※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

戦争を題材にしたアニメは数多くあります。

地球を舞台にしたリアルな戦争ものから宇宙規模に発展するファンタジーなものまで様々です。

特に有名なものでは巨大ロボットに乗って戦うものもあり、戦争アニメといってもバリエーションは数えきれないほどあります。

今回はそんな戦争アニメをランキング式で紹介していきます。

戦争に興味がある人におすすめなだけではなく、戦争を知らない人にもおすすめできる作品もあります。宇宙物から小さい世界でのものまで全てまとめたランキングになっています。

【20位】銀河英雄伝説 Die Neue These

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



遥か先の遠い未来、人類は宇宙空間に出る事に成功しました。
そして広大な宇宙では2つの国に分かれ戦闘行為を繰り返し行っていました。
その2つの国は長い間戦い続けているうちに変化が起きていきます。銀河帝国の組織の中には考え方が腐敗した貴族たちが登場するようになりました。

さらに民主主義による政治を行っている自由同盟でも問題も浮き彫りになっていき、2つの国は外からも内側からも疲弊して行くことになります。
そんな時2人の天才が登場し歴史は一気に進展していく事になります。ラインハルト、そしてヤンの2人は国を大きく変える戦いに身を投じていきます。

見どころはラインハルトとヤンの圧倒的なカリスマ力と、戦闘時の駆け引きです。
勝ち続けることの難しさ、そして絶対負けないことの難しさを2つの視点から描いていきます。
大きな立場を得てしまった天才たちのぶつかり合いだけでなく、影響を受ける国の動きにも注目です。

戦争アニメとして有名な銀河英雄伝説は、宇宙規模での政治や、多数登場するかっこいいキャラクター達が繰り広げる熱い戦争ものです。

1982年から続く歴史のある作品であり、コラボ等も多くありました。長い歴史を持ち、2つの視点から描かれる戦争ものを観たい人におすすめです。

【19位】エリア88



ベトナム戦争が終結した世界、ある王国では凄腕のパイロット達が集結した組織がありました。
それはアスラン王国に所属するエリア88と言う集団で、人種の区別なく戦い続ける傭兵団でした。
報酬を受け取るために命を賭けるメンバーは、任期が終わるか死ぬまで戦い続け、逃げる事は禁じられていました。

この物語の主人公は、親友に裏切られエリア88に所属することになってしまった風間真です。
風間はセンスあふれるパイロットであり、仲間たちと協力しながらも日々を生き延びていました。
風間はエリア88の中では珍しく、富や名声に興味はなく日本に帰る事だけを目標としていました。

見どころは戦闘機たちが繰り広げるドッグファイトです。躍動感に満ちた戦闘機は非常に心に来るものがあります。
さらに登場人物達の心の在り方や、生きるために必死になる姿など戦争ものとしてだけでなくヒューマンドラマとして観る事も出来ます。

親友に裏切られても腐りきることなく戦い続ける風間。そして彼と共に空を飛ぶ仲間たち。
地獄の中に居ながらも決して希望を失うことなく戦う傭兵たちの生きざまはある種の爽快感すらあります。
未来を信じ戦う傭兵たち、戦闘機のドッグファイトやリアルな心理描写を観たい人におすすめです。

【18位】戦国BASARA



史実である歴史を元にした作品ですが、キャラクター達の個性を強く引き立てています。

戦国時代の実在の人物を参考に作り上げたキャラクター達は、6本の刀を使って戦ったり、ロボットの見た目になっていたりと様々な変化をしてプレイヤーや視聴者を楽しませます。

ひたすらに爽快感を求めて作り上げられたという本作品は、能力によって数多くの敵たちを吹き飛ばしていきます。

さらにアニメ化にあたり多くのシリーズが作られ人気作品としても注目されていました。
史実を使い荒唐無稽で面白おかしくアレンジされた作品は多くの人に認められるに至っています。

見どころは個性あるキャラクター達です。伊達政宗は6本の刀を使い戦い、真田幸村は2本の槍を使い、織田信長は銃と剣を両方使い、と個性豊かすぎる武器を操ります。
見た目に関しても変化が凄まじく、イケメンなだけでなくロボットと化してしまった人や神父のようなキャラクターまで様々です。

ストーリー性よりもキャラクターを強調するように作られたアニメで、その知名度をさらに広げる工夫がされていました。

コラボ作品や聖地巡礼として観光客たちにも親しまれる作品になっています。
学園物制作されるほどコメディ要素もあります。戦国時代を面白おかしく観たい人におすすめです。

【17位】ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!



