※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。

今回ご紹介するのは、本当に感動できる韓国映画です。
韓国映画は、見た人の心を感動させるヒューマンドラマが多いのが特徴。
作品を見て、独特の温かさを感じたことがある方もいるのではないでしょうか。

韓国映画作品は、お互いを慈しむ心や、愛し合う心を知ることができる作品ばかり。
人間の持つ本当の優しさに触れることが出来ます。

そこでこの記事では、本当に感動できる韓国映画30作品について、ランキング形式でご紹介します。
あなたのお気に入りの1作をぜひ見つけてみてください。

定番の恋愛モノから親子モノまで!感涙必至の韓国映画30選

30位 ハーモニー 心をつなぐ歌(2010)|「母と子を引き離す、残酷な法の執行。歌がくれた、ささやかな奇跡とは。」


女子刑務所内で起こった実話を元に、受刑者たちが今を懸命に生きる姿を描いたヒューマンドラマ。

本作は、不本意にも夫を殺してしまった主人公、ジョンヘが、獄中で息子のミヌを出産しするところから始まります。
しかし韓国の法律では、刑務所内で子どもを養育できるのは18ヶ月まで。

ミヌと引き離されるという残酷な現実を前に、生きる希望を失っていくジョンヘ。

そんな時、慰問のために訪れた合唱団の歌声に心震わせたジョンヘは、獄中で合唱団を作ることを決意。
新たな生きる希望を見つけるため、ジョンヘは合唱団のメンバー集めに奔走します。

理不尽な状況におかれても、自分が生きる意味を見つけようとする姿勢が印象的です。
度重なる辛い出来事に心が折れそうになっても、仲間の助けもあり、そのたびに新しい希望を探そうとする姿は、人間の優しさや、心の強さを感じます。

絶望の中にも希望の道は残されている。懸命に生きることで可能性は開けるということを教えてくれる映画です。

29位 僕の彼女を紹介します(2004)|「出会い、そして別れ。大切な人が残したメッセージとは」

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。


2001年に公開された、『猟奇的な彼女』の監督、クァク・ジェヨンと、主演を務めた、チョン・ジヒョンのタッグにより作られたラブストーリー作品です。

チョン・ジヒョンが演じる婦警、ギョンジンと、チャン・ヒョク演じる教師、ミョンウが、『誤認逮捕』という最悪のきっかけから出会い、やがて恋に落ちていくというストーリー。

無鉄砲な性格のギョンジンと、その性格に振り回されつつも、いざという時は頼りになるギョンジンは、衝突を繰り返しながらも理解し合い、いつしかお互いを大切な人として認識するようになります。

大切な人を想うことの大切さや尊さが込められている作品です。
愛し合うということは、お互いを求めるだけではない。相手を理解し、与えようとすることが大事なのだということを教えてくれます。

また、すべての出会いには意味があるというメッセージ性を感じることができ、人と人が出会い、分かれることの意味について、前向きに捉えた作品とも言えます。

28位 ユア・マイ・サンシャイン(2005)|「立場や事情は関係ない。本当の愛がここにある。」


韓国で起こった実話を元にしたラブストーリー。
純粋な青年、ソクチュンと、暗い過去を背負う女性、ウナが、立場や事情などを乗り越えて純愛を貫きとおす、胸が熱くなる感動作です。

ヒロインのウナを演じるのは『スキャンダル』のチョン・ドヨン。そしてソクチュンを演じるのは『甘い人生』のファン・ジョンミンと、キャストにも注目が集まった作品です。

農業を営むも結婚できないことで悩むソクチュンは、ある日コーヒーショップで働く店員のウナに一目惚れをし、猛アタック。
それに対し、高飛車な態度で断り続けるウナでしたが、ある事件をきっかけにソクチュンの優しい性格に惹かれていきます。

しかし、どこか影を持っているように見えるウナ。実は人に言えない事情や暗い過去を持っていたのです……。

事情や都合、そして過去といった恋愛の障害をすべてはねのけ、真の愛を貫き通すその姿はまさに純愛。
人を愛するとは何か、真の幸せとは何か、『愛』について深く考えさせられる名作です。

27位 彼とわたしの漂流日記(2009)|「無人島に住む青年と引きこもり女性。不思議な2人の接点とは。」

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。


自殺に失敗し、無人島生活を送る青年と、3年間自宅マンションに引きこもっている女性という、なんとも不思議な立場の2人を描いたラブストーリー。

主人公の青年、キムは、ソウル市街を流れる河川『漢江』に飛び込み、自殺を図る。
しかし、漢江に浮かぶ無人島に漂着てしまったキムは、仕方なく無人島生活を送ることに。

そして自宅マンションに引きこもっているヒロインの、わたしは、偶然にもキムの姿を見つけます。
キムに興味を持ったわたしは、キムの観察を続け、やがてキムに会いたいという気持ちが強くなっていき、行動を起こすようになっていきます。

