※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。


アニメのジャンルは数多く存在し、ギャグやコメディ作品の他にもシリアス物や感動ものなど様々です。
色々なジャンルのあるアニメですが、今回は歴史を題材にしたアニメを紹介していきます。
話題となっている作品から、王道として知られる作品まで35作品です。

アニメ作品はdtvで視聴することが出来るので、話題の作品だけでなく過去の作品が気になった方はチェックしてみるのがおすすめです。

35位|信長の忍び

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



この作品は戦国時代を舞台にしている作品です。
織田信長に仕える家来たちと面白おかしく天下統一していく物語です。基本的にギャグとして物語が進んでいきますが、戦闘シーンなどは容赦がなく血しぶき等も非常に派手になっています。

しかし絵がポップであるために悲惨さはあまりありません。

ストーリーもほとんど史実に沿って作られていて、歴史の勉強にもなるアニメです。
忍者をメインに持ってきていて、忍者の視点から描かれた戦国時代の漫画です。
戦国時代にまつわる話も多く盛り込まれていて、ただのギャグ漫画ではない歴史アニメになっています。

戦闘力が最高クラスの千鳥を主人公に、様々な合戦へ赴きます。
ショート作品であり5分という短い時間ですが、その内容はとても濃くなっています。
ギャグベースでありセリフも多くなっていて、5分間息をつかせぬ間に終わる作品です。
戦国時代をモチーフにポップに仕上げた作品を観たい人におすすめです。

34位|PEACE MAKER鐵



月刊少年ガンガンで連載された作品で「新撰組異聞PEACE MAKER」の続編となっています。
幕末の時代を描いていて、強くなりたいと願う少年を主人公にしています。鉄之助は両親を殺された恨みから強くなりたいと願いますが、背が低く態度も悪かったため門前払いされます。
しかし何とか入隊を許可されますが、イメージと違い不満を持ちます。

池田屋事件に突入すると、鉄之助は戦い、野外実践型と評され実力を認められます。
剣の腕前も徐々に上がっていき、守るために敵と戦い続けます。史実を元にした作品ですが、漫画やアニメにするにあたり実際の新撰組ではなく創作の話も含まれています。

アニメはオリジナルストーリーも作られていて、漫画作品だけでなく楽しめるようになっています。
鉄之助の成長や苦悩も描き、人との関わりの中で大切な事を学んでいきます。戦う事は殺す事だけじゃなく守る事でもあると教えてくれます。新撰組の歴史を楽しみたい人におすすめです。

33位|紺碧の艦隊



小説が原作になっている作品です。
漫画化されOVAにもなりました。時代は昭和18年、日本帝国軍の山本五十六は戦死しました。

しかしその山本は過去の世界に生まれ変わりを果たします。
後世として認識し、前世での敗戦や悲劇を繰り返さない様に計画を練り始めます。

その計画は転生してきた人物達を集め、集団を結成して戦争に対応するというものでした。
そしてクーデターを起こし戦争を起こさない様に画策しますが、戦争をする流れは止められず開戦してしまいます。
実際に使われた戦術や戦いなどを丁寧に描き、OVAというアニメの型にはまらない作品であるため非常に細かく話が展開していきます。

歴史には様々な視点があり、こういった新しい解釈も生まれてきています。
未来から転生し戦争を止めるために戦争を起こし、歴史は繰り返すというものです。勝敗は変わってきますが、それでも戦争は起きてしまう。
世界は戦争の歴史を辿っていると思わせられる作品です。

32位|ベルサイユのばら

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



フランス革命の直前から描かれている作品で、ベルサイユを舞台にした作品です。
史実を元にした漫画ですが内容はフィクションになっています。
オスカルとアントワネットが中心として進む作品であり、宝塚歌劇団によって舞台も行われました。
その大成功もありアニメだけでなく劇場版も作成されています。

軍服に関しても実際の時代の物ではなく、豪華な物を使用しています。
運命に翻弄される3人を描いた物語です。

皇女であるマリー・アントワネットは14歳で嫁ぐことになりました。
オスカルは近衛士官として優秀な能力を持っていて軍人として生きてきました。
男装の麗人でもあり剣も学問も男と比べて遜色ない腕前になっていました。

ある日舞踏会でアントワネットとオスカルは、貴公子のフェルゼンに恋をしてしまいます。
アントワネットは王妃になってからも奔放な性格は変わらず、財政難だった国民からは非難の目で見られていました。
史実を元にして様々な脚色を施し、女たちのドロドロした戦いも描いています。過去の名作を観たい人におすすめです。