西住みほたちはサンダース大付属高校を破り2回戦進出を決めました。
大洗女子学園は全国大会の2回戦でアンツィオ高校と対戦します。

アニメではカットされたOVAの作品です。アニメの7話では白旗を挙げるだけという意表をつかれただけにOVA作品が発表された時、多くのファンが喜びました。

CV.33を操り強力な戦力を持っていないとされていたアンツィオ高校でしたが、重戦車を購入しているという情報を手に入れる事に成功しました。。

それを念頭に入れ特訓を繰り広げる大洗女子学園、そして実際に戦闘が始まってみると想像以上に苦戦を強いられることになります。

様々な作戦を駆使して戦うアンツィオ高校でしたが、最初は優勢でも作戦に不備があり大洗女子学園に押されて行きます。
西住みほの冷静な判断によりミスが発覚したアンツィオ高校はもう1つ作戦を発動しようとしますがこれも失敗します。そしてテレビアニメ版の7話に繋がります。

見どころはテレビアニメ版では全カットという不遇の扱いをされたアンツィオ高校です。

OVA版でしっかりとその姿を描かれました。
しかし描かれてかっこいい所が増えたかというと、愉快な部分が際立っただけとも言えます。

テレビアニメ版で放送されなかった部分を確認したい人におすすめです。

【16位】バジリスク ~桜花忍法帖~

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



忍びの世界を描いた作品。忍術を使った殺人は数多く存在し、それは世継ぎ争いにおいて凄惨を極めるほど重要なものでした。
そして多くの人間を巻き込み、愛を誓い合った人たちも関係なく散っていきました。
前作の甲賀忍法帖の10年後のストーリーです。

ある日、伊賀と甲賀では子どもが生まれました。親に似た瞳術を持って生まれた子供たちはすくすくと育ち、許嫁として一緒になる事が決まっていました。

その目論見は2つの里の力を組み合わせ、新たな力を生み出そうと画策することも含まれていました。

見どころは2人の頭領が織りなす過酷な運命です。
許嫁とされながら、後に本当の兄妹であることがわかり運命は動き出します。

忍びはもうこの世に必要とされていないとされながらも、忍びとして生きるしかない2人には重い運命が待っています。

未知の力が発現する桜花とは一体なんなのか、伊賀と甲賀の目的とは一体何だったのかなど見どころは多くなっています。

運命に翻弄されるだけでなく、抗う力を持っているからこそ悲劇を生んでしまう忍びたち。

悲しく儚いそんなストーリーを楽しみたい方におすすめです。

【15位】ガールズ&パンツァー



戦車道というものが乙女の嗜みとして知られる世界。
華道や茶道と同じように扱われ、名家も存在し雑誌でも特集が組まれたりもする戦車道。

この物語は名家に生まれながらも戦車道が1度嫌いになってしまった少女と、戦車をこよなく愛する少女達の学園コメディです。

西住みほは過去に戦車道とは何かを考え、1度戦車に乗る事を辞めます。
そして転校した先では戦車道がないと思っていましたが、突然戦車道をやらないかと言われ続けるようになります。

それは数年後、世界で戦車道の大会が行われることが決定し、どの高校でも必修とするというのが原因でした。

西住みほは迷いながらも、自分の事をかばってくれる友達のために戦車道をやる事を決意します。
見どころはリアルに描かれた戦車たちです。女子高生が乗り回す戦車ですが、細部まで細かく作り込まれ、外観だけでなく音に関してもかなりマニアックなものになっています。

戦車と女子高生という異色の組み合わせでしたが、舞台である茨城県では聖地巡礼として多くの旅行客が詰めかけるようになりました。
町おこしだけでなく、大きな変化を現実にももたらした作品です。

コメディだけでなくマニアックな戦車が見てみたいという人におすすめです。

【14位】荒野のコトブキ飛行隊

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



ある日世界には大きな変化が訪れます。
空から様々なものが落ちてきて人々の生活を賑わせる事になり、特に飛行機が与える影響は計り知れないものでした。

そしてその世界では空路による物資運搬が頻繁に行われていくようになりました。

この物語は空路の運搬経路を守るコトブキ飛行隊の物語です。
コトブキ飛行隊はある時謎の空賊達と交戦することになります。

そしてそれは始まりに過ぎず、大きな事件に巻き込まれて行くようになります。謎の組織の目的を暴き阻止するための行動を余儀なくされていくのです。

見どころは空が好きだった主人公が自分の好きな空へ葛藤する姿です。
ただ好きな事をしていただけなのに、今のままで本当に良いのかと悩む姿は戦争ものであり青春要素も感じさせます。

