※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。


映画を観ていると自分にとって大切な事や、やりたかった事を思い出す事があります。
小さい頃に憧れた冒険譚、夢みる世界観へ本当に旅立つかのような感覚。
人の心を揺さぶり心が躍ってしまうような作品が映画には数多くあります。

特に現実味がありながらも別の世界を描いたアドベンチャーは、子どもから大人まで幅広い支持を受けています。
懐かしかったあの頃や、子どもが興奮するアドベンチャー映画を今回は紹介していきます。
有名なものからあまり知られていないものまで50作品紹介していきます。

いざ冒険の世界へ!おすすめのアドベンチャー映画TOP50


映画には人が憧れるような冒険、そんな人物のようになってみたいと思わせる魅力があります。アドベンチャー作品の主人公達はその傾向が特に強く、多くの人に非常に愛されています。

今回は人々が憧れるような凄い主人公達、そして実際に行ってみたいと思う世界観、アドベンチャーの映画作品をランキング形式で紹介していきます。

50位 グーニーズ



ある日刑務所に捕まっていた服役囚は脱獄を企てます。
その服役囚はギャングファミリーの1人であり、ファミリーの力を借りて計画を実行、脱獄を成功させます。
脱獄したことがばれても、街中で行われていたレースにまぎれる事により追撃をかわします。

そして場面は切り替わり、海賊伝説が語り継がれる町の少年たちを視点に描かれて行きます。
そこでは借金に悩まされる子供たちがいました。

偶然により屋根裏部屋から海賊の宝の地図を発見した子どもたちは、宝を探しに冒険の旅にでかけます。しかしそこでギャングファミリーと出会います。

子どもが主人公であり、少年たちならではの行動が多くなっていて非常に惹きつけられる作品です。
子どもたちの冒険物語、家具などの子どもたちの世界に関わるものにこだわりをもって作られています。一緒に冒険したいと思わせる作品です。

49位 ザ・ビーチ



青年は退屈な日々に飽きていました。バンコクに向かうと伝説を持つ孤島の話を聞くことになります。
しかしその話を教えてくれた男は自殺してしまいます。しかし手掛かりを残していて、青年リチャードは手掛かりを元に伝説の孤島へ向かいます。

2人の仲間と共に島に辿りつくとそこには若者が暮らしていました。
自由気ままに生活できる孤島はまさに楽園のよう。
しかし長く暮らしていると楽園の闇の部分が少しずつわかってきます。リチャードは地図をコピーし人に渡していたため他にも大勢島に若者がやってきます。

若者たちの退廃的な生活を描いた作品です。
コミュニティのある自由な生活は、自由の中にもルールがあり規則が必ず作られて行きます。
それはもはや自由とは呼べなくなり、本当の自由は自分の中にしか存在しないと気付かされる作品です。

 48位 遥かなる大地へ



貧しい家庭で育ったジョセフはある日、地域の反乱活動に巻き込まれてしまいます。
その時に父親を亡くしてしまい、さらに地主の関係者に家を焼かれてしまいます。復讐するために地主の家に忍び込むと地主の娘であるシャノンと出会います。

2人は自分の土地を手に入れようとアメリカに旅立ちますが、そこでも全てを奪われてしまいます。
しかし腕っぷしは悪くなかったジョセフは地元で拳闘士として成功を収めます。
シャノンは栄光を浴びるジョセフに嫉妬しダンサーとして活動することを決めます。

自分にとって何が大切か、復讐か、夢か、希望か。自分の土地を手に入れる事と成功を収める事、何が重要なのかを考えさせられます。
夢と希望を手に入れる時、それを分かち合える人がいるというのは最も幸せな事だと教えてくれる作品です。

47位 激流



家族愛をテーマにした作品です。
夫のトムは仕事に夢中で家族の事をほったらかしていました。
そんな状態だったため、妻のゲイルは離婚を考えていました。そんな生活の中息子の誕生日祝いで故郷に帰り、川下りをすることになります。

途中で青年に出会い共に行動するようになりますが、その青年にはある秘密がありました。
トムは仕事を切り上げゲイル達に合流しますが歓迎はされませんでした。
しかし家族は事件に巻き込まれ、トムは父親らしさを取り戻していきます。

タイトルにもなっている通り川下りを舞台にした映画です。
激流というだけあってかなりの迫力で、ゲイルのオール捌きは非常にかっこよく見どころです。

46位 キャスト・アウェイ



チャックは最速の宅配便のシステムエンジニアとして働いていました。
その仕事量は尋常ではなく、世界中を回りながら秒単位での行動をする必要がありました。
そんなチャックでしたが飛行機での移動中事故にあい無人島に放り出されてしまいます。

必要なものは何もない中、なんとか無人島で生活する方法を編み出し暮らしていきます。
無人島生活を4年続けなんとか生き延びたチャックは無人島から脱出します。
しかし無人島生活だったため見た目は完全に原人になってしまいます。