本作は、人生に絶望した2人が、ひょんなことから接点をもつという、ファンタジックなストーリーが見どころ。

自殺に失敗したキムは、たまたま漂流した無人島での生活を受け入れ、引きこもりだったわたしは、たまたま見つけたキムに強い興味を持つ。ありえないような偶然を見事な起点にした導入です。

生きる喜びとは何か、人と繋がりたい欲求とは何か。そんなことを教えてくれる作品です。

26位 悲しみよりもっと悲しい物語(2009)|「愛とは相手を想うこと。真の愛情とは何か。」

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。


主人公をクォン・サンウ、ヒロインをイ・ボヨンが務める、純愛メロドラマ作品。
韓国映画界のトップスターが彩る悲しくも美しいストーリーは必見。

また、監督のウォン・テヨンは、詩人として人気を博しており、ロマンチックなセリフや演出にも注目です。

父との他界や母に捨てられた過去を持つ青年、チョルギュと、家族を事故で亡くした少女、ウォン。
2人は、お互いを家族同然に支え合い、一つ屋根の下で共同生活を送っていました。

しかしある日、チョルギュは自分が余命わずかな病気に侵されていることを知り、ウォンのためにできることは何かと考え始めます。

そして行き着いた結論は、信頼できる結婚相手を見つけ出すこと。
死の間際までウォンの幸せを考え抜いた2人の行く末とは……。

詩人としての一面を持つ監督だけあり、独特なセリフ回しや、美しいストーリーが見どころ。自らよりも相手の幸せを第一に考える、愛のもつ本来の形とは何かを深く考えさせられる名作です。

25位 世界で一番いとしい君へ(2014)|「本当の家族愛がここにある。難病を抱える息子と親のハートウォーミングストーリー」


人気モデルでもある、カン・ドンウォンと、『僕の、世界の中心は、君だ』のソン・ヘギョ、そして新人子役のチョ・ソンモクが家族を演じるハートウォーミングストーリー。

17歳という若さで子どもを授かったデス(カン・ドンウォン)と、ミラ(ソン・ヘギョ)は、悩みつつも息子のアルムを出産。

若すぎる出産に戸惑う彼らでしたが、アルムのくれる楽しい毎日を精一杯生きる2人。
しかし幸せな日々はずっと続かないのです。

なんとアルムは若くして肉体が老いていく『先天性早老症』を発症。
16歳を迎えたアルムの身体はすでに80歳を超えたものに。

そんな時、3人の人生をドキュメンタリー番組で紹介することになり、アルムは今までとは違った広い世界知り、ドキドキする事件が起こっていくのでした。

若すぎる妊娠への葛藤や、子どもが抱える難病に対する悩みを超えて、家族の愛を感じることができるストーリー。
愛する人がどんな状況になってしまっても、本気で向き合えば幸せを感じることができるのだと教えてくれる作品です。

24位 まぶしい日に(2007)|「父と子の感情のぶつかり合い。子を想う親の真心を描く。」


実力派俳優、パク・シニャンと、ドラマ「ありがとうございます」で人気子役となった、ソ・シネの2人による心温まるヒューマンドラマ。

パク・シニャン演じる主人公、ウ・ジョンテは、ギャンブルでいかさまをしたことがばれて刑務所に入ることに。
失意の日々を過ごすジョンテの元に、ある日女性が面会に現れ「あなたには7歳になる子どもがいる」と告げます。

突然の事実に戸惑うジョンテでしたが、子どもと数ヶ月間一緒に過ごしてくれたら留置所から保釈してくれるという話を聞き、受け入れることに。
そしてジョンテは突然現れた自分の子ども、ジュンと暮らし始め、ジュンが向けてくる全力の感情によって少しずつ他社を愛する喜びを覚えていくのでした。

ジュンが向けてくる全力の感情に動かされていくジョンテの変化が印象的な作品。
感情を殺して欲望を追い求める。

そんな大人の世界で過ごしてきたジョンテを通して、失いかけていた本当の愛情を再発見できるストーリーになっています。

23位 天国への郵便配達人(2009)|「死者に口は無いけれど手紙は届く?ハートウォーミングラブストーリー。」

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。


キム・ジェジュンとハン・ヒョンジュによる、心温まるファンタジーラブストーリー。
監督にイ・ヒョンミン、脚本を手掛けたのは『ロングバケーション』の北川悦吏子の日韓合作映画です。