人の成長は降って来るものだけでなく自分自身でも決める必要があると教えてくれます。

2つの勢力による激しいぶつかり合い、富を独占しようとする政治的な動き。
戦争独特のきな臭さだけでなく人の成長を描いた作品です。戦争は綺麗ごとではなく人から奪ったり奪われたりもあると教えてくれます。

激しすぎない戦争ものを観たい人におすすめです。

【13位】機動戦士ガンダムNT



宇宙世紀として知られる機動戦士ガンダムの映画です。
題名にあるNTはナラティブと読み、ニュータイプを再定義するという意味を込めて作られた作品です。

ある時3人の少年少女達はニュータイプの能力によりコロニー落としの魔の手から多くの人を救いました。
しかしそれが目に留まり実験施設に送られることになります。

施設では子供たちがニュータイプの実験により毎日のように殺されていたため、3人は脱走を図ります。
しかし脱走により1人は捕まり施設に残されることになります。残りの2人は後悔しながらも施設から脱走を成功させます。

18年後、ユニコーンガンダムやサイコフレームは戦争を終結させたものの危険物として人知れず厳重に封印されることになりました。
一方で行方知れずだった最後の機体が地球に姿を現し、多くの事件を引き起こしていきます。時を操る力を手に入れるため人々は争いを始めます。

見どころは少年少女達の葛藤と出会いです。
3人の少年少女はガンダムに乗り、もう1度再開を果たします。暴走したガンダムのパイロットは施設に置いてきてしまった最後の1人だと知っていた2人は罪滅ぼしのためにも戦います。

新しいガンダムの映画を観たい人におすすめです。

【12位】ガールズ&パンツァー 劇場版



大洗女子学園は戦車道の全国大会で優勝することに成功します。
廃校の危機を救うためには優勝するしかないと思っていたメンバーは安心しきって学園に戻ります。
エキシビジョンマッチを行い他校との交流も深まり平穏な生活に戻れると思ったメンバー達。

しかし戻ってみると学園に入れない事態が発生します。優勝したら廃校は免れる可能性があっただけで確定ではなかったと知らされるメンバー達。

しかし生徒会長は策を思いつき1人単独行動を行います。そしてもぎ取ってきたのは大学選抜チームに勝てば廃校は免れるというものでした。

しかし条件はかなり厳しく、30台の戦車の殲滅戦。大洗女子学園には8台しか戦車がなく絶望的でしたが、全国大会やエキシビジョンで戦った仲間たちが戦車ごと転校してくるという力業により数は揃いました。そして大学選抜チームとの戦いで西住みほはもう1度指揮をとります。

見どころは駆けつけてくれた他校のメンバーとの連携です。体を張って助けてくれるメンバー達はとてもかっこよく、全ての学園に見せ場があります。映画館での放映は爆音上映と言って音響が壊れるまで続けてくれる観客動員数でもありました。迫力のある戦車道を観たい人におすすめです。

【11位】ガールズ&パンツァー 最終章 第1話



大学選抜チームを何とか倒し廃校を免れた大洗女子学園。平和な日々を手に入れることに成功したメンバー達でしたが、3年生達はこれで終わりではありませんでした。
卒業を迎えた生徒会メンバーは執行部が始動したり、大学進学に忙しかったりと変化が訪れていました。

さらには後輩たちのために尽力していた河嶋は、合格できる大学がなさそうだという事実が発覚します。それならばと大洗女子学園のメンバーは戦車道で大学合格できるように尽力することを決意します。
今まで頑張ってくれていた恩を返すために、河嶋を隊長にして戦車道の大会に立ち向かいます。

