※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。


いよいよ夏本番になりますが、夏と言ったらやはりホラー映画を見たくなりませんか?
ホラー映画を観れば夜一人でトイレに行けなかったり、トラウマで寝られなかったり、夢に出てきそうで心配になったりしますが、この夏は、冷っとして快適な夏の夜をお過ごし出来るはずです。

怖いだけではなく、ストーリーもしっかりと楽しんでいただける作品をあらすじや口コミなどまとめて、ご紹介していきたいと思います。
超有名な作品から最新作まで幅広くまとめましたのでお楽しみに!

洋画ホラーおすすめランキング40選!誰もが知っているあの名作もランクイン


今回は、話題のホラー映画を激選し40作品をランキング形式でご紹介していきたいと思います。
有名なあの名作や最近話題になった作品など集めてきたので、気になる作品に必ず出会えるはずです。

友達と見るもよし、恋人と見るもよし、家族とみるもよし、皆で冷っとして頂きたいです。
それでは詳しく見ていきましょう。怖すぎて泣いてしまっても責任は一切とりませんので、ご容赦くださいね!

40位 アナベル 死霊館の人形(2014)


『ソウ』や『死霊館』の監督ジェームズ・ワン製作を手がけた作品です。
今回ご紹介するのは、なんと“実在"する史上最も呪われたアナベル人形を基に描く戦慄のホラー映画です。

全世界が最も戦慄した『死霊館』の前には実在する呪われたアナベル人形の物語がありました。
「死ヌマデ、遊ンデ」『死霊館』に登場した恐怖の人形の誕生秘話が、この作品で明かされます。

ジョンが妻ミアのために用意した最高のプレゼントそれは貴重なアンティーク人形のアナベルでした。 ですが、その人形アナベルをもらった喜びも束の間、ミアたちの幸福は一転して惨劇へと変わっていく物語です。

呪いの人形と言っても、アナベルは確かに悪霊や悪魔が憑りついてはいますが「チャイルド・プレイ」のチャッキーなどのように、人形に自我があって直接襲って来るわけではなく、アナベル人形は悪霊や悪魔が立ち寄る事のできるバスの停留所のような存在です。
丁寧な良作なのでオススメです!!代表的なホラー映画の1つです。

39位 13日の金曜日PART3(1982)



誰もが知っている大人気ホラー映画「13日の金曜日」のPART3のご紹介です。

前回の惨劇の翌日、ジェイソンの引き起こした猟奇的殺人事件の全容がニュースで語られる中、ブレアーズタウンのクリスタルレイク付近にあるカフェを営む夫妻が何者かによって殺害されます。

そのまた翌日、前回の惨劇が起きたクリスタル・レイク付近の現場とは別のキャンプ場に数人の高校生達が訪れるますが、メンバーの一人であるクリスは、以前クリスタル・レイク付近で自分を襲った異形な顔の怪人の悪夢に苛まれていました。

ですが、若者達は気付いていなかったのです。
訪れたキャンプ場の納屋の中に、前回の惨劇より生き延びていたジェイソンが隠れ潜んでいたことに…。

今回の作品は、3Dで作製されているので今までの「13日の金曜日」とは、ひと味違います。
今作で初めてジェイソンはトレードマークである、あのホッケーマスクを装着すると言うお馴染みのスタイルになるので注目です。

みなさんも一度は聞いたことがある有名な作品なので、見ておかないとホラー映画好きから笑われますよ!

38位 ドント・ブリーズ(2016)



街を出るための資金が必要なロッキーは、恋人のマニーと友人のアレックスと共に、大金を持っているという噂の目の見えない老人の家に忍び込みます。

ですがその老人は、驚異的な聴覚を武器に彼らを追い詰め追いかけます。
明かりを消され屋敷に閉じ込められた若者たちは、息を殺して脱出を図りますが、果たして彼らは老人から逃げ切れるのでしょうか?

この映画は、CMや広告等で話題となり人気を集めていた為、そちらをきっかけに見た方が多数だったようです。
口コミからは、気になって見に行った方が多数で、「終始ハラハラドキドキした」、「衝撃のラストには驚いた」、など高評価でした。

注目ポイントは、脱出するまで、主人公達を老人がとにかくしつこく追いかけ続けてくるので是非注目して見て頂きたいです!
ホラー映画やお化けが、苦手な方でも楽しんで頂ける作品だと思うのでオススメできます。

低コストで作られたホラー映画ですが、その分設定が凝っており作品に没入できるので怖さも倍増です。夢の中にも出てきそうで怖すぎます!

37位 13日の金曜日・完結編(1984)



誰もが知っている大人気ホラー映画「13日の金曜日」のシリーズ第4段のご紹介です。
前回の惨劇が終わった日の夜に、大規模な数のパトカーや救急車のランプが、クリスタル湖のキャンプ場の夜を照らしていました。

警察と救急隊員によって、ジェイソンに殺された高校生やバイカー達の死体が回収され、その中には事件の首謀者であり、生き残ったクリスに頭部へ斧を叩き込まれたジェイソンの死体も含まれていたのです。

ですが、死体安置所に運ばれたジェイソンの死体が突如動き出し、検視員や看護婦を殺害。
蘇生したジェイソンはクリスタル湖に戻り、ヒッチハイカーや別のキャンプ場に訪れていた若者達、そしてキャンプ場付近に暮らす特殊メイクの才能を持った少年、トミー・ジャーヴィスの一家に襲い掛かります!