『死者と生者を繋ぐポスト」草原の中にぽつりと佇むポストは、いつからかそう呼ばれるようになっていました。
7年前に亡くした母への気持ちを手紙にし、ポストへやってきた少女、チョ・ハナは、自らを『天国の郵便配達人』と呼ぶ青年、ミン・ジェジュンに出会います。

時給2万ウォンで一緒に働かないかと言われるハナは、ジェジュンの仕事を手伝うことになり、死者の手紙を届けることに。
その仕事とは、死者の手紙を残された人に届けること。死者の手紙を通して心が救われていく彼らの姿を見て、やりがいを感じるハナ。そしてジェジュンはハナに惹かれていきます。

残された人の気持ちを『死者の手紙』という形で癒していく、人の優しさを描いたストーリー。
ジェジュンとハナの懸命な姿に心を打たれます。

また、ジェジュンの美しい姿も必見。キム・ジェジュンファンの方には必ず見ていただきたい作品です。

22位 Be With You ~いま、会いにゆきます(2018)|「雨の季節にまた会いましょう。妻の残した言葉が奇跡を起こす。」


2004年に日本で映画化された小説『いま、会いにゆきます』を韓国で再映画化した作品。
主演は、『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジンと、『ごめん、愛してる』のソ・ジソブ。
公開わずか15日間で、200万人を動員するという大ヒットラブストーリーです。

愛する妻、スアを失ったウジン。スアはその死に際に「雨の季節に戻ってくる」という約束をしてこの世を去っていきます。
そして1年後の梅雨、約束通りスアはこの世に帰って来たのですが、彼女はすべての記憶を無くしていました。

ウジンは、自分が夫だったことを伝え、2人は再び恋に落ちます。
2回目の初デートや初恋を経て、幸せな時間はずっと続くかのように思われましたが、時間はあっという間に過ぎていきます。

日本でも大ヒットした映画だけあり、約束された名作と言える作品です。
純愛ラブストーリーを得意とする韓国映画界で再映画化することによって、大切な人を想う気持ちが強く描かれた作品となっています。

21位 僕の、世界の中心は、君だ。(2005)|「あのセカチューを再映画化。独自の切り口で描いた美しいストーリー。」


日本で2004年に公開された映画『世界の中心で愛を叫ぶ』を韓国で再映画化。
主演は、『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョンと、『秋の童話』のソン・ヘギョ。

日本の映画とはまた違った切り口で作られており、日本版を見た方でも楽しめる作品になっています。

主人公は、平凡な男子高校生のスホ。そしてヒロインは、スホに恋心を抱く学校のマドンナ、スウン。
スウンは、スホのことを中学校時代から意識しており、スホに近づこうと必死。

スウンの気持ちになかなか気づかないスホに、スウンはポケベルにメッセージを託して告白し、2人の幸せな日々が始まるのですが……。

日本では『セカチュー』の呼び名で大ヒットとなった原作を、韓国映画界の名俳優を抜擢し、再映画化することで、新しい作品として生まれ変わっています。

初恋という人生で1度きりの甘酸っぱい出来事を題材とし、初めての恋だからこそ相手を本気で愛することが出来る、そんな青春の姿を描いています。

20位 タクシー運転手 ~約束は海を越えて~(2015)|「タクシー運転手が見た光州事件の真実。男たちの矜持が光る。」


1980年に起こった、光州事件における実話を題材に映画化した作品。
監督は、『映画は映画だ』や、『高地戦』で有名な、チャン・フン。光州事件で起こった事実を、タクシー運転手の目線という、異色な切り口から描いています。

本作の主人公は、光州事件の折、ドイツ人記者のピーターを乗せて光州へと向かったタクシー運転手のキム。
10万ウォンという高額な運賃を得られることから、検問を避けながら光州へ入っていくキムでしたが、そこで目にしたのは、軍による非道な暴虐の数々。

真実を報道するために奮闘するピーターの意思から、キムも真実を伝える必要性を感じ、なんとか記録を持ち帰ろうとするのでした。

ピーターの信念と、真実を目のあたりにしたことで、ある決意が生まれたキムの熱いタッグが見どころ。
現実に起こったことを題材としているのですが、語るにはあまりにも残酷な現実を、それでも嘘偽りなく伝えようとした、男たちの姿勢に心打たれます。

19位 JSA(2000)|「国境を越えた兵士たちの友情。人間と国籍の意味とは。」</</div>


作品のタイトルになっている『JSA』という単語は、『共同警備区域』と言い、韓国と北朝鮮の軍事境界線上にある、約6.5haの区域です。

JSAでは、韓国軍と北朝鮮軍の兵士たちが共同で活動しており、本作は、両国の兵士が、ふとしたきっかけから友情を育むことになるストーリーとなっています。

物語は、JSAにおいて、北朝鮮軍の兵士が韓国軍兵士によって射殺されることを発端として展開。
目撃者である両軍の兵士たちは、お互いに異なる証言をするため、真実を確認することはできずにいました。