いきなり現実から放り出され、全く違った環境になった場合人は必ず戸惑います。
そして希望を見出すことが出来なかった場合人の心は折れることもあります。
チャックはバレーボールという架空の存在に助けられました。

支えになるのは人だけではないと教えてくれる映画です。

45位 パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド



過去に怪物となったデイヴィ・ジョーンズと、海賊を無きものにしようとする東インド会社は手を組み海賊たちを次々と倒していきました。
海賊たちはこのままでは全滅させられると考え、世界中から伝説の海賊達が集まり対決することを決めました。

しかし伝説の海賊の内の1人は現在クラーケンに飲み込まれ生死がわからない状態になっていました。
クラーケンに飲み込まれた伝説の海賊の1人、ジャック・スパロウを救うため過去に敵だったバルボッサが立ち上がります。

ディズニーが作り上げた海賊アドベンチャー。
海賊に誠実さなんて必要なく、自由気ままに生き、しかしそれでもやる時はやる。荒くれものでありながらも、だからこそかっこいい生き様を見せてくれる作品です。

44位 ファースト・コンタクト STAR TREK

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



スター・トレックシリーズの6作品目です。
時代背景やメンバーを一新した作品になっています。

機械生命体との戦争を描き、未来のために過去に向かい戦うタイムトラベラー物の映画です。
ピカードはかつて機械生命体に改造された経歴を持っていました。

そのため復讐に走る可能性があると判断され、ピカードの船は戦争において出撃を禁止されていました。

しかし戦争は負けて、人類は窮地に立たされました。
なんとか生存している艦隊を集めて逃げますが、そこでは時空の渦に巻き込まれ過去に飛ばされてしまいます。

完全に負けが見えていても立ち上がらなくてはならない時があります。
機械生命体、人類、そして宇宙生命体と様々な生物の思惑がぶつかります。

43位 アクアマン



地球は突然脅威にさらされました。
海の底からやってきたアトランティス帝国は、地上をも支配しようと企んでいました。

人類よりも圧倒的に進んだ文化、見上げるほどに巨大なモンスターの群れと絶望を余儀なくされます。

しかしそんな時アクアマンが立ち上がります。
海の生物ならば全部が味方してくれるアクアマンとアトランティス帝国の戦いを描いた水中バトル映画です。

ベタであり王道的に神話の伝説を語り継ぐ流れになっています。
そのためごさくさくと物語が進んでいき視聴しやすくなっています。

海のシーンの派手さや、さっぱりとしたアドベンチャーを観たい人におすすめです。

42位 ライフオブパイ トラと漂流した227日間



パテル一家は動物園を経営している家族でした。
カナダに引っ越すことが決まり、家族と動物たちは船に乗り込みます。
しかし船は嵐に遭ってしまい沈没する運命をたどります。

その中で16歳の少年のパイは救命ボートに乗りなんとか生きる事に成功しました。
そしてそのボートには1頭の虎もこっそり乗り込んでいました。
少ない食料、家族を失った悲しみに暮れる少年、そして大きいトラ。1人と1匹の生活を描きます。

今までともに過ごしてきた少年と動物の漂流生活、限界ギリギリの中で育まれる奇妙な友情をテーマにした作品です。
人生の過酷さを感じさせられることも出来る作品になっています。

41位 スターウォーズ ファントム・メナス



平和だった世界はある日混乱に包まれました。
様々な国や惑星の間には重い税金問題がありました。

それを解決するために武力によって介入しましたが、女王はその要求をはねのけます。
事態は悪化し、2人のジェダイが派遣されることとなりました。

クワイガンとオビワンの2人が調停のため向かいますが、その裏では暗黒卿が暗躍し陰謀が渦巻くようになっていました。

前半は激しいカーチェイスが見どころになっていて、スターウォーズの面白さは戦闘だけではないと教えてくれます。

後半はスターウォーズならではのライトセイバーを使った見事なアクションシーンの連続。まさにアドベンチャーといったおすすめの作品です。

40位 ザ・コア


ある日地球は異常現象が相次ぎます。
スペースシャトルが制御できなくなり、磁場が乱れ、地球に何かが起こっているのかと問題になります。
そしてそれは地球が回転していない事が原因だと分かります。

このままでは人類は滅亡することが確実と解析され、人類は生き延びる方法を探します。
その方法は、地球の外核にとてつもない衝撃を加える事により地球をもう1度回転させようという試みでした。

地球が崩壊する現象を目の当たりにし、様々な危機が訪れます。宇宙に行く作品は多くありますが、地球に潜るという珍しい作品になっています。
新しい宇宙作品を見てみたい人におすすめの映画です。

39位 センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島



ディズニーリゾートで有名な同名のアトラクション、その続きの作品です。
ある日少年は救難信号をキャッチし、謎の島に向かう事になります。義父と共に旅に出て、ガイドと共に島に降り立ちます。

