※紹介されている作品は、記事掲載後に配信状況が変更されている場合がございます。最新の配信状況はdTV公式サイトにてご確認ください。


日本の映画でも、『バトル・ロワイヤル』や『悪の教典』のように、残虐な殺人やバイオレンスで刺激の強い作品というのは人気があります。
今まであまりバイオレンス作品を見たことがない方は、何を見たらよいかわからないという方も少なくないのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ホラーよりの作品から、命がけの戦いを描いたハラハラドキドキする作品など、さまざまなジャンルのバイオレンス作品をランキング形式で30作品も紹介していきます。
この記事を読めば、お気に入りのバイオレンス作品を見つけることができます。

【30位】ファイトクラブ



主人公の「僕」は、保険会社に勤めて全米を飛び回り、ステキなマンションに住み、おしゃれな家具に囲まれ、不自由ない暮らしを送っていました。
しかし精神的にはとても退屈していて、不眠症に悩まされていました。

仕事で忙しい日々を送る「僕」は全米を飛び回っていたある日、飛行機の中でせっけん屋をしているというタイラーと出会います。タイラーと名刺を交換し、家に帰ると自宅マンションが爆破されていました……。

行くあてのない「僕」は、先ほど名刺を交換したタイラーに泊めてほしいと連絡すると、彼はあっさり承諾します。
そして彼の元へ行くと、「俺を精一杯殴ってくれ」と頼まれます。戸惑いながらもタイラーを殴ると、彼も「僕」を殴り、殴り合いになりました。しかしその日はボロボロの寝床だったにも関わらず、ぐっすり眠れたのです。

その日から、「僕」とタイラーは駐車場で殴り合うようになりました。
すると、ファイトに興味を持った男たちが徐々に参加してきたのです。
そこで「僕」と「タイラー」は殴り合いをするための「ファイトクラブ」を設立することになったのですが……。

【29位】バイオレンス・マックス



90分という短い映画なので、少し時間で視聴できるのもおすすめポイントです。
また格闘シーンだけでなく、バイクアクションなど乗り物に乗ったアクションシーンも見どころの作品です。

8年前、愛する妻と自由、そして息子との生活も奪われたストリートレーサーのマックスは、暴走行為の罪で刑務所に収容されていました。
しかし獄中で17歳になった息子のテオが、犯罪組織と関わりハッカーをしていることを知ります。
そしてマックスはテオを止めるために、刑務所を脱獄することを決意します。

マックスは脱獄に成功し、息子のテオと再会します。
しかし母が死んだのはマックスのせいだと思っているテオは、マックスと関わろうとしません。
それでもなんとかテオを止めたいマックスは、犯罪組織の女リーダーのダフネと取引することに……。

ダフネはテオを救い出したいのなら、「ニトロ・ラッシュ」という新型合成麻薬の精製データを盗み出してほしいというのです。しかしその精製データは、森の奥にある厳重に警戒されている研究施設にあります。マックスはその施設に向かうことにしますが……。

【28位】 バンク・ジョブ



こちらは2008年に公開されたイギリスの作品で、英国政府の徹底した報道規制によって隠されてきた実話を基につくられています。
銀行強盗によって奪われたのは、お金だけではなく英国王女のスキャンダルや政府高官の裏の顔がわかってしまう写真が含まれていたのでした。

強盗団がロイズ銀行の貸金庫に侵入し、数百万ポンドの現金と宝石類が盗まれるという事件が発生。
発生翌日から数日間トップニュースとして報道されたこの事件は、あることをキッカケに突如として放送されなくなりました。
そして手掛かりはあったものの、犯人を1人も逮捕することができなかったのです。

実は犯人たちが盗んだもののなかには、英国の王女のスキャンダルが含まれていたため、報道規制がかかりました。
このことが原因となり、実は犯人たちはただの小悪党の集団だったのですが、プロの刺客から狙われます。
1人また1人と追い詰められる犯人たちと、刺客の格闘に注目です。