前作品で死んだはずのジェイソンがなんと蘇ってきました!
前作品より殺人の描写がよりリアルになっているようなので注目です!

36位 ヴィジット(2015)


休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟は、都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい一週間を過ごす予定でした。

優しい祖父と、料理上手な祖母と楽しい休暇を過ごしていく中で、就寝時に完璧な時間を過ごすためと、奇妙な「3つの約束」をしました。

“楽しい時間を過ごすこと”“好きなものは遠慮なく食べること"“夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと"が伝えられます。
夜9時半を過ぎ、異様な気配で目が覚める二人は、部屋の外から聞こえるただ事ではない物音に恐怖を覚えます。

彼らは、絶対に開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまうのです。
そこで二人が目にしたものとは?

ホラー映画ですが、少しサスペンスよりの作品なのでホラー映画が苦手な方でも見れる作品ではないでしょうか?
やはりハリウッド作品という事もあって「子役の演技には圧倒された!」などの口コミが多数だったので是非注目して頂きたいです!!

35位 死霊館 エンフィールド事件(2016)



ここ数年のホラーシリーズとしては、ダントツの人気を誇る作品です。
1960年以降、アメリカを中心に数々の心霊事件を解決に導いてきた、実在の心霊研究家ウォーレン夫妻のお話になります。

彼らが極秘にしてきた事件を描き、世界中に”真実の恐怖"を叩きつけた前作を遥かに凌ぐ"極限の恐怖"の舞台はロンドン北部エンフィールドです。

正体不明の音・不穏な囁き声・人体浮遊など数々の不可解現象に苦しむ少女ジャネットと4人の子を育てるシングルマザーを救うためウォーレン夫妻は再び恐怖の元凶と対峙することとなります。

前作の『死霊館』より恐怖が二重構造の凄さまじい恐ろしさだったと口コミから多数声が上がっていました。
実話を元に作成されているようなのでより怖さがまします!!

ホラー映画苦手な方にもカップルや友達と騒いで見てもらいたい作品です!
皆で見ると盛り上がること間違いなしの作品でしょう。ただし彼女の前でカッコつけたい人にはオススメしません。

34位 ライト/オフ(2016)



電気を消したら“それ”はやってきます。レベッカはある日、離れて暮らす幼い弟から思いもよらない話を聞かされました。

「電気を消すと、何かが来る。」“それ”は一体何なのでしょうか?なぜ彼女たちを襲うのでしょうか?やがてレベッカたち家族に隠された恐ろしい秘密が明らかになる時、史上最恐の一夜が幕を開けます。

この作品は、恐怖の中にも、親子や兄弟、恋人といった大切な人との繋がりを感じさせるストーリーが魅力敵で設定や演出等、ホラー映画としてもかなり良い作品と口コミからは高評価でした!YouTubeや広告等で短い時間ながら注目を集めていた作品です。

本作は、80分の短い尺で、カップルや友達とちょっと空いた時間にキャーキャー観るには最適な作品だと思います。

その際も合わせて、短編動画の鑑賞をお忘れなく!
もちろん部屋の灯りは消してご鑑賞して頂くとより楽しめる作品です!

33位 IT イット “それ”が見えたら、終わり。(2017)



ある静かな田舎町で児童失踪事件が相次いで起きていました。
内気な少年ビルの弟が、ある大雨の日に外出し、おびただしい血痕を残して姿を消したのです。

自分を責め、悲しみにくれるビルの前に現れた「それ」を目撃して以来、ビルは「それ」の恐怖にとり憑かれてしまいます。

不良少年たちからイジメの標的にされている子どもたちも、自分の部屋、学校、町の中など何かに恐怖を感じるたびに「それ」に遭遇していました。

「それ」の秘密を共有することとなったビルと仲間たちは、勇気を振り絞り、「それ」と立ち向かうことを決意します。

ホラー映画としての恐怖感もさることながら、青春映画としての完成度が高い作品です。原作者スティーブン・キングの恐怖要素とジュブナイル小説の要素がバランスよく合わさった作品で、ホラーが苦手な人でも鑑賞出来るのではないでしょうか?
ホラー映画ですが青春ドラマ等のストーリーが組み込まれているのでただ怖いだけではなく子供達の成長する姿には胸が打たれるでしょう。
続編が今年の11月に公開予定なので是非合わせて見て頂きたい作品です!

実はエイズの恐ろしさを提唱するために作られた映画だとか。
一度見た後にそのことを頭に入れて映画を見てみるとそのことに納得するかもしれません。

32位 呪い襲い殺す(2014)



全米初登場1位、4週連続TOP10入りした大ヒット作品になります。
ウィジャ・ボードとは、降霊術を用いた占いボードゲームです。日本の「こっくりさん」の欧米版と思って頂くと理解しやすいでしょう。

突然自殺した友人デビーの死を不審に思ったレーンは、友人グループを誘ってウィジャ・ボードを使ってデビーの霊を呼び起こそうとしました。

ですが、古い亡霊ボードの邪悪な力を呼び覚ましてしまいます。
実は、友人の死は単なる事故ではなく、その背景に忌まわしい存在のあったことが明らかになっていくのです。

タイトルからしてかなりインパクトがあります。作品の内容はテンポよく、85分にまとまっていて見やすいと高評価でした。
また、よくある海外の悪霊(悪魔)ものと違い、日本のホラーに近い「呪い系」なので、悪魔系が苦手な人も観られると思います。

