない人を置き去りにしないながらも緻密に描き込まれた戦車の設定と相まって、独特の味わいを感じさせてくれます。

19位 キャプテン翼(2018)|海を越え世界中にブームを巻き起こした人気作品



日本のみならず世界中で愛読され、著名なプロサッカー選手もファンを公言するほどの人気マンガ「キャプテン翼」のアニメ化作品です。

人気作品だけあり何度もアニメ化されていますが、2018年版は設定を現代と違和感がないように変えながら、ストーリーは原作を忠実に再現したものとなっています。

主人公の天才サッカー少年・大空翼が若林源三、日向小次郎といった好敵手と切磋琢磨しながら、最終的に力を合わせて各国の強豪たちと戦うという非常に王道的なストーリーです。
当時の流行りであった「辛く苦しい試練を乗り越えて成長する」というスポ根的な要素は少なく、むしろスポーツの素晴らしさや結束することの大切さを爽やかに描いたところがポイント。

アニメとの相性も抜群で、各キャラクターの持つ多彩な必殺技が抜群の演出によって再現されています。スポーツに青春を捧げた全ての人に観てほしい名作。

18位 すのはら荘の管理人さん(2018)|おねしょたラブコメ決定版!

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



マンガ家・ねこうめの原作である4コママンガをアニメ化した作品。
かなりきわどい設定・描写が多いため、アニメ化そのものが不可能と思われていた作品でもあります。

静岡県から単身上京してきた少年、椎名亜樹。
女性と間違われるような外見から同級生にからかわれることが多く、「男らしくなる」という目標のため東京で一人暮らしをはじめることとなる。
棚町中学校の学生寮「すのはら荘」に入寮することになった亜樹。

いたずら好きで家庭的、大人の包容力全開の管理人・春原彩花と女性の先輩ばかりに囲まれた亜樹は果たして男らしさを手に入れることができるのか…。

いわゆる「おねしょた(年上女性と少年の組み合わせ)もの」の王道的展開の作品です。
男女ともにそれぞれに別視点からファンが多いこともこのジャンルの特徴で、本作もそれを意識して作られています。

ほのぼの展開ながらきわどい描写、コミカルながらたまに人間関係の核をつくような奥深いセリフがみどころ。甘い青春アニメが好きな方はぜひ。

17位 黒子のバスケシリーズ(2011)|天才が5人同時にいた世代は「キセキの世代」に幻の6人目

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



藤巻忠俊原作の人気作をアニメ化した本作。高校バスケットボールを題材にしたスポーツ青春アニメであるものの、非現実的な必殺技の数々からバトルものとしても楽しめ、登場人物たちの個々の人気も高く「キャラクターもの」としても楽しめることがポイントです。

バスケットボールの超名門・帝光中学校。
全中3連覇を誇る同好の輝かしい歴史の中でも史上最強といわれた「キセキの世代」。

一人を獲得するだけで全国レベルが確定とされる彼らには一つの奇妙な噂があった。
「キセキの世代には幻の6人目が存在する」と。

創設2年目ながら全国制覇を目指す誠凛高校に入学してきた黒子テツヤと火神大我。
アメリカ仕込みのパワーとテクニックを併せ持った火神、そして不可思議な力を持つ黒子。
誠凛高校とキセキの世代の戦いが始まる。

純粋に映像を観ているだけで楽しめる作品です。
ストーリーもライバルたちとの戦いを通じて成長していくという展開で安定感バツグン。

スポーツ好きでなくても楽しめる圧倒的な演出がみどころです。

16位 テニスの王子様(2005~)|テニスの天才少年がライバルとの対戦を通じて成長する

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



許斐剛によって週刊少年ジャンプに連載された人気マンガをアニメ化した作品。
キャラクター人気が高いこと、高校テニスをテーマにしながらもファンタジー色の強い必殺技の応酬でバトルものとしても楽しめることなど、ある意味「黒子のバスケ」と同じような魅力を持つ作品です。

また、後編に行くに連れ各キャラの強さがインフレ気味になり、超必殺技の打ち合いになります。
これが時折滑稽に映ることがありますが、製作者側が狙っているフシがあり、シュールなコメディを観ているような感覚で楽しめるのも特徴的。