31位|薄桜鬼



元は女性向けのアドベンチャーゲームです。ゲームからテレビアニメ、OVAや小説、映画等様々なメディアミックスをしています。

時代は幕末、新撰組をモチーフにした作品です。
蘭学医として働く父をもつ千鶴を主人公にしています。そして父との連絡が取れなくなり心配した千鶴が京の町を訪れる所から始まります。

京の町では新撰組と出会い、共に父親の事を探してくれることになります。
ストーリーは土方ルートを通るようになっていますが、結末はゲームとは少し違っています。

2期までは本編でストーリーが進み結末を迎えましたが、後に3期が作られ前日譚として過去の話をやりました。

歴史的な部分、ファンタジーな部分、死を覚悟している男たちの色気等が満載になっています。
乙女ゲームとしての雰囲気をそのままに、アニメによって楽しく見ることが出来るように工夫がなされています。
本格的な幕末を描いているので、乙女ゲームだからと言って侮れない作品です。

30位|アルスラーン戦記

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



ファンタジー小説が原作のアニメです。
アニメ版は「鋼の錬金術師」等を手掛ける荒川弘が担当した漫画を元に作られています。

原作を追い越す勢いで作成されたアニメであり、11話以降は実際に漫画版を追い抜いて完結しました。中世の時代を舞台にしたファンタジー作品になっています。

大陸の重要な拠点を持っているパルス王国は突然侵攻されます。
ルシタニア王国は無敗だったパルス王国を打ち破ります。
その時にパルス王国の王太子であったアルスラーンは初陣でしたがなんとか生き延びる事に成功します。

そして仲間たちと共に包囲網を突破し逃げながら戦う事になります。
6人しかいないながらも軍を崩壊させ裏切り者のカーラーンを打ち取ります。

原作者は「銀河英雄伝説」を手掛けた作者であるため非常に緻密に練られた歴史的背景や、知略や策略等が分かりやすく描かれています。
少人数で大人数を狩るという王道ものでもあり、王道を走る戦記物といった雰囲気もあります。
しっかりとした戦記物を観たい人におすすめです。

29位|鬼平



元は小説の作品で、タイトルは「鬼平犯科帳」でした。
タイトルが略称で制作された作品です。

時代は江戸時代の後期であり、悪行三昧の盗賊たちですらも恐れる鬼の物語です。
その人物こそ鬼の平蔵であり、悪人を取り締まる役目を担っていました。
市内の犯罪だけでなく他国の犯罪者も捕まえに行くフットワークの軽い組織でした。

平蔵はそんな江戸の警察として働いていましたが、情けもありました。
平蔵が裁くのは悪人だけであり、情状酌量の余地がある人物は見逃す事もします。

しかし人の道から外れる者には一切容赦をしません。
男気と人情を併せ持った大人の魅力にあふれた作品に仕上がっています。

本格的な時代劇であった原作をそのまま持ってきていて、アニメならではの激しいチャンバラも登場します。また、平蔵だけの活躍ではなく警察のようにチームとして戦う姿も描かれています。脇役たちも魅力に溢れている作品で、非常に楽しめるものになっています。

28位|ジパング


原作は漫画作品であり、アニメは漫画の途中で終了しました。
海外派遣によって海上自衛隊はエクアドルへ向かっていました。

しかし艦隊はミッドウェー沖で突然嵐に巻き込まれます。
落雷を受けた影響でレーダーから周りの艦の反応は消え、衛星通信すらも不可能という危機的状況に陥りました。

そして海上自衛隊は気付くと雪が降っている場所に出ます。
連合艦隊に合流し事なきを得たと思いきや、そこは60年近く前の世界であることが分かります。
艦長はそんな中、撃墜され死にかけていた草加少佐を助け、未来の情報を開示します。
そして過去に飛んだ艦隊は変化する歴史に飲み込まれて行きます。

実際に登場する戦艦等も登場しかなり渋い作品になっています。軍事に興味がある人はそれだけでとても楽しめる作品になっています。
シリアスに描かれるタイムスリップもので、リアルに描かれる戦闘シーンなど見どころが多くあります。本格的な戦艦の戦いが観たい人におすすめです。

27位|活撃 刀剣乱舞

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



原作はPC版のブラウザゲームで、スマートフォン版も作成されました。
また、アニメだけでなく劇場版や映画、舞台にミュージカルと様々なメディアとミックスしています。
アニメ化に至っては2つの会社が作り上げ、原作に沿っていますが別の作品として取り上げられています。