そこで、中立国のスイス軍将校が、事件の真相を解明すべく調査を始めるのですが、調査を進めるにつれて、証言とは異なった真実にいきつくのでした。

本作は、デリケートな『JSA』という題材を扱い、人々の心に深い問題意識を投げかけた社会的名作。
韓国では583万人もの観客を動員し、一時社会現象にもなった、歴史的作品と言えます。

国境を越えた人間本来のもつ友情意識について考えさせられる名作です。

18位 あの日、兄貴が灯した光(2016)|「D.O.とチョ・ジョンソクが見せた本当の兄弟愛がここに。」


主演の俳優に、人気K-POPアイドルのD.Oと、『建築学概論』などで人気の、チョ・ジョンソクを起用したヒューマンドラマ。

主人公は、D.O.演じる柔道選手のコ・ドゥヨンと、ジョンソクが演じる、詐欺の前科持ちである兄、コ・ドゥシクの2人。

2人は、兄弟ながらも、15年間会うことがなく、兄のドゥシクは詐欺の罪で服役中でした。
しかしある日、弟のドゥヨンが事故により視力を失ったことを知り、彼の保護者になるために仮釈放を許可されます。

15年ぶりの再会に、2人は今まで抱えていた感情をぶつけ合い衝突。ドゥシクの用意した食事に手も付けないドゥヨンでしたが、ある一言をきっかけに融和へと向かっていきます。

長い間合っていなくても、兄弟はまた分かり合える、そう思わせてくれる作品。
15年もの年月が流れていても、服役中でも駆けつけてくれる兄、ドゥシク。

ドゥヨンが不幸のどん底に落ちた時にやってきてくれた兄、ドゥシクに、兄弟愛の真の形を見る、そんな作品に仕上がっています。

17位 猟奇的な彼女(2001)|「僕の彼女は最強です?ウェブドラマ原作の痛快ラブコメディ」


キム・ホシクが投稿したネット小説を原作としたラブコメディ作品。
韓国のパソコン通信『ナウヌリ』で連載された小説で、書籍として出版されると10万部を超える人気作となりました。

本作は、兵役あがりの大学生キョヌと、何においても『最強』な女の子である『彼女』の出会いと、痛快なラブコメディストーリーを描いています。

彼女は、とにかく最強で、向かうところ敵なし。さらに、口癖は「ぶっ殺されたい?」で、少々DV体質という困った性格。
そんな彼女に振り回されるキョヌは、彼女のDV体質が、過去の出来事を原因としたことだと知り、本当の彼女と向き合うため懸命に理解しようとします。

コメディタッチで描かれた作風が強く支持され、人気を得た作品。
本作のヒットにより、『猟奇的』という単語が流行し、言葉のもつ意味すら変えてしまう程の影響力を与えました。

DVという重い要素を扱ってはいますが、全体をとおして明るい雰囲気でストーリーが進むため、誰でも視聴しやすい作品になっています。

16位 純情(2016)|「今は苦い若かりし頃の思い出。初恋の人から届いた手紙の意味とは。」


人気K-POPアイドルの、D.O.と、ドラマを中心に人気の女優、キム・ソヒョンによる純愛ラブストーリー。

D.O.が演じるボムシルは、ラジオDJとして活動している青年。
ある日番組に届いたリクエストを開くと、それは23年前に別れた初恋の相手からの手紙でした。

リクエスト曲『Dust in the Wind』のメロディーと共に思い返される23年前の思い出、そして舞台は1991年の夏へと移っていきます。

ボムシルは、地元に住む少女、スオクに恋心を抱いていましたが、スオクは彼女の主治医であるキムに好意を持っていました。
彼女の気を引くために心無い言葉を放つボムシル。
そして誤解だけを残し、ボムシルはスオクの前から姿を消します。

それから23年後、ラジオDJをするボムシルに届いた彼女からの言葉とは……。

若気の至りという言葉が合う作品。
ころの苦い思い出を胸に23年間の時を過ごしてきたボムシルに届いたスオクからの手紙。

誰しもが持つ心のわだかまりに対し、手紙というアンサーを投げかけることによって、自らの愚かさや、隣人の大切さを知ることが出来る作品です。

15位 サニー 永遠の仲間たち(2011)|「最も輝いていた女子高生時代。仲良しグループ『サニー』は再び集まるのか。」


あの人気デビュー作『過疎スキャンダル』を手掛けた、カン・ヒョンチョル監督によるヒューマンドラマ。
仲良し女子高生グループ『サニー』のメンバーだった7人が、25年ぶりに再会。輝いていた過去の思い出話をベースにストーリーが展開していきます。