特に、日本のホラー映画が好きな方なら尚更オススメしたい作品です。
タイトルを日本版に翻訳した人の思惑がわかりますね。

31位 地下に潜む怪人(2014)



M・ナイト・シャマランのアイデアを映像化するプロジェクト“ザ・ナイト・クロニクルズ”で密室ホラー「デビル」を手がけたジョン・エリック&ドリューのドゥードル兄弟により作製された日本未公開のホラー作品です。

巨大な地下墓地へ足を踏み入れた人々に次々と襲いかかる恐怖が描かれています。
フランス・パリの地下深くに存在する墓窟は、1785年に作られたと見られる、地上の華やかさとは裏腹な、複雑に入り組んだ巨大地下墓地でした。

探検のために訪れることになった考古学者スカーレットたちは、ガイドのパピヨンと共に迷宮に踏み込むのだが、様々な死霊が引き起こす怪奇現象に振り回されていきます。

この作品は、地下が、いわば「お化け屋敷」状態になっているので、前述した映像的面白さを堪能するという感じで楽しめるでしょう。
ダンジョン的な要素もあるので冒険物がお好きな方にはオススメの作品です!
ドキドキハラハラして映画を楽しめます。

30位 ゾンビ ディレクターズカット版(1978)

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



ジョージ・A・ロメロ監督が1978年に世に送り出し、“ゾンビ”という概念と定義を確立した記念碑的作品を最高画質のディレクターズ・カットで収録された作品です。

死体からよみがえり、街をさまよい歩くゾンビ達は、人肉をむさぼり食うゾンビに襲われた人間もまたゾンビと化し、世界中をパニックに陥れていました。

そんな中、ショッピングモールに逃げ込むことに成功したスティーヴンとピーター達でしたが、血肉に飢えたゾンビたちの魔の手はすぐそこまで迫っていたのです!!

この映画のゾンビは本当に死体が動いてるんじゃないかと思う位、リアリティがあります。
何が他と違うのかと言いますとこのゾンビには感情がないのです。

現代のゾンビとは、よく言えば動物のような感じで何かしらの意思をもって考えて動いてる感じがして″生″を感じるのですが、この映画のゾンビは″生″を感じません。
冒頭のシーンからかなり過激なシーンを見て思わず電源を落としたと言う声も上がっています!
最後まで見れるかチャレンジしてはいかがでしょうか?

ホラー映画でありながらスプラッター映画としても人気のある作品なので、グロ好きにもオススメの作品になります。

29位 パージ(2013)



年に12時間だけ、殺人を含む全ての犯罪行為を合法にする法律が定められたアメリカでは、パージと呼ばれるその日を迎えます。
ジェームズ・サンディンは、最先端のセキュリティーシステムによって保護された自宅で妻子たちと夜を過ごすことになります。

ですが、パージがスタートするや、ある男がジェームズの家に助けを求めてやって来るのです。
息子がセキュリティーシステムを解除して彼を家にかくまいますが、男を殺そうとする近隣住民が続々と集結します。
暴徒と化した彼らに囲まれたジェームズたちは反撃に挑むことになりますが…。

作品を通して人間性とはなにか、正義とはなにか、と考えさせられると思います。
法が無いと人間はこうなってしまうのでしょうか?など口コミからは、作品を通して人間への恐怖心を抱いたという方が多数でした。

全世界興行収入は、500億円越えした大ヒット作品なのでかなり期待出来る作品だと思います!

28位 ヘブンズ・ベール~死のバイブル~(2016)



1985年、カリスマ的なリーダーが率いるカルト宗教“ヘブンズ・ベール”のメンバー47人が集団自殺を図ります。

それから25年後、その凄惨な事件の唯一の生存者であるサラは、ドュメンタリー映画を作っているマギーたち撮影クルーとともに、実際になにがあったのかを究明するため事件の現場へと足を踏み入れるのです。

一行はそこで“ヘブンズ・ベール”の行動を撮影したビデオテープを発見しますが、その中には、自然を超越した奇妙な映像が収められていました。
そして撮影クルーの周りでも説明のつかない恐ろしい現象が起こりはじめます。

ホラー慣れしていない人には、かなり恐怖心がでる作品です。
ホラー好きな方ならストーリー展開の中で、盛り上がって見れると高評価でした。

カラーとモノクロの間のような絶妙な色合いで雰囲気がでていて、迫力のある音に何度もビクついたという声も上がっているので音量はいつもより大きめで見て頂くとより楽しめると思います!

27位 インシディアス 序章(2015)



高校の卒業を控えたクインは、亡くなったばかりの母の死から立ち直れずにいました。
そして、あの世の母との交信を求めて霊能者のエリーズを訪ねます。

しかしエリーズは、この仕事から足を洗ったからと一旦は依頼を断りますが、最終的にはクインに同情して亡き母との交信を試みる事になりました。
ところが、クインが母親ではなく邪悪な霊に取り憑かれていることに気づき、交信を中断してしまうのです。

タイトルにもあるように本作はこれまでの作品の前日譚となっており、主演も1作目のラストで殺されたエリーゼの方になっています。
前2作を見ているとより楽しめるので是非合わせて見て頂くとより楽しめるでしょう。

世間的な評判で言うと音で驚かせてくる古典的なホラー映画といった感じですのて、ポルターガイスト現象に近いものになります!
音量は、いつもより大きめで見るとより怖さが増してよりハラハラドキドキすること間違いなしです!