ガールズ&パンツァー劇場版の2作品目です。見どころは仲間想いの大洗女子学園のメンバー達の絆です。多くの死線を潜り抜けてきたメンバーは団結力が違います。

そして第1話という題名のように続きがあり、2話は2019年6月15日に放映される予定です。

大人気作品であるガールズ&パンツァーは、多くの人に支持されている作品です。

アニメファンやミリタリーファンだけでなく地元の人たちからも多大な応援を受けています。

アニメから始まったこの作品はこれからも躍進し続けるでしょう。テレビアニメ版以降の活躍を観たい方におすすめです。

【10位】エガオノダイカ

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



人類は新天地を求めて宇宙へと足を延ばします。そして惑星に国を建国し統治することに成功します。

その惑星の中の1つであるソレイユ王国でユウキ・ソレイユは王女になりました。
仕事をこなしながら優しい人々に囲まれて日々を過ごしていました。

しかしある日側近であるヨシュアは小競り合いが発生している隣国との国境線に向かう事になります。
そしてそこで目にしたのは既に行われていた戦争でした。

ヨシュアはユウキを守るために戦場に赴き戦いますが、大怪我をして命を落としてしまいます。
ヨシュアが居なくなったことでユウキは戦争をしているという事実を重く受け止めるようになりました。

見どころはヨシュアが死んだことにより変化するユウキの心情です。平和な世界で暮らしていたユウキ、いつもそばで一緒に居てくれたヨシュアを失った悲しみは計り知れないものがありました。戦争という重いものと戦う少女の物語は一気に動き出します。

もう1人の主人公であるステラは戦闘によって多くの人たちを失いました。そして笑顔を無理にでも作って過ごすようになります。この物語は大切な人たちを失った2人の少女の物語です。
辛い時こそ笑っている、戦争の中で大切な人たちを失った心情を見てみたい方におすすめです。

【9位】宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海



大ヒット作品の宇宙戦艦ヤマトを新しく作り直し、追加カットや視点を変えたりした特別編です。ある時人類は危機に瀕していました。

宇宙からの謎の爆弾によって地球は壊滅的な状況になり人類は滅亡寸前という状況に陥ります。しかし人類には残された希望も存在しました。

それは「ヤマト」と呼ばれる、宇宙でも移動が可能な戦艦です。
宇宙からの攻撃により壊れかけている地球を守るため、そして地球を復活させる手立てを手に入れるため「ヤマト」は宇宙に旅立ちます。
16万8千光年という超長距離を航海する名作です。

見どころは新しく作り直された美麗な映像と、追加カットによる新しい世界観です。
多くのファン達に支えられてきたこのシリーズはついに新たに作り直されました。

1974年が最初の公開であり40年近い時が経ってもその力強い魅力は失われることはありませんでした。

人類初の宇宙航海、そして異星間交流のたまものである宇宙戦艦の創造、ワープ技術、どれをとっても現代のアニメと遜色のない設定は今なお語り継がれ、リスペクトされています。

戦争というテーマを軸に、昔ながらの宇宙作品を楽しみたい方におすすめです。

【8位】トータル・イクリプス

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



『マブラヴ オルタネイティヴ』を原作とした作品であり、元々はPCアダルトゲームでした。

それを全年齢版にした作品をアニメ化したのがこの『トータル・イクリプス』です。物語は本編であるマブラヴの世界の1年程前の世界が描かれています。

スピンオフ企画として小説化し、漫画にもなりました。プロミネンス計画を実行に移す部隊が存在し、テストを行うパイロット達を描いた物語です。

月面ではBETAと呼ばれる宇宙生命体に調査隊は全滅させられていました。BETAを倒すために人類は様々な対抗策を練ります。

見どころは戦術機と呼ばれるユニットによる戦闘です。BETAとの戦闘はかなり絶望的なものが漂っていて人が簡単に死んでいきます。

可愛いヒロインだろうが何だろうがBETAの前では命の重さがとても軽くなるという所です。BETAの前では兵器をもってしても5分の戦いに持ち込むのは難しいと思わせてくれます。

仲間を失う悲しみだけでなく、紙切れの如く死んでいく仲間たち、異種間の戦争を描いた作品でここまで簡単に人が死んでいくのも珍しいと言えます。

アニメ版を見て原作が気になった方はそちらもおすすめです。絶望と恐怖の中での戦争を観たい方におすすめです。

【7位】宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟



宇宙戦艦ヤマトの劇場版作品。完全新作であり地球を回復させるシステムを受け取ったヤマトの話です。長い航行を経て目的の物資を手に入れたヤマトは地球に帰ろうとします。

そしてマゼラン銀河を出ると戦闘民族と出会い戦闘になってしまいます。戦闘をしない条件を突きつけられますが、許容できるものではありませんでした。

一刻も早く地球に戻らなくてはならないヤマトは新兵器を惜しみなく使い、窮地を脱しようとあがきます。そしてワープをすることで戦闘民族をなんとか振り切る事に成功したヤマトは、急いでいた事もあり知らない空間にたどり着いてしまいます。