かつて『サニー』のメンバーだった主人公のイム・ナミは、25年ぶりに高校時代の友人である、ハ・チュナと再会します。

久々に再開したチュナは、重い癌を患っており、もってあと2ヶ月。最後に仲良しグループ『サニー』の仲間たちに会いたいと告げ、チュナは『サニー』の仲間たちを探しに奔走します。

本作は、ナミの回想シーンをメインにストーリーが進みます。かつて楽しかった女子高生時代と、現在の状況を交互に映すことにより、昔と今のギャップを感じさせる作りになっています。

チュナのくれたきっかけにより、友人との絆を思いだすことができたナミを通じて、友人たちとの絆の大切さ、若いころの美しい思い出の尊さを感じることができる作品です。

14位 大好きだから(2017)|「他社の身体に乗り移る?不思議体験が与えてくれた、心温まるストーリー。」


『猟奇的な彼女』で主演を務めた、チャ・テヒョンが主人公のラブコメディ作品。
主人公の青年、チン・イヒョンが、事故をきっかけに、他者の身体に乗り移れるようになり、愛する彼女にプロポーズをしようと奮闘するストーリー。

物語の発端はイヒョンの事故。不幸にもプロポーズを決めた当日に事故に会ったイヒョンは、記憶をすべて失い、昏睡状態になってしまいます。
しかしイヒョンは、自らの身体から精神だけ抜け出し、他者に乗り移れる能力を得ていました。

そんな不思議な力の秘密を知った女子高生、スカリーの助けを借り、様々な人の身体に乗り移りながら、元の自分に戻れるよう奮闘するのでした。

本作は、いろいろな人の身体に乗り移りながら、その人の人生を一時的に体験するという異色な展開にあります。
乗り移った人たちは、それぞれ悩みを抱えており、なぜか毎回イヒョンがそれを解決することに。

人それぞれに悩みがあり、想いがある。普通はあり得ない、ほかの人の人生を体験することで、複数の心温まるストーリーが展開されていきます。

13位 建築学概論(2012)|「きっかけは『建築学概論』。そして15年経った今も……。」


韓国国内で400万人以上の観客を動員した恋愛映画。400万人という数字は、当時の韓国映画として歴代1位の興行記録。
主演は『夜は彼らだけの時間』でデビューしたイ・ジェフンと、アイドルグループ『miss A』元メンバーのペ・スジ。

イ・ジェフン演じる主人公のスンミンは、建築学科の大学1年生。『建築学概論』の授業で、出会った音楽家の学生ソヨン(スジ)とスンミンは、学園生活の中で次第に深い間柄になっていきます。

しかし、自分の想いを伝えられずにいるスンミンは、あるすれ違いからソヨンと離れてしまい、長い年月が経ちます。

そして15年たったある日、建築士を営むスンミンの前に、ソヨンが現れ、家の設計を依頼。再開した2人は再び共に歩み始めます。

小さなきっかけから出会った二人が、15年の時を超えて、また同じきっかけにより再開するというドラマチックなストーリー。
誰にでも1人はいる、『かつてのあの人』がもう一度目の前に現れてくれたら……そんなことを実現したラブストーリーです。

12位 恋愛の温度(2013)|「ぶつかって分かることもある?ドタバタ社内恋愛ストーリー。」


イ・ミンギとキム・ミニが同じ銀行に勤める銀行員を演じ、若者の恋愛事情を映し出します。
社内恋愛を3年間続けてきたカップルが別れ、お互いの不満や未練などをぶつけ合うという独特な切り口でスタートするラブコメディ作品。

分かれた2人はお互いにいがみ合い、相手に嫌がらせをするなど、行動がエスカレート。付き合っていた時には考えられない、本心の応酬がはじまります。

しかし、付き合っていた時よりも、別れた後の方が様々な感情が湧いてくることに気が付いた2人は、やがてお互いの本当の気持ちを理解し、復縁しようと再び近づくのでした。

本作は、恋愛における気持ちの建前と本音を、コメディタッチで上手に描いた作品です。
誰しも付き合っている時はどうしても相手に本心が見せられず、建前での付き合いになることもあるはず。

一度分かれたからこそ、遠慮なく自分の本心をさらけ出せる。本心をさらけ出すことは、お互いを理解し合う一番の近道なのだと気づかせてくれる作品です。

11位 あなたの初恋探します(2010)|「「あなたの初恋探します」淡い思い出を辿る旅を始めましょう。」


2006年にミュージカルとして発表された作品を映画化した作品。
初恋の相手を探してほしい女性と、初恋の相手を探しだす仕事をしている男性が繰り広げるラブストーリー。