26位 ラプチャー -破裂-(2016)



蜘蛛が嫌いなシングルマザーのレネーは突如、見知らぬ男達に拉致されます。
謎の隔離施設で目覚めた彼女を待っていたのは、被験者に“生きている中で一番嫌いな物”を与え続ける人体実験だったのです。

実験を行っているのは、人の姿をしていますが、まるで感情が読み取れない奇妙な者達でした。
拘束され、動けない状態での執拗なまでの“蜘蛛攻め”の果て、レネーの体は驚愕の変化を見せ始めることになります。
観る人の自律神経を刺激する、驚愕のホラー作品です!

口コミからは、ストーリーの大部分を占める探索謎解きシーンにワクワク、ドキドキとしたなどホラー要素以外にも楽しめる部分があり高評価でした。
広告等やパッケージなどを見て鑑賞前に持っていたイメージを覆す、良い意味で裏切られる作品だと思います。

嫌いなものを与え続ける”という恐怖の実験台にされた主人公が辿る運命はどうなるのか?
ハラハラしながら最後まで楽しめる作品です!

25位 悪魔のいけにえ 公開40周年記念版(1974)



1973年8月18日。真夏のテキサスの周辺では墓荒らしが多発していて、遺体が盗まれるという怪事件が続いていたのです。
フランクリンとサリーは、自分達の祖父の墓が無事かを確認する為、サリーの恋人ジェリー、友人のカークとその恋人パムと一緒にドライブ旅行をしていました。

その途中、乗せたヒッチハイカーの男に襲われるハプニングが発生します。
車を停めて男を降ろすが、これはこの後彼らに降りかかる悲劇の始まりに過ぎなかったのです。

アメリカで1974年に初公開された映画で、日本での公開は1975年でした。かなり過激なしーんがあるのでR指定作品です。
日本においても2015年のリバイバル上映で、R-15指定作品となっていました!

公開当初はその残酷性の高さゆえに「決して観てはいけない」と学校などで告知される事態が発生し、全米各州で上映禁止処分が下った程の話題作です!
それ程怖い作品となると更に気になりませんか?

24位 ザ・リング リバース(2017)



「見た者は7日後に必ず死ぬ」と言われる“呪いのビデオ”を恋人ホルトの身代わりとなり、ジュリアは、そのビデオを見てしまいます。
彼女が助かる方法はただ一つ、「ビデオのコピーを取り、誰かに見せること」です。

しかしジュリアのビデオはなぜか複製することが出来ず、それまでには存在しなかった、新たな映像が加わっていました。
死の連鎖を断ち切るべく、ビデオに登場する新たなイメージを手掛かりに、呪いのルーツを探り、謎を解き明かそうとするジュリアとホルトが、やがて辿り着いたのは、ある少女の存在
そして彼女の抱えた深い哀しみだったのです。

日本で大人気ホラー映画「リング」のハリウッドバージョンです。
日本では「貞子」、ハリウッドでは「サマラ」という設定ですが元の構成等は同じですが、現代風にアレンジをされているので、日本の「リング」と見比べて見てみるとより楽しめるでしょう!

23位 クランプス 魔物の儀式(2015)



ヨーロッパ中部で語り継がれる伝説の魔物「クランプス」をモチーフに描いたサスペンスホラー映画です。
クリスマスイブの夜に、両親や姉と一緒に暮らす少年マックスの家に、母の妹一家がやって来ました。

サンタへの手紙を意地悪な従兄弟に取りあげられて皆の前で読まれてしまったマックスは、怒ってその手紙を破り捨ててしまったのです。
翌朝、豪雪で家に閉じ込められた彼らは、どこからか不審な物音が聞こえてくることに気づきます。

外の様子を確かめに行ったマックスの姉が戻らなくなり、さらに従兄弟も突然姿を消すなど不可解な出来事が相次ぐ中、祖母オミが衝撃的な真実を語り始め物語はスタートです。

舞台設定となる家庭環境と親戚関係が、現代のアメリカではありえるだろうなと思わせる作品なので面白いと思います!
映像は奇麗で季節感に溢れておりモンスターデザインも秀逸で高評価でした。
そこまで怖くないのでホラー映画が苦手な方でも気軽に楽しめるでしょう!

22位 パラノーマル・アクティビティ(2007)



一組の若いカップル、ケイティとミカは深夜に起こる不可思議な出来事にを突き止めるため、ビデオカメラを設置し撮影することになりました。
真夜中、二人が眠りについた後、部屋では一体何が起きているのでしょうか。
そのビデオには衝撃の映像が映っていたのです。

「パラノーマル・アクティビティ=超常現象」というタイトルなので、幽霊などが出てきて怖がらせる系のホラーとは違います。
日常生活の風景が映し出される中で、ポルターガイスト現象が起きる感じですので思わず集中して見入ってしまうでしょう。

今では近年公開された劇場版と日本版続編を含め、6作出てますが全てのシリーズに関連性があるので、追って見ていくとどんどん面白さが増す作品です。
全6作品を合わせて見て頂くことでより楽しんで頂けるのではないでしょうか?
音でビクッとなるので勿論音量はいつもより大きめで見るとより怖さがまします!

低コストで作られた映画だけに、設定が作り込まれておりとても面白いです。
新感覚のホラー映画としてお楽しみ頂けます。

21位 インシディアス(2010)



「ソウ」シリーズのジェームズ・ワンが監督、リー・ワネルが脚本を手がけた作品で、「パラノーマル・アクティビティ」のオーレン・ペリが製作を担当したホラー映画です。
ある日、ルネとジョシュの夫婦は、とある古い一軒家に引越します。

しかし不審な出来事が相次ぎ、息子のダルトンがハシゴから転落して昏睡状態に陥ってしまいました。
不吉に思ったルネとジョシュはすぐに新しい家に引越す事にしますが、一家にはすでに見えない何かがとりついていたのです!