【27位】東京喰種 トーキョーグール



石田スイ先生原作の同名の大人気コミックを実写映画化した作品です。
“ヒト”と同じ形をしていますが、人間の肉を食べることでしか生きられない「喰種(グール)」と人間が共存する東京を舞台としています。

主人公のカネキは、大学へ通う本が好きなごく普通の人間でした。
しかし「あんてぃく」という喫茶店で出会ったリゼと出会い運命が変わってしまいます。

カネキはリゼと食事をした帰り、突然実は喰種だったリゼに襲われますが、リゼと共に工事現場の落下事故に巻き込まれ一命を取り留めました。
しかしカネキはこれをキッカケに、リゼの臓器を移植され半喰種となってしまいます。

カネキは人間の食べ物を受け付けなくなり、“ヒト”が食べたくなるほど空腹に襲われます。
そんなときに、カネキが出会った人間が好きな喰種が集まる「あんてぃく」の仲間が、喰種だというだけで人間に殺されます。

そしてカネキの目の前に喰種を駆逐することが目的の組織CCG捜査官が現れます……。

【26位】ゴシカ

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



ミランダ・グレイは夫であり医者でもあるダグラスと共に、鬱蒼とおおい茂る森の奥の女子刑務所精神科病棟で働いていました。
そこで毎日、心を病んだ女囚たちの話を聞き、心理分析や治療を行っていました。
しかしクロエという女囚には治療の効果がまったく見られず、「悪魔に犯された」と訴え続けることが気がかりとなっていました。

ある日、視界が悪くなるほどの激しい雨の中、車で家路についていたミランダは道にぼんやりと立っている少女を目撃します。
その少女をよけるために、車を大破させてしまったミランダはそのまま気を失ってしまいました。

ミランダが目を覚ますと、ミランダは自分が働いていた精神科の独房にいたのです。
そして病棟を訪問してきた医師のピートは、ミランダに驚愕の事実を突きつけます。
それはミランダの夫・ダグラスがミランダに惨殺されたということでした。

まったく身に覚えのないミランダは無実を訴えますが、誰もミランダの言葉には耳を傾けません。
ミランダは森で見かけた少女を探すことにしますが、その少女はすでになくなっていたのです。
そのとき、ミランダの腕には「Not Alone」の血文字が浮かび上がります……。

【25位】プロムナイト

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



1980年に公開されたカナダ映画で、「復讐」をテーマにした恐怖作品です。
6年前、とある廃校でニック・ウェンディ・ジュード・ケリーの4人は鬼ごっこをしていました。
そこに同級生のキムが、妹のロビンと弟アレックスを連れて通りかかり、ロビンは鬼ごっこに加わりました。

しかしウェンディたちはロビンを見つけると「殺せ、殺せ」と叫びながら、過剰にロビンを追い詰めました。
ロビンはあまりの恐怖に逃げ出そうとして、2階の窓から落ちて命を落としてしまいます。
そしてウェンディたちは、この事件のことは4人だけの秘密としたまま高校生になっていました。

またこの事件はロビンを殺した犯人として、前科のある近所の男が逮捕されて収束を迎えました。

そしてウェンディたちが楽しみにしていたパーティーが行われるプロムの夜が近づくころ、この犯人の男は、警察病院の看護師を人質にとって逃亡していました。
そしてニックたちのもとに、奇妙な電話がかかってくるなど不思議なことが起き始め……。

【24位】パニッシャー

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



FBI捜査官のハワードは、麻薬密売現場に潜入捜査中でした。
ついに仲介人としてマフィアの中心まで入り、麻薬密売の現場を取り押さえることに成功しました。

しかし現場を取り押さえるまでに、激しい銃撃戦となり、マフィアのボス・セイントの息子が命を落としてしまいました。

息子を失ったことでセイントは、ハワードに復讐することを誓います。
そしてセイントはハワードが家族でハワイへ旅行に行くときを狙い、ハワードの家族を皆殺しにします。ハワード自身も瀕死の重傷を負いますが、なんとか一命を取り留めます。