しかし島についてみるとそこは不思議な世界になっていました。
大小の概念が逆さまになっているようで、大きい生物は小さくなり、小さい生物は大きくなるという神秘の島でした。

不思議な島で命を賭けた救難活動をするアドベンチャー作品です。
前作品の登場人物の成長や、子ども心をワクワクさせる作品に仕上がっています。ディズニーで目にする機会の多いアトラクションなので、元が気になった人にもおすすめできる作品です。

38位 故郷への長い道 スター・トレック4

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



スター・トレックシリーズ4作品目です。
前作では船を自爆させ難を逃れたカークは責任を追及されていました。
軍の船に乗り責任を取るために地球に向かうとそこは謎の災害に見舞われていました。

探査船のエネルギーにより地球は荒れ果て、かなり危険な状況です。
その原因は過去からクジラを連れてきたことだと判明し、原因を取り除くため過去に飛びます。

コメディ要素も強くなっていて、アドベンチャー作品でありながらも悲惨さを感じない作品に仕上げられています。

戦闘においても、派手なアクションよりも頭脳バトルをメインにしているため冒険らしさもしっかりと残ります。
タイムトラベル作品が観たい人におすすめです。

37位 カーズ2



今や天才レーサーとして名を欲しいままにしているマックィーンはレースで4連勝を勝ち取っていました。
休みになり故郷に帰ったマックィーンは親友に会いました。
大会のないシーズンでしたが、その出会いは大きなレースに参加する序章でした。

世界を巡るレースでは、スパイに間違われ様々な陰謀に巻き込まれて行きます。
そして事件の中で様々な出会いをしていき、場面はレースに合わせて世界各国を巡っていきます。

車達の友情を描いた作品になっています。
レースシーンが多くなっているので車好きにはたまらない映画です。

子どもとの視聴もおすすめで、仲間との絆や考えることの重要さを教えてくれます。
コメディタッチのカーチェイスが観たい人におすすめです。

36位 インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説



上海のナイトクラブでは様々な人間達が集まっていました。
そのクラブでは歌姫、考古学者、犯罪者などがあつまり陰謀が渦巻いていました。

冒険家のインディはお金のために位牌とダイヤを交換しましたが、相手はお金を惜しみインディを殺そうとします。

インディは何とか追撃をかわし、歌姫と共に逃げ出す事に成功します。
空港から外の国に逃げようとしたインディたちでしたが、飛行機は敵のもので墜落してしまいます。

そこでもなんとか生き延びたインディたちは秘密を抱えた村にたどり着きます。

言わずと知れた冒険活劇、インディ・ジョーンズです。テンポよく進みアトラクションも派手なものが多く、見ていて飽きません。
王道の冒険活劇を観たい人におすすめです。

35位 スノーホワイト 氷の王国



氷の女王を滅ぼしたことにより世界は一時的に平和を取り戻していました。
しかし女王の妹であるフレイヤは悲しむと同時に復讐を企てます。王国の力を合わせる事で世界を暗黒の世界に閉じ込めようとしていました。

そのためには魔力を持った魔法の鏡が必要でした。
エリックはその情報を掴むと鏡を壊すために故郷に帰ります。
しかしそこで待っていたのは過去に死んだサラでした。

白雪姫をこれでもかと言えるほど大胆にアレンジを加えた作品です。
テーマはこちらも愛。魔法によって疑心暗鬼に陥った男女の真実の気持ちを描きます。
大胆にアレンジされた童話を観てみたい人におすすめです。

34位 ジュラシックパーク


恐竜パニック映画の最高峰の作品です。
ある島を舞台に繰り広げられる冒険は、大迫力の恐竜たちによって観る者の心を惹きつけます。
学者たちがある島へ招待されるところから物語は始まります。

その島にたどり着いた時、彼らは驚きます。本物の恐竜が存在し、我が物顔で暮らす姿はある意味学者の夢と言えるものでした。
しかし恐竜たちが逃げられない様にしている安全装置が止められると、恐竜たちは人間に襲い掛かります。

人間と恐竜の共存、自然環境を守る大切さを感じさせてくれる作品です。
ただの感動作品ではなく、疑問を視聴者に投げかけることでより深く恐竜を感じてもらおうという意図が感じられます。
恐竜パニック映画を観たい人におすすめです。

33位 マイティ・ソー バトルロイヤル


ソーは神々の力を取り戻し、地球を守る事を決意しました。
そしてアベンジャーズとして戦っていると強敵が現れます。ソーは必死に戦いますが相手の力に勝つことが出来ず宇宙に飛ばされます。

虜囚となってしまったソーは地球に戻り、敵を倒すために脱出を決意します。
そのためにはバトルロイヤルに勝つ必要がありました。
しかしそこに現れたのは同じアベンジャーズの1人、ハルクでした。