日本刀を扱ったゲームであり、日本刀が擬人化したキャラクター達を集めて育成するシミュレーションゲームです。
実際に使われた刀を使い、歴史的に有名な合戦場を舞台にしています。
時間に干渉する政府が歴史を改変しようとしていたため、審神者が物に宿る想いを目覚めさせ具現化させる能力で戦いました。

審神者が送り込んだ刀剣男子達は様々な時代で戦いを繰り広げます。
通常全く姿を現す事のない審神者ですが、このアニメ作品で初めて姿を現しました。
今まで声のなかったキャラクターにも声を当てたりと様々な変化を取り入れています。刀剣乱舞が好きな人におすすめです。

26位|はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~



大正時代を舞台にしたラブコメ漫画です。
この年代の様々なカルチャーを取り入れている作品であり、アニメのギャグ要素も取り入れている作品です。
実際にあった大正時代の事件から関東大震災までの時代を記しています。
そこで生まれる人間模様や、震災後の大変な暮らしなどを描いています。

はいからさんと呼ばれる女学生が居ました。
本名は花村紅緒といい、竹刀や大槍を握っては男よりも強いというありさまでした。
おてんばな性格でありじゃじゃ馬と呼ばれていましが、ある時伊集院忍に出会い少しずつ変わっていきます。お互いに惹かれていきながらも素直になれず、様々な問題を起こしていきます。

この作品はアニメ作品の後を描いた物語です。劇場版では前半と後半に分かれていますが、テレビシリーズでは初の、原作を最初から最後まで描いた作品になっています。昔ながらの大正ラブロマンスコメディを観たい人におすすめです。

25位|はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~



はいからさんこと花村紅緒は伊集院忍の家で花嫁修業していました。
しかしお転婆な紅緒はそこでも色々な騒動を起こします。そんな紅緒を忍は暖かく見守っていました。

そして紅緒と忍は一緒に過ごしているうちに段々と惹かれていきます。
大切に想い始めると2人は運命によって悲劇に見舞われます。

忍は戦争に駆り出されてしまいます。
紅緒は忍の事を心配して待ち続けますが、戦死という連絡が来ます。
紅緒は悲しんでいながらも、伊集院家を支えるために働くことを決意します。
雑誌記者として働いていると、ロシアからの亡命者と出会います。
しかしその人物は忍とそっくりであり紅緒は心を動かされます。

美しくも悲しい事件が起こるラブコメディの前半です。
紅緒の人生を描いた作品であり、実際に歴史で起きた災害も描いています。
関東大震災があっても強く生きる美しい女性、愛する人を無くしても強く生きる女性を描いています。

24位|十二大戦


西尾維新が手掛けたファンタジー小説です。
実際に存在する十二支を題材にし、願いを叶えるために戦う12人の戦士の話です。

どこかにあるどこかの世界で、12年にたった1度だけ十二支が集まり戦う大きな大戦がありました。
その名前は十二大戦と呼ばれ、勝てば願いを叶えることが出来ます。

どうしても叶えたいたった1つの願いを叶える事を夢見て、戦士達は戦場に向かいます。
十二支が題材になっていますが、アニメ化にあたり続編も作られるようになりました。そちらでは十二大戦対十二大戦と呼ばれている戦いが繰り広げられ、十二支だけでなく十二星座もモチーフにしています。

西尾維新が手掛けているため、セリフ回しや伏線をしっかり張り巡らせています。
設定もキャラクター毎に凄く練り込まれています。戦闘をメインに進行し、誰が主人公でもおかしくない程ストーリーが作られています。西尾維新が好きな人におすすめです。

23位|叛逆性ミリオンアーサー



元々はカードゲームによる戦闘方式を採用したアプリゲームです。
ブリテン王国は戦争の時代に突入しました。そして海の外からは謎の勢力が侵略に来ました。
外敵と呼ばれるその勢力は、戦争をしていることを良いことに本気で侵略しようとしてきます。

ブリテンは事態を重く見て、ウーサーに変わる新しい王様を作り出そうとエクスカリバーを作り出します。
しかしそのエクスカリバーは全部で100万本を超えるほどの量でした。
そのため100万人以上がエクスカリバーを手に入れ、時代はさらに混沌に陥っていきました。
そんな歴史を修正するために未来から送り込まれたアーサー達が登場します。

2クールで放送された作品で、過去に飛んだ6人の物語です。
未来を助けるために、過去に飛び100万本のエクスカリバーを破壊する使命を帯びた英雄の物語です。Cパートでは脱力する弱酸性ミリオンアーサーも放送され、緩急激しい作品になっています。アプリからアニメになった作品が観たい人におすすめです。