そして今度はハワードがセイントに復讐することを誓うのでした。
ハワードはFBIの道を外れ、悪人を殺して生きることとなってしまいます。

まずはセイントの妻・リヴィアと、セイントの右腕・グラスを狙います。
果たしてハワードとセイントの運命は……。

【23位】JAWS/ジョーズ

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



1975年に公開されたアメリカ映画で、人間とサメの死闘を描いた作品です。
夏の海水浴シーズン真っ盛りに、アミティという小さな海水浴場に遊びに来た若者のグループが海に入ったところ何かに襲われます。

その調査にきた地元警察は、海で人間の肉片を発見し、その形状からサメの仕業だとすぐ気がつきます。しかし観光シーズンにサメのせいで、収益が減ってしまうことを恐れた市長が警察に圧力をかけます。
そしてサメの存在が隠されたまま、観光客を迎え入れていた海水浴場で、2人目の犠牲者が出てしまいます。

この事故を受けて、海水浴場を閉鎖するかどうかを市議会で論議している最中に、漁師のクィントは1万ドルでその人喰いザメを退治するといい出します。
しかしその人喰いザメは想像以上に巨大で、漁師とサメの死闘が始まります

【22位】殺る女


2018年に公開された作品で、日本・韓国・アメリカ・フィリピン・タイ・ミャンマー・デンマークのトップスターが共演した映画です。
また主人公の殺し屋・愛子は、カメレオン女優・知英が演じました。

幼い頃両親を殺された愛子は、胸にサソリのタトゥーを入れているのが特徴である犯人を探すために殺し屋になりました。
その一方で、孤児院育ちの加賀由乃は心に闇を抱えたまま看護師になっていました。

由乃の兄・俊介は元暴力団で、今は堅気として生活していましたが、孤児院時代の仲間に追い詰められていきます。
このことをキッカケに俊介は、由乃やその家族を巻き込む事態を巻き起こします。

そして愛子はその事件をキッカケに俊介の娘・カナと出会います。
愛子はカナに幼いころの自分を重ねていました。いろいろな人々の人生が重なり、愛子の復讐劇に衝撃の結末が訪れます。

【21位】グリーンルーム

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



売れないパンクバンド「エイント・ライツ」にやっときたライブの話は、危険なライブでした。
なんとライブ会場が、極悪非道のネオナチ集団の巣窟だったのです。

ライブ会場は、怖そうな人たちばかりで不穏な空気が漂っていました。
そしてその後、メンバーはライブハウス内で殺人現場を目撃してしまいます……。

口封じのためにネオナチ軍団は、「エイント・ライツ」のメンバーを楽屋に監禁します。
他にも楽屋には、先ほど殺されていた女性の友人だというアンバーも閉じ込められていました。

ネオナチたちが自分たちを殺すつもりだと勘づいたメンバーは、隙を見て見張りの男から銃を奪います。
そして命がけの脱出を試みようとしますが、メンバーを殺そうとしているネオナチたちは、銃はもちろん凶暴に育てられた犬まで導入します。

決死の戦いの果てに、「エイント・ライツ」のメンバーは、無事アンバーを連れて脱出することができるのでしょうか……。

【20位】エンド・オブ・キングダム



こちらは2016年公開の作品で、2013年に公開された「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編です。
物語の舞台は、イギリスのロンドンです。
イギリス首相の葬儀が最大級の厳戒態勢で行われるなか、葬儀が行われているセントポール大聖堂が爆破されます。

各国の首脳陣の乗った車が次々と爆破され、銃撃戦まで始まるロンドン。そんななか、2年前にホワイトハウスで、テロリストからアメリカ大統領を守り抜いたシークレットサービスの凄腕捜査官のマイク・バニングは、アメリカのアッシャー大統領と現場にいました。

マイクはアッシャー大統領と、シークレットサービスの長官リンとともに、その場を脱出します。
ロンドンは100人のテロリストから襲撃され、アッシャー大統領とイギリスの新首相・クラーソン以外の首脳陣は死亡したという情報が流れます。