メインとなるソーだけでなく、兄弟として悪役にも仲間にもなるロキにも注目です。
神々の世界、人類の世界、そして宇宙の世界と様々な世界を舞台にしている作品です。
アベンジャーズシリーズを視聴している人におすすめです。

32位 キング・オブ・エジプト



古代のエジプトでは人間は神と共存していました。人類は神々を尊敬し、讃え続けていました。ピラミッドの建造物や石像など様々なものが作られ、神々は彼らに繁栄をもたらしていました。

しかしその繁栄は唐突に終わりを告げます。統治していたオシリス神をセト神が裏切り殺害したからです。オシリスの子どもであるホルス神は盗賊と手を組み玉座を取り戻すために奮闘します。

視聴者に楽しんでもらおうと、エジプトの神々をテーマに作られた作品です。重苦しい話などは特になく、軽快に作られた作品でCG等も丁寧に作られています。エジプトの神々に興味がある人におすすめです。

31位 ロストワールド ジュラシック・パーク


ある時イアンは呼び出され、ジュラシックパークの秘密を知ります。
居なくなったとされる恐竜たちが、実は遺伝子工場の放置が原因で繁殖しているというものでした。
調査に向かうと現地にはサラが待っていました。

その後会社を救うためにジュラシックパークを解放しようとするウドローと出会い、事件に巻き込まれて行きます。恐竜パニック映画シリーズの続編です。

前作に引き続き恐竜を題材にしています。
キャラクターや恐竜も増え、島というスケールから街まではみ出していく物語はパワーアップしています。
恐竜パニック映画の続編を観たい人におすすめです。

30位 パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



ディズニーアトラクションシリーズの映画です。
カリブの海賊たちを描いた作品で、ラブロマンス、冒険ファンタジー、アクションと様々な要素が盛り込まれています。
1つのメダルを巡り様々な思惑が交錯します。

海賊に襲われた娘を救うため、鍛冶屋の青年が冒険に出ます。
海賊を嫌っていながらも、海賊の力を借りなければ助けられないためジャックと手を組みます。
鍛冶屋の青年ウィルとジャックは裏切り合いながらも協力し、海賊たちと立ち向かいます。

かっこいい海賊、悪い海賊、そして呪いと様々な要素が登場します。
登場人物達の魅力だけでなく、ホラーな要素を面白おかしく、それでいてかっこいいと思わせる作品に仕上がっています。
海賊作品を観たい人におすすめです。

29位 LIFE!



ウォルターは普通に仕事をこなし普通に生活しているどこにでもいる男性でした。
不器用な性格が災いして人との付き合いもほとんどないため目立つこともありませんでした。
そんな彼の趣味は妄想で、1人の時は冒険活劇の空想を良くしていました。

しかし現実は非情であり、ある日経済の波にもまれてしまったウォルターの会社は経営難に陥ります。
地味な性格が災いしてウォルターは人材整理の対象として数えられてしまいました。

地味でありながらも冒険を夢見る男性を描いた作品です。現実が厳しくも、最後の仕事では実際に冒険に出る事になったウォルター。
しかし冒険は思ったよりも楽しいものではありませんでした。
現実と空想の世界の違いを考えさせられる作品です。

28位 ポセイドン



ある大晦日、ポセイドン号と呼ばれる船はパーティをしていました。
年越しを控えているため会場は大盛り上がりでしたが、突如大津波が船を襲います。
津波の勢いに抗う事は出来ず、船は地獄に変わります。

パニック映画でありながら、小説が原作の作品です。
「ポセイドン・アドベンチャー」という作品で、そのスリルは想像を掻き立てられます。

小説では語り切れない部分を、最新の技術を用いる事で映像化に成功しました。
緊迫感が常にあり、大災害に相応しい世界観を描いています。
海でのパニック映画を観たい人におすすめです。

27位 スターウォーズ 最後のジェダイ


ルークは伝説のジェダイと言われていましたがその所在は不明とされていました。
レイはなんとかルークを見つける事に成功しますが、ルークは戦争に対して否定的でした。
説得を続けライトセイバーを託しますが、そこで驚愕の事実を知る事になります。

ダースベイダーを引き継ごうとするレン、脱走兵たちに課せられたミッション。
スターウォーズシリーズ8作品目にあたる作品で、前作から長らく期間を開けています。

大味に展開されているため、細かい事を気にせずすんなり観れる作品になっています。
伝説に語り継がれる人物ではなく、どこにでもいる人物にも焦点を当てています。スターウォーズシリーズを視聴している人におすすめです。

26位 ピーターパン


イギリスで作られた物語で、初めて舞台が作られてから100年を突破した記念に作成された映画です。
可能な限り原作に近づけて作られている作品で、子どもの頃に感じたわくわくする冒険の物語を感じられます。