見どころは戦争ものというだけでなくミステリー要素を加えた所にあります。何物かの導きによって艦は誘導され、星に不時着。星を探索すると艦と分断され、さらには過去の遺物であるはずの戦艦を発見。
そして内部には色々とおかしな点が見つかり、謎を解き明かしていきます。

戦闘を行う戦争ものという視点と、敵対していた者たちとの奇妙な友情を描きます。戦友という言葉がありますが、軍人として共同生活を行った彼らには友情が芽生え敵でも戦友になっていきます。

敵とは言え共に過ごした日々は敵愾心を薄れさせるには充分なものです。宇宙戦艦ヤマトの新しい世界観を楽しみたい方におすすめです。

【6位】機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



機動戦士ガンダムSEED DESTINYを再編集し、1人のキャラクターを視点として描かれます。
総集編として描かれる本作品は、全部で4部作となっていてボリューム満点になっています。

原作を知らなくても楽しめるように作られた最初の総集編です。

シン・アスカは戦争の煽りを受けて1発の砲弾により家族を失います。
妹が死んだことに無力感を感じ、自分が非力である事を嘆きます。
そして戦争は条約が結ばれた事によって一応落ち着いていきますが、火種が簡単に消えるわけもなく争いは続いていました。

停戦してから数年後、最高議長の会談の最中に新型のモビルスーツが盗まれ周囲は混乱に陥ります。
犯人は軍に所属することになったシンであり、モビルスーツを取り返すためにアスランは量産型の機体に乗り込みますが返り討ちにあい避難することになります。

英雄である少年たちと、戦争により家族を失った少年たちの悲しい激突を描いた作品です。
見どころは総集編となり、良いとこどりをしてまとまっている所です。原作のアニメを見ていなくても十分に世界観を楽しめます。

時間がないけどアニメをみたい、そんな方におすすめです。

【5位】フェアリーゴーン



現在も続いているアニメ作品で、2019年10月から2クール目が確定しています。

この世界には妖精と呼ばれる力を持った存在が居ました。
妖精たちは動物たちに憑依する事で力を発揮しますが、その憑依した動物の臓器を人間に移す事で人間も妖精の力を使う事が出来るようになります。

臓器を移された人たちは妖精兵と呼ばれ戦争の兵器として活用されるようになりました。
しかし戦争が終わると行き場がなくなってしまい、裏稼業の仕事をするようになります。

マフィアやテロリストとして活動する元妖精兵。そして妖精と出会う事になる主人公マーリヤ。戦争終結後の人物達の生き方を描いた物語です。

見どころは新たに妖精兵になってしまった少女の生い立ちです。
通常動物から移植が必要な妖精を、生身で取り入れてしまった主人公の過去がどういったものなのかがこの物語の謎の1つです。
特異体質というだけではなく伏線も混ぜ込まれ、何かがあると感じさせます。

妖精を使った戦争をしていて、戦争が終わるとその妖精兵たちを捨ててしまう国のあり方は非常に不安定に感じます。
利用するだけ利用するという考えが戦争を引き起こしたため、復讐に燃える妖精兵たちが登場するのも仕方ないと思えます。

すこし変わった超能力戦争アニメを見たい方におすすめです。

【4位】機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



テレビで放映された『機動戦士ガンダムSEED』を新しく構成し、追加カットも入れた総集編です。
全部で50話あった本編を3部作にまとめ上げわかりやすく作られています。本編を見逃してしまい、50話全部見る余裕がなくても大丈夫なように再構成されています。

ストーリー自体はほとんど同じ作りになっていますが、時間の都合によりカットされたり追加カットにより別のシーンに差し替えられている部分も存在します。
さらには存在すらもなくなった人物もいて、原作とはまた違った楽しみ方が出来るのも本作品の見どころです。

新しい追加要素としてテレビで放映されるだけでなくDVDのみでリリースされる部分もありました。続編として作られた作品の回想シーンでは、声優の事情により声が変わったキャラクターも存在し、1人2役担当している声優もいるのも見どころの1つです。

ガンダムシリーズは人気作品であり、総集編も多く作られています。
この作品も3部作に分かれて作られました。前半2作はテレビ放映されましたが、最後の「鳴動の宇宙」だけはテレビではなくDVDのみになっています。