アメリカのテニスジュニア大会で4連覇した天才・越前リョーマが名門、「青春学園中等部」に入学し、先輩や他校のライバルたちと渡り合っていくさまを描くストーリーです。

「仲間とのきずな」「手に汗を握る展開」と青春スポーツもののツボをきっちり抑えた名作です。

登場キャラが個性的かつ魅力的なので、「推しメン」を作って応援するといった楽しみ方もアリ。

15位 フルーツバスケット 1st season(2019)|古いしきたりで縛られた草摩家の呪いとどう向き合う?



「花とゆめ」誌上で2006年まで連載された高屋奈月の人気作品をアニメ化した本作。
2001年にもアニメ化されていますが、いくつかの設定がカットされ、原作が途中なこともあり独自のストーリー展開でした。

対して2019年に製作された新シリーズでは高屋奈月を総監修に迎え、ストーリーや設定などを原作に忠実に再現しながらも、高屋の要望によってあえてキャラデザインを原作とは違う雰囲気にするなど強いこだわりを持って作られた作品です。

女子高生の主人公・本田透は幼い頃亡くした父に次いで、母親までも事故で亡くしてしまう。
途方に暮れながらも一人で生きることを余儀なくされた透は、ある山でテント暮らしをはじめるが、そこは同級生・草摩由希とその一族が所有する土地だった。

紆余曲折を経て草摩家に居候させてもらうことになった透だったが、草摩一族にはある秘密があった…。

今でこそスタンダードになった「逆ハーレムもの」「妖怪・歴史もの」のはしりとなった作品…かと思いきやそれだけではなく、登場人物達の温かい心の交流に思わずウルッとくる場面も。

ハートフル+ラブコメ、どちらかに引っかかったらぜひ観てほしい作品です。

14位 かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019)|天才的頭脳を持つツンデレ二人は恋愛をどう成就させるのか?



週刊ヤングジャンプで連載中の赤坂アカの原作をアニメ化した作品です。
世界有数の巨大財閥の令嬢で容姿端麗の天才・四宮かぐやと超名門・秀知院学園では数少ない一般階級の出自でありながら全国模試でもトップを争うほどの天才で生徒会長の白銀御行の恋愛模様を描いた学園青春ラブコメ。

将来のエリートたちが集まる超名門・秀知院学園。その中でも超巨大財閥の長女で万能型の天才・四宮かぐやと、歴代で3人しかいない混院(中途入学)で生徒会長を務める天才・白銀御行の名を知らぬものはいなかった。

実は2人は互いに惹かれ合っているものの、極度なプライドの高さが邪魔をして全く素直になれない。
いつしか2人は「相手をいかにして告白させるか」に全能力を注ぎ込むことになり…。

超人的な能力を持ちながら天然なかぐやと、高い知能を持ちながらも弱点だらけの御行のやりとりがただただ面白い名作。

頭脳バトルから徐々に極度のツンデレ同士の意地の張り合いになっていく展開も見事で、(これほどではないにせよ)素直になれなかった青春時代を思い出させてくれるラブコメ作品です。

13位 ぼくたちは勉強ができない(2019)|個性的な「できない娘」達と教育係の高校三年生



週刊少年ジャンプで連載中の筒井大志の作品をアニメ化した本作。
努力家で真面目な主人公・唯我成幸(ゆいがなりゆき)が2人の天才・緒方理珠と古橋文乃の教育を任され奮闘する姿を描いた青春ラブコメアニメです。

一ノ瀬学園の高校3年生・ 唯我成幸は貧しい家庭に育ち、大学進学費用を全て学校側が負担する特別推薦枠の取得を目指し日々努力をしていたが、理系科目には緒方理珠、文系科目には古橋文乃という2人の天然型の天才がおり、前途は困難だった。