ウェンディーは現実よりもまだ夢を見ていたい13歳の少女でした。
しかし大人たちからは、子どもとしての生活よりも1人の女性として過ごしてほしいと願われます。
少女として過ごす最後の夜、ピーターパンが現れ子どもの国へと誘います。

物語に登場するような空想上の生物達、夢の広がる子供だけの世界。
ウェンディーはピーターパンと共にネバーランドに向かいます。

子どもの頃に憧れたネバーランドの世界を実写で観たい人におすすめです。

25位 レヴェナント 蘇えりし者


原作は実際にあった物語を小説にした作品です。
荒野に取り残され、過酷な人生を歩むことになってしまった男性の話を描きます。
未開拓な土地で狩猟に励むハンターのグラス。

しかし熊に出会い重傷を負ってしまい死にかけます。
さらに仲間だったチームメンバーに置き去りにされ、さらには息子すらも殺されてしまいます。
なんとか生き延びたグラスは復讐を胸にふたたび立ち上がります。

設定も内容もとても重苦しい作品ですが、その緊張感が作品にのめり込むスパイスになっています。
余計なものを省き、映像と動きだけで魅せる作品になっていて非常に見ごたえのある映画になっています。

24位 インディ・ジョーンズ クリスタル・スカル王国



インディは諜報員に捕まってしまいました。
しかし相棒と力を合わせる事により何とか逃走することに成功します。

インディたちが捕まったのは計画に邪魔と判断されたからで、諜報員たちが本当に狙っていたのは古代のアイテムでした。

インディは阻止しようと動きますが、スパイ容疑をかけられて考古学としての任務を説かれます。
国に戻る事を余儀なくされたインディですが、そこで友人の息子を名乗る人物と出会い、共に南米へ向かいます。

インディ・ジョーンズシリーズ作品です。
19年ぶりに作られた作品のため、インディは年を取りアクションシーンなども懐かしさを感じさせます。
若さからダンディさを手に入れたインディの活躍を観たい人におすすめです。

23位 トゥームレイダー



ララは凄腕のトレジャーハンターでした。
お宝を狙っている彼女はある日、父親の部屋に隠し部屋がある事を発見します。
その中には見た事のないお宝があり、調べるうちに地球を危機に陥れるお宝がある事が分かります。

地球に危機が迫っているとわかるとララは仲間たちと共に世界へ旅立ちます。
女性でありながらもタフに描かれるララはとてもかっこいいキャラクターに仕上げられています。

女性もののアクション映画の最高峰であり、見ている映画ファンの心をつかみました。
ストーリーも分かりやすく、とにかくかっこよく魅せようとする意志が伝わって来る作品です。

22位 ジャングル・ブック


ある日人間の赤ん坊がジャングルに取り残されます。
動物たちに殺されてしまうのも時間の問題でしたが、1頭の黒ヒョウが命を救いました。

オオカミと黒ヒョウに育てられた赤ん坊は幸せに育っていきました。
動物と人間と姿形は違っていても愛情を注ぐことに関して親子には何の関係もありませんでした。

動物と人間の愛情を描いた作品です。
ジャングルの中、そして動物たちを綺麗に映像にした映画作品です。1人で生きていく事は大変で、仲間や家族に支えられて生きていることを教えてくれる作品です。

21位 ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔


指輪の力を封印するために旅する仲間たちは3手に分かれて行動していました。
ゴラムという生き物はその中の1グループであるフロドとサムの後を追いかけていました。
ゴラムは指輪を持っていたことがあるためその力を狙っていました。

しかし今は力がなく、逆に捕まってしまい道案内として働かされることになりました。
他のグループはガンダルフと再会を果たしたり、樹木のエントと出会ったりします。
様々な視点で描かれる冒険ファンタジーです。

数多い登場人物がいるためストーリーにかなりの幅が広がっています。
仲間と共に問題を解決しながらも敵を倒していく、その大筋は変わりません。
指輪を巡る物語、その続編です。

20位 プリンス・オブ・ペルシャ

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



ペルシャは史上最大の繁栄を収めていました。
しかしスラム街も存在し、そこではダスタンがトラブルに遭っていました。
大勢の兵士に囲まれながらも友人を助けるために戦っていましたが、王がその行動を見ていました。

王に気に入られたダスタンは養子になり月日が流れます。
15年経つと兄や叔父と共に支配国を増やしていきます。

しかし陰謀に巻き込まれたダスタンは父親暗殺の罪に囚われます。
過去を改変する時間の砂を求めてダスタンは戦い始めます。

完成度が高く、誰もが楽しめる作品になっています。アドベンチャーがメインであり、深く考えずにみられる作品です。
王道を通っている作品なので、先入観なく観られるのも1つのポイントになっています。

19位 ジュマンジ


ある日アランは工事現場へ向かうと、謎の箱を見つけます。
それはジュマンジと記されたゲームであり、家に帰って早速やろうとします。
サイコロを振ってみると文字が表示され、その内容が現実に影響を及ぼし始めました。