作品を見た方達は当初「また新しいホラージャンル生まれた」と今までのホラー映画とは違う何かを匂わす口コミが多数ありました。
ホラー映画が苦手な方でも最後まで無理なく見れると書かれていたので、苦手は方はまずは本作からチャレンジできるでしょう!

ストーリーや演出が良くて最後まで飽きずに見れると評価されて高評価でした。続編もあるようなので楽しみにされている方のコメントが圧倒的に多い作品です!!

20位 バイバイマン(2017)



アメリカのウィスコンシン州で、古い屋敷に引っ越して来た3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという“バイバイマン”を呼び起こしてしまいます。

それ以来、“バイバイマン”に取り憑かれた彼らはお互いに命を助け合うが、周囲の人間たちは次々と命を落としていくのです。
追い詰められた若者たちは、死の運命から逃れることができるのでしょうか?


分かりやすく説明しますと、「バイバイマンという名前を知ったら死ぬ」というお話です。
彼の名を知ってしまった以上、忘れたくなるものですが、逆にそのことを考えてしまって忘れられなくなってしまいます。

誰かに言いたくても言えない状態...その心理状態が面白い設定です!
口コミからは、「見ているこちらまで彼の名前を言ってはいけない気がしてきた」など物語の中に、どっぷりと浸かっていた方の声が多数でした。

「言うな。考えるな。」と、登場人物の思考を支配して行く緊迫感に注目です!

19位 サンズ・オブ・ザ・デッド(2015)



舞台設定は、都市部は既にゾンビで蔓延している状態です。
モリーは恋人ニックと共にメキシコに向うべく、車を空港へ走らせていました。

しかし砂漠のど真ん中、ニックはゾンビに襲われます。ひとり残されたモリーは車を捨て砂漠に逃げました。
なんとか空港へ辿り着かなくてはと必死に逃げるモリーをゾンビは、なんと次のターゲットに定めたのです。

こうして女1人、ゾンビ1体、広大な砂漠での追いかけっこが始まります。
作品を見ていくうちに、初めはあまり印象がよくなかった主人公のモリーに対して徐々に好印象を持てます。

そんな彼女は、たくましくもなってきて、いい女性に見えてくるので普通のホラー映画とは一味違うでしょう。
ゾンビが襲ってくると言う概念で恐怖心が湧きますが、ゾンビとモリーのやり取りが笑えた等と口コミで評価されていたので、注目です!

風変わりなランデヴーゾンビ映画ですので怖がらずに楽しんで見れる作品ではないでしょうか。

18位 サイレントヒル:リベレーション(2012)



世界中で人気のアドベンチャーゲームを、大ヒット作『バイオハザード』シリーズの製作陣が集結し映画化したホラー作品です。

18歳の誕生日を間近に控えたヘザーには幼少時の記憶がなく、父親と共にほうぼうを渡り歩く生活を送っていました。
彼女は毎晩サイレントヒルという見知らぬ街で、恐ろしいモンスターたちに追われる悪夢にうなされ続けます。

そんなある日、突然父親が自分の前からいなくなってしまい、やむを得ずヘザーはサイレントヒルを目指す事になるのです。
前作のサイレントヒルの続編ですので前作を見てから見て頂くとより楽しめるでしょう!

「まず美術さんに拍手。」そして「CGスタッフさんに拍手。」と口コミからは、高評価でした。
この物語の世界観を作り上げてビジュアルは完璧に仕上げられています。
ゲーム等をプレイした事がある方でしたらよりその世界観に浸れる事間違いなしの作品でしょう!

17位 ダークネス(2016)



「パラノーマル・アクティビティ」シリーズ等を手掛けたジェイソン・ブラムの製作の元、「インビジブル」のケビン・ベーコンと「サイレントヒル」シリーズのラダ・ミッチェルが共演したオカルトホラーです。

ある日、郊外へ家族旅行に出かけたテイラー一家の息子で、自閉症のマイキーは、洞窟で見つけた奇妙な石を家に持ち帰ります。
その日から家族の周囲で不可解な現象が続発するようになってしまうのです。

なんと実はその石には、古代の悪霊が封印されていたのでした。
それぞれに問題を抱える家族の心の隙間に入り込んでしまった悪霊を退治するお話です。

注目ポイントは、自閉症マイケルが怪現象の最中も薄笑いを浮かべているのが不気味で印象深いという口コミが、多数上がっていたので是非注目して頂きたいです!
ホラー映画ですが、あまり怖くなかったとの声もありましたので、ホラー初心者の方には持ってこいの作品ではないでしょうか!

16位 サイレントヒル(2006)



最愛の娘・シャロンが、悪夢にうなされて叫ぶ「サイレントヒル......」という奇妙な言葉を口にします。
母親のローズはその謎を解くため、シャロンを連れてウェストバージニア州に実在する街・サイレントヒルを訪れたのです。

しかし、全くひと気がなく、深い霧に覆われたその街は、一度足を踏み入れたら抜け出すことのできない呪われた迷宮でした。
そこで失踪してしまったシャロンの身を案じるローズは、おそるおそるサイレントヒルを探索するうちに、想像を絶する恐怖に見舞われていきます。

果たして、ローズはシャロンを見つけ出し、この街から脱出することができるのでしょうか?
サイレンと共に、表の世界から裏の世界に変化し 怪しいクリーチャーが襲い掛かってくるという、恐ろしい世界観に思わず引き込まれてしまうこと間違いなしの作品でしょう!