22位|エリア88



少年ビッグコミックに連載された作品の1つで、8年間連載が続きました。
空軍を扱った作品でありリアルな戦闘や細かく描かれた戦闘機が特徴になっています。
登場する人物達が死に物狂いで戦っていることから、セリフなどにも哀愁があります。死地で戦いながらも生きる希望を捨てない傭兵たちの物語です。

主人公のシンは将来を約束されたパイロットでしたが、親友に騙されて危険なパイロット乗りとして活動することになりました。
配属されたのはエリア88と呼ばれる傭兵のみで構成された基地でした。
ここでは法外な値段を払って出るか、契約終了まで生き延びるかしないと出る事は出来ず、戦いの中で違約金を荒稼ぎすることになります。

シンは傭兵として才能があり、最初は死に物狂いで帰ろうとしていましたが、次第に傭兵に染まっていきます。
軍のパイロットとして活動しますが、政府軍と反乱軍の争いに巻き込まれる主人公を描いています。
親友に裏切られて復讐に駆られるも、傭兵として生きていく力強さを感じる作品です。

21位|荒野のコトブキ飛行隊

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



日本で作られたオリジナルアニメ作品です。
2019年1月から放送された作品で、水島努が作成しています。あまり類を見ないレシプロ戦闘機を題材にしていて、西部劇のような雰囲気に仕上がっています。
レシプロ機が存在するような世界観で描き、ゲームにもなるように工夫して作られました。

様々なベテランを呼んで作成されているアニメで、作画についてはCGも手書きも使用する気合いの入ったものになっています。
音に関しても新しく作り直したり、ミリタリー関連には「ガールズ&パンツァー」の監修をした人物を呼んでいます。航空機の動きも本物の飛行機乗りのチームが協力するなど本格的なものになっています。

しかしアニメならではの動きも加えてよりかっこよく見えるようになっています。リアル描写を強く押し出していながらもアニメの柔らかさも失っていないそんな作品です。
空中での戦闘シーンや飛行機の描写に力を入れているので、そういったものが好きな人におすすめです。

20位|グラップラー刃牙



週刊少年チャンピオンにて連載されていた漫画です。
激しいバトルや細かい格闘の流派などが盛りだくさんになっているアニメです。

他にも特徴的なセリフ回しや擬音などで有名にもなっています。
刃牙シリーズは数多く出ていて、スピンオフ作品等も作られています。男たちの熱い戦いを描いた物語です。

日本の地下には闘技場がありました。そこでは地上の格闘技界では想像もつかないような命がけの戦いが行われていました。
地上で最強と言われた格闘技者でも、地下闘技場に来たら平凡な格闘技者になるほどです。
この物語は地下闘技場でチャンピオンになった少年、刃牙を主人公に強敵たちとの戦いを描いた作品です。

ひたすらに強さを求める男たち、そして強さとは何かを考える者たち。シリーズ毎によってテーマのような物があり、地下闘技場での戦いだけでなくストリートファイトの場面も多くあります。
地上最強の生物と言われる刃牙の父親を打倒するために、息子の刃牙は際限なく強さを求めます。強い男たちの戦いを観たい人におすすめです。

19位|ねこねこ日本史



日本で作られた漫画で、NHKにも登場するほどユニークな作品です。
もしも世界の偉人がネコだったらをテーマに、緩くもしっかりとした歴史を描いています。

ネコをメインとして扱っていますが、それ以外の動物も多く登場します。
猿と呼ばれた豊臣秀吉はそのままサルで登場したり名前に虎の入っている井伊直虎はトラになっています。

偉人たちはネコになっているため蛤が食べられなかったり、水を恐れて船に乗れない等の描写もあります。しかし一般的なネコの行動を無視し普通に行動するシーンもあります。
そして歴史的なシーンであっても現代の電子機器であるスマートフォンなどを使うシーンも多々あります。現代様式の建築物もあったりと不思議な世界観になっています。

動物を飼っている人物はは巨大な動物になっていたりと笑わせに来るシーンも多くなっています。
大河ドラマで登場したキャラクターも登場するようになっているため、大人でも楽しめる工夫があります。
原作に無かった補足などを分かりやすく作り上げていて、子どもから大人まで全ての年齢層の人が楽しめる作品になっています。