そしてゲームの中に取り込まれるという目を出してしまったアランは、ゲームの中へ吸い込まれてしまいます。
26年の月日が経つと、アランの家には新しい一家がやってきます。そしてジュマンジを見つけプレイを再開すると、アランが戻りますが現実は大変な事になっていました。

ゲームと現実を描いたSF作品です。
軽い気持ちで始めたゲームが、アランの家族全てに影響を与えてしまうという悲惨な結末を迎えます。
その結末を回避するためにゲームをクリアし、過去に戻ろうとする作品です。

18位 パイレーツ



建国の証が長い間所在不明とされていた朝鮮、その史実を元にした作品です。
しかし内容は現実とは大きく変わり映画として作り上げられています。

朝鮮が国として認められる直前、建国の証である国璽が輸送中にクジラに飲み込まれてしまいます。
国の象徴、そして王としての象徴でもある国璽を取り返すために様々な人間達がクジラを討伐に向かいます。

迫力満点に描かれる海洋アクションはかなりの大ボリュームです。
役割が決まっているかのような集まりは、見ていて爽快であり分かりやすく作られています。

さっぱりと映画を観たい人におすすめの作品です。

17位 ライラの冒険 黄金の羅針盤


原作はファンタジー小説で、3つに分けて制作された映画の1作目です。
現実と似ている世界で繰り広げられる冒険劇です。ある日ライラは守護霊であるダイモンと共に遊びに出かけていました。
そんな時に貴族から声をかけられます。

養子として来ないかと誘われます。
時を同じくして街では事件が起きていました。その事件は子どもがさらわれてしまうというもので、ライラの親友も巻き込まれるまでになってしまいます。

綺麗な映像と可愛い動物たちが見ている人の心をつかみます。
内容はとても深くなっていて、何度視聴しても楽しめる仕様になっています。

ファンタジー要素が強く出ている作品で、用語も多くなっているので深く考えながら観たい人におすすめです。

16位 スターウォーズ シスの復讐

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。


スターウォーズシリーズ、アナキン・スカイウォーカーの生涯について語られる作品です。
何故アナキンはダース・ベイダーになってしまったのか等、1作目の謎について詳しく語られる作品になっています。

クローン戦争も終わりが近づいてきました。
ジェダイの騎士は議長を助けるために命を賭けて任務を遂行します。
アナキンはジェダイの騎士でありながら結婚生活も送っていました。
そしてアナキンはダークサイドの力について教えられます。

最初から最後まで見逃せない作りになっています。
1作目の過去という事で結末が全てわかっていますが、アナキンの一生について細かく語られ、暗黒面について理解が深まっていきます。
スターウォーズシリーズの歴史を知りたい人におすすめです。

15位 オデッセイ



人類は火星を探索するために有人探査ロケットを飛ばします。
火星に着き任務を行っている最中、突然気候が崩れ任務の続行が不可能となりました。
そのため地球に帰る決断をしますが1人が行方不明になってしまいます。

そして見つけることが出来ずに帰還することになります。
取り残されたワトニーは死亡扱いされますが、実際は火星で生き延びていました。
物資が足りないため生き残るために色々生み出すワトニーは、衛星画像から生存に気付かれます。

ポジティブに生き抜こうとする男の物語です。
火星というほぼ未開拓の土地で生きるために思考錯誤し、生きる事を決して諦めない強い心を描いていきます。
生きる事を諦めない事、楽しく生きる事を教えてくれる作品です。

14位 ホビット 思いがけない冒険


ロード・オブ・ザ・リングの過去の世界を描いた作品を映画化した物です。
60年前の世界を舞台に、指輪を手にしたホビットたちの活躍を描きます。
ビルボはドワーフの国を再建するために旅に出る事になります。

13人の仲間たちと旅に出ますが、次々と危険に見舞われて行きます。
そして旅をしていく中で新たな仲間たちにも出会います。さらにゴラムとも出会い、指輪の持つ大きな運命に巻き込まれていく事になります。

ストーリーも1作目という事で分かりやすさ、入りやすさを重視しています。
ドワーフとホビットの対比なども描かれますが、共に戦う仲間であるため次第に打ち解けていきます。
仲間の大切さ、指輪の持つ運命、壮大な物語の序章です。

13位 ウォーターワールド


未来の地球では温暖化が大きく進んでいて、地表はほとんどが水没していました。
それでもわずかに人類は生き延びていて人口の島を作り上げていました。船を使って旅するマリナーはその島にたどり着きますが、ミュータントだと気付かれ殺されそうになります。

その時海賊が現れ混乱に乗じてマリナーは逃げ出します。
助けてくれたヘレンとエノーラと共に行動しているうちに次第に打ち解けていきます。
海の底をヘレンに見せているとエノーラが連れ去られます。エノーラを助けるためにマリナーは1人で敵の本拠地に向かいます。