「サイレントヒル リノベーション」という続編もあるので、是非合わせて見て頂くとより楽しめます!

15位 ウィッチ(2015)



1630年、ニューイングランド。父ウィリアムと母キャサリンは、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来ました。
しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明になります。

連れ去ったのは森の魔女なのか、それとも狼なのかと頭を悩ませ悲しみに沈む家族でしたが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシンが魔女ではないかと疑いはじめました。
疑心暗鬼となった家族は、やがて狂気の淵に陥っていきます。

中盤から話が進み不気味さも増し、恐怖に襲われ、白黒映画に色をのせたような画面の薄さ、じめじめとした家族や宗教などジワジワと攻めてくる作品です。
口コミからは、不穏で静かな雰囲気の中、たまに来る恐ろしいシーンが映えて見応えがありドキドキすると高評価でした!

グリム童話や民話の原書のような人間の根底的な不気味さがリアルに描かれていて、精神的に追い詰められてしまいそうになるでしょう!

14位 呪怨 パンデミック(2006)



日本の大人気ホラー映画の「呪怨」を清水崇監督自らハリウッドでリメイクし、全米で大ヒットを記録した「THE JUON/呪怨」の第2弾です。
邪悪な怨霊“伽椰子”の呪いが海を渡って世界へと感染します。

さらに、日本版では語られなかった“伽椰子”誕生の秘密が明かされ皆さんが知らない新たなストーリーです。
日本でインターナショナル・スクールに通うアリソンは、友人と共に幽霊屋敷と噂される一軒家を訪れます。

そこに潜む怨念を呼び覚ましてしまった彼女たちは、それ以来呪われてしまうことになるのです。
音響効果で見せる恐怖演出はパワーアップし、思わず目をつぶってしまうほど怖いなど口コミでは大絶賛されていた作品でした。

病院と暗室に震え、アパートが浸食されてゆく様子に寒気等も語られていたのでこの夏冷っとすること間違いなしの作品でしょう!
日本版と合わせて見て頂くとより楽しめる作品ですので、是非見比べて頂きたいです!

13位 ファイナル・デッドコースター(2006)



「ファイナル・デスティネーション」「デッドコースター」に続き、“死の運命”から逃れようとする若者たちを描くサバイバル・ホラーの第3弾です。

ウェンディは、高校の卒業イベントでアミューズメント・パークを訪れました。
ジェットコースターに乗り込んだ彼女は、乗っているジェットコースターが事故でクラッシュする予知夢を見てパニックになります。

隣に座っていた友人のケヴィンと共に乗車を拒否した後、実際に事故が起きて乗客全員が死亡したという不気味な物語です。

「ファイナルデッドシリーズの映画はどれも面白いと思う」など口コミを見ているとシリーズのファンが沢山居ました!
このシリーズのストーリーの本筋はすべて同じであり、主人公たちがどうやって死を迎えるのかをハラハラドキドキしながら見守るという作品です。

この作品は、テンポよく進む内容なので、シリーズの中でも比較的見やすいと高評価でした!
全シリーズ制覇して頂くとより楽しめるでしょう。

12位 死霊のはらわた(2013)



休暇を郊外で過ごそうと別荘を訪れた数人の男女が、そこで見つけた“死者の書”という奇妙な本とテープレコーダーに録音されていた呪文を紐解いたために邪悪な死霊が復活したのです。

これを機に、次々と若者たちを血祭に上げていきます。体裁はアマチュア映画ですが、くどいまでの残酷描写、パワフルなショック演出とカメラワークによって世界中でたちまち話題となったホラー作品です。

ふざけてるのでしょうか?本気なのでしょうか?の境界をギリギリ跨いでは戻ってくる絶妙なシーンの連続で思わず見入ってしまうと口コミでは高評価で、五つ星中満点の意見が多数でした。
注目ポイントは、サム・ライミのクセの強い演出、否、クセしかない演出が光るところです。

ただただ怖い作品ではなく、最高にクールなホラーと評価されていました。
いつもとは、ちょっと違うホラー映画を楽しめる作品ではないでしょうか!

11位 ザ・ウォーター(2018)



悪意を持って人間に襲いかかる水の恐怖を描いたサスペンススリラーです。

友人たちがシェアして暮らすアパートへ遊びに来たサラは、邸内のプールサイドでパーティをしたことをきっかけに、突然の白昼夢や止まらぬ鼻血、異様なほどの喉の渇きなど、奇妙な出来事に次々と襲われるようになります。

やがて、アパートの住人たちがひとりまたひとりと水に囚われて消えていくのです。
そんな状況の中霊媒師さえもが匙を投げます。そこで、サラは恐ろしい悪霊にたった1人で立ち向かうことを決意する物語です。

悪霊が乗り移った水"ザ・ウォーター"が人々を襲うという斬新な設定で、主人公はこの水に対する呪いをとくことが出来るのかとハラハラします。

「もし自分の身近にあるプール等でこんな事あったら怖いな」と口コミからはトラウマ気味になっていた感想が多数ありました。

水自体私達の生活の中で欠かせない存在ですので身近でありそうだな怯えさせられる作品です!
見る際にはトイレを済ませておきましょう!