18位|幼女戦記



オンライン小説が原作になっている作品で、漫画化やドラマ化、映画化もした作品です。
主人公は日本でエリートサラリーマンとして仕事をしていた人物です。徹底的に仕事の出来る人物でしたが、それゆえに妬まれ、叱った同僚から恨まれて線路内に突き飛ばされ命を落とします。
そこで神と名乗る人物から転生させられ、紛争地帯へと行く事になります。

非科学的な力である魔法を使い行われる戦争、そして脆弱な肉体である幼女に転生させられた彼は軍人になる事を決意します。
立場が上に行くことによって人を使う偉人になり、神と名乗った人物を殺す決意をしました。
魔法の才能があったため、軍人にはなれましたが見た目のせいで舐められることもありました。

しかし徹底した合理主義である彼はすぐに立場をものにします。
この作品は戦争をテーマに扱っています。
実際にあった歴史をなぞり行われる戦争を、未来を知っている転生者が機転と暴力で解決していく物語です。
シリアスなシーンも多くありますが、コメディ調で描かれるシーンも多くあります。戦争が好きな人におすすめです。

17位|織田信奈の野望



原作はライトノベルであり、漫画化やドラマ化もしている作品です。
実際にあった史実を元にしている世界ですが、登場人物や武将がほとんど女性に変わっているというラブコメ要素が大きくなっています。
また、史実にはなかった要素として陰陽道等のオカルト的な要素も深く関わってきています。

主人公である良晴は戦国時代に飛ばされてしまいます。
そこでは様々な武将たちがいましたが、姿は皆美少女というありさまでした。さらに名前も変わっていて、織田信長は織田信奈になっていました。
この世界では武家の1番最初に生まれた子どもが家督を継ぐことになっていて、女でも武将として育てられるという設定もあります。

歴史を知っている良晴が来たことにより、実際に歴史を追いかけて行きながらも少しずつズレが生じていきます。
そのため、本当は戦で死ぬはずだった人物も生存しているため少しのズレが大きく変わっていきます。
武将たちとの恋愛もあり、コメディもあり歴史も学べるといったなんでもありな作品になっています。

16位|戦国無双



2014年に放送された作品で、戦国無双シリーズの4タイトル目をアニメにしています。
キャストはゲームの物をそのまま使用しているため、ゲームが好きな人にはおすすめの出来になっています。
戦国無双シリーズは多すぎる敵をプレイヤーが片っ端から倒していく爽快アクションゲームとして知られています。

物語は実際の戦国時代の話に沿っていて、史実をなぞっていきます。
登場する武将たちも真田幸村や豊臣秀吉、徳川家康など実際に登場する人物を扱っています。

しかしその強さは無双シリーズであるために誰しもが一騎当千の猛者になっています。
史実ではあまり触れらないキャラクターも登場するため歴史が好きな人におすすめです。

お家を再興するために奮闘する兄弟、戦争に勝ち続けなくてはならない設定等ハードな生きざまを描いていきます。歴史的にも戦闘的にもしっかり作られている作品です。
真田家の兄弟を描いた熱いストーリーです。

15位|最遊記RELOAD GUNLOCK



人間と妖怪が暮らしている桃源郷が舞台となっている作品です。
桃源郷は平和な世界でしたが、ある日天竺に封印された大妖怪を復活させる儀式が行われようとしていました。

その影響を受けて桃源郷の妖怪たちは理性がなくなり人々を襲うようになっていきます。
その事態を重く見た菩薩は桃源郷に使いを出します。

三蔵法師、孫悟空、猪八戒、沙悟浄の4人は命令を受けて西を目指して旅をします。
牛魔王を蘇生する儀式を阻止するために、時には人々の悩みを解消しながら西に向かいます。

この作品は中国で作られた物語の西遊記を元にしています。
しかし時代は似ていながらも登場する小物は現代の物も多くなっています。

登場するキャラクター達も現代風な部分を多く持っていて、パロディネタ等も盛り込まれています。非常に暴力的な三蔵法師や、魔法のような攻撃をする仲間たち、ジープに変身する龍など遊び心満載の作品に仕上がっています。西遊記が好きな人におすすめです。

14位|ドリフターズ



実際に登場する歴史的戦争、そしてそこに登場する武将たちが色々な時代から集まりそこで天下を取っていくアニメ作品です。
戦争の中でしか生きる事の出来なかった人物達はある日、扉が数多くある謎の空間に立ち入ります。
そこには1人の男がいましたが、事情を聞く間もなく扉に吸い込まれて行きます。