海しかない世界で描かれる舞台は非常に綺麗で壮大です。
バトルシーンや音楽なども非常に物語にマッチしたものに仕上がっています。海の上で繰り広げられるアクションシーンが観たい人におすすめです。

12位 ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還


指輪を破壊するために旅をしていたフロド達。
ゴラムは道案内として行動させられていたが、仲互いをさせようと計画を練っていました。

そしてその計画が実行されると仲間内で疑心暗鬼が生まれ、バラバラに行動するようになってしまいます。

しかし死にかけているところを助けられると信頼は回復し、事なきを得ます。
ゴラムは指輪を奪おうとしますが、結局奪う事が出来ず指輪と共に火山の中に消えていきました。
人類はその頃冥王軍と戦い、1度は負けかけますが、亡霊の力を使う事により何とか勝利します。

ゴラムを見ていると、悪いことを企むと必ずしっぺ返しが来ると考えさせられます。
仲間たちの友情や人類の危機、様々な要素が組み合わさって見事に調和されている作品です。

11位 センター・オブ・ジ・アース


ディズニーリゾートのアトラクションの1つである同名の文学を映画化した作品です。
トレバーは10年前に居なくなってしまった兄の意志を次いで、地球の地質の研究を続けていました。
しかし研究は打ち切られ、途方に暮れていると兄の失踪の手掛かりを見つけます。

アイスランドに向かい、兄が残してくれた地震センサーを探しに行きます。
そこは地球の中心に行く入口があるとされている場所でした。そして探しているうちに穴に落ちるとそこは地底160km、兄の手掛かりもそこにある事を発見します。

ディズニーのアトラクションを映画にしたものであるため、非常にわかりやすい内容になっています。
アドベンチャー映画であり、子ども向けに試行錯誤してつくられています。

ディズニーのアトラクションについて掘り下げた作品になっています。

10位 カーズ



ある日マックィーンはレースに参加しますが、ゴール直前でパンクし優勝を逃してしまいます。その背景にはマックィーンが自分勝手であり、仲間からの信頼が全くないことが挙げられました。
同時ゴールだったため、決勝レースが催されることになりマックィーンは意気込みます。

しかし事故でマックィーンはある町にたどり着きます。
最初は打ち解ける事も出来ず、レースの事ばかり考えていたマックィーン。
しかし町の人たちの優しさに触れていると心が安らぐようになってきます。

自分勝手なレーサーが、町の人たちの優しさに触れることで人との繋がりを意識するようになっていきます。
人は1人ではなく仲間と共に支え合っていく事が重要だと教えてくれる映画です。

9位 パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。


お金が無くなったジャックは、大金と引き換えにコンパスを手放してしまいます。
それがきっかけになり、その昔ジャックに封じ込められらサラザールが蘇ります。
そしてサラザールはジャックの元へ向かいます。

サラザールを倒す方法はポセイドンの槍だけであり、ジャックは仲間と共に海へ旅立ちます。
海から陸に上がる事の出来ないウィル、槍を求めるジャック、様々な思惑が絡み合う海賊冒険活劇です。

ディズニーリゾートのアトラクションを映画化した作品ですが、内容は少しずつ大人向けに変化していきました。
練り込まれた設定、海賊たちの本来の生き様を描いていきます。ジャックの活躍を観たい人におすすめです。

8位 ファンタスティックビーストと魔法使いの旅


ハリーポッターシリーズが完結して5年、新しいシリーズが作られました。
ハリーのいる時代から過去に時代は移り、幻の動物たちについて書かれた本を書いたニュートを主人公にした作品です。

優秀な魔法使いであるニュートは世界中から魔法生物を保護していました。
しかし生物たちを保護しているトランクが一般人のトランクと入れ替わってしまいます。
そしてトランクから魔法生物たちは逃げ出し街は混乱に巻き込まれて行きます。

ハリーポッターシリーズの歴史を辿る作品なため設定がやや重めになっていますが、魔法生物の元気に動く姿が観る人を魅了します。
個性あふれる登場人物と魔法生物、スタイリッシュな戦闘などハリーポッターシリーズとはまた違った雰囲気を楽しめる作品になっています。

7位 王朝の陰謀


ある時ディーは功績を認められ国家で保管されていた剣を手に入れます。
皇帝から授かったそれは神の剣とも呼ばれる代物であり、大きな力を持っていました。
皇后はその力を手に入れたいと願いディーを殺そうとします。

しかしその時、宮殿ではある事件が発生します。皇帝に恨みを持っている人物の魔術により人々は操られ、次々に人が殺されて行きます。
犯人を見つけるためにディーは仲間と共に立ち上がります。

なんでもできるスーパーヒーローとしてディーは描かれています。
アクションあり謎解きありのかっこいい作品に仕上がっています。

シャーロックホームズをリスペクトした作品であるため、シャーロックホームズが好きな人にもおすすめです。

6位 マイティ・ソー


オーディンは息子であるソーに神の武器を与えます。
正義の心を持ち、認めた人物しか扱う事が出来ないムジョルニア。
ソーはムジョルニアを使い最強の戦士として育っていきました。しかしそれは同時に傲慢さをも育てていきます。

