dTV informationいま見たい動画が見つかる情報総合サイト

2020.4.16 木

乃木坂46メンバー賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜がドラマ「猿に会う」の第1話を楽しく振り返る!撮影秘話が満載のビデオコメンタリー映像を大公開!

乃木坂46出演ドラマ第2弾「猿に会う」のメインキャストである賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜によるビデオコメンタリーを2020年4月16日(木)から配信!

 

‟仲良し女子3人組“がワイワイ話しながら第1話を振り返る!!

乃木坂46出演新作ドラマ「猿に会う」は、教室の少し端っこにいるような仲良し女子大生3人(賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜)が日光への旅行を通じて、殺人事件など様々なトラブルに見舞われながらも、それぞれの人生を見つめ直すロードムービー。4月11日(土)に第2話が配信されSNS上では「3人の演技が可愛い!」「早くドラマの続きが見たい!」といった声がみられる中、メインキャストの賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜が本編(第1話)を観て思い思いにコメントするビデオコメンタリーを4月16日(木)14:00から公開!

キャストの3人は完成した映像を視聴するのは今回が初めて。早速、本編の冒頭で柴田が車を運転するシーンが流れると「本当に運転しているみたい!」「柚菜ちゃんが小さく見える(笑)」と賀喜と清宮がリアクション。さらに先輩メンバーの堀未央奈が登場するシーンでは怪しげなBGMが流れ、「なんかちょっと怖くない?(笑)」「これ1人で見られないかも…」などといったコメントも飛び出した。大学の授業シーンに入ると、ノートの紙で作ったカエルを指で跳ばした賀喜は「めっちゃ褒められたからね、このカエルの跳ばし方!」とカメラ目線で自慢気に話したり、メガネをかけている清宮レイは「この役をしてから、癖で目を細めるようになっちゃった。直さないといけないって思っているんだけどね」と役がプライベートに影響していることをつぶやいた。さらに「私、大学生に見える?」という清宮の問いに「えー!?見えない…小学生みたい(笑)」といった和気あいあいとしたやりとりも。他にも、賀喜が妹役と一緒に目黒川沿いを歩くシーンのセリフがアドリブだったり、撮影期間が長かった為髪の毛が微妙に伸びたなど、撮影秘話が満載です!3人が女子会のように楽しく会話する様子や真剣に画面を見ている表情など、ここでしか見られない映像が盛りだくさんですので是非ご覧ください!

 

<ビデオコメンタリー映像>

https://youtu.be/FBb_D2cL6aw

<予告映像>

https://youtu.be/yutm0PMER14

<TVCM映像>

https://youtu.be/p-Wtyw5qTtM

 

番組公式サイト:https://nogizaka46.dtv.jp

番組公式Twitter:https://twitter.com/dtv_nogizaka46

番組公式Instagram:https://www.instagram.com/dtv_nogizaka46/

 

---------------------------------------------

■イントロダクション

出演・乃木坂46 4期生×直木賞作家・西加奈子による「希望」と「再生」の物語を完全ドラマ化!

西加奈子の小説「サムのこと」「猿に会う」を『重力ピエロ』『見えない目撃者』など映画監督として数々の作品を手掛けてきた森監督と、坂道シリーズのドキュメンタリー映画やMVで知られる高橋監督がドラマ化。キャストは、本作がドラマ初出演となる、人気No.1アイドルグループ・乃木坂46 4期生が出演。可憐な表情で多くの人を惹きつけるアイドルとしての表情とは打って変わって、本作では個性豊かなキャラクターをそれぞれが熱演します。

青春時代や思春期に誰もが抱えた儚く切ない悩みに奮闘したあの時の大切な1シーン。美しく幸せな「今」があるのは、あの時のあの出来事が創っている。少女たちの心の再生と成長を瑞々しい感性で紡いだ爽快感溢れるストーリー。

---------------------------------------------

■番組概要

『猿に会う』

配信日時:2020年4月10日、11日、17日、18日

配信話数:全4話 (各話 約20分)  ※各話0時更新

出演:賀喜遥香 清宮レイ 柴田柚菜 北川悠理 / 堀未央奈

石川瑠華 阪本一樹 三島ゆたか

原作:「サムのこと 猿に会う」西加奈子(小学館文庫)

監督:高橋栄樹

脚本:穐山茉由

チーフプロデューサー:上田徳浩

プロデュース:鈴木健太郎、備前島幹人

プロデューサー:龍貴大、西ヶ谷寿一、横山蘭平

協力:秋元康

©西加奈子・小学館/エイベックス通信放送

 

ストーリー:まこ、きよ、さつきの3人は教室の少し端っこにいるような仲良し女子大生3人組。皆実家暮らしで同じ大学に通って同じサークルに所属している。きよは、昔から何でも四捨五入するのがクセ。中学の頃からさつきは、きよの後ろにいつもくっついて歩いていた。まこはリア充の妹のぞみに対する劣等感がある。そんな3人がさつき提案で春休みに日光東照宮に行くことになる。東照宮には日本有数のパワースポットがあり、恋愛にご利益があるのだという。しかし、まことさつきは年齢=彼氏いない歴だが、きよは既に恋愛経験済み。そんな中はじまる旅の道中で出会う占い師アキラ。テレビが伝える殺人事件の犯人逃亡のニュース。果たして3人は日光の地へ無事にたどり着くことができるのか。

 

~キャラクター紹介~

飯田まこ(賀喜遥香)・・・人の話を聞き逃すので、きよによく怒られる。また、両耳に大きなホクロがある。

蒼井きよ(清宮レイ)・・・しっかり者で物事を四捨五入しがちな性格。また、近眼で眼鏡をかけている。

明石さつき(柴田柚菜)・・・おっとりした性格で今まで彼氏がいた事がない。また、歯の矯正をしている。

川瀬涼子(北川悠理)・・・まこたちと同じ大学に通う少しイケてるタイプの女子大生。

アキラ/夏目明子(堀未央奈)・・・山道でまこたちの車に同乗する謎の占い師

 

※先日発表された乃木坂46 4期生新メンバーは本作(「猿に会う」)には出演しておりません。