そうして吸い込まれた先は人と人以外が戦う異世界でした。
島津豊久は混乱しましたが先に異世界に送り込まれていた織田信長や那須与一と出会う事により信じる事にしました。
彼らは戦う事が大好きで、戦う事の中でしか生きる道を知りません。
そのため3人は天下を取るために行動を始めていきます。

ドリフターズと呼ばれる彼らは、人であろうと人ならざるものであろうと敵ならば容赦なく倒していきます。
敵にもドリフターズはいて、様々な想いが交錯していきます。
武士の魂から人助けもしつつ仲間を増やして大きな敵と戦っていく物語です。
歴史や異世界物、戦争が好きな人におすすめです。

13位|最遊記RELOAD



漫画作品が原作であり、テレビアニメだけでなくゲームやアニメ、ミュージカルや映画等様々なメディア展開を行っています。
中国で描かれた西遊記を元にした作品でありながらも、最も遊ぶ西遊記というテーマで作り上げられている作品です。
そのため登場するキャラクターはハチャメチャな性格が多くなっています。

圧倒的に強い主人公達や、理性を失って人々を襲う妖怪たち。
そしてお坊さんには見えない三蔵法師等様々な世界観で作り上げられています。
この作品は前作の最遊記から1年後の世界を描いていて、新たな登場人物を加えて旅を続けていきます。

最遊記の続編という事で作られた作品であり、ひたすらに旅を続けながら人助けして牛魔王を倒しに行く作品です。キャラクターのかっこよさに重点を置いているので、とにかくかっこいいキャラクターや戦闘を観たい人におすすめの作品です。

12位|なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA-


原作はブラウザやスマートフォンに向けたアプリゲームです。
実際に存在する神々や仏を扱った作品で、アドベンチャーバトル形式で話が進んでいきます。
漫画にもなっている作品です。
人々を煩悩から救うべく活動する帝釈天と梵天を主人公に、煩悩の化身マーラとの戦いを描いた作品です。

登場人物に関しても登場人仏と書くほどに仏をテーマにしています。
アニメ版の設定では、神が人里で暮らしていると崇められてしまい行動を阻害してしまうという理由から人間の姿をとっているようです。
寺で暮らしている時はジャージを着たりととても緩い雰囲気で描かれています。

戦闘シーンよりも日常的な緩さが前面に出ています。
実在する仏をイケメンにして、しかし人から見えるのはその印象によって様々と微妙に凝っている設定もあります。
擬人化ブームに乗っ取って作られた作品ですが、仏や神々を好きな人にはおすすめの作品になっています。

11位|鬼滅の刃



大正時代を舞台にした作品ですが、実際の歴史とは違い、鬼などの超常現象の存在があります。
主人公である炭治郎は炭焼きをして一家を支えている少年でした。
父親は早くに亡くなってしまったものの家族仲は良く、幸せに暮らしていました。
しかしそんな時に事件が起きます。

炭治郎が炭を売りに出かけていたある日家族は鬼に惨殺されてしまいました。
なんとか生き残っていた妹も鬼に変化し始めていて、炭治郎は襲われて死にそうになります。

しかし剣士が通りかかり助けてもらいますが、鬼になった妹を殺そうとします。
しかし、理性が残っていることを確認すると剣を収めます。

鬼に家族を殺され、復讐を誓う物語。そして変貌してしまった妹を治すために頑張る話でもあります。
鬼に対抗するために剣術を学び、修行を続け鬼を殺す専門家集団の中に入団します。心優しい少年である炭治郎を主人公に、人と鬼との運命を描いた作品になっています。

10位|劇場版 戦国BASARA -The Last Party-



戦国BASARAシリーズの劇場版です。
戦国無双シリーズと同じくゲームが原作ですが、人気が高くご当地キャラクターとして使われたり、漫画や小説なども数多く出しています。

劇場版の作品では戦国BASARA2の内容を踏襲し、その後の世界観を描いています。
関ヶ原の戦いを描き、3期とは違った登場人物もいます。

全国で放映された映画ですが、小規模で行われました。しかしその後、放映されていない所からの問い合わせが殺到したため、通常の映画と同じ程度の量で放映されるに至りました。
史実に沿ったストーリーですが、キャラクター達は全て一騎当千の超人たちなので変わった展開が繰り広げられます。

ストーリー展開よりもキャラクターの個性や戦闘シーンを全面に押し出している作品です。
そのためただ楽しむことが出来、すんなりと見ることが出来ます。叫ぶシーンも多くなっているので臨場感やキャラクターの熱さが伝わって来る作品です。
戦国BASARAシリーズが好きな人におすすめです。