ある日、成幸は条件付きで特別推薦枠の取得を許可される。
その条件とは、得意科目とは真逆の大学を志望する2人を大学に合格させるところだった。

登場人物の弱点を逆手に取ったキャラ付けが非常にうまい作品です。
個性豊かな彼女らに振り回されながらも共に成長していくさまは、まさに青春。最近落ち込んでいる方にはぜひ観てほしいところです。

12位 はねバド!(2018)|青春バドミントンストーリー開幕

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



濱田浩輔によるマンガ作品をアニメ化した本作。
主人公・羽咲綾乃と北小町高校のメンバーが衝突しながらも成長していく姿を描いた本格青春スポーツアニメです。

連載当時、やや「萌えアニメ」的な要素があったものの途中から徐々に本格スポーツ路線へと移行。
アニメ版では現在のスポーツ路線を踏まえて序盤の展開を再構成していることが特徴です。

北小町高校主将の荒垣なぎさは、ある日バドミントンの全日本ジュニア選手権で若干中学3年生の少女に完封される。
自信を失ったなぎさは半年後、3年生になってもスランプから抜け出せず、焦っては周囲に当たるという悪循環に陥っていた。

ある日テニスの部活見学にやってきた少女見てなぎさは衝撃を受ける。

彼女こそ半年前になぎさにトラウマを植え付けた天才・羽咲綾乃だった…。

バドミントン独自の「限られた面積の中での驚異的な運動量とスピーディーな展開」という魅力を上手く表現している作品です。

過酷な練習と時には暴言ともいえるぶつかりあいに、彼女たちの本気が垣間見えます。青春ならではの圧倒的なエネルギーを感じたい方はぜひ。

11位 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない(2018)|嫌い!大嫌い…でも、でも…好き



鴨志田一によるライトノベル、青春ブタ野郎シリーズの第1巻~6巻の序盤までをアニメ化した本作。

ネット上の噂の域を出なかった都市伝説「思春期症候群」を実際に発症した人々の交流を中心に描いた青春ドラマ+SFファンタジーです。

思春期症候群。それは不安定な精神状態によって引き起こされるさまざまな不思議な現象を指す言葉。
高校2年生の主人公・梓川咲太(あずさがわさくた)は、ある日図書館でバニーガールの姿をした女性・桜島麻衣と出会う。
彼女の正体は活動休止中の女優、にも関わらず周囲の人は彼女の姿が見えていないようだった。

不可思議な現象に咲太は戸惑う。「見えていないのか」「見えないことにされているのか」…。

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」のオマージュと思われるタイトル、冒頭に「シュレディンガーの猫」の話が出てくるなど、自己の存在意義や証明について哲学的なテーマを含んだ作品です。

「なぜ生きているのか」ということに悩んだ思春期の雰囲気を精密に描写していて、青春時代の苦くも甘い感情を思い出させてくれるでしょう。

10位 ダイヤのA act II(2019)|目指すは甲子園の頂点のみ!



週刊少年マガジンで好評連載中の寺嶋裕二の「ダイヤのA」。
主人公・沢村栄純と青道高校のメンバーが試練を乗り越えながら成長していく姿を描いた青春スポーツものですが、学年が上がって2年になったシーンがactⅡです。

秋の大会で見事優勝を果たし、春の選抜高校野球大会に出場を決めた青道高校。
1回戦・2回戦とエース、降谷暁を中心に成長した姿を見せ、ベスト8まで進出する。準々決勝の相手は昨年夏の甲子園で優勝し、怪物・本郷政宗を擁する巨摩大藤巻高校。

降谷は本郷と互角に近い投げ合いを演じるも打線がほぼ完璧に封じられ、0-2で敗れる。

エースを目指しより高みへと進もうとする降谷。一方、その試合をベンチで観ていることしかできなかった栄純は…。

1年の時は先輩に引っ張られていた栄純たちが、徐々に上級生としての自覚を持ちはじめ能力的にも開花して行くのが最大のみどころ。
さらに成長に伴って葛藤や悩みも深くなり、精神的な部分も前作を比べて細かく描写されています。

青春スポーツアニメの決定版。前作とあわせてぜひ。

9位 3D彼女 リアルガール(2018)|オタク少年が3D美少女と付き合う!?