主人公の男性キジュンは、今の仕事に嫌気がさして企業。初恋の相手を探しだす会社というなんともユニークな事業を始めます。
そこにやってきたのは、インドに向かう飛行機で出会った男性が忘れられない女性、ジウ。

しかし初恋の男性について分かっているのは、キム・ジョンクウという名前だけ。
とうてい探しだすことは難しいと思ったキジュンは乗り気になれませんでしたが、ジウの誠実な態度を知るうちに、協力しようという気持ちになっていきます。

人生において最もロマンチックな思い出とも言える『初恋』。どれだけ年月が経っても忘れられない初恋を探しだすという、なんとも美しいストーリーに心を奪われます。

もし初恋の相手に今会うことが出来たら……。そんな切ない思いを形にしたロマンチックな作品です。

10位 私を忘れないで(2016)|「失った過去と手に入れた今。記憶喪失の彼がとった選択とは。」


『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンと、『彼女を信じないでください』のキム・ハヌルの共演により、一躍話題作となったラブストーリー。

主人公は、交通事故により記憶を失ってしまった青年、ヨン・ソグォン。
10年間の記憶を失ったまま生活を送るソグォンの前に、1人の女性が現れ、2人は共に暮らし始めます。

しかし、彼の記憶の底から1人の女性の笑顔が思い返され、気になって仕方がなくなるソグォン。

彼女の正体は誰なのか。新たな生活を受け入れつつも、記憶の中の女性が忘れられない。
やがて彼女の正体に触れることになるのですが、その正体とは……。

本作はウソンとハヌルの迫真の演技が見どころ。
記憶喪失という特殊な状況を見事に演じぬいたウソンと、優しく寄り添うハヌルから目が離せません。

知らないからこそ起こってしまう事実もある。気が付いた時には遅すぎる。
人生にはそんな後悔が1つはあると思いますが、本作はまさにその『後悔』を悲しくも美しく描いた作品と言えます。

9位 今日の恋愛(2015)|「近くにいたのに気づけなかった。幼馴染の尊さに気付かせてくれるラブストーリー。」


イ・スンギと、ムン・チェウォンによる、ラブストーリー。
幼馴染の2人が、紆余曲折あり、やがてお互いの大切さに気付くという心温まる物語。

スンギ演じる主人公、ジュンスと、チェウォン演じる幼馴染のヒョヌ。
2人は18年来の付き合いで、辛いときには支え合うような大切な仲。

しかし、2人にはお互いに恋人がいて、あくまでも友人としての付き合いを続けていました。

ある日、ジュンスが彼女に振られたことをきっかけに、ヒョヌとの距離が急接近。
昔からヒョヌが好きだったジュンスは、あらためて彼女のことを意識するようになります。
そしてヒョヌは、現在の彼氏との関係を考えるも、ジュンスのことが気になりだします。

幼馴染関係の2人は、幼いころから知っている一面や、本音での付き合いができる関係というかけがえのないものに気付き、惹かれていくのでした。

幼馴染という特別な関係を、友情と恋愛の面から描いた作品。
初めから、お互いの帰る場所は決まっているのではないかと思わされる物語です。

8位 私の頭の中の消しゴム(2004)|「愛する人がどんなに変わっても支え続ける。純愛ラブストーリー。」


2001年に日本で放送されたテレビドラマ『PureSoul~君が僕を忘れても~』を原作とする、韓国映画。
『若年性アルツハイマー』という、重い病気を題材に扱っており、愛する人が変わりゆくさまと、それを支える真実の愛を描く。

ストーリーは、チョン・ウソン演じる、建設工事の現場監督として働くチョルスと、ソン・イェジン演じる、社長令嬢のスジンが、恋に落ちるところから始まります。

立場や環境は違えど、お互いに惹かれ合い結婚した2人。
幸せな日々を過ごす2人だったが、妻のスジンが若年性アルツハイマーに侵されていることが判明。

徐々に記憶が消えていくスジンに戸惑うチョルスでしたが、彼は彼女がどんなに変わってしまっても愛し続け、支え続けることを決意するのでした。

愛する人を本当に愛し続けるという決意と、変わっていく人を見守ることの難しさ、そして尊さを知ることが出来る作品。
人間の持つ『愛』という感情の素晴らしさを再発見できる、純愛ラブストーリーです。

7位 怪しい彼女(2004)|「70代のおばあさんが20歳に若返り!?さらに歌手デビュー!?」


シム・ウンギョンと、ナ・ニムが、1人の女性を演じるという話題性に満ちた作品。
主人公のおばあさん、マルスンが、ある日突然20歳の姿に若返り、再び人生を謳歌するというファンタジーストーリー。