9位|昭和元禄落語心中 -助六再び篇-



漫画が原作の作品です。
落語の世界を描き、様々な時代を落語で語るお話です。

メインキャストの選出方法は、3分間の落語を行い音源を提出するという異例のものになっています。
キャラクター達は江戸時代に生きる雰囲気を醸し出していて、とても魅力的に描かれています。

落語の迫力はそのままに、声優たちが全力全開で演技をしているためより迫力が増していきます。
愛をテーマにしていて、前作よりも重い雰囲気を取り除いた作品に仕上がっています。
シンプルでありながらも、人によって違う愛を時代や落語を使って上手く表現しています。

人情味が溢れ、辛い事であってもそれが人生であり美徳だと感じさせてくれる作品です。だからこそ人生の辛さを考える事も出来る不思議な作風に仕上がっています。落語を普段聞かない人でも楽しめるように、今回の2期ではマイルドな雰囲気を重視して作られています。

8位|ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士



実際に起きたフランスの戦争である百年戦争を元にした作品です。
フランスの土地で研究を行っていた錬金術師が居ました。歴史に名を残す事になる偉大な力を研究していた彼の元にジャンヌダルクがやってきます。
そしてその出会いによりジャンヌダルクは偉大な力であるユリスを身に着けます。

歴史上のストーリーをファンタジーに仕上げ、実在の人物も登場します。
性別の逆転などファンタジーならではの設定が多数みられます。妖精や錬金術が非常に重要な立ち位置を占めていたり、百年戦争をテーマに扱った作品なのでグロいシーンもあります。

ハーレム物の要素も加わり、様々な要素が混ざりあっている作品に仕上がっています。
エロありグロありハーレムありバトルありと何でもありな物語です。
史実通りでありながらもオリジナル要素も加わっていて、歴史とファンタジーが好きな人にはおすすめできる作品です。

7位|陰陽師・平安物語



中国のオンラインゲーム会社が作り上げ、日本の声優を起用した日中合同作品です。
スマートフォンアプリが原作ですがミュージカルやアニメなどメディアミックスも多く為されている作品です。
平安時代を舞台にした作品で、記憶喪失の安倍晴明を主人公に展開していく物語です。

スマートフォンアプリが原作でありながらも丁寧に作り込まれた映像や、日常的な雰囲気が漂う暖かい作品に仕上がっています。
放送時間も5分と短くなっているため、その分クオリティを高く作成しています。
ゲームをプレイしている人におすすめになっています。

ファン向けに作られていながらも、ショートストーリーであるため初めての視聴でも楽しめる作品になっています。
明るい雰囲気でありながらも、陰陽師としてのあり方が分かり様々な妖怪も登場します。
中国と日本が作ったゲームが好きな人におすすめです。

6位|戦国BASARA弐



前作では織田信長を相手に戦っていましたが、今回は豊臣秀吉と戦います。
1期には登場しなかったキャラクター達も登場しています。
さらに続編を匂わせるサプライズ的な演出もあり戦国BASARAシリーズファンにとって嬉しいものでした。
アクションゲームが元になった作品です。

戦国BASARA2を元にしてストーリーが展開されて行きます。
1期よりもシナリオはシリアス調で進んでいきます。前作が爽快ストーリーなら今回の作品は、自分の中の悩みを抱え、これからどうすればいいかを考える成長の物語です。
願望や理想を追い求めるキャラクター達を主に描きます。

登場人物達のハチャメチャ具合は1期と同じであり、戦国時代をなぞっていながらも超能力やロボットやらなんでも出てきます。
伊達政宗の熱い心意気や、臣下や友に対する友情なども良く感じられる作品に仕上がっています。
劇場版への布石もあるので戦国BASARA好きにおすすめの作品です。

5位|昭和元禄落語心中



昭和50年代を舞台にした作品であり、落語が漫才やテレビに追い抜かれそうな時代を描いています。
刑務所から出てきた強次はある日落語に出会います。
その落語はチンピラとして生きてきた強次の人生を変えてしまい、その落語家である八雲に弟子入りを申し出ます。
付き人になる事を許された強次は与太郎の名前をもらいました。

見習いとして八雲と共に暮らす事になった与太郎は、様々な出来事に出会うようになります。
八雲の養女の小夏と出会い、その亡き父親の助六の芸風を学びます。
その後与太郎は八雲に1度破門されてしまいますが、3つの約束を条件にもう1度弟子にしてもらえることになりました。