王の忠告を無視し、氷の世界を攻め滅ぼそうとしますが危機に陥り逃げ帰ります。
オーディンはその行動を厳しく注意し、ソーから神の力、そしてムジョルニアを取り上げ人間界に追放します。
人間として生活していく事になったソーはなんとか神々の力を取り戻そうと奮闘します。

アベンジャーズシリーズの作品です。マーベル作品でもありアベンジャーズになる前のソーの活躍を描いています。
神の力、神の武器、そして兄弟分のロキ等、これ以降登場する重要なアイテムや人物についても描かれている作品です。

5位 アラジン 悪しき王子と二人の魔人


ディズニーでお馴染みのアラジンをベースに作られたフランスの映画です。
アラジンは過去に泥棒をしていましたが、砂漠の王国の王女と結ばれたためその行動は控えられるようになりました。その頃隣の王国の王子が王女を奪おうと画策しました。

王子は王女を捕えアラジンを追放してしまいます。
王女を助けるためにアラジンはジーニーを頼ります。
王女を助けるために動くアラジンとジーニーでしたが、王子にもそれを阻むだけの力を手に入れていました。

コメディタッチで描かれる新しいアラジン。
アクションあり笑いありの原作の雰囲気を残したまま実写映像化に成功した映画になっています。

4位 インディ・ジョーンズ 最後の聖戦


13歳の少年のインディの活躍を描いた作品です。
ある日洞窟の中で悪党たちが宝を持ち去ろうとするのを目撃したインディは宝を奪い逃走します。

しかし結局捕まり、そして褒められたインディは丸め込まれてしまいます。

そして26年経った日、インディはキリストの血を受けたとされる聖杯を探してくることを依頼されます。
危険なことから離れていたアンディは最初渋りますが、父親がそのせいで行方不明になった事を知ると引き受ける事にしました。

年齢を重ねたインディと、父親の活躍を描いた作品です。
そのためものすごいダンディな男たちの活躍であり、小さい頃に感じた興奮とは違った熱い活躍を観ることが出来ます。

親子の絆等も描かれ、シリーズを見ているなら非常におすすめ出来る作品になっています。

3位 ロード・オブ・ザ・リング


ホビットの村でビルボは誕生日を迎えていました。
111歳になる日、村を出ようとしますがガンダルフに止められます。
その理由はビルボの持っている指輪で、その指輪には世界を崩壊させるほどの力がある事を教えられます。

ガンダルフは指輪の危険性を説き、火山に投げ込み消滅させるように命じます。
ビルドの従兄であるフロドは仲間と共に旅立つ事を了承します。旅の途中でさらに仲間を増やしていき目的地への旅を続けていきます。

初めから終わりまで冒険に対しての緊張感が漂う作品です。
美しい映像とそれに合わせた世界観が冒険物として最高峰に仕上げられています。

王道の冒険物語を観たい人におすすめです。

2位 バーフバリ 伝説誕生


インド映画で初めて全米ランキング10位以内に入ったアクション映画の対策です。
巨大な滝で育ったシヴドゥはたくましく強く成長しました。滝での生活も好きでしたが、それ以上に滝の上の世界が気になっていきます。

なんとかたどり着きそこで出会った女性と恋に落ちていきます。
しかしその王国では暴君が活動しているため平和はありませんでした。
シヴドゥは戦士になり王国に乗り込み、そこで母親と再会し自分が本物の王子であったことを知っていきます。

インドらしさが存分に発揮され、アドベンチャーとは、物語とはこういうものだと視聴者を楽しませるために全力を捧げた作品です。
熱いテンションと情熱を注ぎ、非常にダイナミックな仕上がりの映画になっています。

1位 スターウォーズ 帝国の逆襲

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



スターウォーズシリーズの2作品目として作られた映画です。
帝国軍との戦いが終わり3年が経ち、帝国軍は新たに力を貯め込んでいました。
帝国軍の力はすさまじく、反乱軍は秘密基地を作り反撃の機会を伺っていました。

ルークはジェダイとしての力をつけるためマスター・ヨーダの元に向かいます。
そこで修行を積むルークでしたが、仲間を捕えられてしまいダース・ベイダーと決着をつけるために立ち上がります。

キャラクター達にスポットを当てることでより個性的になり深みが増していきます。
ルークの成長や、これからのスターウォーズシリーズに期待を持てる作品になっています。

まとめ


アドベンチャー映画50選、いかがでしたでしょうか。
観た事ある作品や、観ていたシリーズの過去の作品など様々な映画を紹介させていただきました。
気に入った作品があればdtvで全て視聴することが可能になっています。

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
TOP