20歳に若返ったマルスンは、かの名女優、オードリー・ヘップバーンの名をもじり、オ・ドゥリと名乗ります。
元々歌が得意だったドゥリは、カフェのステージで歌を披露。たまたま居合わせた男性、ジハに頼まれて歌手としての活動を始めます。

やがて歌手として成功を収めていくドゥリ。しかし、若い姿でいるにはある条件を守る必要があり、その条件の岐路にたたされる彼女の選択は……。

「もし自分が若返ったら」というifから始まるパワフルなストーリー。
老いてからもう一度人生を送ってみたいという空想を見事に映像化しています。

元々が強気なおばあさんだっただけあり、ドゥリの性格が若さの割に堂々としていて重い白いです。
しかも歌声が美しいこともあり、痛快なストーリーに仕上がっています。

6位 ビューティー・インサイド(2015)|「本当の美しさは内面にこそある。123名の俳優が描く、愛のストーリー。」


なぜか毎日外見が変化してしまうという、不思議な悩みを抱える主人公を中心に描いたラブストーリー。

変化する姿の中には『陽だまりの彼女』で有名な、上野樹里も出演。一作の中で1人の役を多くの俳優が務めたことで話題を呼びました。

本作中で1人の役を演じた俳優の数はなんと123名。
長い映画の歴史の中でも、1人の役をこんなに多くの俳優が演じた作品はほかにありません。

主人公のウジンは、18歳を過ぎた頃から、目が覚めると姿が変わってしまうという妙な体質の青年。
常に姿が変わってしまうため、インターネットで家具をデザインする仕事を営んでいた彼ですが、ある日家具店の店員であるイスに一目ぼれ、ウジンはその店に毎日通い続けるのでした。

本作の見どころは、まさに人の本質は内面にあるということです。
ウジンの姿は変わってしまっても、イスに対する思いは1つ。本当の愛とは一体どこにあるのか、『愛』のありかについて深く考えさせられる作品です。

5位 男と女(2016)|「厳しい現実を目の前に癒しを求める男と女。心の闇を抱えるミドルエイジストーリー。」


チョン・ドヨンとコン・ユによる、ミドルエイジの男女がお互いを求めあい、不倫関係になっていく物語を描いたラブストーリー。

ドヨン演じる主人公サンミンは、アパレルメーカーの社長。
妻子ある身で、事業も順調。何一つ不満の無い人生を送っているように見えた彼でしたが、実は精神的な障害を持つ息子がいたのです。

そこに現れたのは、コン・ユ演じるヒロインのギホン。
彼女にも障害を持つ娘がおり、同じ悩みを持つ者同士、2人は自然と惹かれ合い、不倫関係になっていきます。

本来癒しの場であるはずの家庭に息苦しさを感じていた2人は、お互いの関係に癒しを感じ始め、やがて依存関係になっていくのでした。

家庭という逃れようのない環境と、任に疲れた2人が癒しを求める姿は、不義な関係と分かってはいても、理解できる苦しみでもあります。

本当に疲れた時、誰でもない誰かに癒されたい。
自分を全く知らない人に甘えたい。そんな人間の本質的な気持ちを描き切った作品です。

さらに、不倫に対する男女間における価値観の違いを見事に表現しており、2人の立場から物語を見ることで、全く違った印象を受ける作品でもあります。

4位 二度目の初恋!?が、やってきた(2014)|「突然始まる同居生活!?ドタバタラブコメディー作品。」


ノ・ミヌとイ・チョンアが演じる2人が、突然1つ屋根の下で生活を送るラブコメディ作品。

ミヌが演じる主人公ミニョクは、芸能人との噂をたびたび流されるほどの人気作曲家。
しかし彼は、高校時代に出会った初恋の相手を忘れることができずにいました。

そこに突然現れたのは、チョンアが演じる記憶喪失のヒロイン、エリカ。
彼女はここが自分の家だと言い、唐突な同居生活が始まってしまします。

始めは混乱していたミニョクでしたが、破天荒なエリカの姿になぜか初恋の相手の姿を重ね合わせるようになり、なんだかんだ同居生活は続くのでした。

本作の見どころとしてまずあげたいのは、男性ながらも美しいノ・ミヌの魅力。
整った顔立ちとルックスは、その姿自体が癒しと言えるほどです。
また、本作はコメディタッチで描かれており、日本の少女漫画が好きな方におすすめできる作品とも言えます。

唐突なきっかけから、お互いのことを徐々に理解し、やがて恋に落ちる。
王道ストーリーを見事な演出で盛り上げることで、不朽の名作に仕上げています。

3位 ただ君だけ(2011)|「今を懸命に生きる、ただそれだけで人生は美しい。」


チャップリンが演じた名作『街の灯』題材に作成されたラブストーリー。
ボクサーの夢にやぶれ、不本意にも傷害事件を起こしてしまう青年が、目の不自由な女性の出会いをきっかけに、諦めかけた人生を懸命に生きようとする物語です。