落語に人生を変えられて、落語を極めて生きていこうとする前向きな話です。登場人物も多く、様々な人間関係を軸にストーリーが組み立てられています。そのため非常に深みのあるものに仕上がり、落語という世界観にしっかり落とし込まれています。落語を人生として生きる人たちの物語です。

4位|キングダム 第2シリーズ



週刊ヤングジャンプにて連載されている作品です。
アニメシリーズは全部で2つあり、そのまま続編として描かれています。

アニメ作品の特徴としては、1期で38話、2期で39話という長さです。
通常1期1クールで12話辺りが相場ですが、長大なストーリーで作成するという本気度が伺えます。

しかし規制がかかっているため原作であった残酷なシーンや、暴力的な表現の部分は暗くしてあったりマイルドになっています。
そのため残酷描写が苦手な人であっても見ることが出来るように工夫されています。
2期になると主人公である信は成長し、武将として着々と力を付けていきます。

信が大将軍となるまでを描いた作品であり、2期でも長大なストーリーの半分にも届かないため次が待ち遠しくなる作品です。

戦闘シーンも原作同様気合いの入ったものであり、見ていて緊張する展開も多くなっています。
CGからアニメ―ションに変わったのも大きな特徴です。

3位|るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-



週刊少年ジャンプにて連載されていた明治の剣豪の物語です。
人を斬る事を仕事にし、人斬り抜刀斎と恐れられている人物がいました。

しかし人斬り抜刀斎はその後姿を消し1人の流浪人として生きていきました。
そんな人斬りが緋村剣心として人間味あふれる日常に溶け込もうとするお話です。

ギャグ調とシリアス調両方で描かれる作品であり、緩急のある作品に仕上がっています。
緋村剣心は心優しい青年であり、町の人や子どもに好かれ平和に暮らしていましたが、過去を知る人物達から襲われ続けます。
自ら背負った業、人に迷惑をかける悪党たちと戦い今の日常を守る剣心の戦いを描いています。

登場人物も多く、実在の新撰組や実際の事件も取り扱っています。
明治時代という難しいテーマでありながら、練り上げられた設定や魅力的なキャラクターにより大人気になりました。
独特な技や武器は浪漫もあり、真似をする子どもたちがたくさんいました。

2位|戦国BASARA



戦国BASARAシリーズの1作目のアニメです。
織田信長をボスとして据えて、戦い続ける真田幸村と伊達政宗を描いた作品です。

戦国時代に登場した実在の武将たちを、ものすごく大味にしながらも魅力あふれるキャラクターとして作り直しています。
特殊能力を使いかっこよく描かれる武将たちは非常に人気なキャラクターです。

特に主人公格の2人である真田幸村と伊達政宗はその傾向が強く、派手な演出も多くなっています。
槍を2本抱えて突撃する真田幸村は炎をまとって敵をなぎ倒して行きます。

そして伊達政宗は刀を6本持ち雷をまとって敵を粉砕していきます。
派手に暴れるのを売りにしたゲームをアニメ化し、そのままの雰囲気を持って作り上げています。

様々な所でコラボしている作品で、ご当地キャラクターだけでなく宝塚歌劇団でミュージカルにされたり実写ドラマにもなっています。
熱く馬鹿なやり取りも多く、ノリで進む展開も多くなっていますが、その大味な展開も戦国BASARAシリーズの魅力になっています。

1位|キングダム



後の大将軍として活躍する李信の生涯を描いた作品です。
下僕の身分でありながらも将軍になる事を夢見る少年を主人公に描き、親友の死や歴史の闇を知り成り上がっていく物語になっています。

信は親友の漂と2人で将軍を目指していましたが、王国が漂を影武者として扱い殺したため激昂しますが、漂に託された思いを胸に将軍になるよう奮闘します。

反乱を鎮圧したことにより実力を認められ、信は下僕の立場から平民になりました。
そして兵隊となり戦争に身を投じていきます。

実在の歴史を辿っていきながらも、あまり歴史に名を残さない大将軍の李信を描いています。
オリジナルでありながらも本当にありえそうなほどの臨場感を持っている作品です。

成り上がり物語というわかりやすい設定で熱い展開が続くため、王道の伝記物が好きな人は楽しめる作品になっています。
物語も練られているため、次にどうなるのかという展開が読めず、メッセージ性も強くなっています。王道の伝記物が観たい人におすすめです。

まとめ


様々な歴史を含んだアニメを紹介しました。
実在する歴史だけでなく架空の歴史もあり、物語として楽しむものが多くなっています。
歴史アニメの多くは、史実を脚色し、視聴者を楽しませる展開を含ませ人気の作品になっています。

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
TOP