アッシャー大統領とともに乗ったヘリコプターも銃撃され、リンは命を落とします。
そしてテロの首謀者・バルカウィは犯行声明を発表し、アメリカのホワイトハウスに「大統領を引き渡せ」と要求します。

【19位】ギャング・オブ・ニューヨーク



2002年に公開されたアメリカ映画で、1862年の南北戦争中のアメリカを舞台としています。
ニューヨークのファイブポイントをめぐって争いが激化するなか、アイルランドの移民集団のリーダー・ヴァロン神父がアメリカ側の集団のリーダーのビル・ザ・ブッチャーに殺されます。

このことで事実上アメリカ側の集団・ネイティブズが勝利し、ファイブポイントの支配権を手に入れます。
ヴァロン神父が殺されてから15年の時がすぎ、孤児院に入れられていたヴァロン神父の息子・アムステルダムは復讐を決意し、ニューヨークへ戻ってきます。

アムステルダムは父が殺されたときに使用されたナイフを隠し持ち、父の命日にネイティブズが行っている宴でビルに復讐することを誓います。
アムステルダムは、スリで生計を立てている女・ジョニーと出会い2人で窃盗家業を行います。

これをキッカケとして、ビルの組織に潜入することに成功しますが、ジェニーと許されざる恋に落ちてしまうのでした。

【18位】ボーン・スプレマシー



こちらは2004年に公開されたアメリカ映画で、前作『ボーン・アイデンティティー』に続く『ボーンシリーズ』の第2弾です。
主人公のボーンがCIAと決別してから2年の時が過ぎていましたが、ベルリンで起きたある事件の容疑者としてボーンの名前が挙がります。
一方でボーンは、恋人のマリーと平穏に東南アジアで暮らしていました。

ボーンはマリーと幸せに暮してはいましたが、2年前から悪夢と頭痛に悩まされていました。
この日も女性の悲鳴と銃声を聞く夢を見て目を覚ましました。
その頃、ベルリンでボーンを探すように依頼された男が、ボーンのすぐそばまで近づいてきていたのです。

ボーンは自分の周囲をウロついている怪しい男に気づき、買い出しに出ていたマリーを慌てて車へ呼び戻します。
しかしその直後、マリーは狙撃され車は川へ落下、マリーはそのまま息絶えてしまいます。
これはボーンを狙う暗殺者の仕業で、そこからボーンの復讐が始まります。

【17位】ヒストリー・オブ・バイオレンス



こちらは2005年に公開されたアメリカ・カナダ映画です。
舞台はアメリカの田舎町で、愛する妻と家族と平和に過ごしている男の過去が明らかになっていき、その男が家族を巻き込みながら自分の過去を清算していく物語です。

トムは愛する妻とレストランを経営していて、2人のおしどり夫婦ぶりは近所でも有名でした。
トムが幸せな日々を過ごしていたある日、2人の男が店にやってきて嫌がらせを始めました。
トムはその男たちを怪しんで見ていると、1人の男が銃をかまえます。
その瞬間、トムはコーヒーを男の顔にかけて銃を奪い、撃ち殺しました。

このことはたちまち話題となり、テレビでも連日放送され、トムはすっかり有名人となりました。
おかげでお店はすっかり大盛況となり、いつも満員です。

しかしそんなある日、今度は片目が義眼のマフィアの男・フォガティが店を訪れ、トムに対し「お前はジョーイ」だといいました。
そしてフォガティはトムの周辺をウロつくようになり……。

【16位】ドーン・オブ・ザ・デッド


2004年のアメリカ映画で、1978年に公開された『ゾンビ』のリメイク作品です。
ゾンビといえば動きがゆっくりのものが多いですが、こちらの作品では尋常ではない速さで動きます。

主人公のアナは夫のルイスと寝室で寝ていたところ、隣に住む少女・ヴィヴィアンがひどいケガを負った状態で家に入ってきました。
何事かと思ったルイスは、ヴィヴィアンに近づこうとすると、彼女は人間とは思えない動きでルイスに襲い掛かりました。