10位 ヴィレッジ(2004)



1897年、ペンシルヴェニア州のとある深い森の中に存在する小さな村は周囲から孤立していました。
村では皆が家族のような暮らしをしていたが、その暮らしを守るために作られた奇妙な掟を、村人たちは守らねばならなかったのです。

しかし、ある日のこと盲目の少女が、恋人の命を救うためにその掟を破ろうとしていました。
果たしてどうなるでしょうか?

物語終盤にかけて明かされる真実は『シックス・センス』以来の衝撃を受けたと口コミから多数意見がよせられていました。
ホラー映画ですが、「純愛恋愛」の要素が含まれていて、登場人物の気持ちの描写や、それぞれがどんな人間なのかを上手く表現しているので、感情移入しやすいとおもいます。

人間の弱さや強さ、悲しみと希望が、押し付けがましくなく描かれていて、その村で暮らす人々は純粋で、いやらしい悪意の無い世界観、どこかにあるようで無い世界に惹き込まれてしまうこと間違いないでしょう!

9位 アナコンダ2(2004)


巨大な殺人蛇の恐怖を描いて大ヒットした前作『アナコンダ』の続編です。

不老の秘薬を求め利権に群がる人間たちが密林に足を踏み込みました。
それが阿鼻叫喚の蛇地獄の始まりとも知らずに、触れてはならない聖域を犯してしまいます。

そんな彼らを待ち受けていたのは、おびただしい数の邪悪な生き物達だったのです。
欲が渦巻きお互いが疑心暗鬼になる中、容赦なく人間を飲み込んでいくアナコンダ達から果たして生き残れるのでしょうか?

初めから最後までドキドキしながらあっという間に見終えましたと高評価されている作品です。
前作品を見ていなくても充分楽しめる作品ですが、見るなら是非前作品と合わせて見て頂くとより楽しめるでしょう!

注目ポイントは、口コミから「お猿さん」というワードが多数ありましたので要チェックして頂きたいポイントです!
「アナコンダ」とはへビの名前なのに、何故お猿さんのワードが出てくるのか気になりませんか?

8位 イット・フォローズ(2014)



ある男と熱い夜を過ごす19歳のジェイでしたが、彼は突如として彼女を椅子に縛り付けて奇妙な告白をします。
それは性行為をすることで、ほかの者には見えない異形を目にするようになり、彼らに捕まると殺されてしまう怪現象を相手にうつすことができるというものでした。

さらに、その相手が異形に殺されたら怪現象は自身に戻ってくるという信じられない彼の話を聞いたジェイの運命はどうなのでしょうか?

「演出が凄くいい!」と高評価されている作品です。振り向くと怖い顔した悪魔がいたり、長い髪の女がいたりするパターンのホラー映画に飽きた人にかなりオススメ出来る作品でしょう!

遠くから一直線に無表情で向かってくる霊って新しいと思いませんか?
この作品を見てからはしばらく帰り道、遠くの方をつい気にしてしまったりなるなどのコメントもありました。

注目ポイントは、音楽や音響の使い方が絶妙と高評価されていたので是非注目して頂きたいです!

7位 NY心霊捜査官(2014)


ニューヨーク市警の刑事ラルフ・サーキは、動物園で子どもをライオンの檻に投げ捨てた女を逮捕しますが、女は何かにとり憑かれたように震えていました。

また、別の夜に逮捕した、妻に暴力をふるった男も同じ様子で、ラルフは全く別のこれらの事件を通じて、自分にしか見聞きできない何かの存在を感じ取ります。

ジョー・メンドーサ神父からは、霊を感じる能力を捜査に生かすべきだと助言されるが、ラルフ自身は悪霊や霊感といったものを信じ切れません。
しかし、それぞれの事件現場に残された「INVOCAMUS」という謎の言葉を見つけたラルフは、より一層、悪霊の存在を強く感じるようになっていきます。

物語は、中盤からは一気に一変していき、悪霊が標的を狙う一連のプロセスだったり、悪魔祓いは"5段階"を踏んで初めて成立するシーンなどホラーでここまで細かい描写に圧倒されたと高評価でした!
実話を元に作成されているようなので怖さがより増してしまう映画です。

6位 ファイナル・デッドサーキット 3D(2009)



死の運命を逃れた者たちに襲いかかる予測不可能な“死のトラップ”を描いた、人気ショッキング・ホラー・シリーズ第4弾です。
猛スピードで爆走するカーレースのサーキット場で、観客を巻き込む壮絶な大クラッシュが発生します。

スタンド席にいた若者ニックが見た予知夢のおかげで9人の男女が奇跡的に難を逃れますが、死の運命は彼らを見逃してはくれませんでした。
極限の恐怖がリアルに体感できる3D映画で全作品中でもより楽しめる作品です!