デザートに2016年まで連載された那波マオの同名の作品をアニメ化した本作。
ゲームやアニメが好きないわゆるオタク青年・筒井光が良くも悪くも女性らしいヒロイン・五十嵐色葉とふとしたきっかけで付き合うことになり、2人の恋愛模様を描いた正統派学園青春アニメです。

ゲーム・アニメなどのサブカルをこよなく愛し、共通の話題を持つ友人以外とはほとんど関わることのない主人公・筒井光。
ある日、容姿端麗で異性にモテるが、あざとい面もあり同性受けが最悪なヒロイン・五十嵐色葉から唐突に交際を申し込まれる。

これは遅刻への「罰ゲーム」だったが、光の人間性に興味を持ち、色葉の転校までの半年間限定で実際に付き合うことになる…。

タイトルからファンタジックな内容かと思いきや、実際は王道的な青春ドラマです。
主人公の光の思春期独特の臆病さや繊細さ、色葉の周囲への過剰な自意識から素直になれない様子がとても繊細に描かれていて、癒やされつつも忘れてしまった大切なことを気づかせてくれる作品です。

青春時代の不器用で純粋な恋愛模様に惹かれる方はぜひ。

8位 グラゼニ(2018)|グラウンドには銭が埋まっている!



週刊モーニングにて好評連載中の同名作品をアニメ化した本作。

野球というスタンダードな題材をセレクトしながらも、主人公はエースでもないワンポイントリリーフであること、プロ野球の華やかさよりも厳しさや世知辛さなどにスポットを当てたいわば「サラリーマンの青春」的な視点が特徴の作品です。

主人公・凡田夏之介は神宮スパイダースに所属する中継ぎ左腕。
年俸は8年目で1800万円と、決してクビ寸前ではないものの一流選手とは呼べない評価だった。

自分の肉体への投資や関係者との交流で何かとお金がかかるプロ野球選手。
セカンドキャリアで年収100万円代になった元プロ野球選手を知っていることもあり、どうにか活躍して年俸を上げたい夏之介。

チーム事情によりさまざまなポジションをこなす便利屋の彼の行先は果たして…。

「生活感あふれるプロ野球もの」としてサラリーマンからの評価も高い作品です。
一つ一つのエピソードが綿密な取材に基づいて描かれているため、現役プロ野球選手の隠れた苦悩に共感必至。

ほのぼのとしたタッチで必要以上に重くなくコメディ色も強いので、明日への元気が湧いてくる作品でもあります。

7位 サマーウォーズ(2009)|現実世界を一変させてしまった謎のアバター「ラブマシーン」



2009年に公開された長編アニメーション作品「サマーウォーズ」。
主人公・小磯健二がひょんなことから憧れのヒロイン・篠原夏希の田舎に行くことになり、そこで巻き込まれた「ラブマシーン」によるサイバーテロ事件に立ち向かうさまを描いた青春ドラマ。

映画はロングランヒットとなり、メディア販売数でもさまざまな記録を持つ人気作です。

内気な性格だが極めて高い計算能力を持った高校2年生・小磯健二。彼はあらゆるネットインフラを統合する仮想世界・OZの保守点検のアルバイトをしていた。
ある日、健二が密かに憧れるヒロイン、篠原夏希から「彼氏のふりをして実家についていく」というアルバイトを持ちかけられる。

夏希の実家に行ったその夜、健二あてに暗号が書かれた謎のメールが送信される。
軽い気持ちで回答した健二だったが、それによってOZはハッキングAI「ラブマシーン」に乗っ取られてしまう…。

仮想世界のデジタルスペースで起こる問題に、人脈を駆使したアナログ的な手段を用いて解決しようとするという対比が非常に美しい作品です。

SNSなどを通じて簡単に繋がれるようになった現代人の私達に、「人とつながること」の大切さを思い出させてくれるハートフルドラマ。

6位 オオカミ少女と黒王子(2014)|同じ学校に通うイケメン・佐田恭也に彼氏役を頼んだのが間違いだった!