ヴィヴィアンはもはや人間ではなくゾンビ化していたのです。
ヴィヴィアンに襲われたルイスは、首からおびただしい量の出血があり死に至りますが、ゾンビとなって再び起き上がりました。

恐ろしくなったアナは、外へ飛び出しますがそこには、ゾンビが人を襲っている地獄絵図のような光景が広がっていました。街には生存者はわずかしかおらず、大量のゾンビが溢れかえっていたのです……。

【15位】トレーニングディ



こちらの作品は2001年に公開されたアメリカ映画です。
血気盛んな新人刑事ジェイクと、法のグレイゾーンのことも行うベテラン刑事アロンゾのデコボココンビを描いた作品です。
ジェイクはアロンゾの指導のもと、予期せぬ事態に巻き込まれていきます。

妻子のために出世を狙うジェイクは、ロサンゼルス市警の麻薬取締課に配属になりました。
そこでベテラン刑事のアロンゾとコンビを組むことになり、ジェイクは彼から麻薬捜査の基本を教えてもらいました。

ジェイクにとってアロンゾは、麻薬のことを熟知していて数多くの事件を解決している憧れの存在でした。
しかし実際アロンゾと組んでみると、摘発するためなら法を侵したり相手が学生でも銃を突きつけて怒鳴ったり、よい行いをしているとはいいがたい人でした。

他にもジェイクがアロンゾを信用できなくなるような出来事は続きます。
ある日アロンゾは、ジェイクをスマイリーというギャングの家に連れていきました。
異変を感じたジェイクはアロンゾに助けを求めると、アロンゾは姿を消していて……。

【14位】闇金ウシジマくん



日本のコミックを実写化した映画『闇金ウシジマくん』は、2012年に公開された作品です。
お金に取りつかれた小川純と鈴木未來が、10日で利子が5割、1日で利子が3割という法外な金利を請求する闇金で働く丑嶋と出会い人生が変わっていく物語です。

イベントサークルを運営する小川純は、借りた会場代を踏み倒す常習犯でした。
ある日純は、金持ちが多数参加しているパーティーで投資家の猪俣と出会います。
純は賭けに勝ったら投資してもらうという約束をして猪俣と勝負して勝ちますが、そこに丑嶋が現れ猪俣を連れて行ってしまいます。

また純とも知り合いのフリーター未來の母親は、丑嶋に借金がありました。
丑嶋は母親の借金を返せと未來にいい、未來は不満を口にしますが出会い系カフェでバイトをして母親の利息分を返すことになります。

一方で丑嶋の闇金から10万円を借りた純は友達の尚也を助けるためにさらにお金が必要となります。
そんななか、純は知り合いに頼み丑嶋を恐喝で訴えてもらいます。

そして5人から同時に、被害届を出された丑嶋は逮捕されます。
高田たちの計らいで釈放された丑嶋は、純を追いかけることに……。

【13位】東京無国籍少女


天才芸術家ともてはやされた藍は、事故で心を病んだあとも芸術系の女子校に通い続けていました。
藍は眠ることさえまともにできない状態で、誰とも交流することもなく、ただただ無心に創作活動をしていました。

そんな状態の藍を心配している保健医は、校長に藍を専門の病院へ入院させるべきだといい続けていました。
しかし校長は藍を再び広告塔として利用するため、頑なにこれを拒んでいました。

藍の才能と特別扱いに嫉妬し、沙羅を中心とした同級生たちは藍に嫌がらせとしていました。
担任はそれに気づいていましたが、藍を目の敵としていたので黙認しています。
藍の幻聴や幻覚は日に日にひどくなっていき……。

この作品のラストでは衝撃の真実がわかり、刺激の強いバイオレンス表現があります。最後武器を手に取ってからの藍に注目です。

【12位】チェイサー



2017年に公開されたチェイサーは、ド派手なカーアクションと母が息子のために体当たりで挑む格闘シーンが見どころの映画です。
夫と離婚し今もまだ親権争い中にカーラは、6歳になる息子のフランキーをウェイトレスとして働きながら育てていました。