口コミからは「死ぬ順番が自分に来てしまうのは怖いけど、どうにか死なないように、友達を死なせないように頑張る主人公の勇敢なところがいい。」等と高評価でした。

「ファイナルデッドシリーズの映画はどれも面白いと思う」など口コミを見ているとシリーズのファンが沢山居るので、本作品もかなり見応えがある作品でしょう!
是非全シリーズ制覇して頂きたいです。

5位 死霊館(2013)


1971年、アメリカ・ロードアイランド州に建つ一軒家に、両親と5人の娘たちが引っ越してきました。
古ぼけてはいますが広々とした夢のマイホームに沸き立つ一家だったが、奇妙な現象が次々と発生します。

娘たちに危害が及んだことから、一家は心霊学者のウォーレン夫妻に助けを求め夫妻が周囲の土地を調べると、恐るべき血ぬられた歴史が明らかになるのです。

夫妻は一家を救おうと館に巣食う邪悪なものに立ち向かいますが、ウォーレン夫妻にパトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガが扮します。


「幽霊本体ではなく、怪現象が怖すぎる。」、「庭の遊具が暴れ回るのとか、地味ではあるけど実話だし本当に怖すぎる」など恐怖に震えた口コミが多数ありました。

登場人物視点のカメラワークは絶妙で、画面に人の背中が写り、部屋の中が全て把握できない見せ方はドキドキします。
実話を元に作成されているようなのでより恐怖心が増す作品です!

4位 ドクター・エクソシスト(2016)



ドクター・セス・エンバーは、悪霊に憑依された人間の潜在意識に入り込み除霊を行う有能なエクソシストです。
しかし、過去に妻と娘を悪霊によって殺され自身も車椅子となり、今は復讐のみを目的に生きています。

バチカンの手に負えずやってきた11歳の少年キャメロンに、取り憑いているのは彼が追い続ける悪霊“マギー”でした。
潜在意識の中では健康体で最強のエクソシストとなるエンバーはマギーとの戦いに挑んでいきます。
果たしてキャメロンを母親のもとへ無事に返すことができるのでしょうか?

ただ悪霊と戦うわけではなく、リアルな人間関係も関わってきたりと少しドラマ要素もあるので退屈することなく楽しんで見れると思います。
注目ポイントは、「夢から覚めるのに飛び降りなくては行けないシーンです」勇気がいくらあっても足りないとは思いませんか?

エクソシストですが、ホラー的要素は少なくさらっと楽しめるのでホラー映画が苦手な方にはオススメの作品です!

3位 ドーン・オブ・ザ・デッド(2004)



70年代ホラーの名作『ゾンビ』をリメイク作品です。
ノロノロ歩く古典的なゾンビと違って、『ドーン・オブ・ザ・デッド』に出てくるゾンビ達はスピードも速いので恐怖も倍増します。

その他にも随所に現代的なアレンジが施されていて、もともとの骨格がよいから、いまどきのホラー映画としても十分に通用する作品になったといえるでしょう。
また、オリジナルを知らない人々が見ても、普通に見応えのあるゾンビ映画となっています!

ドキドキ!ハラハラ!イライラ!とする作品です!
口コミからは、「もう、前のめりで歯食いしばり過ぎて歯が歯茎に埋まってしまうかと思った。」等と声が上がっていて、終始飽きることが無く楽しめる作品でしょう!

ゾンビ映画が好きな方なら是非見て頂きたい作品の1つです。
本家の『 ゾンビ 』と合わせて見て頂くとより楽しめるのでそちらも是非要チェックの作品になっています!

2位 エルム街の悪夢(1986公開版)(1984)


赤と緑の横縞セーターと鉄の爪がトレードマークの殺人鬼、フレディ・クルーガーが主役の『エルム街の悪夢』シリーズは、全部で7作あります。
人の夢に巣食う鉄の爪の殺人鬼フレディ・クルーガーと少女の死闘を描いた傑作ホラー映画です。

眠ったが最後、夢の中で殺されると本当に死んでしまうというフレディの絶対的なパワーは、その風貌や惨殺のビジュアルと相俟って圧倒的迫力を生み「13日の金曜日」と共に80年代を代表するヒット・シリーズとなりました。


夢の中の殺人鬼という設定だけでも面白いのに、夢だけに何が起こるかわからない何でもありな感じで、良い意味で安心できないのがこの作品の魅力でしょう。

注目ポイントは、あの大人気俳優のジョニーデップさんのデビュー作なのでかなり期待して見れると思います!

「13日の金曜日」のジェイソンと対決する別作もあるのでシリーズだけではなく、そちらも要チェックして頂きたい作品です!

1位 ジグソウ:ソウ・レガシー(2017)


2004年の第1作以来、世界中の人々を震え上がらせてきたホラー『ソウ』シリーズの新章作品です。
ある日ある街で、おぞましい死体が次々と発見されます。

その常軌を逸した状態から、かつてジグソウという名で多くの人間を死に追いやったジョン・クレイマーの存在が警察の捜査で浮かび上がりました。

しかし、彼は十数年前にこの世を去っていたのです。
ジグソウに後継者がいたのか、彼に心酔する者による犯行なのかと、さまざまな推測が飛び交います。

序盤のつかみから中盤にかけて ソフトに感じますが、中盤から後半にかけてのたたみかけにSAWが帰ってきた感で大興奮し、ぐいぐいとその世界観に引き込まれていくでしょう!
口コミからは、原作のファンが多く今回の作品も大絶賛されていて、「次回作が出る事を期待!」などと高評価されていました。

シリーズ化されている作品ですので是非全作品を合わせて見て頂くとより楽しめるでしょう!

まとめ

今回は話題のホラー映画を激選し40作品をランキング形式でご紹介していきました。

何か気になる作品はいくつか見つかりましたか?シリーズ化されている作品も多数あるので、是非これを機に合わせて見て頂くとより楽しめるでしょう!

いよいよ夏本番ですので、今年の夏はホラー映画を見て冷っとして涼んで暑い夏を是非乗り切りましょう!
見る際にはトイレ等は、済ませておくことをオススメします。

ホラー映画の後のトイレは怖いですからね...。

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
TOP