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



別冊マーガレット誌上で2016年まで連載された、八田鮎子のマンガをアニメ化した本作。
友達に合わせるために嘘をつく癖のある主人公・篠原エリカと、学校中の女子から絶大な人気を誇るが実は腹黒の佐田恭也が巻き起こすドタバタ青春ラブコメです。

高校一年生の主人公・篠原エリカは友達に合わせるために架空の恋愛話をでっち上げているが、実は恋愛の経験すらも全くない恋愛初心者。
友達に突っ込まれ嘘がバレそうになったエリカは街で見た美形の青年をこっそり撮影し、自分の彼氏だということにしようとする。

しかし彼は王子と呼ばれる程のイケメンであり、成績優秀でスポーツ万能な学校中の女子の人気者・佐田恭也だった。
彼はエリカの彼氏のふりをしてほしいという願いを受けるが、実は超絶ドSで…。

いわゆる「ツンデレ」「壁ドン系」が好きな方はストライクゾーンど真ん中の作品です。

この手のジャンルは男子はもちろん、振り回される側=女性側にも感情移入できるかどうかがポイントですが、エリカの実直で物怖じしない、やや天然な性格も作品とベストマッチ。

少しづつ進展していく2人の恋愛関係がみどころです。

5位 メジャーセカンド(2018)|2人の2世選手、年たちの運命が動き出す!

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



大ヒットした満田拓也のマンガ「MAJOR」の正統的な続編をアニメ化した本作。
MAJORの主人公・茂野吾郎の息子、茂野大吾が父と同じようにプロ野球選手を目指し、成長していくさまを描いたスポーツ青春ドラマです。

かつてメジャーリーグで輝かしい成績を残し、40歳を過ぎても独立リーグでプレーする茂野吾郎を父に持つ主人公、茂野大吾。
父の姿に憧れプロ野球選手を目指す大吾だったが、偉大すぎる父の影に囚われ、野球をあきらめてしまう。

無気力な生活を送る大吾の前に、かつて吾郎とバッテリーを組んだ名捕手・佐藤寿也の息子、佐藤光が現れる、同じく偉大な父を持ちながらも野球を愛する光との出会いは、大吾を少しづつ変えていく…。

前作の主人公の吾郎は、最初から抜きん出た能力を持ったヒーローでしたが、今回は技術的にも未熟でコンプレックスを抱えた大吾がどのように成長していくのか、という視点で描かれています。

その分悩みも切実で共感しやすく、だからこそ乗り越えた試練を乗り越えていく大吾の姿に感情移入必至。親子で観るのもおすすめの作品です。

4位 時をかける少女(2006)|タイムリープ能力を持ってしまった女子高生のSFジュブナイル

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



「ライトノベルの元祖」ともいわれる同名の小説を原作に映画化したアニメ作品。
SFの大家・筒井康隆には珍しい少年少女向けの作品です。

原作にはなっていますが、アニメの舞台は20年後を描いたものであり、続編的な立ち位置です。

倉野瀬高校の2年生・紺野真琴はある日だれもいないはずの理科室で人影を目撃する。
追いかけようとした瞬間、不思議な感覚に囚われ昏倒してしまう真琴。

仲間にそのことを話すが信じてもらえず、その日の下校中に電車に轢かれそうになる。
死を覚悟した真琴だったが、時間を操るタイムリープ能力が発動する。

最初は半信半疑の真琴だったが徐々に味をしめ、個人的な欲求を満たすために能力を使うが…。

「サマーウォーズ」と並ぶ細田守監督の傑作。
時間を移動できるというSF要素を、思春期特有の繊細な感受性と見事に結びつけることに成功した作品です。全編に漂う甘酸っぱい空気感、果てしなく続くようで過ぎ去ってゆく夏の香り。

「青春」という空気を映像化するとこうなる、という見本のような作品です。

3位 タッチ(1985)|永遠の名作!「男2人+女1人」の行く末は?



