dTV informationいま見たい動画が見つかる情報総合サイト

2022.2.15 火

『ウェスト・サイド・ストーリー』公開中!  スティーブン・スピルバーグ監督作『レディ・プレイヤー1』がdTVで配信スタート!

名作ミュージカルを完全映画化した意欲作『ウェスト・サイド・ストーリー』の監督を務めるなど、常に挑戦を続ける巨匠スティーブン・スピルバーグ。

2月11日の『ウェスト・サイド・ストーリー』日本公開に期待が高まる中、2015年にメガホンを取った映画『レディ・プレイヤー1』がdTVで配信スタートいたしました。



『レディ・プレイヤー1』は、映像化不可能と言われたアーネスト・クラインによる小説『ゲームウォーズ』を原作に、スピルバーグならではの発想をふんだんに加えて映画化した作品です。




物語の舞台は、貧富の差が激化し、多くの人々が荒廃した街に住む2045年。

若者が夢中になっていたのは、世界中からアクセス可能なVR世界「OASIS」でした。

タイ・シェリダンが演じる主人公のウェイドも、パーシヴァルという名前とオリジナルアバターを使って「OASIS」に入り浸り、アイテムの強化やポイント集めに興じる日々。

そんな中、「OASIS」の開発者である大富豪ジェームズ・ハリデーが死去し、その遺言として、「OASIS」内に隠された鍵を集めた者に遺産を譲るというメッセージが発表されます。

突如はじまった鍵争奪バトルに、自他ともに認めるハリデーオタクのウェイドももちろん参戦。謎めいた美女のアルテミスなど仲間を得て、壮大な「OASIS」の謎に立ち向かっていくのですが……。



見どころは、なんと言ってもスピルバーグが愛する80年代ポップカルチャーへのオマージュ。

実際に許諾を取り、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンや、『AKIRA』のバイクが登場するほか、終盤の重要なシーンでは、あのガンダムが大活躍!

オーディションを勝ち抜いてダイトウ役を務めた森崎ウィンの名台詞は必見です。

さらに、あらゆるゲームや音楽、映画ネタがちりばめられているうえに、アバターキャラとしてサンリオやスターウォーズ、アメコミヒーローなどが多数登場。こだわり抜かれた「OASIS」の映像も含めて、背景の隅々まで見逃せません。

VRやオンラインマルチプレイが当たり前になっている今だからこそ、名作ゲームを体験する感動やオンラインゲームのあるあるネタ、バトルの興奮、謎解きのワクワクなど、リアルな感覚で没入してしまうはず。



いつでも少年少女の心に寄り添い、映像で夢を叶えてきたスピルバーグの傑作『レディ・プレイヤー1』。

続編の製作も噂されている本作を、ぜひdTVでお楽しみください。



■『レディ・プレイヤー1』


~作品概要~

日本のアニメや特撮を含む1980年代のポップカルチャーを盛り込んだベストセラー小説『ゲームウォーズ』をスティーヴン・スピルバーグが壮大な世界観で映画化。


~あらすじ~

西暦2045年。貧富の差が激しくなった世界では、人類の歴史を変えたバーチャルネットワークシステム“オアシス”の中に存在する理想郷だけが若者たちの希望となっていた。そんなある日、突如、オアシスに世界へ向けてメッセージが発信される。それは、この仮想世界を開発し、巨万の富を築いたジェームズ・ハリデーの死を伝え、オアシスに隠された謎を解き明かした者にすべての遺産を譲り渡すというものだった。その秘密を巡って幕を開ける激しい争奪戦。荒廃した街で暮らし、オアシスを唯一の居場所としてきた17歳の少年ウェイド(タイ・シェリダン)もその争奪戦に加わっていく。



作品URL:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10021528?campaign=inf100333



コピーライト:© Warner Bros Entertainment Inc.  All rights reserved.