そんなある日、フランキーと公園へ遊びに行っていたカーラは、弁護士から電話を受け少し目を話した隙にフランキーを誘拐されてしまいます。
去り際に見た犯人は、2人組の男女で車にフランキーを乗せて走り去っていきます。

慌ててカーラも自分の車に乗り、犯人たちの車を追跡します。たまたまそこにいた白バイ警官に、息子が誘拐されたことを伝えます。
しかし犯人たちは白バイ警官を転倒させ、身代金1万ドルを要求して逃亡します。

カーラは仕方なく近くの警察署に相談しにいきますが、そこに貼ってある行方不明の子供たちの写真を見て絶望します。
カーラは犯人の車を覚えていたこともあり、警察に頼らず自らフランキーを助け出すことを決意するのでした。

【11位】バイオハザード



近未来のアメリカ、ラクーンシティ郊外にあるアンブレラ社の地下施設「ハイブ」で、生物兵器の「T-ウィルス」が何者かによってバラまかれるバイオハザードが発生します。
そこで勤務していたアンブレラ社の社員約500名が「T-ウィルス」に感染したため、人工知能「レッド・クイーン」によって、施設は閉鎖され、中にいた人たちは全員死亡させられました。

アンブレラ社は、表向きはアメリカナンバーワンの大手製薬会社でしたが、実は生物兵器を開発している「軍事企業」だったのです。
「ハイブ」で何が起きたのか調査するため、アンブレラ社の特殊部隊が送り込まれました。

特殊部隊が「ハイブ」内に潜入すると、記憶を失った謎の女性アリスが倒れているのを発見しました。
仕方なく特殊部隊は、アリスを連れたまま内部調査を続行しますが、施設内はアンデッドと化した人々で溢れかえっていました……。

【10位】渇き。



第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した小説「果てしなき渇き」を、「告白」の中島哲也監督が映画化した作品です。
物語が進むにつれて、娘の加奈子の謎が明らかになっていくところもおもしろい作品です。

家族を顧みずに暮らしてきた結果、妻とは離婚し、娘の加奈子からも見放された元刑事藤島昭和が主人公です。
ある日、そんな藤島の元へ別れた妻から、加奈子の行方がわからなくなったと連絡が入ります。
藤島はこうなった原因も考えずに、なりふり構わず加奈子を捜し始めます。

すると、加奈子の部屋から薬物が発見され、加奈子の友達に薬物中毒と思われる人物がいることがわかりました。
藤島は加奈子が薬物関連の事件に巻き込まれたのではないかと予想します。
そして加奈子を捜し続けていると、真面目だと思っていた加奈子の意外な一面を知ることに……。

【9位】クローズZERO



「鈴蘭を制覇すれば王者になれる」という伝説すらささやかれるほどの、鈴蘭男子高等学校は不良の集まりです。
そんな鈴蘭高校に、暴力団滝谷組の組長の息子・滝谷源治が転入してきます。
源治の父・英雄は鈴蘭高校のOBで、今は滝谷組の組長として組を仕切っていますが、鈴蘭を制覇できませんでした。

源治の目的は、「鈴蘭を制覇して、父・英雄の跡を継がせてもらうこと」です。
しかし鈴蘭にはすでに複数の派閥が存在しています。そのなかでも、3年の芹沢多摩雄が率いる芹沢軍団は最大勢力といわれていました。
他にも2年には阪東集団、1年にも制覇には興味がないものの県内最強といわれている「リンダマン」という男もいます。

源治は彼らとケンカをしながら、GPS(源治、パーフェクト、制覇)という派閥を作り、少しずつ力をつけていきます。
そんな中、源治は父・英雄を慕っていたチンピラの片桐と出会います。
片桐も鈴蘭のOBで、源治に鈴蘭制覇の夢を託すようになります。

果たして源治は、さまざまな想いを背負い鈴蘭を制覇することができるのでしょうか……。

【8位】サイレントヒル



ローズの娘シャロンは、夢遊病を患っていて夜な夜な「サイレントヒルへ帰りたい」とつぶやきながら苦しんでいました。
養父母であるローズとクリスは、シャロンのことをとても心配していました。
ローズは、「サイレントヒル」に行けば、何か解決のヒントがあるかもしれないと考えました。