ガンダムSEEDをまとめて一気に観たい人におすすめです。

【3位】コードギアス 反逆のルルーシュ

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



アニメだけでなく劇場版も3部作作られている人気作品です。

ブリタニア帝国は世界で大きな力を持っていました。その力は世界を手に入れるにふさわしく、実際に3分の1程度を支配下に置いていました。日本人はその中でも特に支配され虐げられていました。

ルルーシュはそんな日本に生まれたブリタニア人で、不思議な力を少女からもらい受けました。
その力は命令を強制することが出来るというものでした。そ
の力を使い母親を殺した人物への復讐と、妹の安全を守るために影の実力者として戦う事を決意します。

見どころは友人関係でありながらも敵対してしまうルルーシュとスザクの関係性です。
迫力のあるロボットバトルも見どころで、戦争アニメでもありロボットアニメでもあり超能力アニメでもあります。様々な要素がありながらも破綻しないストーリーは見ていて続きが気になり続けます。

劇場版ではいくつかのシーンが追加されていたり、キャラクター達の疑問もちゃんと解消されているだけでなくいくつかのエピソードがカットされています。

後からみてもわかりやすいように必要な部分だけを抜き取っています。様々な要素が入り組んだ戦争ものを観たい人におすすめです。

【2位】キングダム



現在も連載が続いているロングセラー作品です。原作は漫画であり2006年から続いています。

紀元前の中国を舞台にし、戦国時代の終わりごろを舞台にした作品です。
始皇帝となる人物と主人公の活躍が描かれ、主人公は大将軍である李信になることが明記されています。

500年の長い戦争が続いた戦国時代に2人の孤児が居ました。
身分が低いながらも大将軍になる事を目指し修行をし続けていました。

そんな日々を繰り返していると孤児の1人が大臣に素質を見出され仕官することが決まります。
しかし本当の理由は影武者のための使い捨てであったことが判明し、その孤児の漂は命を落とします。

信は親友の漂が政治の道具にされてしまったことを怒り、戦争の中に足を踏み入れていきます。
反乱を見事に鎮圧することが出来た信は身分を得ていきます。

さらにその後も戦争は続き、大将軍と会話する機会もあり、敵の総大将と戦い勝ったことから将としての身分まで手に入れることに成功します。

見どころは信の成長です。親友を殺されて復讐を誓い、どんどん成長していく信の強さは肉体だけでなく心の強さでもあります。

アニメ版ではグロいシーンはぼかされて表現されていていますが迫力が衰えることなく人気アニメとなりました。戦乱の世の中を観たい人におすすめです。

【1位】この世界の片隅に



漫画原作の映画作品です。時代は昭和の初期19年の物語です。

主人公であるすずは北條の家に嫁ぎます。戦争の影響化にあるため物資が足りず、不自由を余儀なくされていました。しかしすずは明るい性格で日常をなんとか乗り切っていました。

しかし原爆が投下された時、終戦と同時にすずは大切なものを失います。
日常的な戦時下を描きながらもテンポよく進むこの作品はある種の幸福感すらも見せてくれます。

絵を描くことが趣味だったすずの描写は美しく、映画の中でさらに映画を作っているようです。

原作とはまたすこし違い、新たな視点を追加したり現実的な描写を詰め込んでいます。
原作のセリフが変わっていることについては監督が並々ならぬ情熱を持っていることを教えてくれます。感情的なセリフでありキャラクターを立てる意図であり、原作愛も感じる出来栄えです。

戦争という悲しいものがある中で、どこか美しい生き様を見せてくれるすず。
悲しいストーリーではありますが、日常の大切さを強く意識させられます。

昭和であり今とは違った生活も描写されていて実際の戦争の悲惨さを教えてくれます。
日本の戦争について興味のある方におすすめです。

まとめ



戦争を題材にしたアニメ作品をまとめました。
悲惨なものとして知られる戦争は人が忘れてはいけないものだと語られ続けています。

戦争はアニメだけでなく映画でも悲惨に、時には明るく描かれ実際に体験したものを作品化したり、想像上の物を新しい解釈で作り上げたり色々あります。

しかしその一方で戦争は日常を大切にしようというメッセージ性も強く残しています。
戦争から学ぶことは悲惨さだけではなく、日々を大切にしようと行動する事ではないかと考えることが出来ます。

アニメからでも戦争に興味を持ってみたいという方にお勧めのランキングでした。

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
TOP