ソ・ジソプ演じる主人公の青年、チョルミンは、かつて名の知れたボクサーとして活躍していましたがボクサーの道に失敗し、借金の取り立て屋になります。
しかし、取り立ての現場で事故を起こしてしまい、やむなく服役することに。

そして出所後、飲料水の配達員の仕事と駐車場の料金所というダブルワークの生活を送っていた彼の下に、ハン・ヒョンジュが演じる目の不自由な女性、ジョンファが現れます。

ジョンファの目が不自由な原因が、自らが起こした事故にあるということを知ったチョルミンは、彼女の手術費を稼ぐため、賭博格闘試合に出場することに。

誰もが夢を手にすることができるわけではなく、目指した夢を失敗することもあれば、思いもしない落とし穴が待っていることもあります。

本作は、そんないたずらな運命に翻弄されつつも、新たな運命の道で見つけた大切なものを懸命に守ろうとする、人間の諦めない心を美しく描いています。

2位 ファイヤー・ブラスト 恋に落ちた消防士(2012)|「自らを許せない消防士と心臓外科医。お互いの心の傷を共有する2人の関係は……」



『白夜行 -白い闇の中を歩く-』や『高地戦』のコ・スと、『ただ君だけ』や『王になった男』のハン・ヒョジュが共演し、話題を呼んだ作品。
3年前に妻を失った消防士と、心臓外科医の女医によるラブストーリー。

主人公のガンイル(コ・ス)は、多くの人命を救ってきた消防士だが、3年前に妻を失った傷を心に抱えており、人に心を開けずにいました。
そこに現れたヒロインのミス(ハン・ヒョジュ)は、救急病院の心臓外科医。

2人の出会いは、決して良いものではありませんでしたが、やがてお互いの心に抱える共通の問題点を知ることによって、距離が縮まっていきます。
いつしかお互いを癒しの存在として認識し合う2人。心の傷を持った男女の関係を描いた心温まる作品です。

本作は、過去の失敗から心を閉ざした男女が出会い、感情の融和を果たしていく物語を描いています。

人間にはどうにもできない出来事はあると理解していても、自分で自分が許せない。
そんな悩みを抱えた男女が出会うことによって互いの傷を癒す姿に、自分を重ねて見る方もいるのではないでしょうか。

自分で自分が許せないのなら、他の誰かが許せばいい。
自らの中の『過ちと許し』を題材に、美しいストーリー展開を見せる作品です。

1位 あなた、そこにいてくれますか(2016)|「もし、もう一度会えたら。過去と今に揺れる男の、純愛ラブストーリー。」


フランス人作家、ギヨーム・ミュッソによる小説が原作の純愛ラブストーリー。
タイムスリップというファンタジー要素を組み込みつつ、物語を切なく仕上げた見る者の心を動かす名作。

主人公は『海にかかる霧』のキム・ユンソクが演じる中年医師、スヒョン。
カンボジアで医療ボランティアを行っていたスヒョンは、乳児の手術のお礼として、何でも願いがかなうという薬をもらいます。

30年前に恋人を失った経験を持つスヒョンは、彼女に一目会いたいという願いをかなえるために薬を飲みます。
すると30年前にタイムスリップ。
目の前で生きている彼女に再会したスヒョンは、医師として彼女を救いたいと思うようになります。

しかし彼女を助けると未来が変わってしまい、今の娘が生まれないことになってしまいます。残酷な現実を前にスヒョンの取った行動とは……。

本作の見どころは、『かつて愛した人』と、『今愛している者』のどちらを選ぶかという究極の選択を迫られるストーリーです。
過去の気持ちも今の気持ちも嘘偽りはなく、本当に相手を愛しているからこそ、どうしようもないジレンマに苦しむ。

過去にもどれない人生だからこそ抱えるジレンマを、タイムスリップという要素を使うことで見事に表現している作品です。

まとめ


韓国映画のお家芸とも言える恋愛映画や純愛映画。
こうして見ると個性豊かな作品が揃っていることがわかります。

韓国作品の共通点として、見た人の心を温かくしたり、優しく揺さぶり動かしたりする物語が多く、映画を見終えたことには、じんわりと温かい気持ちが残る感覚を感じられると思います。

今回紹介した作品の多くは、動画ストリーミングサイト、dTVで見ることができます。
dTVは韓国映画のラインナップにも強く、かつて話題になった作品もオンラインですぐ見ることが出来ます。
今回のランキングが気になった方は、今すぐdTVに登録して、心温まる韓国映画の世界に浸っちゃいましょう。

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
TOP