ある夜ローズは、クリスには何もいわずシャロンを連れて、サイレントヒルへ車を走らせました。
しかしその途中、シャロンにそっくりな少女が車の前に呼び出してきて、車は電柱に衝突し、ローズは気を失ってしまいます。

ローズが目を覚ますと、白い灰のようなものが降り注ぐ異様な街にいて、シャロンの姿はどこにもありませんでした。
ローズはシャロンを捜しために歩き回っていると、突如サイレンが鳴り響き、真っ白な街が一変血のような色合いへと変わっていきます。そして異形の化け物がローズの前に現れ……。

【7位】バトル・ロワイヤル 特別編

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



「全国に4万3000個もある中学3年生のクラスの中から、1クラスを無作為に選び、その1クラスの生徒を最後の1人になるまで殺し合わせる」という、恐ろしい新世紀教育改革法・通称「BR法」が公布されました。

これは、不登校の生徒が増え続け、少年犯罪もまた増えている背景をうけて、強い生存能力を持った青年を育てるために作られた法律です。今回もある1クラスが選ばれ、ガスで眠らされた学生たちは、無人島で目を覚まします。

「これからここで殺し合いをしてもらいます」最初は冗談だと受け取った子供たちも、徐々に事実だと気づきます。
なぜなら1人1人凶器を渡され、首にはルールを破れば爆発する首輪がつけられていたのです。

そして3日間の極限のサバイバルが始まります。
同級生を殺す者、隠れる者、自殺をするする者……。こんな状況のなか、子供たちはどうなってしまうのでしょうか。

【6位】オールド・ボーイ

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。



サラリーマンとして平凡な日々を過ごしていたオ・デスは、会社の飲み会の帰りに酔っぱらい娘に電話をかけて、同僚と別れました。
しかしその後何者かに襲われ、目を覚ますとテレビはあるものの窓も何もない部屋に監禁されていました。

テレビからデスの妻が惨殺され、容疑者がデス自身という衝撃のニュースが流れてきます。
しかしデスは部屋から出る手段を捜しますが、どこにも出口はありません。
デスは監禁されている理由もわからないまま、ドアの下の小さな窓から入れられてくる食事を食べ、いつか出たときのために体を鍛えました。

15年が経過したある日、拉致された場所へ解放されたデスは、顔も見たことのない犯人に復讐することを誓います。
その後、ミドという女性と知り合い、彼女に協力してもらうことになります。
デスは監禁されている間食べさせられ続けた餃子を手掛かりに、監禁されていたビルを探し出します。

【5位】セブン/SEVEN



殺人課を志望して転属してきた新人刑事のミルズは、猟奇的連続殺人を担当するベテラン刑事のサマセットとある事件を担当することになります。
1人目の被害者は、極端に太った男でした。
この男は死ぬ間際まで食べ続けさせられたような痕跡が見られ、遺体が発見された現場には「GLUTTONY=大食」という文字が残されていました。

第一の事件が起きた直後、凄腕弁護士のグールドが殺害されました。
グールドの遺体のそばには、「GREED=強欲」と血で書かれていました。
ミルズとサマセットはこの事件の捜査にのぞむことになり、2人はキリスト教の「七つの大罪」になぞらえていると気がつきました。

「七つの大罪」とは、憤怒・嫉妬・強欲・怠惰・色欲・大食・高慢のことです。
そして2人は、この事件の捜査を進めていくうちに、思わぬ方向へ進んでいくことに……。
果たして犯人の目的はいったい何なのでしょうか。

【4位】パージ



舞台は2022年の経済が崩壊したあとのアメリカで、年に一度合法的な殺人「パージ」が行われる日の物語です。
パージの1時間前、裕福な一家の主・ジェームスは、家族とともにロサンゼルスにある豪邸へと戻ってきました。