1980年代に連載され、社会現象を巻き起こした不朽の名作「タッチ」。

老若男女問わず時代を越えて未だに人気が高いあだち充の原作をアニメ化したのが本作です。
双子の兄弟、上杉達也と和也、そして幼馴染の浅倉南を中心とした人間模様を描いた学園青春ラブコメです。

成績優秀で野球部のエース、真面目で努力家、女子生徒の憧れの的である弟、上杉和也。対して顔以外全て正反対のいい加減な兄、上杉達也。

幼馴染で校内の人気者、浅倉南と幼い頃から共に育ち、成長によって少しづつ変化しはじめたそれぞれの気持ちに戸惑いながらも、変わらない関係を維持していた。

3人は高校生になり、同じ明青学園に進学。夏が来ようとしていた…。

登場人物たちの心情がシンプルかつ繊細に伝わってくるセリフが最大の魅力です。
ある悲しい事件を切っかけに初めて真剣に打ち込むものができた達也の成長と、それゆえの苦悩がリアルに伝わってくる作品です。

青春ラブコメの原点にして頂点といってもよい名作中の名作です。

2位 けいおん!(2009)|バンドやろーよ!



2007年より「まんがタイムきらら」上にて連載されていた、マンガ家・かきふらいによる4コマ作品をベースにアニメ化した本作。

業界屈指の実力派「京都アニメーション」が製作を手がけ、社会現象になったことでも有名です。
廃部寸前の軽音部に入部した4人の女子高校生のバンド活動や日常生活を描いた青春アニメ。

桜が丘女子高校に入学した田井中律は、軽音部の入部見学に幼馴染の秋山凛と共に向かうが、前年に部員が全員卒業したため、廃部になることを知る。部を存続したい律はまず凛を半ば強制的に入部させる。

続いて合唱部と間違えて訪問した琴吹紬も2人の人柄を気に入り入部に同意する。
存続条件の4人まであと一人となったところに、平沢唯がやってくる。

彼女は全くの初心者で「軽音」を「簡単な音楽」だと勘違いして入部をしようとしたのだった…。

いわゆる萌系の王道的なスタイルをとっていますが、何気ない日常を飽きさせることなく丁寧に描いているのが本作のポイント。
それゆえ音楽自体がわからなくても、部活独特の共有感、連帯感を強く感じられ感情移入必至です。

とはいえ彼女たちの使用楽器が在庫不足になるなどの現象を巻き起こし、演奏シーンのクオリティもみどころ。

1位 君の名は。(2016)|自分が男の子になった夢を見る女主人公と、自分が女子高校生になっている夢を見る男主人公



「秒速5センチメートル」や「言の葉の庭」など、淡く切ない空気を切り取る能力がバツグンの新海誠監督による長編アニメーション映画です。

東京に住む男子高校生・立花瀧と、岐阜県の田舎町で暮らす女子高校生・宮水三葉の関係を中心に描く青春ドラマ+SFファンタジー。

都心に住み、神宮高校に通う2年生、立花瀧。ある日瀧が目覚めると姿は女性になっており、見たこともない田舎町にいた。

一方で宮水三葉にも真逆の同じ現象が起こっており、それぞれ「不思議な夢」と感じながら一日を過ごす。それ以降、たびたび「入れ替わり」に遭遇する2人。

夢ではなく現実の誰かの生活を生きていることを知り、どこかで楽しんでいた。
だが、ある日を境に入れ替わりが起こらなくなり…。

ファンタジックな謎を提示する冒頭の引き込み、コメディとシリアスのバランス、超常現象を無理のない範囲で使った設定、登場人物の心理描写、
先が読めず心を鷲掴みにされる展開と、全ての要素が完璧と行って差し支えない作品です。

ある種ものすごくポップな作品ですが、あとに残る甘酸っぱさや少しの寂しさは青春そのもの。
と同時に明日への活力ももらえる名作です。

まとめ


爽やかで透明、ほろ苦くも甘い。ただ生きているだけで楽しく、また辛かった青春時代の空気感を詰め込んだ珠玉の作品たちをセレクトしてご紹介してきました。

この手のジャンルはある時期にどっぷりと集中的にハマりたくなるもの。

dtvでは青春アニメの配信数が特に多く新作も観られます。
定額のため料金や手間を気にせずたっぷり楽しむことができるので、この機会に是非登録してみてください。

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
TOP