ジェームスはパージのために、セキュリティが万全な豪邸に住み、パージを告げるサイレンが鳴るなか、家中を完全にロックしました。
そんななか、ジェームスの豪邸の外にケガを負った男が現れ、妻のメアリーはその男を家のなかへ招き入れてしまいます。
ジェームスもこの男を怪しみながらも、ケガをしているので何もできないだろうと判断しました。

しかししばらくすると、マスクをかぶった集団がジェームスの家にやってきて、かくまっている男を出すように要求してきました。
1時間の猶予を与えられたジェームスは、悩んだ末マスクの集団と戦うことを決意しますが……。

【3位】告白


とある中学校の1年B組の終業式の日、担任の森口悠子は突然「娘の愛美はこのクラスの生徒に殺されました」と告白します。
そこから森口は、淡々と娘は警察に事故死と判断されたものの、本当はこのクラスの生徒に殺されたということを延々と語り始めます。その静かなる狂気に、クラスは静まり返りました。

そして森口は犯人を「少年A」「少年B」と呼び、一応少年法を守りながらも、犯人に対する復讐を口にし始めました。事件の関係者の話で、少しずつ真相が明らかになっていくなか、森口は反省していない犯人に対しある罰を与えたといいます。

森口は犯人の牛乳に、エイズで死亡した夫の血をまぜて飲ませたというのです。
エイズは発症するかどうかもわからないし、発症してから死に至るまでも時間があるので、罪を償うには十分時間があると……。
そういって森口は学校をやめ、子供たちの前から姿を消しますが……。

【2位】レオン

詳細を見る

※この作品は現在配信終了しております。


古びたアパートで1人暮らすプロの殺し屋レオンの元を、1人の少女が訪れます。
その少女・マチルダは買い物に出ている間に、家族全員が殺されてしまい、家にまだ犯人たちがいるため帰ることができないとレオンに話しました。
家に帰れば自分も殺されるかもしれないと思い、レオンの部屋を訪れたのでした。

行くあてのないマチルダを追い出すわけにもいかず、レオンはマチルダと同居することにしました。
そしてマチルダは、家族を殺した犯人グループの中心人物・スタンフィールドに復讐したいとレオンに話しました。

無慈悲な殺し屋レオンは、今まで感情が欠落していました。
しかし、マチルダと生活するようになってからさまざまな感情が芽生え、いつしか彼女との暮らしに安らぎを覚えました。
その一方でマチルダも同じ感情を抱くようになっていました。

しかしある日なひょんなことからマチルダは、スタンフィールドの居場所を知り、1人スタンフィールドの元へと向かってしまい……。

【1位】悪の教典


主人公の蓮見聖司は、生徒からはもちろんPTAや他の教員からも評判のよい教師です。
しかし実は蓮見は職場では仮面をかぶっていて、その本性は他人への共感を全く持ち合わせていないサイコパスだったのです。蓮見は自分の気に入らない人がいたら、殺すことも厭いません。

まず蓮見は、自分のことを批判する生徒の親を惨殺しました。
その次は不良の生徒を排除するために、その生徒を殺しました。
一連の事件を受けて、蓮見がサイコパスではないかと疑っていた教師は、ある生徒に蓮見の過去を話してしまいます。

2人の会話を知った蓮見は、教師も生徒も殺害します。
蓮見はそこからどんどんほころびを隠すために、最終的には自分が受け持っていた生徒全員を殺害することを決意します……。

まとめ


この記事では、バイオレンスな表現が多い刺激の強い作品をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
「バイオレンス」とひとまとめにしていますが、ホラーよりの作品やアクションよりの作品など系統はさまざまなものがあります。

今回紹介した作品の多くは、Docomoが提供する動画配信サービス「dTV」で視聴することができます。「dTV」なら初回登録の方は、無料お試し期間もありますので、自分の好きな系統の映画を探すのにもおすすめです。ぜひ登録して、いろいろな映画をチェックしてみてください。

人気まとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめまとめ

@dTV編集部おすすめのまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧

@dTVの注目キーワード一覧

@dTVの注目キーワードをチェックする

注目キーワード一覧
TOP